はじめてのバレエ鑑賞!服装は?マナーや楽しむコツも

はじめてのバレエ鑑賞!服装は?マナーや楽しむコツも


Youtube動画やテレビで観た公演映像をきっかけに、バレエ好きになったという人もいますよね。
大好きなバレエの公演を、今度はじめて劇場に鑑賞しに行く・・・。
「どんな服装で行ったらいいの?」
「どんなことに気をつけたらいい?」
服装やマナーが心配になりませんか?
そこで今回はバレエ鑑賞がはじめてという方に向けて、鑑賞の服装マナーやオススメコーデをご紹介!
おさえておきたい基本的なマナーや、より楽しむためのコツもあわせてご説明します。

はじめてのバレエ鑑賞!服装は?マナーや楽しむコツも

バレエ鑑賞の服装マナー

バレエ鑑賞の服装マナーバレエ鑑賞の服装はどのようなマナーに気をつければよいのでしょうか。
結論からお伝えすると、バレエ鑑賞の服装マナーにはこれといった決まりがありません。
デニムでもいいし、フォーマルな服装でもOK。
マナー的には自分の好きな服装で行って大丈夫です。
オススメはちょっといいレストランやホテルランチに行けるような服装。
清潔感があって品を感じられる服装なら「劇場ではずかしい思いをした」なんてことにはなりません。

はじめてのバレエ鑑賞!
服装選びポイント3つ

そうはいっても「具体的にどんな服装?」と迷う方もいますよね。
清潔感があって品を感じられる服装とは、具体的にどのような服装のことなのでしょうか。
バレエ鑑賞にオススメの服装選びのポイントをご紹介します。

ポイント1. キレイめなワンピースを選ぶ

キレイめなワンピースを選ぶ色合いやデザインが上品なワンピースはバレエ鑑賞にピッタリです。
ワンピースでいつもよりちょっとおめかしして出掛ければ、鑑賞気分も高まるはず!
バレエ鑑賞は長い時間座ったままの体勢になります。
ゆったりとしたワンピースなら鑑賞中に苦しくなってしまうこともなく、最後までバレエを楽しめるでしょう。

ポイント2. カーディガンやショールが大活躍

ポイント2. カーディガンやショールが大活躍
劇場内は空調が効いています。
バレエ鑑賞中、観客席が肌寒く感じてしまうことがあるかもしれません。
そんなときは、カーディガンやショールが大活躍!
とくにショールはひざにかけることもできるのでオススメです。
ワンピースに似合うベージュやブラックの羽織ものを選べば、オシャレにバレエ鑑賞を楽しめます♪

ポイント3. アクセサリーONして
おしゃれな印象に

ポイント3. アクセサリーONして おしゃれな印象に
パールのネックレスなど上品なアクセサリーをプラスすれば、ワンランク上の鑑賞コーデに。
顔周りも華やかな印象になります。
シンプルで上品な印象のワンピースも、アクセサリーでオシャレなコーデにランクアップするでしょう!
バレエ鑑賞中は座ったままの姿勢なので、上半身のおしゃれがポイントになります。
きらりと光るネックレスを首元にONすれば、あなたをオシャレ上級者に格上げしてくれます。

バレエ鑑賞にオススメのコーデ例

待ちに待ったバレエ鑑賞!
ここからは服装選びのポイントを押さえた、バレエ鑑賞にオススメの具体的なコーデ例をご紹介します!

キレイめワンピースのコーデ


バレエ鑑賞のワンピースは、色合いやデザインが上品なものを選ぶのがコーデのポイントです!
バレエ鑑賞にオススメのキレイめワンピースコーデを3つご紹介します。
ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)
ケープ袖Iラインオレンジドレス

ケープ袖とくすみオレンジがオシャレなワンピース。
ウエスト部分がゴム仕様なので長時間座っていても苦しくなりません。
シンプルなデコルテラインはどんなアクセサリーとも相性バッチリです!
アクセサリー選びを楽しみながら、コーデを考えてみてくださいね。
 
ラルフローレン(Ralph Lauren)
フラワー刺繍ネイビー×ピンクドレス

フラワー刺繍が目を惹く、女性らしいワンピース。
すそのスカラップデザインは座り姿もオシャレに魅せてくれます。
ネイビーやブラックの羽織ものをあわせれば、大人な女性の雰囲気を演出できるでしょう。
もちろん淡いカラーの羽織ものでとことん女性らしくするのも◎!
一枚でオシャレな印象になるので、コーデを組むのに自信がないという方にもオススメです。
 
プリフェレンズパーティーズ(PREFERENCE PARTY'S)
ブラック×フラワーミディ丈ベージュドレス

ベージュ×ブラックのバイカラーが上品で落ち着いた印象のワンピース。
花柄のトップスにはシルバーの糸が使われていて、華やかな雰囲気も演出できます。
スカートは長めの丈なので座っていても安心です。
ブラックなどの濃いカラー、ベージュなどの淡いカラーどちらの羽織ものとも相性◎。
バッグや靴でピンクやブルーなど差し色を入れれば、オシャレな印象になりますよ。
 

