DSC_0033.JPG

【放生津八幡宮の結婚式お呼ばれ】万葉集ゆかりの地での神前結婚式

小山 絵実
監修 小山 絵実(コヤマ エミ)
経歴
準ミスインターナショナル日本代表(2004年度)
ミスアース日本代表(2005年度)
女性起業家大賞最優秀賞 受賞(2019年)
日本化粧品検定1級 保有

現在
株式会社ミスコンシャス 代表取締役社長(2012年~)
業界最大級のインターネット専門レンタルドレスショップ「おしゃれコンシャス」を運営しています。

ファッションモデルやアパレルバイヤーの経験もあり、おしゃれコンシャスでは主に商品の仕入れを担当。
TV、新聞をはじめとする100を超えるメディアに出演しています。
長年の経験と培った専門知識をもとに、信頼できるマナー・ファッション・美の情報をお届けします。
万葉集で有名な大伴家持が建立したお宮として知られている放生津八幡宮。
古くから海への信仰があつく、海に向かって参拝するようにお宮が建てられているよう。
心地良い浜風と海の見える景色は、他の神社とは違った開放感をもたらしてくれます。

この記事では、宮司である大伴さんご協力の元、放生津八幡宮で行われる神前結婚式の魅力を徹底解説!
見どころをしっかり確認して、当日は神前結婚式や放生津八幡宮の雰囲気をめいっぱい堪能してくださいね♪

アクセス



放生津八幡宮は大きな駐車スペースがあるので、車で行っても安心。
乗り合いのマイクロバスで向かう方も多いそうなので、招待状にバスの記載があるかどうかは要チェックです。
 
最寄り駅から徒歩約5分
遠方からお呼ばれしたんだけど大丈夫かな……という方もご安心を。
放生津八幡宮は最寄り駅である万葉線「東新湊駅」から徒歩約5分の好立地にあります。
駅から降りれば観光案内図で放生津八幡宮への道のりも確認できるので、迷う心配もないですよ♪

放生津八幡宮 外観奈良時代に建立され、1000年以上の歴史を持つ放生津八幡宮。
災害が少ない地域柄、境内には歴史的な建造物がいくつも残っています。
いにしえの空気に包まれた中での結婚式は、特別感もまた格別ですよ。
 
放生津八幡宮(ほうじょうづはちまんぐう)
  • 住所:富山県射水市八幡町2-2-27
  • 電車:万葉線「東新湊駅」から徒歩約5分
  • 車:北陸道小杉ICから約25分

放生津八幡宮での挙式

挙式放生津八幡宮で行われるのは、日本古来の伝統的な神前結婚式。
一連の作法は、見ている方も気持ちが引き締まります。
一連のお作法がある一方で、堅苦しく考えず思い出に残る結婚式にしたいという宮司さんの考えから、事前のリハーサルを丁寧に行い、結婚式当日に至るまで新郎新婦を全力でサポート。
新郎新婦の希望に沿って柔軟な対応をしてくれるのが放生津八幡宮の最大の魅力です。

参道居合わせた参拝客も笑顔で祝福してくれる参進は、神前結婚式の醍醐味とも言える瞬間。
ちょっとした雨であれば、基本的に傘をさした上で参道をねり歩きます。
雨の予報でも晴れることが多いのが放生津八幡宮の結婚式。
美しい青空の下行われる参進に、神様の気配を感じてしまうかも。

親族
伝統の形に則り、拝殿の儀式に参加するのは新郎新婦とご両家親族のみ。
ご親族以外の方は拝殿のすぐとなりにある脇殿から式にご参列いただけます。
脇殿からの写真やビデオの撮影は自由♪
お子様連れの方はこのスペースでお子様達を遊ばせておくこともできますよ。
 
EMMEL REFINES
ハシゴレースミディ丈グリーンドレス

歴史ある荘厳な神前結婚式には、高級感のあるドレスがぴったり。
クラシカルな雰囲気を漂わせる繊細なレースが上品に装いを彩ります。
トップスのハシゴレースと高めのウエストマークでスタイルアップ効果もUP♪
深いグリーンカラーは凛とした空気感のあるお宮の風景とマッチしますよ。
 

控室・更衣室

社務所控室放生津八幡宮では、要望があれば社務所の一部をゲストの控えの場や着替えの場として開放してくれます。
希望があれば、当日に着付けを行うこともOK。
一般的には控室や更衣室などが用意されないことが多い中で、嬉しい心遣いですね。

放生津八幡宮の見どころ

狛犬放生津八幡宮で最も有名な見どころと言えば、拝殿にある木造の狛犬です。
「愛嬌があってかわいい」と写真を撮られたり撫でられたりと参拝客の多くから愛されています。
木造の狛犬そのものが珍しいので、一見の価値がありますよ!

放生津八幡宮 東の風歌碑「令和」の典拠である『万葉集』を編纂したとされる大伴家持が建立したということもあり、境内は文化的な風情に満ちています。
大伴家持を祀る祖霊社や万葉集の歌碑が建立されていたり、この地で松尾芭蕉が詠んだ歌の句碑も建てられていたりします。

放生津八幡宮:曳山行事(夜山)10月1日・2日に開催される放生津八幡宮祭の曳山・築山行事は、令和3年3月11日に国の重要無形民俗文化財に指定されたんですよ。
 
映画の撮影地に選ばれるロケーション
  
放生津八幡宮外観:正面「真白の恋」や竹之内豊主演の「人生の約束」など映画のロケ地に選ばれている放生津八幡宮。
最近では富山県射水市を舞台にした映画「放生津カンタータ」の撮影が行われたばかりです。
境内を囲む松林の緑と空の青のコントラストがほんとに美しい。
そこに拝殿や鳥居をプラスしたら映え感がハンパない!
地面が砂利ではなく砂地なのも、他の神社にはない雰囲気をかもし出すのに一役買っています。
まさにロケ地に選ばれるにふさわしい風景をあなたも写真に収めてみては?

放生津八幡宮の新型コロナウイルス感染症対策

お宮のすぐ後ろが日本海に面しており、浜風が吹き抜ける放生津八幡宮は大変風通しが良く、親族に限られた挙式は大人数になることもほとんどないため、密になりにくい空間が確保されています。
感染症対策としてマスクの着用や定期的な消毒も徹底して行っているため、安心して結婚式に参列できる環境が整っています。

コロナ終息祈願放生津八幡宮には無病息災・健康安全のご利益がある神様が祀られています。
最近では新型コロナウイルス感染症の退散を願った祈願祭が行われたほど。

新郎新婦にもゲストにも気持ちの良い結婚式が執り行えるように。
そんな心遣いが感じられるお宮さんです。
この記事を読んだあなたが、結婚式当日に特別な一日を過ごせますように。