最新版 入学式(入園式)母親のセレモニースーツ、気になるマナーとは

最新版 入学式(入園式)母親のセレモニースーツ、気になるマナーとは


桜の花びらもほころぶ4月、お子様たちにとって待ちに待った入園・入学式ですね。
わが子が新しい仲間たちと出会い、たくさんの物事を体験し、大きく成長していく大切な場所となる所。
このすがすがしい気持ちを忘れないよう、素敵なセレモニーにするため、失敗のない服装を選びましょう。
                                                 
3月、4月は何かとバタバタとする時。
直前であわてることの無いよう、早め早めの準備を心がけましょう。
もちろんお子様がメインである入園・入学式。
保護者としてどんな服装がふさわしいでしょうか。
ママの服装~あって良かった持ち物リストまでご紹介していきたいと思います。

最新版 入学式(入園式)母親のセレモニースーツ、気になるマナーとは

入学式(入園式)での母親の服装は
どんなタイプが多いの?

初めてお会いする方がほとんどなので、服装の失敗したくないですよね?
そこで、最近の入学式・入園式での母親の服装タイプを調査してみました!!
結果は、下のグラフのとおりです。

入学式(入園式)での母親の服装グラフ
2017おしゃれコンシャス調べ
入学式(入園式)での母親の服装は、スーツが57%、ワンピース31%、着物10%、その他2%と圧倒的にスーツが多い結果でした。
 
昔は、入学式で着物を着て出席する方が多く見られましたが、最近はやはり洋服のお母様方ばかりですね。
フォーマルスーツや、ワンピース+ジャケットの組み合わせの華やかでフェミニンな雰囲気が主流となってきています。
 
着物はわずかですが、学校の雰囲気や地域などでもう少し多いケースもあるようです。
 
そこで、今回はいちばん多くを占めていたフォーマル・セレモニースーツについてご紹介します。
スーツタイプは、動きやすくきちんと感もあるので、周りからの評価も高く安心です。

入学式(入園式)には華やかカラーを!
母親の年代別入学式スーツ紹介

入学式・入園式シーズンは4月の桜が綺麗に咲く春。
晴れの日なので、スーツのカラーは明るいカラーが一般的。
お子様が主役ですので、母親は明るいカラーのスーツで祝福ムード溢れる雰囲気でそっと華を添えましょう!

20代ママ向けスーツ
若さの中にも品のあるものを

ケティ (ketty)
アイボリーツイードワンピースセット

明るい雰囲気のアイボリーカラー×ツイード生地。
共布のセットアップは品がありきちんと感もあります。
ワンピーススタイルのスーツなので、産後のぽっこりお腹が気になるママにもお勧め。
 
 
ケティ (ketty)
グレーツイードスーツセット

ライトグレーのツイードスーツは、お洒落さを一歩リードできる一着。
インナーにホワイトやピンクのフェミニンンカラーを取り入れればあなたらしいスーツスタイルの完成です。
他のお母様と被りたくないけど、きちんと感も欲しい方におすすめです。
 
 
スーナウーナ (SunaUna)
ライトピンクシフォンスカートセット

トレンドのプリーツスカートがフェニミンで若々しいスカートスーツセット。
ツイードジャケットのきちんと感と、ふんわり揺れるスカートが優し気で程よく大人の甘さを放ちます。
パールネックレスに慣れていない20代の方は、コットンパールで華やかさを添えてみてはいかがでしょう。
 
 

30代ママ向けスーツ
清楚で上品に

ケティ (ketty)
グレー切り替えワンピースセット

トップス部分のストレッチ生地が着やすく、軽やかな印象をプラス。
アイボリー×ライトグレーの異素材バイカラーデザインはこなれたお洒落感を演出します。
 
 
ケティ (ketty)
アイボリーツイードスーツセット

優しい雰囲気のアイボリーカラーは、フェミニンで柔らかな印象です。
印象を大切にされる賢いママは、定番フォーマルスーツが安心。
スーツスタイルなので、お好きなインナーを合わせられ、インナーによってさまざまな表情を魅せます。
軽やかなカットソーや華やかなブラウスでコーディネートしてみてはいかがでしょう。
 
 
アリスバーリー (Aylesbury)
ベージュセレモニーワンピースセット

華やかなピンク×ベージュのストライプがワンランク上のスタイリングのワンピースセット。
清楚なホワイトベージュのジャケットを合わせることで、フレッシュさと品の良さを醸し出します。
Aラインワンピースなので、歩くたび可憐に揺れ、着席時間が長い式でもウエストの締め付けがなく着心地抜群。
 
