春(3月・4月・5月)結婚式で人気の服装|季節感あるお手本コーデ

春(3月・4月・5月)結婚式で人気の服装|季節感あるお手本コーデ

小山 絵実
監修 小山 絵実(コヤマ エミ)
経歴
準ミスインターナショナル日本代表(2004年度)
ミスアース日本代表(2005年度)
女性起業家大賞最優秀賞 受賞(2019年)
日本化粧品検定1級 保有

現在
株式会社ミスコンシャス 代表取締役社長(2012年~)
業界最大級のインターネット専門レンタルドレスショップ「おしゃれコンシャス」を運営しています。

ファッションモデルやアパレルバイヤーの経験もあり、おしゃれコンシャスでは主に商品の仕入れを担当。
TV、新聞をはじめとする100を超えるメディアに出演しています。
長年の経験と培った専門知識をもとに、信頼できるマナー・ファッション・美の情報をお届けします。
暖かい春(3月・4月・5月)は、結婚式に人気のシーズン。
招待される機会も多いですが、気温差の激しい春の結婚式は、着ていく服装に迷いますよね。

「この気温だと、みんなどんな服装で来るんだろう?」
「春の結婚式に、コートは必要?」

そんな服装選びでお悩みの方必見!
春の結婚式に最適な、お呼ばれマナーをおさえたコーディネートをご紹介します。
気温に合ったお手本コーデをご紹介するので、参列の準備に役立ててくださいね。

春(3月・4月・5月)結婚式で人気の服装|季節感あるお手本コーデ

春(3月・4月・5月)の結婚式服装の選び方

結婚式服装春の結婚式では、次の3つのポイントをおさえると、季節に合った服装を選ぶことができますよ。

(1)パステルカラーで春らしく華やかに

春の結婚式にぴったりなのは、パステルカラーのドレスです。
可愛くなりすぎるのが気になるという方には、グレーがかったような、明るめの「くすみカラー」もおすすめ。
反対に、色が暗すぎるもの、濃すぎるものは春には重たく、季節外れに感じることがあります。
 
春におすすめのドレスカラー
  • パステルカラー
    (ピンク・ブルー・グリーン・イエローなど)
  • 明るいグレー
  • ベージュ

(2)柔らかく軽やかな素材が気温にも合う

春の結婚式には、ふんわりと空気を包み込むような、柔らかな素材のドレスがおすすめです。
エアリーな素材は、パリっとした素材や厚みのある素材よりも軽やかで春らしいので、3月~5月の結婚式で人気。
程よく風をとおすので、暖かくなってくる春の気候にもぴったりです。
 
春におすすめのドレスの素材
  • レース
  • チュール
  • シフォン

(3)羽織物で寒さ対策をする

春の結婚式には、羽織物を用意するのがベター。
式場では室内と屋外で温度差があったり、朝晩の移動中に冷えることも。
さっと脱ぎ着できるような、ショールやボレロがあると安心です。
気温15度以下の日は、コートも用意すると良いでしょう。

結婚式服装の基本マナーをおさらいしたい方は、こちらをチェックしてみてくださいね。
 

【春の結婚式】人気のコーディネート5選

春の結婚式に選ばれている、人気のコーディネートをご紹介します。
春にぴったりの季節感があり、気温にも適したコーディネートです。
ぜひ、服装選びの参考にしてくださいね。

1.パステルカラーの春ドレスコーデ

LAGUNAMOON
トップスレースライトグリーンドレス

上品なライトグリーンが目を引く一着。
グリーンのパステルカラーは可愛くなりすぎず、どの年代の方にも似合います。
トップス部分は春らしく華やかな、チュールのレース生地。
ウエストからふんわりと広がるスカートは光沢があり、品のあるドレスアップが完成します。
ベージュ系のショールを合わせたら、小物は黒で引き締めるのがおすすめです。
 

2.総レースのトレンドドレスコーデ

Kaene
総レースダスティーピンクドレス

トレンドの総レースが華やかな、春にぴったりのドレス。
キャミソールドレスに、花柄レースのオーバードレスを重ねた、おしゃれさんも満足する技ありの一着です。
くすみ感のあるダスティーピンクは旬のカラー。
トレンド感あふれる春の結婚式コーデを満喫できます。
長袖のドレスは、まだ肌寒い日も安心。
ドレスが淡いカラーなので、羽織物やバッグ、靴には黒を合わせて引き締めて。
 

