新スタイルの『パンツドレス』でフォーマルシーンを極めよう

新スタイルの『パンツドレス』でフォーマルシーンを極めよう


「程良いこなれ感で大人っぽいコーディネートが完成する」フォーマルパンツドレス。
結婚式や披露宴にとどまらず、入学・卒業式など沢山のフォーマルシーンにおいて大活躍しています。
ちょっと前なら珍しかった、フォーマルシーンでのパンツ姿。
今ではモデルや芸能人、オシャレな人達がこぞって着ていますよね。
定番にもなった、フォーマルシーンでのパンツドレスをチャレンジしたいという方も多いはず。
今回は、初心者さんも常連さんも納得の、パンツドレスの着こなしから、お勧めドレス集をご紹介しています。
あなたのイメージにあう、パンツドレスを見つけて下さいね。

あなたのイメージにあう、パンツドレスを見つけて下さいね。

フォーマルなシーンに
パンツスタイルはOKなの?

そもそもフォーマルシーンにパンツスタイルってマナー違反にならない?と疑問に思う方も。
時代とともにマナーも緩和され、今はそこまで気にしなくても良くなりました。
フォーマルなテイストであれば、パンツスーツでも問題ありません。
とはいえ、親族の結婚式では着用を避けたほうが無難。
友人の結婚式ならパンツスタイルでもOKとされています。
 
ワンポイントアドバイス
パンツスタイルで出席する際は、ビジネススーツとは違った光沢やとろみ感のある生地を選び、パールなどのネックレスや小物で華やかさをプラスしましょう。
またカジュアル見えを防ぐためにも、落ち着いた上品なカラーを選びましょう。

パンツドレス着こなしレッスン

パンツドレスを
女性らしく着こなす3ヶ条

パンツドレスを 女性らしく着こなす3ヶ条
クールな印象のパンツスタイル。
でも一歩間違えるとカジュアルな印象を与え、普段着に見えてしまう恐れも。
3ヶ条をしっかりマスターすれば、きちんと感あるフォーマルな着こなしに大変身!

1.サイズ感に注意!

お洒落な着こなしをするにおいてサイジングは不可欠。
サイズ感が微妙だと全体がだらしなく見えてしまいます。
大きすぎず、丈感もジャストサイズのものを選びましょう。
背の低い方は高めのヒールを履いてカバー。

2.小物で女性らしさをプラス

女性の繊細さ、美しさを醸し出してくれる3つの首。
首、手首、足首は女性らしさを一段とアップさせることのできるパーツです。
特にネックレスは、プラスすることでお顔周りが明るくなり華やかさがUP。
お呼ばれのシーンには、女性らしさときちんと感を兼ね備えたパールがオススメ。

3.ヘアスタイルはアップがおすすめ

ヘアスタイルはアップがおすすめ
ノースリーブが多いパンツスタイル。
脚を見せない分、肩のラインやうなじ魅せで爽やかな大人の女性に。
また、ヘアスタイルをアップにするだけで、グッとフォーマル感が出ます。
パンツドレスをカジュアルに見せない為にも、ヘアスタイルはアップがオススメです。

体型別!
フォーマルパンツドレスの選び方

あなたをより美しく引き立てるパンツドレスを選びたくないですか?
そんな時は、骨格に合ったドレスが◎。
本来持っている体型の「質感」「ラインの特徴」を基に3つのタイプに分けて、似合うドレスを提案します。
タイプは、「ストレート」・「ウェーブ」・「ナチュラル」というタイプ名に分類します。
あなたは、どのタイプ?
下記の3タイプの特徴にチェックがより多く入ったものがあなたのタイプになります。
自身のプロポーションやインプレッションを理解して、骨格に合ったパンツドレスをセレクトしましょう。

318-1
  • ストレートタイプ
    ・後頭部に丸みがある
    ・鎖骨が目立たない
    ・肩甲骨が目立たない
    ・胸元に厚みがある
    ・首は短め
    ・骨盤の上に筋肉の張りがある
    ・腰の位置が高め
    ・筋肉が付きやすい
    ・手足が小さ目
    ・体に丸みがある
 
ストレートタイプ
身体に存在感のあるメリハリ体型です。
身体には、豊かなハリ感があり、存在感があるので、引き算のオシャレがよく似合います。
シンプル、クール、ベーシックなどが得意なイメージ。
正にパンツドレスは得意なファッションです。
素材は厚手でハリのある質感のものを選ぶと、身体の質感と調和して、垢抜けた印象になります。
 