 
スーナウーナ (SunaUna)
ライトネイビーシフォンスカートセット

爽やかなライトネイビーと白紺のミックス配色で華やかな印象のジャケットで、30代の大人の落ち着きと可愛らしさを引き出してくれます。
セットのシフォンスカートは、プリーツ加工されフェミニンで可憐な動きが女性らしい一着。
ウエストはゴム仕様になっていて、座っていても窮屈感を感じないのも嬉しいポイントですね。
 
 

40代ママ向けスーツ
ちょっと大人の上質さを

リフレクト (Reflect)
アイボリーセレモニースーツセット

スマートできちんとした感じを醸し出すのは、ワールドの人気ブランドのなせる技。
控えめながら高級感あるツイードジャケットに、着心地のいいワンピースのセットです。
広がりの抑えたスカートは、40代の大人の女性にぴったり。
 
 
 
スーナウーナ (SunaUna)
ライトネイビースーツセット

上質なスーツセットはライトネイビーカラーで、大人の女性を演出してくれます。
40代からは華やか過ぎるカラーに抵抗が・・・と思われるママにおすすめです。
シンプルながらも、ジャケットの細部にデザイン性があり素敵な母親像を後押しします。
 
 
スーナウーナ (SunaUna)
ライトピンクスーツセット

柔らかなピンクカラーが優しさ溢れるスーツセット。
広がり過ぎないスカートや、綺麗なシルエットのジャケットは同生地を使用し一層きちんと感を感じさせます。
 
 

シックに落ち着き感ある母親の装いを
黒・ネイビー系スーツ紹介

一般的にはダーク系のカラーは卒業式での着用が多く、入学式には明るいカラーが多いですが、マナーとしての決まりはないので黒やネイビーのスーツでも大丈夫です。
ただ、全身真っ黒ではお祝いの席にあまり相応しくないので、インナーに明るいカラーやバッグやアクセサリーに気を付けるのがポイントです。
 
ストロベリーフィールズ (STRAWBERRY-FIELDS)
ゴールド糸ツイードネイビーワンピースセット

ストロベリーフィールズは”品性を纏う”をコンセプトにしているだけあって、仕立ても良く上品。
こちらのワンピースセットも、生地にシルバーの糸を織り込みセレモニーらしい華やかさをプラス。
同生地のジャケットは、襟元にデザイン性をポイントにシンプルに仕上げました。
 
 
デリセノアール (DELLISE NOIR)
ブラックスカートスーツセット

インナー次第で、入学式にも卒業式にも活躍してくれるスーツセット。
華やかな印象にしたい入学式や入園式には、白などパステルカラーのインナーで明るめカラーがおすすめ。
ジャケットは、黒地に白の糸の織り込んだ上質な生地を使用し品の良さも感じさせます。
 
 
ケティ (ketty)
ネイビーツイードスーツセット

ネイビーの同生地ツイードのスーツセットは、フォーマル度が高く人気。
インナーに気を付ければ、華やかにもなるのでもちろん入学式にもOK。
 
 
デリセノアール (DELLISE NOIR)
パイピングブラックスーツセット

パイピングデザインがかしこまり過ぎず、お洒落でセンスのいい印象に。
ブラック一色ではなく、ゴールドホワイトの糸を使用した生地で華やかさもあります。
インナーにホワイトを選択していていただければ、入学式や入園式などにもぴったり。
 
 
アリスバーリー (Aylesbury)
ネイビーセレモニーワンピースセット

一見重たく見えるネイビーワンピースセットですが、ワンピースのストライプに透け感を施してあり裏地のない裾部分は透けていて軽やかです。
そのため、シンプル過ぎずお洒落さも感じさせます。
ジャケットはポケットつきなので、ハンカチなどが入るなど優秀なスーツセットです。
 
   

入学式(入園式)母親のスーツ
一般的な服装マナーまとめ

入園・入学式は、ハレの日。
お子様が主役ですが、必ず先生方や他の保護者の方から目に入るのはお母様の服装。
清潔感ある清楚な雰囲気の服装で、失敗なく晴れやかな気持ちで過ごしたいですよね。
そこで、気になるのがマナーだと思います。
 
まず地域や学区、園や学校によってそれぞれのマナーや傾向があると思います。
失敗しないように知り合いや先輩ママさんからの情報を得るなど、しっかりと下調べをしておくとよいでしょう。

