ご利用料金 8,800円(税込)以上で往復送料無料 詳しくはこちら
安心の「1週間レンタル」はじめました NHK総合テレビで特集されました!

元ミスジャパン監修

結婚式・披露宴で
恥をかかない服装マナー

女性向け

「結婚式に着ていく服が分からない」
日常とは違うフォーマルシーンで悩む女性も多いはず。
結婚式の服装は、選ぶドレスによって印象が変わるだけでなく、マナーとしてNGな場合もあります。
ここでは、基本的な服装マナーや年代・立場にふさわしいドレスの選び方を元ミスジャパン監修の元、ご紹介します。

小山絵実

監修

小山 絵実(コヤマ エミ)

経歴

準ミスインターナショナル日本代表(2004年度)
ミスアース日本代表(2005年度)
女性起業家大賞最優秀賞 受賞(2019年)
日本化粧品検定1級 保有

現在

株式会社ミスコンシャス代表取締役社長(2012年~)
業界最大級のインターネット専門レンタルドレスショップ「おしゃれコンシャス」を運営しています。

ファッションモデルやアパレルバイヤーの経験もあり、おしゃれコンシャスでは主に商品の仕入れを担当。
TV、新聞をはじめとする100を超えるメディアに出演しています。
長年の経験と培った専門知識をもとに、信頼できるマナー・ファッション・美の情報をお届けします。

もっと読む +

恥をかかない
結婚式・披露宴の服装マナー

  • OK

    清楚で華やかな
    アップスタイル

    パールを
    基調にした
    ネックレス

    肩の露出は
    避ける

    華やかで
    小ぶりな
    パーティーバッグ

    ひざ丈〜
    ひざ下丈が
    基本

    ストッキングを
    ON

    パンプスか
    ストラップのある靴

  • NG

    キラキラ過ぎる
    アクセサリー

    おろしたままの
    いつも通りの
    ヘアスタイル

    肩の
    過度な露出

    大きすぎる
    バッグ

    純白のドレス

    短すぎる着丈

    素足

    かかとのない
    ミュール

「白ドレス」はNG

「白ドレス」はNG

白は花嫁の特権

ベージュ系やシルバーカラーも光の加減で白っぽく見えるので、要注意。
羽織ものをダークカラーにする等、全体に白っぽくならないようなコーディネートを心がけて。

肌の露出は要注意

肌の露出は要注意

肩出しや胸の露出はNG

ノースリーブドレスを選ぶ場合には、ショールやジャケットを羽織ればOK。
夜のパーティーや二次会では肩出しOKな場合もありますが、羽織ものを用意しておくと安心です。

ミニ丈はNG

ミニ丈はNG

ひざ丈~ひざ下丈が基本

目安となるスカートの長さは、友人の結婚式であれば「ひざ上5cm~ひざ下」、親族の結婚式であれば「ひざ丈~ひざ下まで」です。

派手なアクセサリーは避ける

派手なアクセサリーは避ける

パール調のネックレスが王道

上品な輝きをもち、フォーマル感の増すパールのネックレスがおすすめです。
コットンパールや二連・三連のネックレスもOKです。

カジュアルすぎるバッグはダメ

カジュアルすぎるバッグはダメ

パーティーバッグを用意しましょう

サテン地やパール装飾など、やや光沢感のある上品なデザインのバッグがふさわしいです。
袱紗や長財布も入る大きめバッグも選ばれています。

素足や黒タイツはNG

素足や黒タイツはNG

肌色やベージュのストッキングが正解

ストッキングは足をきれいに見せる厚さ(デニール30以下)を目安に選ぶのがポイント。
オシャレ感を出したい場合は、ラメ入りのストッキングがおすすめです。

パンプスが王道

パンプスが王道

つま先が隠れるヒール靴がベスト

サンダル・ミュール・オープントゥなどの足先が見える靴はNGです。
サテン地やスエード、エナメル素材などのパンプスが定番です。

髪型はアップスタイルに

髪型はアップスタイルに

ダウンスタイルは避けて

ショートやボブの方は、ブローやワックスで整えて「きちんと感」を出せればOK。
ハーフアップはマナー違反ではありませんが、アップヘアの方が清潔感があり好印象です。

\ 服装マナーを考えるのは大変 /おしゃれコンシャスなら結婚式にふさわしいドレスが簡単に見つかります

よくある
結婚式の服装マナーQ&A

「この服装は、マナー違反?」と迷いがちな、結婚式服装マナーによくある質問と解決方法についてまとめました。

黒ドレスはNG?

