pixta_61366987_i

結婚式ドレスのスカート丈マナーは?ミディ(ミモレ)丈?膝丈?

小山 絵実
監修 小山 絵実(コヤマ エミ)
経歴
準ミスインターナショナル日本代表(2004年度)
ミスアース日本代表(2005年度)
女性起業家大賞最優秀賞 受賞(2019年)
日本化粧品検定1級 保有

現在
株式会社ミスコンシャス 代表取締役社長(2012年~)
業界最大級のインターネット専門レンタルドレスショップ「おしゃれコンシャス」を運営しています。

ファッションモデルやアパレルバイヤーの経験もあり、おしゃれコンシャスでは主に商品の仕入れを担当。
TV、新聞をはじめとする100を超えるメディアに出演しています。
長年の経験と培った専門知識をもとに、信頼できるマナー・ファッション・美の情報をお届けします。
結婚式のマナーにおいて、スカート丈の正解って何?
結婚式に着て行きたいドレスがある時も、どんなドレスを選ぼうかと悩む時も気になるポイントはソコ。

あなたが気になるドレスは膝丈?ロング?
えっ?ミディ(ミモレ)丈?
それ全部、正解です!

スカート丈の中でも、ミディ(ミモレ)丈のドレスは最高のチョイス!
マナー面でも何も心配することはありません、堂々と胸を張って結婚式に着て行っちゃいましょう♪

結婚式ドレスのスカート丈マナーは?ミディ(ミモレ)丈?膝丈?

ミディ(ミモレ)丈のドレスは結婚式にぴったり♪

結婚式
ミディ丈のドレスのメリット
  • 落ち着きがありエレガントな雰囲気を演出するのに最適な長さ
  • 座った時にも膝が見えない丈
  • 体型をカバーしてシルエットがキレイに見える

上品さとメリットを兼ね備えたミディ丈のドレスは結婚式のお呼ばれドレスにぴったりです。

初めての結婚式でも安心♪
ミディ(ミモレ)丈ドレス

初めての結婚式初めて出席する結婚式は楽しみでもあり、しかし一方で不安もいっぱいですよね。
特に普段の服装とは違うドレスは、どんなものを選んだらいいのか困ってしまうもの。
初めての結婚式への参列だからこそ、外れのないミディ丈ドレスがオススメなんです♪

動きのあるシルエットで印象を華やかに

動きのあるシルエットお祝いの場である結婚式ではゲストが華やかな印象のドレスを着て出席してくれると大変喜ばれるもの。
結婚式での服装マナーをきっちりと押さえた上で会場を華やかに彩る、とっておきのミディ丈ドレスをご紹介します。

 
PREFERENCE PARTY’S
上品フラワーライトブルードレス

光沢のあるシアーシャガード織りの生地から高級感が漂うライトブルーのカラードレス。
動きのあるフレアデザインと全体に施されたフラワー柄がフェミニンな印象を与えてくれます。
膝下までしっかりとカバーしながらも、スカート裾のオーガンジー生地には透け感があるため足元に軽やかな印象が残ります。
 
 
Agreable
ハシゴレーススリーブダルブルードレス

細かなアンティーク調の幾何学模レースが全体にあしらわれた華やかなダルブルーカラードレス。
ダルブルーを基調にラベンダーカラーが織り込まれており、飽きさせない色味が特に目を惹きます。
ブラックのベルトを合わせてウエストマークすることでお洒落感とスタイルアップを実現。
更に膝下まであるスカート丈が気になる下半身をカバーしてくれるので、シルエットも美しく引き立ちます。

 
 
mebelle muse
ドット&フラワーレースブラックドレス 

透け感のあるドット柄とゴールドフラワーレースが重なるトップスで個性的な印象が弾けるドレス。
ブラックカラーであるにもかかわらず重さを感じさせず、華やかな会場に彩りを添えてくれます。
膝下までふわり広がるスカートは気になる下半身のラインを優しくカバーしてくれる上、ウエストがゴム仕様なため着心地も抜群♪

 

かっちりした印象のアイテムでフォーマル感もアップ

かっちりした印象のアイテムふわりと可愛らしいフェミニンなドレスや華やかなシルエットのドレスは着ていてテンションが上がります。
しかしいざ結婚式に着て行こうとすると「少々甘い印象になり過ぎでは?」と不安になることもありますね。
そんな時はバッグや靴、羽織ものでバランスを取ってみましょう。
黒やネイビーを取り入れることで、印象が一気に引き締まりますよ。

 
Luxe brille
ラメスクエアブラックバッグ

シャープなフォルムがクールな女性を演出してくれる横長のブラックバッグ。
シャイニーなラメが施された蓋とスエード調の本体が異素材になっており、オシャレ感抜群。
黒の色味で印象を引き締めてくれるだけでなく、スタイリッシュな印象もプラスしてくれます。
袱紗がすっぽりと入ってしまう収納力もあり、見た面でも実用面でも完璧なバッグです。
 
 
Le Chione JELLY BEANS
ストラップ付かかとレースブラックパンプス

ラメ感のある甲部分の生地とかかと部分の異素材レースが高級感を漂わせるブラックパンプス。
やや太めのヒールとストラップで安定感があるので、普段ヒールを履き慣れていない方でも安心。
目を惹く中央のビジューはクリップタイプのため取り外しが可能。
足元に甘さを残したい時は付けたまま、よりフォーマル感を引き出したい時は外して……と使い勝手抜群な一足です。
 
 
Dorry Doll
シンプルタックブラックショール

シンプルなデザインながらふわりと流れるラインが女性らしい優しさを演出するブラックショール。
わずかに光沢感のある生地はさりげない上品な高級感を放ちます。
袖付きの裏地が施されているため、袖を通して着用すれば着崩れの心配なし♪
柔らかな色合いのドレスに合わせればそれだけでエレガントな印象が増し、大人の品格があふれます。