3.柔らかエアリー素材の春ドレスコーデ

AIMER
はしご&フラワーレースグレードレス

落ち着きのあるグレーカラーと、ふんわりとしたエアリー素材の組み合わせが乙女心をくすぐります。
トレンドのグレードレスは、控えめカラーのドレスを選びたい方におすすめ。
ブラックやネイビーに比べて軽さがあり、春に選んでも重たくなりませんよ。
ふんわりと広がるスカートは裾に透け感があり、軽やかさを演出。
白・ベージュ系の明るい羽織物を合わせると、より春らしいコーディネートが完成します。
 

4.寒さもマナーも◎袖付きドレスコーデ

AIMER
ランダムヘム総レースブルードレス

美しいシルエットが光る、上品なブルーのドレス。
ふんわりと可愛い春ドレスよりも、すっきりエレガントな春ドレスを選びたいという方にイチオシです。
結婚式の挙式会場では、基本的には肩出しはNG。
袖が付いたドレスなら、羽織物なしでもマナーがクリアできます。
寒さ対策もできるので、まだ肌寒い春の結婚式にぴったりです。
ネックレスやバッグにさりげなく光る素材を取り入れることで、品を保ちつつ華やかな雰囲気に。
 

5.脱ぎ着が便利なショール×ドレスコーデ

ketty
ロールネックラベンダードレス

大人な可愛さを演出してくれる、ラベンダーカラーの半袖ドレス。
レース素材のトップス部分はレトロ感があり、ひと味ちがった春の結婚式コーデに導いてくれます。
4月・5月の温かい日なら、1枚で着てもOK。
少し肌寒い日には、脱ぎ着しやすいショールをプラスするのがおすすめです。
脱いでも露出が少なくマナーOKなので、温度調節をしたい春の結婚式にぴったりのコーディネートです。
 

3月の結婚式におすすめの服装

3月の気温はおおよそ12度前後と、寒いけど着込むほどではない中途半端な季節。
最高気温は17.9度、最低気温は8.3度と、日中の寒暖差も大きいのが特徴です。
※3月の気温は東京・大阪・名古屋の参考値です。
 
気温が12度前後の場合、長袖+厚手のアウターが最適な服装です。
結婚式のドレスは袖付きのものが快適で、生地のしっかりした羽織物があると安心。
最低気温は10度を下回ることもあるので、アウターには厚手のコートを選ぶと良いでしょう。

3月の結婚式にぴったりな服装例

Je super
パフスリーブレースブルードレス

肌寒い3月の結婚式には、袖付きのドレスに羽織物をプラスしたスタイルがおすすめです。
ブルーが華やかなドレスは、フェミニンなシルエットが魅力的。
肩にふくらみをもたせたお袖や、ウエストマークのデザインが上品なアクセントになっています。
屋外を歩くことも考えると、厚みのある羽織物があると安心。
ライトグレーカラーのジャケットは、ふんわりと広がるベル袖がポイント。
かっちりしすぎない、春らしく柔らかなコーディネートが完成します。
 
 
23区
Iライン総レースアッシュブラウンドレス

大人っぽい着こなしがお好みの方におすすめの、春の結婚式コーデ。
アッシュブラウンは、落ち着きながらも暗くならない絶妙カラーです。
レースが華やかで、春のお呼ばれにおすすめの一着。
3月の結婚式には、ブラックのジャケットを合わせたコーデがおすすめ!
ジャケットは、ノーカラーのコンパクトなデザインを選ぶと、今っぽい雰囲気に。
パールのネックレスをプラスすることで、結婚式にぴったりな華やかさをまとうことができます。
 

3月の結婚式の羽織物・コート

まだ肌寒い3月の結婚式。
会場までの移動には、コートと羽織物どちらもあると安心です。

3月の結婚式にぴったりな羽織物

透け感のない、厚手の生地の羽織物がおすすめです。
袖のあるジャケットやボレロは、まだ肌寒い3月にもぴったり。
ショールを羽織るなら、ドレスは袖の長いものにすると暖かく過ごせます。
 