コーディネート次第でOK

結婚式におすすめの黒ドレス
全身が真っ黒なコーディネート

フォーマル度が高いブラックドレスですが、全身が真っ黒な服装は「喪服」をイメージすることからNGです。
黒ドレスを着る場合は、明るめの羽織ものやアクセサリー、バッグ等を合わせれば、マナーOKのお呼ばれスタイルに。

パンツドレスは結婚式であり?

結婚式のパンツスタイルはOK

結婚式におすすめのパンツドレス1
結婚式におすすめのパンツドレス2

ただし、パンツスタイルはスカートよりも格下に見られる場合もあるので、「親族の結婚式」や「格式の高い結婚式場」に参列する場合は、避けたほうが無難。

スーツ着用はダメですか?

セレモニースーツであれば問題なし

結婚式におすすめのセレモニースーツ1
結婚式におすすめのセレモニースーツ2

普段の仕事で使用しているビジネススーツはNGですが、冠婚葬祭用のセレモニースーツを選べばOK。

「平服で」と言われたら?

きれいめワンピースやスカート・ジャケットが正解

結婚式におすすめのきれいめワンピース1
結婚式におすすめのきれいめワンピース2

平服とは、イブニングドレスやスーツ等のかしこまった服装ではなく、きれいめで上品な服装をさします。
「平服=普段の服装」と勘違いすると、恥ずかしい思いをすることもあるので要注意。

ベージュのドレスはマナー違反?

コーディネート次第でOK

結婚式におすすめのベージュカラーのコーディネート
ベージュカラーのドレス

ベージュカラーのみのコーディネートは、花嫁の特権である「白ドレス」に見えるので好ましくありません。
羽織ものにブラックやネイビーなどの濃い色でコーディネートすれば問題なし。

バイカラーのドレスってOK?

全く問題ありません

結婚式におすすめのバイカラーのおすすめドレス1
結婚式におすすめのバイカラーのおすすめドレス2

バイカラードレスとは、1着で2色に分かれたドレスを指します。
色が分かれていることから「別れ」を連想して、結婚式にふさわしくないという説もあるようですが、根拠はありません。

赤色のドレスはNG?

控えめな赤・ボルドーカラーはOK

結婚式におすすめのボルドーカラーのドレス
赤色のドレス

花嫁よりも目立つ「真っ赤なドレス」は控えたほうが良いですが、明るさを抑えた赤色ならOKです。
ボルドーカラーは程よい華やかさがある上品カラーなのでおすすめです。

年代別
おすすめドレスコーディネート

各年代(20代・30代・40代・50代・60代)のドレス選びのポイントとおすすめコーデをご紹介します。

【20代向け】結婚式におすすめドレス

「初めての結婚式で、何を着ていったらよいかわからない」
「可愛くて、映えるドレスはないの?」
そんな20代だからこそ、結婚式のコーディネートは以下の3つのポイントをチェック。

・基本のマナーを守った服装
・トレンドカラーやデザインを取り入れる
・おしゃれなバッグやアクセサリーで大人っぽさをプラス

【人気ランキング】20代におすすめ

トレンドに敏感な20代には「袖ありドレス」「総レース」などの流行りのドレスが選ばれています。

【ブランドドレス】20代におすすめ

20代に人気のパーティードレスブランドは
LAGUNAMOON
AIMER
ketty
などの華やかでトレンド感をおさえたブランドが選ばれています。

【安くて可愛い】20代におすすめ

結婚式に招待されると、ドレスの他にもヘアセットやメイク、ご祝儀まで何かと費用がかかりますよね。
お呼ばれする機会が多い20代だからこそ、購入よりもお得なレンタルがおすすめ。

