40代ママにおすすめ卒業式の上品コサージュ&参考コーデ

40代ママにおすすめ卒業式の上品コサージュ&参考コーデ

小山 絵実
監修 小山 絵実(コヤマ エミ)
経歴
準ミスインターナショナル日本代表(2004年度)
ミスアース日本代表(2005年度)
女性起業家大賞最優秀賞 受賞(2019年)
日本化粧品検定1級 保有

現在
株式会社ミスコンシャス 代表取締役社長(2012年~)
業界最大級のインターネット専門レンタルドレスショップ「おしゃれコンシャス」を運営しています。

ファッションモデルやアパレルバイヤーの経験もあり、おしゃれコンシャスでは主に商品の仕入れを担当。
TV、新聞をはじめとする100を超えるメディアに出演しています。
長年の経験と培った専門知識をもとに、信頼できるマナー・ファッション・美の情報をお届けします。
「コサージュの魅力」とは、胸元・襟につけるだけで、コーディネートの仕上がりにさらに雰囲気を足せる点。

卒業式の服装はダークカラーが主流なので、どうしても落ち着きすぎた雰囲気になりがち。
そんな時にコサージュをつけると、パッと花が咲いたような華やかさを足すことができますよ。

今回は、卒業式に参加する機会がグンと増える、40代ママにおすすめのコサージュを中心にご紹介していきたいと思います。
コサージュ

卒業式にコサージュはつけた方がいい?

40代になると、お子様の卒業式に参列する機会が増えてきますよね。
服装の中でも、意外と迷うのが「コサージュ」問題。

卒業式のコサージュ。
皆さんはどうしますか?

まず、「付ける・付けない」で迷うのではないでしょうか。
周りに聞いてみても、ネットで調べても「付ける派・付けない派」がいて、どうしようと悩まれる方もいます。

1つだけいえるのは、コサージュを付ける・付けないにマナーはありません。
一般的には、コサージュを「付けたければ、付ける」「付けたくなければ、付けない」。
自分の好みでOKです。


一部の地域や学校によっては独自のルールや慣習があるかもしれません。
できるのであれば、事前に周りの方に確認するのがべストですね。

実際に付けると付けないでは、雰囲気も変わってくるのでぜひ下の写真を参考にしてみてください。

コサージュ<コサージュを付けた場合>
胸元に花が咲いたような雰囲気になり、特別感が生まれます。
いつもより、華やいだ雰囲気を出したい方におすすめ。


<コサージュを付けない場合>
ネックレスを付ければ、十分に雰囲気がでます。
シンプルなスタイルが好きな方にはおすすめ。

コサージュを持っていないという方にはブローチもおすすめ。
ブローチについては、 卒業式コサージュの代わりならブローチがおすすめ からチェックしてみてくださいね。

40代ママの卒業式コサージュ選びのポイント

40代ママの卒業式 コサージュせっかくの卒業式コーデ。
コサージュを付けて、古くさい印象になっては残念ですよね……。
40代の卒業式コサージュ選びのポイントはズバリ、「落ち着いた雰囲気になり上品さを感じられるデザイン」!
40代をおしゃれに美しく魅せる「上品なコサージュ」は、次の4つに気を付けて選べばOK!

1.色(カラー)

特にNGカラーはありません。
ただ、ジャケットに合わせて黒やネイビーを合わせる方が多く、落ち着いた上品さが出せます。

2.素材・デザイン

ツイード素材のジャケットなら、同じ素材のコサージュと合わせると統一感もうまれ、上品さを感じられます。
またジャケットとの相性に悩んだら、エアリー感のあるコサージュなら、どんな素材ともうまく馴染んでくれますよ。

3.大きさ

大きさは好みもありますが、より上品さを出したい方は大きいより、10センチ前後の小さい方を選ぶのがおすすめです。

4.付け方

コサージュをつける際に気をつけて欲しい点が3つあります。
 
①    付ける位置 「左胸のやや高めの位置、鎖骨の下辺り」
②    つぶさない 「コートを羽織って重みでつぶれないようにしましょう」
③    ひっかけない 「立体的なので、どこかに引っ掛けたりしないように気をつけましょう」

40代におすすめしたい!卒業式の「コサージュ」

40代におすすめ気になるのは40代の女性が卒業式でどんなコサージュをつけているのか。
やはり、お子様の卒業式には、歳を重ねるごとにきちんとした格好を希望する方が多いのも事実。

1番人気は「ネイビー」

卒業式は保護者の方もネイビーカラーが主流になってきています。
コーディネートに落ち着いた統一感を求める方に大人気のコサージュカラーです。
 
エニィスィス (anySiS)
異素材MIXパールビジュネイビーコサージュ

直径11.5cmのやや大ぶりサイズ。
ツイードとシフォンの組み合わせは重さを感じさないので、どんな素材のジャケットとも相性抜群。
またエアリー感が出るので、ダークカラーのジャケットにいい具合の軽さと華やかさを出してくれます。
 

2番人気は「ブラック」「ベージュ」

シックで落ち着いた雰囲気が好みの方はブラック。
フェミニンで華やかな雰囲気が好みの方はベージュ。
どちらもダークカラーのスーツに合いますよ♪
 
エニィスィス (anySiS)
リップルパールビジュチャームブラックコサージュ

直径11cmのやや大ぶりサイズ。
シックなブラックカラーは、チャームが付いていると重さを軽減してくれます。
色が落ち着いているので、大ぶりでもあまり目立ちません。
 
 
エニィスィス (anySiS)
リップルパールビジュチャームベージュコサージュ

直径11.5cmのやや大ぶりサイズ。
ベージュカラーは、ダークカラーのジャケットに明るすぎず地味すぎずマッチします。
ネイビーより目立ちやすくはなりますが、ワンポイントになること間違いなし。
 

