クルージングの服装は?ランチ・ディナーのおすすめコーディネート

クルージングの服装は?ランチ・ディナーのおすすめコーディネート

小山 絵実
監修 小山 絵実(コヤマ エミ)
経歴
準ミスインターナショナル日本代表(2004年度)
ミスアース日本代表(2005年度)
女性起業家大賞最優秀賞 受賞(2019年)
日本化粧品検定1級 保有

現在
株式会社ミスコンシャス 代表取締役社長(2012年~)
業界最大級のインターネット専門レンタルドレスショップ「おしゃれコンシャス」を運営しています。

ファッションモデルやアパレルバイヤーの経験もあり、おしゃれコンシャスでは主に商品の仕入れを担当。
TV、新聞をはじめとする100を超えるメディアに出演しています。
長年の経験と培った専門知識をもとに、信頼できるマナー・ファッション・美の情報をお届けします。
欧米では、一般的な遊びとなった豪華客船によるクルーズ。
豪華客船での優雅な旅は、「時間にもお金にもゆとりがある人達だけの特権!」と思っていましたが、ここ数年、比較的リーズナブルな料金で楽しめるプランも。
日本でも徐々に人気が高まっています。
短期のクルーズから長期クルーズまで、多様なクルーズプランを楽しむ事もでき、一度は経験してみたい旅のひとつですよね。
 
でもクルージングって、どんな服を着て行けばいいの?
もしも、体調が悪くなってしまったら?
あれこれ心配もありますよね。
素敵なクルーズタイムを過ごすために、慣れない船の上での注意点を踏まえて、昼・夜それぞれのおすすめコーディネートをご紹介します。


クルージングの服装選び
「ドレスコードとは?」

ディナークルーズで設定されていることが多い「ドレスコード」
その場所や、時間帯にふさわしい服装のマナー、約束事のことです。
あまり堅苦しく考えず、普段とは一味違った雰囲気や、おしゃれを楽しむという気持ちでOK。
たとえば手持ちの服に、アクセサリーやスカーフなどをワンポイントプラスすれば、いつもとは違った特別な気分に。
 
船やプランによっては、ドレスコードの指定がありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。
 
クルージングの服装選び
ランチクルーズでは、スマートカジュアルがおすすめ。
日中はカジュアルなものでOKなんです。
 
基本的に、クルージングでのドレスコードは、17:30(夕食時)以降の時間において指定される服装の事を言い、大きく分けると、
 
  • カジュアル
  • セミフォーマル
  • フォーマル

の3種類になります。
 
夜の風景にも負けないカラードレスがおすすめです。
ジュエリーで華やかに、気候がよければ肩出しも歓迎!
ドレスコードの指定がない場合でも、おしゃれにドレスアップして、素敵なクルージングにしたいですよね!
それでは、代表的なスタイルを、例としてお伝えします。

カジュアル

男性は、スラックス、襟付きのシャツ、ジャケット等を着用。
女性は、ワンピース、スカートとシャツ、サンドレスなどを着用します。
 
カジュアル
サンドレスって?
「太陽の光のもとで着用する」という意味で名付けられた夏ドレス。
海岸などリゾート目的で着用する、背中や肩が広めにあいたデザインが魅力的です。
明るく華やかなデザインのものや、綿などの通気性のよい素材やものが多いのも特徴。

セミフォーマル・インフォーマル

男性は、ダークスーツ、ブレザー・ジャケット(ネクタイ着用)
女性はワンピース又はスーツ(パンツスーツも可)、カクテルドレスを着用。

フォーマル

女性は、イブニングドレス・カクテルドレス・着物を着用。
男性は、タキシード・ダークスーツにネクタイドレスシャツ・カマーベルトを着用。
※フォーマルの様子は客船によって異なります。

彼との記念日に!
クルージングデートコーデ

船上でのデート服は甘くなりすぎず、海風のようにさわやかなコーデが◎
でも、レディ感はしっかりキープしたいですね。

ランチタイム

真っ白なデッキの上で、きれいに映える鮮やかなドレスが狙い目。
爽やかさのあるコーデは、彼からも好印象!
特別なランチクルーズデートにぴったりです。
アーバンリサーチ ロッソ (URBAN RESEARCH ROSSO)
Vラインフリル総レースサックスドレス

