pixta_75391882_i

お宮参りのママ・赤ちゃんの服装は?おすすめのレンタルスーツ・ワンピース

小山 絵実
監修 小山 絵実(コヤマ エミ)
経歴
準ミスインターナショナル日本代表(2004年度)
ミスアース日本代表(2005年度)
女性起業家大賞最優秀賞 受賞(2019年)
日本化粧品検定1級 保有

現在
株式会社ミスコンシャス 代表取締役社長(2012年~)
業界最大級のインターネット専門レンタルドレスショップ「おしゃれコンシャス」を運営しています。

ファッションモデルやアパレルバイヤーの経験もあり、おしゃれコンシャスでは主に商品の仕入れを担当。
TV、新聞をはじめとする100を超えるメディアに出演しています。
長年の経験と培った専門知識をもとに、信頼できるマナー・ファッション・美の情報をお届けします。
お宮参りは、赤ちゃんが生まれてから初めての一大イベント。
家族そろって記念撮影することも多いので、きちんとした服装でいきたいですよね。

「何を着ていくのが正解なの?」と疑問に思うママも多いはず。

そこで本記事では、ママ・赤ちゃん・パパにふさわしい服装をわかりやすく解説♪
基本的な服装マナーやおすすめのレンタルスーツ&ワンピースもご紹介するので、最後までお見逃しなく。



お宮参りとは?

お宮参りとは、安産を神様に感謝し、赤ちゃんの健やかな成長を願う行事のこと。
ご加護をお祈りすると同時に「神様からの大切な授かりものである赤ちゃんを大切に育てる」と誓う意味も込められています。
 
お宮参りは、いつやるの?
生後1ヶ月後に行うのが一般的ですが、母子の体調や気候を考慮しながら決める人が大半です。

お宮参りのママの服装マナー

お宮参りのママの服装マナーお宮参りの主役は赤ちゃんです。
まずは赤ちゃんの装いの格を決めて、ママやパパの服装を決めていくのがスムーズです。
赤ちゃんの服装に対して、ママは同格か格下の服装を選んでいきましょう。

【ママの服装の選び方】
ママの服装
赤ちゃんと同格 赤ちゃんより格下
ベビードレス
+祝い着
訪問着、色留袖
(色無地、付け下げも○)
スーツ
ワンピース
ベビードレス スーツ
ワンピース
ワンピース
 
お宮参りにカジュアルな服装はアリ?
ワンピース程度のカジュアルさであれば、お宮参りの服装としてむしろオススメ!

着物のような締めつけ感も無いし、着替えも楽ちんなので、ワンピースを選ぶ人は多いです。
ワンピースを選ぶなら「授乳口付き」や「体型カバーのできるワンピース」がおすすめ。
 
お宮参りにNGな服装
  • 素足
  • ミニスカートやキャミソールなど露出度の高いもの
  • デニムやジーンズなどのカジュアル過ぎる服装

カジュアルな中にもきちんと感を出したいので、上記のような服装はルール違反。
特にストッキングの着用は、フォーマルな場面では必須です。

【春・夏のお宮参り】ママにおすすめの服装

春・夏の服装ポイント
  • 春はパステルカラーなど柔らかい色の服装がgood
  • 夏は涼しげな印象になるアイボリーやブルーがおすすめ
  • 暑さや寒さを調節できる羽織ものがあると便利
 
Dear Princess
グログランピンクワンピーススーツセット 

肌に馴染む柔らかなピンクカラーは全体の雰囲気を品よくまとめてくれます。
ワンピーススタイルでもトップスを着ているように見えるデザインはおしゃれ感も抜群♪
ふわりと広がるスカートで体型をカバーし、女性らしい柔らかなシルエットが出るのも高ポイント。
赤ちゃんを抱くと優しいママの雰囲気が出るので、きっと素敵な写真に仕上がるはず。
 