ショールを使ったコーデ

バレエ鑑賞のショール選びは、ワンピースにあうものを選ぶのがポイント!
鑑賞にオススメのショールを使ったコーデを3つご紹介します。
ミベル ミューズ(mebelle muse)
メロンチュールアイボリーショール

繊細なチュールデザインがコーデのアクセントになるショール。
シンプルなデザインのワンピースと相性抜群です!
お袖つきの裏地なので鑑賞中に肩からズリ落ちることなく、バレエを楽しめます。
 
 
エルモソ リュクス(Hermoso luxe)
2Way異素材ブラックショール

どんなワンピースにもお似合いなブラックのショールを使ったコーデ。
シンプルなブラックのショールは花柄や総レースのワンピースと相性抜群です!
バッグや靴もブラックであわせれば、まとまりのあるエレガントな印象になります。
バレエ鑑賞中に足元が冷えたら、ひざにかけることもできますね!
 
 
ミベル ミューズ(mebelle muse)
フェイクファーアイボリーショール

秋冬のバレエ鑑賞にオススメなのがファーショールを使ったコーデです。
ファーショールは着るだけで気品や特別感がアップします!
鑑賞中、サッと肩から羽織れるところもポイント。
 

アクセサリーがポイントのコーデ 

シンプルなデザインのワンピースコーデには、アクセントになるアクセサリーが欠かせません!
華やかなアクセサリーがポイントのコーデを3つご紹介します。
ショート3連クリスタルパールネックレス

ボリュームのある3連タイプのネックレスがポイントのコーデ。
首元がシンプルなデザインのワンピースにあわせると、アクセサリーの魅力が引き立ちます。
 
 
ティアドロップクリスタルパールネックレス

ネックレスのフラワーモチーフとパールがコーデに華やかな印象をプラス。
アースカラーのワンピースもネックレスとあわせればグッと華やかでエレガントな雰囲気になりますね。
 
 
華やか一連パールクリスタルネックレス

レースのような華やかさが目を惹くネックレスがポイントのコーデ。
小ぶりながらも存在感のあるネックレスはどんなワンピースコーデもバランスよくまとめてくれますよ。
 

夏にオススメのバレエ鑑賞コーデ

夏は屋外と劇場内で気温の差が大きくコーデに悩みますよね。
暑い夏にオススメのバレエ鑑賞コーデをご紹介します。
アンタイトル(UNTITLED)
ボトルネックビジュブルーグリーンドレス

華やかなブルーグリーンのノースリーブワンピースは夏にぴったりのワンピース!
Iラインのシルエットですがサイズ感はゆったりとしているので、長時間座っていても苦しくなりません。
露出が増えるノースリーブデザインも暑い夏なら爽やかな印象で着こなせるでしょう。
 
アナトリエ(anatelier)
袖ありフラワー刺繍ミントグリーンドレス

爽やかなミントグリーンと、袖の透け感が夏らしいワンピース。
1着でオシャレにキマるデザインワンピースは、暑い夏にピッタリです。
バレエ鑑賞のあと、カフェやレストランについ寄り道したくなるかも!
 
ミリー(Milly)
バックワイドデザインオレンジピンクドレス

鮮やかなオレンジは夏にピッタリのビタミンカラー。
背中を大きくあけたデザインも夏らしいですね!
ギンガムチェック柄やデニム素材など、デザイン性が高いパンプスやサンダルをあわせるとアクセントになりオシャレ上級者のコーデになるでしょう。
 

冬にオススメのバレエ鑑賞コーデ

冬は暗い色の服を着る機会が多く、コーデの印象が重たくなりがちですよね。
楽しみなバレエ鑑賞、いつもより明るい色を着てちょっと特別感を味わいませんか?
コートを脱いだとき思わずハッとするような、冬にオススメのバレエ鑑賞コーデをご紹介します。
アナトリエ(anatelier)
Iライン袖付きピンクベージュドレス

トレンドのバルーン袖とピンクベージュが女性らしく上品な一着。
やや厚めのとろみ素材なので冬のバレエ鑑賞にピッタリです。
ブラウンのロングブーツとあわせればかわいくオシャレなコーデに仕上がります。
デートのバレエ鑑賞にオススメのコーデです!
 