【30代向け】結婚式におすすめドレス

体型や肌に変化が現れる30代だからこそ、気をつけたい服装選びのポイントはこちら。

・トレンド要素を取り入れつつ、自分に似合うデザイン
・ワントーン明るめの色を取り入れる
・バッグやアクセサリーでコーデを格上げ

【人気ランキング】30代におすすめ

20代とは違い30代に求められるのは上品さ。
30代の大人女性にはきれいめ大人コーデが人気です。

【ブランドドレス】30代におすすめ

30代に人気のパーティドレスのブランドは
URBAN RESEARCH ROSSO
UNITED ARROWS
GRACE CONTINENTAL
など上品で華やかなブランドが選ばれています。

【パンツドレス】30代におすすめ

かっこよくてスタイリッシュに決まるパンツドレスは、30代の大人女子に人気です。
動きやすいのでお子様連れの結婚式にもおすすめです。

【40代】結婚式に人気のお呼ばれドレス

立場や体型が変わっていくのを感じる40代は、服装選びのここに注意して。

・立場にふさわしい控えめな装い
・派手すぎず、地味すぎない、ほどよい華やかさ
・ボディラインをきれいにカバーしてくれるミディ丈

【人気ランキング】40代におすすめ

大人女子の40代だからこそ似合う、上質でエレガントなドレスが人気です。

【親族の服装】40代におすすめ

親族席に座っていても恥ずかしくないドレスカラーは、「ネイビー」や「ブラック」などの落ち着きのある色です。

【大きいサイズ】40代におすすめ

ゆったりとしたデザインのドレスであれば、自然な体型カバーも叶います。

【50代向け】結婚式におすすめドレス

姪っ子や甥っ子、娘や息子の結婚式など、親族の立場として列席することが多い50代の服装選びのポイントはこちら。

・生地や素材など品質の良さを重視
・落ち着き感のあるミディ丈・ロング丈
・コーデの品格を上げる羽織ものやアクセサリー


親族としてゲストをお迎えする立場にふさわしい装いに。

【人気ランキング】50代におすすめ

50代女性に選ばれているドレスは「体型カバーに優秀なミディ丈」や「品格を感じるロング丈」です。

【母親・叔母の服装】50代におすすめ

母親として参列する場合は、正装にあたるロングドレスがふさわしいです。
叔母として参列する場合は、控えめカラー(ブラック・ネイビー)で膝が隠れるミディ丈が最適です。

【大きいサイズ】50代におすすめ

ゆったりしたサイズのドレスであれば、体型カバーはもちろん、たくさんお食事をしても楽ちんです。

【60代向け】結婚式におすすめドレス

「何を着たらいいのか分からない」
「おばさんっぽく、なりたくない」
そんな声も多い60代の大人女性だからこそ、結婚式のドレスコーディネートのポイントはこちら。

・上質さと着心地の良さを兼ね備えた生地
・ゆったりとしながらもキレイなシルエット
・アクセサリーで華やかさをプラス

このポイントを押さえれば、年齢にふさわしい品格のあるドレスアップが叶います。

【人気ランキング】60代におすすめ

60代は肌がきれいに見えるネイビーやブラックカラーが人気。
全体的に暗くなってしまう場合は、ブラウンやベージュなど肌なじみの良いカラーがおすすめです。

【母親・叔母の服装】60代におすすめ

母親の服装といえば黒留袖が一般的ですが、洋装を選ばれる方も増えてきました。
60代の母親の洋装は、最も格が高い正礼装を選びます。
叔母(伯母)の立場であれば、肌の露出を抑えたフォーマルドレスが最適です。

【ドレスセット】60代におすすめ

ドレスセットとは、ドレス・羽織もの・ネックレスが一式そろったコーディネートのこと。
「コーディネートを考えなくても良いのは助かる」との声多数。

【2021年】
最新トレンドのパーティドレス

2021年のトレンドキーワードは「袖あり」「レース」「くすみカラー(ニュアンスカラー)」の3つ。
元ミスジャパンが選んだ、今年流行るトレンドスタイルをお伝えします。