 
RIFANNE 東京ソワール
シャンタンアイボリーワンピースセット

光沢感のあるシャンタン生地が上品な高級感をかもし出すセレモニースーツ。
短めの丈に丸みのあるジャケットは今っぽさがあり、若々しさがアップ!
ワンピースタイプなのでお腹の締め付けもなく心地良く過ごせるのも◎です♪
夏らしい明るい雰囲気を漂わせながら気分よくお宮参りに向かえますよ。
 
 
Apploberry 東京ソワール
フレア袖ドレープネイビードレス

柔らかく重なり合うドレープが優しくエアリーな雰囲気に仕上げてくれているワンピース。
左胸にファスナーがあるので、赤ちゃんへの授乳も楽々できちゃいます。
うっすら透け感のある袖が上品な華やかさを演出してくれているのもgood!
体のラインを拾いにくいデザインは、産後の体型が気になるママの味方です♪
 
 
組曲
袖シースルーレースピンクベージュドレス

華やかでも甘過ぎないピンクベージュは柔らかな気候の春にぴったり♪
ゆったりとしたシルエットは締め付け感がなく、長時間の行事でもとっても楽ちん。
デザインはシンプルでも、袖に施されたレースの透け感がワンピース全体を彩ってくれます。
お宮参りで残す記念の1枚に華やかな雰囲気を漂わせたい方におすすめです。
 
 
春夏におすすめの羽織りもの
春夏の羽織はベージュやシルバーなど明るめの色がおすすめ♪
明るい色が持つ軽やかな印象はコーデ全体に爽やかな印象を与えてくれますよ。
 
PALME D'OR
シンプル7分袖ベージュジャケット

季節、年齢、ドレスの形を問わず幅広く合わせられるオールマイティーなジャケット。
ウエスト部分のぺプラムデザインでシルエットにメリハリが出てgood♪
シンプルだからこそ感じられる上品さに安心感があります。
冷房などの寒さ対策としてもフォーマル感を高めたい時にもおすすめですよ。
 

【秋・冬のお宮参り】ママにおすすめの服装

秋・冬の服装ポイント
  • 春夏に比べて落ち着いた色やデザインを選ぶ
  • 冬場のスカートだと寒い場合はパンツスタイルもOK
  • 秋冬の寒さ対策として、コートや羽織ものがマスト
 
ketty
ライトグレー×ブラックワンピーススーツセット

ライトグレー×ブラックのバイカラーで落ち着きのある華やかさをかもし出すセレモニースーツ。
光沢糸を使用した生地には神聖な行事にぴったりな上質感が漂います。
ノーカラーのジャケットは首元をすっきり見せてくれるので、写真写りにも期待大♪
締め付け感のないワンピースタイプは、産後のお腹が気になるママにおすすめです。

 
 
Reflect
チェック調ネイビーセレモニーワンピースセット

長袖のワンピースとしっかりした生地のジャケットの組み合わせはやっぱりあったかい!
縦横にラインの入ったチェック調デザインのワンピースはエレガントかつ華やか。
ジャケットを脱いでもきちんと感があるので、暑さの調整がしやすいのも◎♪
スカートの裾に少しだけある透け感が装い全体を軽やかに見せてくれるのもgoodです。
 
 
mebelle muse
レースセパレートブラックパンツドレス

レースの華やかさとパンツの動きやすさを兼ね備えたパンツドレス。
デコルテや袖に透け感のあるトップスレースは、記念撮影でも映えること間違いなし!
後ろゴム仕様のパンツは着心地が良い上に、寒い時期でもあったかい♪
伸縮性のあるパンツは非常に動きやすいので、上にもお子様がいる方におすすめです。
 
 
Utilism by ICB
袖レースココアブラウンドレス

落ち着きのあるココアブラウンカラーは秋や冬にぴったりの色合い。
袖の透け感あるフラワーレースは装い全体に華やかな印象をもたらします。
体のラインを拾わない、ゆったりとしたデザインは、体型カバーにも優秀。
スカート後ろにあるスリットで足さばきが良く、動きやすいのもポイント高いですよ♪
 
