ガーデンウエディング・ゲストハウスの結婚式服装マナー&おすすめドレス

ガーデンウエディング・ゲストハウスの結婚式服装マナー&おすすめドレス

小山 絵実
経歴
準ミスインターナショナル日本代表(2004年度)
ミスアース日本代表(2005年度)
女性起業家大賞最優秀賞 受賞(2019年)
日本化粧品検定1級 保有

現在
株式会社ミスコンシャス 代表取締役社長(2012年~)
業界最大級のインターネット専門レンタルドレスショップ「おしゃれコンシャス」を運営しています。

ファッションモデルやアパレルバイヤーの経験もあり、おしゃれコンシャスでは主に商品の仕入れを担当。
TV、新聞をはじめとする100を超えるメディアに出演しています。
長年の経験と培った専門知識をもとに、信頼できるマナー・ファッション・美の情報をお届けします。
人気のガーデンやプールを備えた「ゲストハウス」でのウエディング。
特に、屋外で行う「ガーデンウエディング」に参加するゲストにとって迷いどころなのが、【服装】ですよね。

「みんな、いつもの結婚式とは違う服装で来るのかな?」
「あえてカジュアルな服装にした方がいい?」

実はゲストハウスウエディングやガーデンウエディングの服装も、基本的には通常の結婚式と同じでOK。

この記事では、春夏秋冬の季節に合わせたガーデンウエディングにおすすめの服装や、親族の立場にふさわしい服装、ゲストハウスウエディングの服装マナーをご紹介します。
ガーデンウエディングにぴったりなドレスアップで、特別なひとときを満喫しましょう。

【ガーデンウエディング】におすすめの服装について知りたい方はこちらからチェックしてくださいね。

ゲストハウスの服装マナーは何が違う?

ゲストハウス
ゲストハウスウエディングでの服装も、基本的には一般の結婚式と同じです。
結婚式場よりアットホームな雰囲気なので華やかなカラーが選ばれる傾向にあります。
かといって、カジュアルになりすぎるのはNG。
結婚式の基本マナーはおさえた服装で参加しましょう。
 
結婚式服装の基本マナー
・真っ白のドレスは避ける
・短すぎるスカートや肩出しなど過度の露出は避ける
・大きく派手なアクセサリーは避ける

ゲストハウスでの結婚式にぴったりなのはこんな服装!

組曲
総レースエレガントカーキドレス

 
 
ゲストハウスでの服装のポイント!
・露出しすぎず派手すぎないカラードレス
・アットホームなゲストハウスに映える華やかカラー
・ガーデンやプールなど屋外に出る時に使える羽織り物をプラス

そもそもゲストハウスウエディングって何?

ゲストハウスウエディング
ゲストハウスウエディングとは、一軒家の邸宅を貸し切って行われる結婚式のこと。
なかには1日1組限定の式場もあり、プライベート感のあるアットホームなパーティーが行われます。
多くのゲストハウスが、ガーデンやプールなどの屋外の施設を併設。
「自由な演出と自分たちだけの世界観で、ゲストをもてなしたい」と考えるカップルから選ばれています。

ガーデンウエディングでの服装マナーは?

ゲストハウスで行われることが多いのが、屋外でのガーデンウエディング。
カジュアルなイメージがあるかもしれませんが、ガーデンウエディングでも一般的なマナーをおさえた服装が基本です。
そのうえで次の3つのポイントを意識すると、よりガーデンウエディングにふさわしい服装になりますよ。

(1)靴は芝生を傷つけないものをチョイス

靴は芝生を傷つけないものをチョイス
屋外のガーデンに出る機会があるのが、ガーデンウエディングの最大の特徴。
芝生に刺さって庭を傷つけたり、自分が転んだりしてしまわないよう、ピンヒールは避けるようにしましょう。
太めのヒールがベストです。

(2)暑さ対策・寒さ対策をする

屋外のガーデン
空調がなく、温度調節が難しい屋外のガーデン。
特に夏場や冬場のガーデンウエディングでは、暑さ対策&寒さ対策が必須です。
特に、夏場は汗滲みや日焼け対策、冬場はインナーやアウター選びに注意しましょう。
 
季節にぴったりの服装を知りたい方はこちらをクリック↓
夏におすすめの服装
冬におすすめの服装

(3)平服の指定がある場合もカジュアルすぎない服装がマスト

ガーデンウエディングで多いのが、「平服でお越しください」とアナウンスがあること。
【平服=普段着】ではないので、注意してくださいね!
カジュアルすぎない、フォーマル感のある服装が必須です。

「白いトップスにデニムボトムで」というような、ドレスコードの指定があるガーデンウエディングもあります。
そんなときは、ドレスコードをふまえた自分らしい服装でOKです◎