服装タイプ

冒頭でもご紹介した通り、母親の服装はスーツやワンピース、着物が一般的。
ワンピース+ジャケットであったり、スカートまたはパンツ+ジャケットであったり、組み合わせはさまざま。
ママのお好みで良いかと思います。
できれば、手持ちのもので着回し術を使いたいというママ。
クローゼットにあるものの中から、フォーマルで品のある装いになるように工夫して組み合わせてみましょう。
インナーのブラウスを明るい色目やフリルのものにしてみたり、スカーフをふんわりと巻いてみたり・・・。
ひと手間加えて、卒業式よりも華やかさを意識してみましょう。

着丈

スカートの場合は、着丈も注意です。
あまり短い着丈ですと、品に欠けてしまい第一印象はマイナスに。
ひざ丈~ひざ下くらいの着丈がベスト。
着席時間も長いので、長めの丈感が安心ですね。

カラー

気持ちも晴れやかに、春らしい色合いの服装がおすすめ。
淡い色目のピンク、ブルー、グレーや白などの明るいお色が定番ですね。
卒業式で着た暗めカラーのスーツなどの場合、インナーは明るいカラーでコーデすれば入学式や入園式にもOK。
コサージュやバッグなどもアイボリー系など明るいカラーで統一すれば、まとまりあるスタイリングに仕上がります。

靴
ヒールのあるパンプスが品もあり綺麗に見えます。
ただ、学校や園はヒールタイプで歩きにくい場合もあるのでピンヒールではなく、チャンキーヒールのように安定感があるタイプがおすすめ。
サンダルやオープントゥ(つま先が出ているデザイン)、アニマル柄、全体にスパンコールなどでギラツキがあるものはフォーマルファッションにはNGです。

ストッキング

フォーマルファッションには必ずストッキングを履きましょう。
ただし黒色はNG。
肌にあったベージュをセレクトがベターです。

バッグ

バッグは小ぶりのものを持ち、靴と同じ色目で合わせるとセンス良くまとまります。
帰りにお子様の荷物を持ち帰ることもあるので、サブバッグも準備しておきたいですね。

入学式(入園式)
パンツとスカートどちらを選ぶ?

最近よく見かけるのが、パンツスーツのお母様。
人気雑誌の入学式母親ファッションでもパンツスタイルが掲載されるなど、パンツスタイルがトレンドでもあるようです。
特に男の子ママさんはパンツでスッキリかっこよく決まるので・・・と好評なようです。
また小さなお子様も一緒に出席する方なども、動きやすいのでと選ぶ方も増えています。
 
もちろんまだまだスカート派のお母様が多いですが、パンツスタイルもマナー面から見てもOKなのでスタイリッシュがお好みのお母様はおすすめです。
 
アシール (ASHILL)
ビジュぺプラムグレーパンツドレス

ウエストのビジュが煌びやかに華やかさをプラスしてくれるパンツのセットアップ。
パンツ+グレーカラーとお洒落感満載で、素敵な母親オーラに。
黒のジャケットを羽織れば、入学式にもピッタリなスタイリングが完成です。
 
 
カルバンクライン (Calvin Klein)
レーストップオールインワンドレスセット

かっこいいワイドパンツのオールインワンにジャケットのセット。
カルバンクラインのブランド力を感じるハイセンスなオールインワンは、レースをトップスに使用し品よく華やかさを演出。
ジャケットの縦ラインを強調したデザインが、より綺麗なフォーマルファッションへとブラッシュアップさせてくれます。
 
 
・・・でも意外に服は時代をあらわすもの。
タンスにしまっておいた何年も前の洋服は定番の形に見えてもなんとなく古めかしく見えてしまうことも。
 
そして、そんなママこそ、レンタルドレスを活用するのがもってこいです。
レンタルならコーディネートの相談にものってもらえ、上の子の入園式と同じ服で写真撮影、卒業式と同じスーツで恥ずかしいなんて心配も無用です。
フォーマル・セレモニースーツのレンタルならおしゃれコンシャスをチェック!!
入学式(入園式)用にレンタル可能な母親のフォーマル・セレモニースーツを見るにはコチラ

入学式(入園式)のスーツには
アクセサリーも必要!!