PALME D'OR
シンプル7分袖ベージュジャケット

結婚式の羽織物の定番は、【ショール】【ボレロ】【ジャケット】の3つ。
この中で最も暖かく、寒い季節におすすめなのは【ジャケット】です。
かっちりとしたイメージのジャケットですが、ノーカラー×ショート丈のデザインを選ぶと、フェミニンにすっきりと着こなせますよ。
柔らかなベージュカラーは、春の結婚式にぴったりです。
 

3月の結婚式にぴったりなコート

3月の結婚式にぴったりなコートノーカラーコートや、チェスターコートなどの、厚手のコートがおすすめです。
3月下旬で最高気温が15度を上回るような日は、トレンチコートなど薄手のものでもOK。

コート・アウターの結婚式マナーを知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

4月の結婚式におすすめの服装

4月の平均気温は15.1度と、薄手の服一枚でも過ごせる季節。
最高気温は20.6度、最低気温は10.3度と、服によっては暑すぎたり寒すぎたりすることも。
※気温は東京・大阪・名古屋の参考値です。
 
気温が15度前後の場合、長袖+薄手のアウターが最適な服装です。
結婚式のドレスは袖付きのものか、ノースリーブなら羽織物を合わせたコーディネートが快適。
移動中には春物のアウターがあると安心です。

4月の結婚式にぴったりな服装例

Feroux
上品プリーツアッシュブラウンドレス

4月の結婚式で、羽織物を合わせない場合は、袖が付いたドレスが快適に過ごせます。
アッシュブラウンのドレスは、柔らかい色味が春らしくも、大人っぽく落ち着いた印象。
パステル系の春カラーに抵抗がある方におすすめです。
スカート部分のプリーツが華やかで、大人かわいい絶妙コーデが完成しますよ。
透け感のあるチュール生地のスカートは、4月の結婚式にぴったりな春素材。
ブラック系の小物を合わせた、メリハリコーデがおすすめです。
 
 
Je super
トップスレースダルブルードレス

4月の結婚式には、「ノースリーブ×羽織物」のコーディネートもおすすめ。
羽織物を合わせることで、大人っぽくきちんと感のあるスタイルが完成しますよ。
くすみ感のあるダルブルーが目を引く、こちらのドレス。
柔らかく広がるスカートは、春の雰囲気にぴったりです。
ホワイト・ベージュ系の羽織物を合わせると可愛らしく、ブラック系の羽織物を合わせると大人っぽいコーディネートになります。
 

4月の結婚式の羽織物・コート

1日の気温差が激しい、4月の結婚式。
脱ぎ着できるよう、羽織物や薄手のコートを着ていくのがおすすめです。

4月の結婚式にぴったりな羽織物

長袖のドレスなら羽織物無しでもOK。
半袖やノースリーブのドレスを選ぶなら、薄手の羽織を合わせるのが安心です。
 
Dorry Doll
シンプルタックアイボリーショール

今っぽくトレンド感のあるコーデが完成するのは、ふんわりとしたショール。
着ていると肩が落ちてきてしまうことがありますが、こちらのショールは内側に袖付き。
気崩れが心配な方は、袖を通して着用することで綺麗なドレスアップをキープできますよ。
首元にタックが入ったデザインで、ふんわり感があるので、春の結婚式にぴったりです。
 

4月の結婚式にぴったりなコート

4月の結婚式にぴったりなコートアウターは、トレンチコートやジャケットなど薄手のものが最適です。
最低気温が10度を下回る場合、朝晩に移動する方は冬物コートを検討しても◎

5月の結婚式におすすめの服装

5月の平均気温は19.6度と、過ごしやすいちょうどいい季節。
最高気温は24.1度、最低気温は15.7度と、初夏を感じる暑さにも。
※気温は東京・大阪・名古屋の参考値です。
 
気温が19度前後の場合、長袖1枚、もしくは半袖+羽織物が最適な服装です。
気温が25度に近づくと、半袖でも快適に過ごせます。
結婚式のドレスは薄手の袖付きを1枚で着るか、薄手の羽織物を合わせたコーディネートがおすすめです。