袖ありレースのパーティドレス

袖ありドレスはボレロ不要の楽ちんスタイル。
1枚で結婚式お呼ばれスタイルが完成します。
袖の部分はシフォンやレースなど、デザイン性のあるドレスが選ばれています。

くすみカラーのパーティドレス

肌なじみがよく、グッと大人っぽい印象にさせてくれる「くすみカラー」は2021年もトレンドカラー。
「スモーキーブルー」や「くすみピンク」、ラベンダーとグレーが合わさった「モーブカラー」が人気です。

立場にふさわしいフォーマルドレス

一般ゲストとは立場が違う親族や上司だからこそ、服装マナーでも注意すべきポイントがあります。

親族(母親・祖母・叔母・姉妹・いとこ)の結婚式

親族の結婚式におすすめのドレス1
親族の結婚式におすすめのドレス2

親族の結婚式では
・ゲストをお迎えする立場としてフォーマルな装い ・服装の格を意識する母親なら正装(フォーマル)、叔母や祖母、姉妹やいとこは準礼装(セミフォーマル)が一般的 ・控えめだけれども、暗くなりすぎない印象に これらを意識した服装を選べば、親族としての立場にふさわしい装いに。

職場(同僚・部下・上司)の結婚式

職場の結婚式におすすめのドレス1
職場の結婚式におすすめのドレス2

同僚や部下の結婚式や、上司・主賓としてお呼ばれされた場合は、
・きちんと感のあるフォーマルな服装 ・会社の代表として参列しても恥ずかしくない上品さ ・着丈は短くてもひざ上5cmまでの品のある丈 上記のポイントをおさえた服装を選べば、品格のある装いに。

友人の結婚式

友人の結婚式におすすめのドレス1
友人の結婚式におすすめのドレス2

友人の結婚式の服装は
・服装マナーを最低限おさえた服装 ・披露宴に華を添えるカラードレス ・自分が気に入ったオシャレでかわいいドレス をポイントに選べば、女友達はもちろん、親友である新郎新婦からも褒められること間違いなし。

季節感のあるパーティドレス

春・夏・秋・冬の四季を感じるドレスを選べば、ワンランク上のおしゃれ上級者に。

春(3月・4月・5月)

春の結婚式におすすめのドレス1
春の結婚式におすすめのドレス2

春の結婚式の服装選びのポイントは、
・ピンクやグリーン、ベージュなど春カラー ・シフォンやレース、とろみ素材などの軽やかな生地 がおすすめです。
寒さが残る春先のお呼ばれには、薄手のコートが1枚あると重宝します。

夏(6月・7月・8月)

夏の結婚式におすすめのドレス1
夏の結婚式におすすめのドレス2

暑い夏の結婚式の服装は、汗対策にも優秀な
・シフォンやレース、チュールやオーガンジーなど、透け感のある生地 ・ブルーやシルバーなどの涼しげなカラー がおすすめです。
ベロアやツイード素材は秋冬向けなので、夏の結婚式には避けましょう。
暑さ対策に制汗剤や予備のハンドタオルを用意しておくと安心ですね。

秋(9月・10月・11月)

秋の結婚式におすすめのドレス1
秋の結婚式におすすめのドレス2

結婚式シーズンとなる秋の結婚式には、
・グリーン・ベージュ・マスタードなどの秋カラー ・季節感が伝わるしっかりとした生地 がおすすめです。
秋は昼間と夜の寒暖差が大きいので、羽織ものを1枚持っておくと安心です。

冬(12月・1月・2月)

冬の結婚式におすすめのドレス1
冬の結婚式におすすめのドレス2

寒い冬の結婚式には
・ブラック・ネイビーなどのダークカラーやボルドーなどの暖色系カラー ・ベロアやツイードなどの厚みのある生地 ・袖ありドレス がおすすめです。
防寒対策にショールやジャケットなどの羽織ものやコートを準備しておくと安心です。

会場にぴったりのドレス選び

会場の雰囲気や格に合わせてドレスを選ぶことは、服装マナー(ドレスコード)の基本です。

ホテル

ホテルの結婚式におすすめのドレス1
ホテルの結婚式におすすめのドレス2

高級ホテルでの結婚式の服装は、「セミフォーマル」が基本的なスタイルです。
セミフォーマルドレスは、無地の上質な生地を使用した上品な服装になります。
基本的な服装マナーは、一般的な結婚式・披露宴の服装と同じなので、心配な方は結婚式・披露宴の服装マナーをチェックしてみてくださいね。