サックスカラーが爽やかな一着。
クルージングのラグジュアリー感にぴったりな総レースデザインが上質な雰囲気に仕上げます。
Vの字に施されたレースフリルは可憐な印象をプラス。
ウェエストがゴム仕様でお食事もしっかり楽しめますね♪
 
 
ローレンラルフローレン (LAUREN RALPH LAUREN)
フラワーペイント×ブラックSKドレス

爽やかな配色と、大胆なデザインが印象的な一着。
タイトなシルエットで女性らしさを演出します。
開放的なシーンにぴったりのドレスで、特別なひとときを。
 
 

ディナータイム

夜景にも負けないくらいの目を引くカラーがGood!
ロマンチックな記念日デートに・・・。
 
ダイアンフォンファステンバーグ (DIANE VON FURSTENBERG)
フューシャピンクシンプルドレス

フューシャピンクの持つヴィヴィット感が、夜の船上に映え主役級の存在感に。
胸元のボートネックラインが鎖骨を美しく見せ、レディを強調します。
お袖の付いたタイプのドレスは、夜風で肩を冷やさずGOOD。
 
 
ユナイテッドアローズ (UNITED ARROWS)
ケープ袖Iラインマスタードドレス

着映え力あるマスタードカラーのドレスも素敵ですよ♪
彼とのディナークルーズ、素敵な一着で憧れの的に。
Vネックラインが顔周りをスッキリと魅せ写真映りも◎、SNS映えが狙えます!
 

思い出作りに!
家族でクルージング旅

子供たちにとっても最高に楽しめるファミリークルーズ。
小さいお子様の動きにも対応できる、スマートなコーデがおすすめです。
上品さを欠かさなければ、プチセレブコーデにも。

ランチタイム

エルモソ リュクス (Hermoso luxe)
異素材ベル袖ピンクドレス

色被りの少ない魅力的なくすみピンクのドレス。
ゆったりとしたサイズ感なので、動きやすく、ゆっくりとクルージングランチを堪能できそう。
一枚でサラッと着こなせるベル袖デザインは肌を露出する心配がなく、ママの品の良さを演出してくれます。
 
アシール (ASHILL)
ビジュぺプラムグレーパンツドレス

品良くおしゃれなデザインと、スマートなグレーカラーが優秀なパンツスタイル。
もちろん動きやすさは文句なし!
非日常的なクルージングランチ・・・ママにとってはご褒美タイムでもありますね♪
幅広い年代のママコーデを素敵に叶えてくれる一着です。

ディナータイム

結婚式では敬遠されがちなアイボリーも、クルージングではOK!
アイアム (I am…)
Iラインアイボリーバックレースドレスセット

フロントとバックで異なる素材を使うことによって、こなれ感のあるリュスクな華やぎをプラス。
レース生地のブラックショールを羽織れば、上品&シックなコーディネートに仕上がります。
 
 
エルモソ (Hermoso)
イレギュラーヘムブラックドレス

品のある丈感とイレギュラーヘムのデザインが上質な時間を盛り上げてくれるブラックドレスです。
胸元から背中にかけて施されたレースはシックな雰囲気に華やかさを与え、クルージングディナーに最適な特別感のある服装に。
 

熟年夫婦ならフルムーンで!
クルージング旅行へ

子育ても一段落した世代、夫婦水入らずでのフルムーン旅行。
エレガントを取り入れ、新婚時代を思い出して素敵な時間を。

ランチタイム

コクーンシルエットのスカートなら、船上の風にはためくことも気になりません。
ローレンラルフローレン (LAUREN RALPH LAUREN)
Iラインレースホワイト×ネイビードレス

洗練された表情が魅力的なブランドドレス。
切り替えられたレースデザインは脚長効果も優秀です。
奥様の女性らしい装いに、旦那様も新鮮な気持ちを思い出すことでしょう。
 

ディナータイム

ダイアグラム (DIAGRAM)
シースルーレースネイビードレス

リッチなひとときを味わえるクルージングディナー。
そのシーンに見合った高級感が服装にも必要ですよね。
エレガントなシースルーレースに気品漂うネイビーカラーのドレス。
Iラインシルエットで大人の魅力を漂わせた素敵オーラが主役級に輝かせてくれます。
 
エスエルファッションズ (SL Fashions)
総レース&スパンコールミディ丈ネイビードレス

夜はちょっぴり思いきってゴージャスにドレスアップ。
ミディ丈のスカートが優雅で美しいシルエットを醸し出し、特別感を高めてくれます。
トップスの透け感のあるレースデザインが上品な色気を漂わせます。

客船別のフォーマルをご紹介!