5月の結婚式にぴったりな服装例

Feroux
レイヤード風アイスグレードレス

5月の結婚式は、袖が薄手のドレスでも快適に過ごすことができます。
透明感のあるアイスグレーが爽やかな、春にぴったりの一着。
胸元から袖にかけてレースがあしらわれており、表情を華やかに見せてくれます。
羽織物が不要なので、1着でコーデを完成させたい方や、受付や余興などで動く機会が多い方におすすめ。
バッグや靴にベージュを合わせると、華やかでみずみずしいオーラが漂います。
 
 
milli de l’air
総レースオリーブドレス

暖かくなる5月の結婚式は、ノースリーブデザインを楽しむことができます。
マナー面を考慮して、羽織物を合わせたコーデが適していますが、羽織は半袖でもOK。
脱ぎ着できるショールを合わせるのもおすすめです。
オリーブカラーのナチュラルなドレスは、新緑の季節、5月にぴったり。
春の結婚式で人気のガーデンウエディングにもマッチします。
顔周りにはパールのネックレスを添えると、華やかさがアップしますよ。
 

5月の結婚式の羽織物・コート

暖かく、寒さの心配も少なくなる5月。
天気によっては冷える日もあるので、薄手の上着があると安心です。

5月の結婚式にぴったりな羽織物

5月の結婚式には、さっと羽織れるショールがおすすめです。
気温に合わせて脱ぎ着がしやすく、屋外に出たときの紫外線対策にもなりますよ。
 
Dorry Doll
ダマスク柄刺繍ブラックショール

気温が上がり、紫外線も気になり始める5月。
寒さ対策だけでなく、紫外線対策や冷房対策としても、ショールがあると安心です。
寒いときは肩にかけ、その他にもひざ掛けとしても使えますよ。
ダマスク柄のブラックショールは、さらっと羽織るだけで大人っぽさを演出してくれます。
明るい春カラーのドレスに合わせると、コーデを引き締め、おしゃれな雰囲気に。
 

5月の結婚式にぴったりなコート

5月は、コートやアウターがいらない日も多くなります。
天気が悪く、最高気温が20度を下回る日は、薄手のコートがあると安心です。

【春の結婚式】よくある疑問Q&A

【春の結婚式】よくある疑問Q&A結婚式へのお呼ばれの機会が多い、春の季節。
ここでは、春の結婚式ならではのお悩みにお答えします。

Q:春の結婚式で避けた方が良い服装はある?

結婚式のマナーさえおさえていれば、春だからNGという服装はありません。
季節感を考慮すると、ベロアのような冬素材は避けるのが無難。
レースやチュールのような軽やかな素材が、春の結婚式にマッチします。

Q:半袖のドレスは季節外れ?

春の結婚式に、半袖でもOKです。
実際、半袖~七分袖程度の袖付きドレスは、春の結婚式で人気があります。
ただ、3月・4月はまだ寒いこともあるので、ショールやボレロ、ジャケットなどの羽織物と組み合わせたコーディネートがおすすめ。
5月は半袖ドレス1枚でも、寒さの心配はほとんどなく、季節外れにもなりません。

結婚式 バッグ

Q:春の結婚式ならではの持ち物は?

気温の変化や、暖かくなるにつれ紫外線も気になる季節。
こんなものを持っていくと、快適に過ごせますよ。
 
持っててよかった!春の結婚式の持ち物
  • 脱ぎ着できる上着
  • 日焼け止め
  • 汗拭きシート
  • 花粉症の薬
  • 扇子
  • 虫よけスプレー(ガーデンウエディングの場合など)

結婚式の基本の持ち物は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

Q:リゾート婚に招待された!どんな服装がいい?

リゾート婚リゾートウエディングの服装は、新郎新婦から指定があることが多いようです。
招待状を見て、ドレスコードに合った服装を選ぶようにしましょう。
人気なのは、アロハシャツやかりゆしウェアなど、現地の服装。
チューブトップのようなカジュアルなサマードレスが指定されることもあります。
ドレスコードの指定がない場合は、通常の結婚式マナーをおさえた服装を選びましょう。
おすすめのドレスは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

Q:春の結婚式、参列前に準備しておくことは?

新幹線行楽シーズンなので、ホテルや交通手段、美容院の予約を早めに行いましょう。
ゴールデンウィークと重なる場合は、特に早めの準備が必要です。

春らしい華やかな服装で結婚式を楽しもう

春の結婚式に着ていきたいコーディネートは見つかりましたか?
3月・4月・5月、それぞれの気温に合った服装選びをして、結婚式を快適に楽しみましょう。
春の結婚式ならではの、柔らかく暖かな雰囲気を満喫してくださいね。