 
イヴァンカ トランプ(IVANKA TRUMP)
ウエストタック&ファスナーマスタードドレスセット

デザイン性の高いマスタードカラーのドレス。
ブラックの羽織ものやジャケット、ブーツにあわせると秋冬にピッタリの配色になります。
伸縮性に優れた生地なので、長時間座っていても着心地抜群!
周りとひと味違ったオシャレコーデで鑑賞したい方にオススメのコーデです。
 
ミベル ミューズ(mebelle muse)
レースセパレートネイビーパンツドレス

足元が冷える冬はパンツスタイルもオススメです。
透け感のあるレースデザインと、アクセサリーをあわせれば顔周りも華やかに演出できます。
パンツの後ろがゴムになっているので無理なく着こなせるところもポイント!
ヒールを履いて、女性らしさをプラスさせたコーデがオススメです。
 

 

おさえておきたい!
バレエ鑑賞の基本的マナー



おさえておきたい!バレエ鑑賞の基本的マナー
はじめてのバレエ鑑賞は服装マナーだけでなく、基本的な鑑賞マナーも気になりますよね。
ここからは、はじめてバレエ鑑賞に行く方が気をつけたい基本的なマナーについてご紹介します。

飲食禁止

鑑賞中の飲食は禁止されています。
水分補給や食事は前もってすませましょう。
劇場によってはお茶やお酒が楽しめるラウンジがあることも。
そのような場合は、開演前か休憩時間にラウンジで楽しむのもオススメです!
観客席は空調で乾燥していることがあります。
そんなときは乾燥による咳が心配ですよね。
乾燥による咳対策のアメなどは、口にふくんでいても大丈夫です。

花束や贈りものはカウンターへ

「公演後ダンサーに花束や贈りものを渡したい!」
お気に入りの出演者にプレゼントを用意したい場合もあるでしょう。
そんなときは、あて名を書いて贈りものを預かってもらえる劇場のカウンターへ持って行きましょう。
間違っても公演終了後、舞台へ直接持って行かないように!
出演者に手渡しに行くことはマナー違反です。

後ろの席の人に配慮した髪型を

オシャレなコーデが組めると、あわせる髪型にもこだわりたくなりますよね!
基本的にはどんな髪型でも◎ですが、お団子ヘアや頭の上で盛ったヘアは避けましょう。
頭の上にボリュームのあるヘアスタイルだと、後ろの席の方の視界をさえぎってしまいます。
周りのお客さんも気持ち良く鑑賞できる範囲でオシャレを楽しむのがポイントです!

遅刻しないように

当然のことですが、遅刻して途中から入ると他のお客さんの迷惑になってしまいます。
時間に余裕をもって劇場に向かいましょう。
どうしても遅刻してしまった場合は、休憩時間まで待つか席まで行かず一番後ろで鑑賞しましょう。
他のお客さんが鑑賞に集中できるよう配慮することは、大切なマナーです。

バレエ鑑賞をもっと楽しむコツ

バレエ鑑賞をもっと楽しむコツ
はじめてのバレエ鑑賞。
より楽しめたら嬉しいですよね!
服装や基本的な鑑賞マナーをおさえたら、バレエ鑑賞をさらに楽しむコツにチャレンジしてみましょう!
ここからはバレエ鑑賞がもっと楽しくなるコツをご紹介します。

事前に予習する

劇場についたらパンプレットを購入して出演者やストーリーを予習するのがオススメ。
バレエ鑑賞をより楽しむことができますよ!
パンフレットは2000~3000円くらいで購入可能。
バレエ鑑賞記念のお土産にもなるので、初心者には特にオススメです。

お手洗いを済ませておく

劇場のお手洗いはとても混雑します。
休憩時間に並ぶと、お手洗いだけでほとんど時間がなくなってしまうことも。
劇場に入る前にお手洗いを済ませられると良いでしょう。
せっかくなので休憩時間はラウンジで楽しんだり、パンフレットを読んだりしながら楽しめるといいですね!
上演中にお手洗いに立つと、しばらく席に戻れない場合もあるので注意が必要です。

オペラグラスを持って行く

舞台から遠い席の場合は、オペラグラスを持って行くのもオススメです。
オペラグラスがあればダンサーの豊かな表情や細やかな動きを観て楽しむことができます。
オペラグラスを持っていない方は、劇場で借りられる場合があるので劇場に確認してみましょう。

拍手は周りにあわせれば大丈夫

「いま拍手していいの?」
はじめてのバレエ鑑賞では、拍手を送るタイミングで迷うこともあるでしょう。
そんなときは周りのタイミングにあわせれば大丈夫!
劇場の地域や演目によって拍手をおくるタイミングも変わるので、不安な場合は周りの様子をうかがいましょう。
とはいえ感動的なパフォーマンスには自然と拍手を送ってしまうもの。
それは観客席のみんな同じだと思います。

バレエ鑑賞にオシャレして行こう!

バレエ鑑賞にオシャレして行こう!いかがでしたか?
バレエ鑑賞の服装は基本的に好きな服を着て大丈夫!
迷うようならご紹介したような、ちょっと良いレストランやホテルランチに行けるような服装を選びましょう。
マナーを守りつつオシャレもバレエ鑑賞も両方楽しめるといいですね!