 

親族の結婚式では
ミディ(ミモレ)丈ドレスでエレガントさUP

親族の結婚式親族側のドレス選びは、ゲストとして出席する時以上にフォーマル感を求められます。
ただフォーマル感だけを求めたドレスだと味気なく感じてしまいますよね。
スカートの長さがふくらはぎの中程までになるミディ丈ドレスなら、それだけでフォーマル感が高まります。
親族にぴったりのデザインを選んでいきましょう。

きちんと感を出したい時は
落ち着いた色のドレス

落ち着いた色のドレスきちんと感のある雰囲気を出したい時は、落ち着いた色のドレスを選ぶのが最大の近道。
やはりブラックやネイビーのドレスがオススメです。
会場での色被りを避けたいと思ったら、ブルー・グリーン系からドレスを探してみるのも手です。

 
Hermoso luxe
レース&プリーツミディブラックドレス

ブラックの落ち着いた色味にトップスのフラワーレースとシフォン素材のプリーツが合わさって、柔らかな大人の品格を漂わせてくれるドレスです。
ベージュやシルバーのジャケットと合わせれば、フォーマル感の中に優美な女性らしさも醸し出せます。
スカート丈が長めなので、身長の低い方はロングドレスとして着用するのもアリ♪
 
 
BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS
リーフレーススリーブブルーグリーンドレス

大人の落ち着きと上品さを兼ね備えたIラインシルエットのブルーグリーンカラードレス。
マットな質感のドレス生地で高級感を漂わせつつ、袖に施された透け感のあるリーフレースが爽やかな印象も与えてくれます。
タイトなシルエットながらスリットが入っているので足さばきも良く、座った時に完全に膝が隠れる長さのスカート丈は安心感抜群です。
 
 
URBAN RESEARCH ROSSO
総レースターコイズグリーンカラードレス

ドレス全体にレースが施されたゴージャスかつエレガントな雰囲気が漂うターコイズグリーンカラードレス。
控えめなフレアデザインによりフェミニンな印象に寄り過ぎず、膝下まで隠れるスカート丈により品の良いシックな空気感を纏う絶妙なバランス。
総レースなので長時間着用していても皺になりにくいため、式の最後まで凛とした気品が保たれます。

 

手元、足元、首元に
小物で華やかさをプラス

小物で華やかさをプラス親族側に求められるものはきちんと感……ですが、せっかくの華やかな雰囲気の中フォーマル感だけを考えてコーディネートを考えるのもどこか寂しさを覚えますよね。
そんな時に助けてくれるのがバッグや靴などの小物です。
手元や足元、そして首元に華やかさをプラスして、会場に彩りを添えていきましょう。

 
UNTITLED
スクエアプリーツシャンパンバッグ

定番のスクエアタイプながら華やかなシャンパンカラーに品のあるプリーツデザインが映えて、シックな装いの中に輝くような彩りを与えてくれます。
袱紗もばっちり入るサイズなので使い勝手も抜群。
ワンランク上の上品な華やかさを演出するのにこれ以上もないバッグです。
 
 
trattoria
ラメクロスシルバーパンプス

甲部分のクロスラメデザインが美しく目を引くシルバーカラーのパンプス。
光沢のある生地にかかる繊細なラメは上品な高級感を漂わせて足元に華やぎを与えてくれるので、シックな印象のドレスとの相性は抜群です。
クッション性の高いインソールと安定感のあるヒールで、長時間履いていても足の負担が少ないのも嬉しいポイントです。
 
 
Hermoso luxe
エレガントロングパールネックレス

シンプルな配列のパールの合間にクリスタルが施され、エレガントさを増した2連ロングパールネックレス。
上品で落ち着いた印象は存在を主張し過ぎず、しかしきっちりと首元に美しい輝きを与えてくれます。
シックな彩りを添えるには最適のネックレスです。
 

ミディ(ミモレ)丈?膝丈? ロング丈?
結婚式のスカートの長さはどれがマナーOK?

結婚式のスカートの長さマナー結婚式のスカート丈マナーでNGなのは、膝上5cm以上の短い丈になってしまうこと。
そのため、ミディ丈も膝丈もロング丈も、結婚式に出席する上でのマナー的にはOK。

 
ゲストとして参加する場合
  • 膝下丈からくるぶしが隠れる程度のロング丈までならOK
  • 膝上5cm以上の短いスカート丈は過度な露出になってしまうためNG
  • 裾を引きずるくらいのロングドレスは正礼装に当たるため、ゲストとして参加する場合は着用NG
     
    親族として参加する場合
  • 基本はゲストとして参加する場合と同じ基準でOK
  • 新郎新婦の母親の場合は、正礼装であるつま先だけが見えるヒール丈や裾が床まで届くフロア丈の着用も◎

という感じで、ゲストと親族では着用できるスカートの長さが若干異なります。
ちなみにミディ丈とは、膝下からふくらはぎの中間までの丈のこと。
まさに膝下丈からロング丈の中間という長さですね。
ドレスの丈に悩んだ場合は、ミディ丈のドレスを選んでおけばまず間違いはないのです。
 

ミディ(ミモレ)丈ドレスで安心して結婚式に出席しよう♪

結婚式に出席実は正解が複数ある、結婚式におけるスカート丈のマナー。
複数あるからこそ余計に頭を悩ませてしまうけれど、ミディ丈を選んでおけば大丈夫!
結婚式のマナーから決して外れない絶妙のスカートの長さがミディ丈なのです。
安心できる長さのドレスを着て、心軽やかな状態で華やかな結婚式に参列しましょう♪