 
お宮参りにおすすめの靴&ネックレス
靴であれば転倒しにくいローヒールのもの、装飾品は角のないパールネックレスがおすすめです。
 
Sweet As
クロスローヒールブラックパンプス

ブラックはきちんと感のある装いにぴったりな色。
フロント部分のクロスレースやかかと部分のシルバーラインの金具で華やかさもプラス。
ローヒールなので安定感があり、赤ちゃんを抱っこして移動するママも安心なのでは。
長時間履いても快適に過ごせるようなこだわりが中敷クッションにあるのもgoodポイントです♪
 
 
シンプル2連ショートパールネックレス

どんな装いにも合うオーソドックスな形のパールネックレス。
角が無いので、万が一赤ちゃんの顔に触れても傷付けてしまうことがないので安心です。
程よいボリューム感のある2連タイプなので、さり気なく顔周りに彩りを添えてくれますよ。
 

赤ちゃんの服装は?

赤ちゃんの服装お宮参りにおける赤ちゃんの正装は、和装の【白羽二重+祝い着】とされています。
しかし、白絹で作られた白羽二重は高価な上、すぐ着られなくなってしまうのであまり実用的ではありません。
そのため、最近では洋装のベビードレスに祝い着を羽織らせるスタイルが主流となっています。

一方で、ベビードレスのみでお宮参りを済ませる方も多いようです。
そこで、IKINA編集部が独自に「お宮参りで赤ちゃんに何を着せたか?」について、リサーチしてみました。
1924_お宮参り 赤ちゃんの着た物 グラフ
2021年 IKINA編集部調べ

結果は「ベビードレス+羽織の祝い着」が半分以上。
「ベビードレスだけ」という方は3分の1程度、「白羽二重+祝い着」は10%の少数派でした。
せっかくの行事ごと。
レンタルやお下がりをうまく使って、ハレ着である「祝い着」を着せてあげるのも、良い思い出ですね。
 
「祝い着」は絶対に必要?
祝い着特別なきまりはありません。
祝い着なしで、ベビードレスだけを着せてお宮参りに行く家庭も増えてきています。
ただ、ひょっとしたら祖父母から「祝い着をプレゼントしたい!」という申し出があるかもしれません。
また、中には代々受け継がれている祝い着が残っていることも。
これも事前に両家に確認しておきたい点ですね。
夫婦両家の意向をうかがいながら、家庭の事情に合わせてお宮参りを行うことが大切なんです。

お宮参りでのパパの服装は?

お宮参りでのパパの服装パパの服装は礼服やダークスーツが一般的です。
もちろん、赤ちゃんが和装の場合は一つ紋や三つ紋の羽織や着物、袴を着用することもあります。
ママの場合と同様、パパの服装も赤ちゃんの装いの格に合わせる必要があります。

【パパの服装の選び方】
パパの服装
赤ちゃんと同格 赤ちゃんより格下
ベビードレス
+祝い着
一つ紋や三つ紋の羽織
着物、袴
礼服
ダークスーツ
ベビードレス 礼服
ダークスーツ
ジャケット+スラックス
スーツは無地のものを選び、白シャツ&慶事用ネクタイをすればgood!
ジャケット+スラックスの場合でもシャツやネクタイを着用するようにしましょう。

今どきのリアルなお宮参り事情

お宮参り「お宮参りって、みんなどんな感じでやってるの?」
IKINA編集部の独自アンケートの結果をもとに、今どきのお宮参り事情についてリアルな声をご紹介。

お宮参りには誰と行くの?

ひと昔前までは「赤ちゃん+赤ちゃんの両親+父方の祖母」で行われていたお宮参り。
現在では赤ちゃんと両親のみで行う家庭もあれば、両家の祖父母が同伴するなどそれぞれ。
祖父母の住んでいる場所が遠い、夫婦のみでラフに済ませたいなど家庭ごとに事情が異なります。

お宮参り 誰と行った グラフ
2021年IKINA編集部調べ

いずれかの両親と行った家庭が7割強いるものの、「夫婦+赤ちゃん」で行った家庭も3割近くに上ります。
祖父母の住んでいる場所が遠い、夫婦のみでラフに済ませたいなど、各家庭様々な想いや事情があるようです。
いずれにせよ、出来上がったお写真などを見せてあげると、お子様のおじいちゃん、おばあちゃんもきっと喜びますね。

お宮参りっていつ行くの?