ミベル ミューズ(mebelle muse)
サイドフレアバイカラーパンツドレス

ストレートタイプの方は、胸元や首回りは詰まった印象になりやすいので、トップスは深めのVネックなどで、縦の肌見せラインをつくると全身のバランスもよく見え、着痩せ効果があります。
こちらのドレスは、肩からのドレープが長く入っているので、更に縦ラインが強調され◎。
すらっとまっすぐな脚の方が多いので、細めのボトムスで脚の美しさを強調するのも素敵です。
ハリのある素材が得意なので、カッチリとしたジャケットをONすれば更に似合わせくれますよ。
 
 
デリセノアール (DELLISE NOIR)
とろみネイビーパンツドレス

ウエストが高めの位置にあるストレートタイプさんは、ウエストマークのパンツがカッコよく決まります。
トップスをINしたようなデザインなら、高い位置にあるヒップラインを生かした女性らしさが引き立ちます。
ボリュームのあるロングタイプのネックレスで縦長効果も忘れずに。
ストレートタイプさんを100%引き立ててくれるスタイリングの完成です。
 
  • ウェーブタイプ
    ・後頭部は平な印象
    ・水が溜まるくらい鎖骨が出ている
    ・首は長め
    ・胸元は厚みが無い
    ・下半身に脂肪がつきやすい下重心
    ・全体的に身体が薄い
    ・天使の羽のような肩甲骨
    ・骨盤の上に筋肉がない
 
ウェーブタイプ
身体が薄く華奢な体型。
質感はやわらかく、繊細な印象のある身体には、足し算のオシャレがよく似合います。
フェミニン・キュート・ボディコンシャスなどが得意なイメージ。
素材の質感は、薄くてピタッとしたもの(ストレッチ素材)、あるいはふんわりとやわらかいものを選ぶと、身体の質感と調和して、垢抜けた印象になります。
 
ジュエルチェンジズ(Jewel Changes)
グレーブルーチューブトップパンツドレス

ウェーブタイプさんの特徴である、繊細な鎖骨ライン。
首元を美しく見せるオフショルダーなどの横長のネックラインを選ぶと、女性らしさが際立ちます。
首元が寂しくなりがちなタイプなので、こちらのような大きめのリボンなどの装飾があるものがGood!
重心が下にあるウェーブタイプさんは、上半身はタイト&コンパクトに、下半身にボリュームをつけたデザインがスタイルを良く見せてくれます。
 
 
ミベル ミューズ(mebelle muse)
フレア袖バイカラーパンツドレス

首回りや胸元が貧相に見えやすいウェーブタイプ。
ネックラインは詰まったのものを選ぶのが◎。
またトップスかボトムの少なくともどちらか一方に、ドレープ、ギャザー、レースなどをつかった装飾性の高いデザインをとり入れると、華やかでオシャレな印象になります。
こちらのパンツドレスは、フリルスリーブとウエストにリボン装飾が施されており、フェミニンテイストが似合うウェーブタイプにピッタリです。
 
 
  • ナチュラルタイプ
    ・頭のハチは大きめ
    ・頬骨が大きめ
    ・縦筋が目立つ首
    ・くっきり浮き出た大きめの鎖骨
    ・腰骨が出ている
    ・関節や膝の皿が大きめ
    ・手足が大きい
 
ナチュラルタイプ
肉付きは感じさせず、骨格や関節によるフレームが目立つ体型です。
フレーム感のある身体には、ラフ・ナチュラル・カジュアルなど着崩したようなオシャレがよく似合います。
素材の質感は、天然を感じさせる素朴な質感を選ぶと、肉付きを感じさせない素朴な質感の身体と調和して、垢抜けた印象になります。
 
カルバンクライン(Calvin Klein)
レーストップオールインワンドレスセット

オーバーサイズ気味の服をラフに着崩すと、野性味を感じる色気が出て、こなれたオシャレ感がでるのが、ナチュラルタイプ。
ワイドパンツなどを用いたマニッシュなスタイルなど、リラックス感のあるコーディネートが得意です。
フォーマルシーンにおいては、リラックス感を少しプラスする事でこなれた印象にもなりステキです。
ワイドパンツで上品なリラックス感を醸し出したこちらのドレスは、トップスに高級感あるレース素材が使われており、絶妙にこなれた印象を与えてくれます。
 