コサージュ一覧へ

40代の筆者が選ぶ
卒業式コサージュコーディネート

卒業式 コサージュもし私(筆者・40代)が卒業式に参列するなら、どんなコサージュを付けようかな?
実際に手持ちのアイテムで、卒業式コーディネートを考えてみました。

卒業式でやってみたい!コサージュコーデのイメージ

色々なコサージュを見た中で気になったのは、「エアリー感のあるタイプ」。

エアリー感のあるタイプとは
透け感のある生地を使用しているため、軽さを感じられる。
または風が吹くとヒラヒラとなびくタイプ。

画像の左がエアリー感あるタイプですよ♪

コサージュ 比較卒業式の服装は、コーディネート全体のイメージとしては「ふんわりとした雰囲気」に仕上げたいです。
色味は、地味になりすぎたくないような、目立ちすぎたくないような……。
わがままです。

「ふんわり柔らかな」卒業式コーデに
ぴったりのコサージュは何色?

ブラック・ネイビー・グレー・アイボリーの4種類のコサージュを付けてみました。

610-03-1
★コーディネートアイテム★
ジャケット: 黒・ウール素材
インナー: 白・ノーカラー

■ブラックのコサージュを合わせた場合
ニジュウサンク (23区)
エレガントブラックコサージュ


 
 
<ブラックカラーの感想>
ジャケットと同色なので、正面から見ると同化している感あり。
ただ、横から見れば立体的なのでボリューミーなので、色目立ちしたくない方にはおすすめ。

■ネイビーのコサージュを合わせた場合
フェルゥ (Feroux)
リボンミックスネイビーコサージュ

 
 
<ネイビーカラーの感想>
黒いコサージュよりは同化した感じがなく、付けやすさを感じるネイビー。
いい意味でとても落ち着いている印象に仕上がりました。
定番スタイルを希望の方にはおすすめ。

■グレーのコサージュを合わせた場合
フェルゥ (Feroux)
リボンミックスライトグレーコサージュ

 
 
<グレーカラーの感想>
ジャケットの黒とインナーの白の色合いにグレーが合い、新発見できたような感じがしました。
華やかさと落ち着いた感じの調和が絶妙。
明るい雰囲気を出したい方にはおすすめ。

■アイボリーのコサージュを合わせた場合
フェルゥ (Feroux)
リボンミックスアイボリーコサージュ

 
 
<アイボリーカラーの感想>
アイボリーが黒ジャケットに映え過ぎて、少し入学式っぽいかなと思いました。
ただ、エアリーなのでそこまで主張していない感じもあり。
胸元の花を目立たせたい方におすすめ。

コサージュ一覧へ

筆者の【ベスト】卒業式コサージュコーデ

卒業式コサージュコーデグレーを選んだ理由
黒いジャケットと白いインナーのため、色がはっきりしすぎているのでグレーで少し色味をぼかしたかった。
グレーを加えることで、コーディネートに柔らかさが出せました。

<卒業式のコーディネートポイント>

卒業式のコーディネートポイントジャケットの色味がネイビーやブラックカラーが多いため、どうしてもコーディネートは固くなりがちに…。
ふんわりとした雰囲気を出したい方は、明るい色味のアイテムを全体の3割程度加えると柔らかさを出せますよ。

また、ボトムスはクールな印象に仕上げたい方は、タイト系だとすっきりとしたスタイルになります。
フェミニンな印象に仕上げたい方は、フレアスカートのふんわりシルエットがおすすめです。
最近はハンサムスタイル、動きやすさ抜群のパンツスタイルをする方も多いですよ。

卒業式コサージュの代わりならブローチがおすすめ

ブローチ卒業式のコーディネートには、絶対にコサージュが必要、ということはありません。
付けても付けなくてもいいですが、「ブローチ」という選択肢もおすすめです♪
ブローチはプレゼントされたり、または自分で購入したりする機会多いアイテム。
なにより、普段の洋服にも付けまわしが効くので、ブローチを持っているパーセンテージは高めといえそう。

ブローチとコサージュの違い
コサージュとブローチ。
胸元や襟元の飾り物という認識ですが、どんな違いがあるのでしょうか。
この機会に見ていきましょう。
 
<コサージュ>
花飾りとして女性が胸・襟に付ける。
花をモチーフとして生花あるいは紙・布製の造花でつくられていることが多い。
一部、または全体にパールや装飾が施されているものもある。

花だけあって、卒業式のスーツと合わせると全体的にフェミニンさのあるスタイルになります。

<ブローチ>
アクセサリーとして女性が胸・襟などに付ける。
デザインは花や動物など多種にわたる。
ベースとなる金属にパールや宝石などを用いてられていることが多い。

ブローチのデザインによりますが、卒業式のスーツと合わせると個性を出せるスタイルになります。

コサージュは花がメイン。
ブローチは花も含め、多種のデザインがある。
というのが、大きな違いといえそうですね。

どちらも、付けるだけで雰囲気が変わるので、お好みで選んでみてはいかがでしょうか。

コサージュをつけて40代の卒業式コーディネートを楽しもう

コサージュ 卒業式今回は40代卒業式のコサージュというテーマでしたが、いかがでしたでしょうか。
コサージュの生地感や色味によっても雰囲気がほんとうに変わってきますよね。

40代の方はエアリー感があるタイプをつけると、ふんわりと全体が柔らかな雰囲気になったり、またジャケットと同色の色味で合わせれば、シックな印象になったり。
ジャケット✖︎コサージュの色合わせによっても、雰囲気が変わってくるのも楽しめる点です。
ぜひ卒業式のコーディネートにはコサージュを付けてみてくださいね。