お宮参り一般的に男の子は生後31日目、女の子は生後32日目と言われています。
最近では堅苦しく考えず、時間にゆとりをもって行うことが多いよう。
赤ちゃんの負担になりやすい真夏や真冬を避けたり、ママの体調を優先したりするなど無理のない日程で行うと良いでしょう。

お宮参り いつ行ったか グラフ
2021年IKINA編集部調べ

実際のところも、3か月以降に行った方も3分の1を超えています。
寒い時期や真夏に生まれた赤ちゃんは時期をずらす傾向にあるようです。
 
夫婦それぞれの仕事の都合やお天気なども日程調整に大切なポイント。
夫婦間、そして両家でもしっかりと話し合いをしながら日程を決めていきましょう。

赤ちゃんは誰が抱っこする?

赤ちゃん 抱っこかつては赤ちゃんのお父さん側の祖母が抱っこするものとされていました。
まだ産後間もない母親の体を気遣った、おばあちゃんの優しさから生まれたしきたりだと言われています。
現在ではお宮参りのスタイル自体がそれぞれですから、特にこだわる必要はありません。
中には昔のイメージのまま、お宮参りを楽しみにしているおばあちゃんもいるかもしれませんね。

お宮参り 誰が赤ちゃんをだっこしたか グラフ
2021年IKINA編集部調べ

調べてみた結果、依然として夫側の祖母が抱っこする派も多かったです。
ただ、写真撮影は「夫側の祖母」にお願いしたが、それ以外は、妻側の祖母や祖父、パパなど交互に抱っこしたという声も聞かれました。
せっかくの機会、たくさんの人に抱っこしてもらうのも素敵ですね。

お宮参りの費用は?

お宮参りお宮参りでは何かとお金が必要で、その内訳は多岐に渡ります。

●お宮参りでかかる費用の内訳
内容 費用の目安
ご祈祷の初穂料
玉串料
約5千円~1万円
赤ちゃんの祝い着 レンタル:数千円~2万円
和装購入:約2万円~20万円
洋装購入:約5千円~1万円
両親の服装 レンタル:数千円~3万円程度
和装:10万円~15万円程度
洋装:1万円~3万円程度
食事会代 1人当たり:3千円~5千円程度
記念写真代 約2万円~9万円
現在ではご祈祷を行わず、お賽銭と拝礼のみでお宮参りを済ませる方も多いようです。
予約が混み合っている場合や、真夏・真冬のお宮参りでも日取りに合わせて行うことが可能。
また、写真館での撮影や祝い膳にお金と時間を掛けたい!という家庭も多く見られます。

費用は誰が負担するの?


お宮参り 費用負担 グラフ
2021年IKINA編集部調べ

赤ちゃんのパパとママで費用を負担したという方が半数を超えています。
しかし、そのほとんどが「お祝い」という形で祖父母になんらかの援助をしてもらっているようです。
とはいえ、それでもできるだけ掛かる費用は減らしたいもの。

だからこそ「赤ちゃんの祝い着や両親の服装などはレンタルで!」というママが増えているんです。

今回記事内で紹介したおすすめのワンピースやセレモニースーツ、小物類は全て「 おしゃれコンシャス 」でレンタルすることができます!


おしゃれコンシャス セレモニースーツから、人気のブランドドレスまで幅広いラインナップが魅力的。
専属のスタイリストに相談すれば、お宮参りのママのおしゃれも素敵に叶えてくれますよ。

レンタルを活用して想い出に残るお宮参りに

可愛い赤ちゃんの誕生と健やかな成長を心からお祝いしたいからこそ、服装には気を付けたいですよね。
「キレイめの服なんてもってなーい」
「買うのも、もったいない」
というママにも優しいレンタルサービス。
レンタルを上手に活用して、我が子の記念すべきセレモニーシーンを楽んでみては。