ドレスコードが“フォーマル”の場合も、客船のグレートによってドレスアップ度がかなり違ってきます。
ですが、この日ばかりは「華やかに着飾って楽しんでしまおう」という思いは共通かもしれませんね。

【カジュアル船】

コスタクルーズ、MSCクルーズ、ロイヤルカリビアンインターナショナルなど。
結婚式に来ていく衣装、ホテルなどでのディナーで着るようなドレスが多くなります。
ビーシービージーマックスアズリア (BCBG maxazria)
フィッシュテールブルードレス

華やかなクルージングパーティーだから、思いっきり個性を出して楽しんでみては。
個性的なシルエットと、鮮やかなブルーカラーが、存在感抜群の、こんなドレスがおススメ。
前後で丈感の違うフィッシュテールデザインが、こなれ感UP。
船上でも一際目立つ存在になる事、間違いナシですよ。
 
 

 【プレミアム船】

ホーランドアメリカライン,セレブリティルーズなど。
ロングドレスやカクテルドレスが多いです。
和装は海外の方に喜ばれますが、浴衣や甚平は正装ではありませんのでNGとなります。
結婚式に来ていく衣装に、宝石やアクセサリーなどで華やかさをプラスするのがGood!
タダシ・ショージ (Tadashi Shoji)
エレガントチュールロングドレス

欧米人の方は華やかなものをお召しになることが多いため、少し派手かな?という装いでもOK。
ぱっと目を引くカッティングレースデザインのドレスは華やかなクルージングに最適。
V字の胸元にあわせて存在感のあるネックレスを合わせれば、よりパーティー感もUP。

 【ラグジュアリー船】

キュナード、クリスタルクルーズ、シーボーン、シルバーシー、AMAなどリバークルーズの場合。

ラグジュアリー船
品のいい上質なドレスが多くなります。
客船会社の中でも最もフォーマル度が高く華やか。
男性はタキシード率80%と、タキシード率が高くなり、女性はロング丈のカクテルドレスが多くなります。
ボウルドレス(スカートの広がったロングドレス)も好まれますし、スレンダーなタイプのロングドレスも素敵ですよね。
膝丈のカクテルドレスもOKなのでキュートに決めるのも◎
ケイト・スペード ニューヨーク (kate spade new york)
ピンクバイカラーフレアドレス

鮮やかなバイカラーのドレスで、キュートスタイルに決めるのも◎
光沢のある上質な素材だから、ラグジュアリー感もバッチリ。
厚めのしっかりとした生地がドレスを立体的に魅せ、華やかな印象に。
豪華客船の言葉そのままに思う存分、ドレスアップして下さい。
 
 

船上

船上ならではの注意点

船上で過ごす特別なひととき、気を付けたいポイントをご紹介します。

服装の注意点

スカート

おしゃれにドレスアップしてのクルージング。
デッキでは風が強いため、スカート選びに注意しましょう。
素材が軽めのフレアスカートや、サーキュラースカートは時にヒラヒラとはためいてしまうことも。
見ている方もハラハラドキドキ。
ひざ上丈のスカートでも、タイトなフォルムや、フレア少なめのデザインなら、強風にも負けません。

ヘアスタイル

同様にロングヘアも、すっきりまとめ髪にするのがおすすめですね。

シューズ

水しぶきでデッキが濡れているところもあるため、足元が滑りやすくなっています。
履きなれた靴がベスト。
太めヒールをチョイスすれば、ドレスアップの足元もおしゃれに決まりますよ。
 

羽織もの

船内は冷房が効いています。
またデッキでは強い紫外線が・・・。
寒さ・日焼け対策としても一枚羽織るものがあるとよいでしょう。
 

船酔いも心配!

普段乗り慣れていない船に、体調不良は否めません。
前日はしっかり睡眠を確保し、事前に酔い止め薬を飲んでおくことは大切ですね。
それでも気分が悪くなってしまったら、スタッフに伝えて、指示に従うと良いでしょう。
医務室で休ませてもらったり、船医の対応により薬をもらうこともできます。
 


気分もウキウキする特別なイベント、クルージング。
ランチクルーズはさわやかに、サンセット~ディナークルーズはロマンチックに。
海や夜景に負けないくらい、とびきりのおしゃれをして素敵な時間を楽しんでください。


関連記事