【おすすめ】ガーデンウエディングにぴったりな服装

【おすすめ】ガーデンウエディングにぴったりな服装
ガーデンウエディングでは屋外に出るため、どんな服装を選ぶべきか迷ってしまいますよね。
季節感を考慮した、ガーデンウエディングにおすすめの服装をご紹介します。

【女性編】ガーデンウエディングにぴったりな服装

「気温に合った服装」「その季節らしい色合い」の2点を心がけると、素敵にドレスアップできます。
いずれの季節でも、ガーデンの緑に映える華やかな色合いのドレスがおすすめです。

春におすすめの服装

過ごしやすい気温ですが、時期や時間帯によっては寒さを感じることも。
さっと羽織れるショールを準備しておくと便利です。
春の花々を連想させるような、華やかカラーがガーデンに映えます◎
 
Kaene
総レースダスティーピンクドレス

フラワー柄のレースが春らしさたっぷりのドレス。
くすんだダスティーピンクは甘すぎず、大人っぽさを保ったまま華やかな雰囲気を演出してくれます。
ふんわりと柔らかさのあるシルエットは、アットホームなガーデンウエディングにぴったり◎
コーディネートを引き締めるブラックカラーのショールは、いざという時の寒さ対策にもなります。
 

夏におすすめの服装

1枚でさらっと着られる袖付きのドレスが涼しく過ごせます。
汗じみが不安な方には、ネイビーや黒などの濃い色がおすすめ。
暑くても素足はNG!
ストッキングは必ず着用しましょう。
 
Hermoso
フラワーレースライトブルードレス

爽やかなライトブルーが涼しげなドレス。
レースのトップスは汗じみが目立ちにくく、風を通して涼しく過ごすことができます。
袖付きなので、羽織り物がなくてもマナーはクリア。
ガーデンで光をまとって輝くような、華やかなドレスアップに導いてくれます。
 

秋におすすめの服装

ガーデンの緑も深まるころ。
秋の実りを連想させるようなこっくりしたカラーを選んでも素敵。
肌寒いときに羽織れるものがあると安心です◎
 
ROPE
エレガントレースミディ丈オリーブドレス

実りの秋を思わせる、深みのあるオリーブカラーのドレス。
首元から袖にかけて透け感があり、落ち着いたカラーでも軽やかに着こなせます。
ふんわりと柔らかなレース使いで、ガーデンウエディングのナチュラルな雰囲気にもぴったり◎
さらっと羽織れるショールは、寒さ対策にも紫外線対策にもなります。
 

冬におすすめの服装

インナーやカイロで寒さ対策をしていきましょう。
式中に羽織ることもあるので、アウター選びは慎重に!
ダウンジャケットやモッズコートは避けて、ウールなどの上品なコートを選びましょう。
 
Je super
アッシュブループリーツドレス

柔らかいアッシュブルーのドレスは甘すぎず、誰が着ても上品な表情に。
冬の結婚式でインナーを仕込むなら、透け感のないドレスがおすすめです。
ゆったりシルエットなので、インナーを着てもカイロを貼っても響きません◎
ジャケットを羽織れば、ガーデンでも風を防げます。
 
 
冬の結婚式での【コートのマナー】については、こちらの記事も参考にしてくださいね◎

【男性編】ガーデンウエディングにぴったりな服装

季節に関わらず、ダークカラーのスーツスタイルが好ましいです。
平服の場合も同じく、スーツが一般的。
上着は必ず着用するようにしましょう。
ネクタイやポケットチーフで、季節らしい色味を取り入れても素敵です。

フォーマル 男性

【親族として出席】ガーデンウエディングにふさわしい服装

親族がガーデンウエディングに参列する際の服装マナーも、基本的には通常の結婚式と同じです。
ガーデンウエディングでは、和装よりも雰囲気に合う洋装の方が好まれます。
カジュアルな要素が強い結婚式の場合は服装の格を落とすことも可能ですが、両家の格は揃えましょう。

【母親】ガーデンウエディングにふさわしい服装

ブラックのロングドレスが母親の立場での正礼装ですが、カジュアルなガーデンウエディングであれば膝下丈の準礼装でも可。
ネイビーのドレスは黒より重たくならず、華やかな雰囲気に。
 
Hermoso luxe
レースフレア袖ネイビーロングドレス

ネイビーカラーが優しい雰囲気のロングドレス。
袖つき×ロング丈で、母親の立場にもふさわしいデザインです。
華やかなレースのトップスとシフォン素材のスカートが、柔らかな印象を醸し出します。
よりフォーマルな印象にしたい場合は、羽織り物をプラスしても◎
 

 
【結婚式】母親におすすめのドレス一覧へ

【姉妹・いとこ】ガーデンウエディングにふさわしい服装

親族はゲストをもてなす立場なので、肌の露出は控え、スカート丈も長めに。
フォーマル感さえ意識すれば、一般的なお呼ばれスタイルと同じでOKです。
ネイビーやグリーンなど落ち着いたカラーが定番ですが、ガーデンウエディングなら少し明るいカラーをチョイスしても華が添えられます◎
 