服装が決まれば、あとはアクセサリーで華やかさの最終仕上げをしましょう。
やはり入学式はフォーマルなので、アクセサリーはパールタイプが相応しいです。
また、暗めのスーツやシンプルなスーツの場合は、胸元にコサージュをプラスしてフェミニンで上品に仕上げるのもおすすめ。

コサージュ

顔周りを華やかにしてくれるだけではなく、本来の意味である“喜びを相手に伝える”ということも込めて左胸上鎖骨あたりにつけるのが一般的。
最近はつけなくても問題ありませんが、園や学校の雰囲気でつけるかどうか選びたいものです。
コサージュでNGなカラーは、真っ黒です。(喪をイメージさせるので・・・)
その他のカラーであれば問題ありませんが、あくまでも母親は脇役なのでそっとつけられる程度におさえましょう。
 
ケティ (ketty)
アイボリーツイードコサージュ

アイボリーのツイードコサージュは、どんなカラーのスーツとも好相性です。
カメリアの柔らかく優しい雰囲気を取り込んだデザインで、品よくコーディネートを格上げしてくれます。
 
 
ケティ (ketty)
グレーツイードコサージュ

ブラックのスーツなどになじみが良く、華やかさをプラスできる優秀カラーコサージュ。
パールやクリスタル装飾など細部にまでこだわっています。
 
 

ネックレス

シンプルエレガントパール2連ネックレス
 
シンプルな2連パールネックレス。
迷ったらこのネックレスをつけて行けば間違いはありませんよ。
 
2連上品大粒パールネックレス

トップの揺れる大きめパールが大人の品を漂わせるネックレス。
エレガントにスーツを華やかにサポートしてくれます。
 
 
ミベル ミューズ (mebelle muse)
コットンパールグラデーションネックレス

パールネックレスに抵抗がある方にもおすすめなコットンパールを使用。
存在感を感じるグラデーションデザインで、気品ある装いに。
 
 
ミベル ミューズ (mebelle muse)
ピンクベージュパールネックレス

可愛らしくもあるピンクベージュのパールネックレス。
中央のクリスタルボールは、かしこまり過ぎずそっと寄り添う感じで気負わずつけられるポイント。
綺麗に配列したパールとビーズは、入学式におすすめです。
 
   

母親の入学式トータルコーデ
ワンポイントアドバイス

その1)ヘアスタイル

ヘアスタイル
ロングヘアのママは、断然まとめ髪がオススメ!
上品に夜会巻風にまとめたり、低めの位置でふんわりとポニーテールにするだけでも、清楚な雰囲気になりますよ。
ヘアアレンジが苦手なママは、バレッタでパチンと留めるだけでもスッキリ感が全然違いますので是非トライしてみましょう。
ママのオシャレに気合いが入ってしまう気持ちはありますが、大事なのはバランスです。
主役のお子様よりも目立たぬよう気をつけましょう。
夫婦での出席なら、夫婦のおしゃれバランスもそろえるのがよいですね。

その2)メイク

メイク
もちろん、すっぴんは大人としてのマナーに欠けます。
メイクをして、記念撮影もきれいなママで写りましょう。
 
あくまでも主役はお子様なので、つけまつげなどで濃いメイクはマイナスイメージに・・・。
清楚な感じで好印象に仕上げましょう!

入学式持ち物リスト

入学式持ち物リスト
  • スリッパ(パパの分も忘れずに)
  • 靴を入れる袋(シャラシャラ音のしない布製がおすすめ)
  • ビデオ、カメラ(充電・メモリーに空きがあるかも要チェック)
  • 折りたためるサブバッグ(園・学校からの配布物もあるため)
  • 名前用油性ペン(記名漏れがあった時に)
  • カイロやストール(寒い日用)
  • 手鏡(写真撮影前の身だしなみチェック)
  • 替え用ストッキング(もしものために)

入学式の気を付けたいマナー

  • 車で出向くの避けた方がベター(駐車場は用意されていないのがほとんどです)
  • 時間に余裕を持って、早めに会場に向かいましょう(お手洗いや、新しい場所に慣れて気持ちを落ち着かせておきましょう)
  • ビデオやカメラ撮影につい夢中になりすぎて、周りの迷惑にならないようにしましょう(園や学校の指示に従い、節度ある行動を)
  • 小さい妹・弟がいる場合、なるべくおじいちゃんおばあちゃんに預けましょう(式典中に泣いたり、じっとしていられないので・・・)

入学式・入園式での母親のスーツ選び、参考になりましたでしょうか?
ぜひ晴れの日にお洒落を楽しんで、素敵な思い出の時間になるようお過ごしください。