レストラン

レストランの結婚式におすすめのドレス1
レストランの結婚式におすすめのドレス2

レストランウエディングの服装は、会場に合わせたドレス選びがポイントです。
格式の高い高級レストランであれば「セミフォーマル」、カジュアルレストランであれば、トレンドやパーティー感のある「インフォーマル」な装いがふさわしいです。
親族で参列する場合は、ゲストをもてなす立場上、カジュアルすぎる服装はNG。
露出を控えた、ひざ丈まであるフォーマルドレスがおすすめです。

ゲストハウス

ゲストハウスの結婚式におすすめのドレス1
ゲストハウスの結婚式におすすめのドレス2

ゲストハウスウエディングは、決まった服装マナーはありませんが、明るい会場に合わせた華やかな服装が好まれます。
ガーデンやプールなど写真スポットも多いので、映えるカラードレスがおすすめ。
バルーンやフラワーシャワーなど、屋外に出る演出も多いので、ショールやジャケットなど羽織ものが1枚あると安心です。

神社/教会/寺院

神社/教会/寺院の結婚式におすすめのドレス1
神社/教会/寺院の結婚式におすすめのドレス2

神聖な場所での挙式なので、肌の露出を抑えたフォーマルドレスが最適です。
挙式を見に行くだけの場合でも、カジュアルな服装ではなく、きちんと感のあるワンピースを着るのが好ましいです。
チャペル内や神社の境内を移動することも多いので、歩きやすいミドルヒールのパンプスがおすすめです。

特別なシーンのドレス選び

いつもの結婚式とは違う特別なシーンにぴったりのドレスをご紹介します。

マタニティ・妊娠中

マタニティ・妊娠中の結婚式におすすめのドレス1
マタニティ・妊娠中の結婚式におすすめのドレス2

体型の変化が大きいマタニティ期のドレス選びは、
・バストやウエストにゆとりをもったサイズ ・下半身をカバーしてくれる、ふんわりIラインドレス がポイントです。体を冷やさないためにも、ショールやジャケットなどの羽織ものを一枚持っておくと安心です。

子連れママ

子連れママの結婚式におすすめのドレス1
子連れママの結婚式におすすめのドレス1

お子様連れのママは、子供の年齢に合わせた服装選びがポイントです。
・乳児期の赤ちゃんと一緒なら「授乳OKのドレス」 ・幼児期のお子様と一緒なら、動きやすい「パンツドレス」や「袖ありドレス」 がおすすめ。
持ち物も多くなるので、バッグはパーティーバッグ+マザーズバッグを準備しておけば安心です。

夜の結婚式

夜の結婚式におすすめのドレス1
夜の結婚式におすすめのドレス2

夜の結婚式では、昼間の結婚式とは違い
・肌の露出が多く華やかなイブニングドレス ・煌びやかなアクセサリー をつけても服装マナーとしてOKとされています。
上記以外の基本的な服装マナーは昼間の結婚式と同じなので、何を着ていけばよいか迷ったら、お昼の結婚式と一緒で問題ありません。

二次会のみ

二次会のみにおすすめのドレス1
二次会のみにおすすめのドレス2

二次会は披露宴ほど、かしこまった服装マナーはありませんが、カジュアルすぎる服装はNGです。
・ホテルや高級レストランの場合は、フォーマル感のあるドレス ・カジュアルレストランやカフェの場合は、キレイ目なワンピース など、会場に合わせてフォーマル度合を変えると失敗が少ないです。

結婚式の服装にレンタルドレスが選ばれる理由

結婚式の服装にレンタルドレスが選ばれる理由

・クリーニングや保管の手間がかからない ・毎回違うドレスに挑戦できる ・ブランドのドレスがお得に着られる

などを理由に、これまでに15万人以上のお客様が、レンタルドレスおしゃれコンシャスを利用されています。
お得で便利なレンタルドレスを試してみませんか?