AIMER
総レースミディ丈グレードレス

定番カラーから少しはずした色を着たい方におすすめなのが、グレーカラー。
ガーデンに明るく映えながらも派手にはならないので、姉妹やいとこの立場での参列におすすめです。
袖付きなので、マナー面も安心。
どの季節のガーデンウエディングにも着られる、万能ドレスです◎
 

【父親】ガーデンウエディングにふさわしい服装

通常の結婚式と同様、モーニングが最も一般的です。
カジュアルな式ならブラックスーツを着用することもあります。
両家で格に差があってはいけないので、相手方のご両親とも相談しましょう。

父親 結婚式の服装

【兄弟・いとこ】ガーデンウエディングにふさわしい服装

兄弟もしくは男性のいとこの場合も、ダークカラー(ブラック・ダークグレー・ダークネイビーなど)のスーツが一般的です。
親族はゲストをもてなす側であるため、フォーマル感は意識しましょう。

親族 服装

そもそもガーデンウエディングって何?

「ガーデンウエディングって、普通の結婚式と何が違うんだろう」
初めて参加する方にとっては、不安もあるはずです。
ガーデンウエディングの雰囲気を事前に掴んでおけば安心!

ガーデンウエディングとは

屋外のガーデン(庭)を使って行う挙式や披露宴
ガーデンウエディングとは、屋外のガーデン(庭)を使って行う挙式や披露宴のことです。
緑あふれる空間で自然を感じながら、アットホームな雰囲気で行われます。
「自由に和やかな雰囲気でゲストをもてなしたい」と考える新郎新婦から選ばれている、結婚式のスタイルです。

ガーデンウエディングは通常の結婚式とここがちがう!

ほとんどは【挙式→披露宴】という流れで行われ、通常の結婚式の内容と大きく変わりはありません。
 
一口にガーデンウエディングといっても、様々なスタイルがあります。
・挙式のみガーデンで行い、室内に移動して披露宴を行うケース
・チャペルでの挙式後、ガーデンで披露宴を行うケース
・結婚式の最初から最後まで終始屋外で行うケース
その他にも、デザートビュッフェやケーキカットをガーデンで行うなど、部分的にガーデンを使う場合があります。
 
ガーデンウエディングで行われる屋外での演出例
・ウェルカムパーティー
・ガーデン挙式
・フラワーシャワー
・バルーンリリース
・写真撮影(フォトスポット)
・ケーキカット
・デザートビュッフェ
など

ゲストにとって特別な準備は必要ありませんが、外の気温に対応した服装と持ち物があると安心です!

ガーデンウエディングならではの持ち物をチェック!

ガーデンウエディングに出席する前に知っておきたいこと

ガーデンウェディングをする夫婦の画像
ガーデンウエディングは、「屋外」で行われることが大きなポイント。
屋外でのパーティーを満喫するためには、事前の準備が肝心です。

ガーデンウエディングならではの持ち物をチェック!

ガーデンウエディングで快適に過ごすために欠かせないものがこちら。
暑い夏や寒い冬は特に注意が必要です。

【春・秋の持ち物】
・ハンカチ(汗を拭くため)
・冷えた時に羽織るショールやジャケット
・虫よけグッズ
・花粉症対策の薬など

【夏の持ち物】
・ハンカチ(汗を拭くため)
・日焼け止め・ショールなどの紫外線対策グッズ
・虫よけグッズ
・扇子
・汗ふきシート

【冬の持ち物】
・カイロ
・ショールやジャケットなどの羽織り物
 
結婚式の基本の持ち物はこれ!
・ご祝儀
・招待状
・携帯電話・スマートフォン
・財布
・ハンカチ
・ティッシュ
・メイク道具
・予備のストッキング

ガーデンウエディングでは紫外線対策が必須!

ガーデンで気になるのが紫外線。
夏場でも日傘は結婚式の場面にふさわしくないため、避けるのがベターです。
・日焼け止め
・羽織り物
を持参して、紫外線対策を行いましょう。

ガーデンウエディングで雨が降った場合はどうなる?

当日雨が降った場合、基本的には屋根がある場所での演出に変更になります。
例1:「ガーデン挙式をチャペルでの挙式に変更」
例2:「ガーデンでのビュッフェを屋根のあるテラスに変更」
 
ゲストが自分の傘をさして外に出る、という状況は多くはありません。
念のため、足元が濡れた場合の替えのストッキングや、体を拭くためのハンカチなどがあると安心です。

ゲストハウスでの華やかなガーデンウエディングを楽しもう

「解放的なガーデンでゲストにリラックスしてほしい」
「ゲストと近い距離で和やかな時間を過ごしたい」
そんな新郎新婦の思いが込められた、ガーデンウエディング。
最低限のマナーをおさえた自分らしい服装で、ガーデンでの特別な結婚式を楽しんでくださいね。