 
ガラ(Gala)
ベージュガウチョコンビネゾン

ゆったりシルエットのガウチョパンツ。
前だけINしたトップス。
リラックス感の得意なナチュラルタイプの方にオススメのポイントがいっぱいのドレスです。
着る人によって、だらしなくカジュアルに見えてしまいそうな気もしますが、ナチュラルタイプの方が着ると、不思議にキチンと見えます。
パールのネックレスをプラスすれば、更に華やぐパーティースタイルの完成です。
 

お勧めパンツドレス集

可愛い!が苦手!な方の、
王道カッコいい系パンツドレス

普段から、クールシックなファッションの方は、パンツスタイルが得意なはず。
ちょっと前まではパーティーシーンにおいて、パンツスタイルってあまり見かけませんでした。
ですが近年では、フォーマルパンツでオシャレに着こなしてる方を沢山見かけますよね。
今やパーティーにパンツドレスで挑むのは、当たり前。
トレンド感満載のカッコいいパンツドレスを存分にお楽しみくださいね。
 
アンタイトル(UNTITLED)
サイドレースブラックオールインワン

カッコよく決めたい方には、オールインワンのパンツドレスがお勧めです。
サイドにブラックレースが施されており、カジュアルに見せない高級感があります。
ジャケット・ショール・ボレロどれも好相性で納得のいくコーディネートができるのも魅力です。
 
 
アシール(ASHILL)
ビジュぺプラムブラックパンツドレス

ぺプラムデザインがお洒落で落ち着き感あるブラックカラーのフォーマルパンツドレス。
ウエストにビジュをあしらい特別感漂うモードスタイルは、洗練されたカッコよさが光ります。
ブラックカラーに映えるホワイトパールネックレスが、カッコいいこなれ感を演出してくれます。
 

カッコよく!が自信ない方に、
フェミニンテイストのパンツドレス

パンツドレスに挑戦してみたいけれど、普段のイメージからすると似合わないかもと躊躇される方もいるかもしれません。
パンツドレスをフェミニンに着こなすポイントは、カラーとフリル。
女性らしいカラーや、トップスにフリルが施されたデザインのものを選べば、女性らしいパンツスタイルがお楽しみ頂けます。
 
アナトリエ(anatelier)
フリルバイカラーオールインワンセット

優しいピンクが、カッコいいイメージのパンツスタイルに女性らしさをプラス。
ウエストのフリルがメリハリのある美ラインを作り上げ、スタイルUP。
フェミニンな印象を一層引き立たせてくれています。
 
 
リプリート(REPLETE)
フレア袖アイボリー×ブラックパンツドレス

滑らか素材のトップスは着心地良く、見た目にも優しい印象です。
胸元に施されたレースが上品さを放ち、肩から広がるフレア袖がふんわりフェミニンな雰囲気をプラス。
フェミニンなワンピースドレスに引けをとらない女性らしさがありながら、媚びないパンツドレスの颯爽とした雰囲気も健在な、魅力溢れる一着です。
 

155cm未満の小柄さんに
オススメのフォーマルパンツドレス

小柄さんがパンツドレスを着こなすには、2つのポイントをしっかり押さえましょう。
まず1つは、目線を上に持ってくる事。
2つ目は、パンツの丈感。
フルレングスは着られてる感が出てしまうため、小柄さんには不向き。
くるぶしが見える8分丈や7分丈にすることで、スッキリとカッコよく着こなせます。
 
ジュエルチェンジズ(Jewel Changes)
グレーブルーチューブトップパンツドレス

上記でもご紹介したこちらのドレスは、まさに小柄さん向けのパンツドレスです。
大きなリボンで目線をUP。
コンパクトなトップスも一役かっています。
小柄さんの苦手なワイドパンツも、短めの丈感で素敵に着こなせます。
 
 
ミベル ミューズ(mebelle muse)
ぺプラムグレーパンツドレス

ぺプラムデザインの切り替えしが高い位置についている為、目線が上がり小柄さんにGood!
ブラックボレロとボリュームネックレスをONで、さらに上重心を狙います。
すっきりとしたシルエットのパンツならば、くるぶし丈でもカッコよくきまります。
 
 
フォーマルな場でのパンツスタイル。
最初はうまく着こなせるか不安ですが、いくつかの点に注意すれば立派なフォーマル着に。
こなれ感も出てオシャレに見えるのに楽チン。
パンツスタイルから今後も目が離せませんね!