お見合いで失敗しない服装【女性編】また会いたいと思わせるコーデ例

お見合いで失敗しない服装【女性編】また会いたいと思わせるコーデ例

小山 絵実
監修 小山 絵実(コヤマ エミ)
経歴
準ミスインターナショナル日本代表(2004年度)
ミスアース日本代表(2005年度)
女性起業家大賞最優秀賞 受賞(2019年)
日本化粧品検定1級 保有

現在
株式会社ミスコンシャス 代表取締役社長(2012年~)
業界最大級のインターネット専門レンタルドレスショップ「おしゃれコンシャス」を運営しています。

ファッションモデルやアパレルバイヤーの経験もあり、おしゃれコンシャスでは主に商品の仕入れを担当。
TV、新聞をはじめとする100を超えるメディアに出演しています。
長年の経験と培った専門知識をもとに、信頼できるマナー・ファッション・美の情報をお届けします。
お見合いの予定が決まった女性にとって、最も気がかりなのが「何を着て行くか」ではないでしょうか?
見た目の印象を大きく左右する、当日の服装。
服装の選び方を意識することで、あなたの魅力を引き出し、相手に好印象を与えることができますよ。

ここでは、大切なお見合いでの服装の選び方を分かりやすく解説!
服装選びのポイントや、年代(20代・30代・40代)季節(春・夏・秋・冬)に合わせたコーデ例をまとめています。
これを読めば、お見合いに自信をもって臨めるはず!

お見合いで失敗しない服装【女性編】また会いたいと思わせるコーデ例

【女性編】お見合いの服装選びのポイント

お見合いでは、男性に好印象を与える「清楚な服装」が定番です。
ワンピースや、ブラウスにスカートを合わせたスタイルが人気。
女子アナウンサーのような服装を意識すると、失敗を防ぐことができますよ。

お見合いに適した服装選びのポイントは4つ!
ひとつずつ見ていきましょう。

ポイント(1) ワンピースもしくはスカートが王道

ワンピースもしくはスカートが王道女性のお見合いでは、【ひざ下丈のワンピースorスカート】が定番です。
男性が女性に求める、優しさや柔らかさ、包容力、清潔感を演出してくれます。
もちろん自分らしさも大切なのですが、お見合いでは「いかに好印象を与えるか」が最も重要。
個性を出しすぎると、威圧感を与えたり、主張が強いと思われてしまうかもしれません。
 
NG例
  • ひざ上丈の短すぎるスカート
  • 足首まであるロング丈のカジュアルなスカート
  • 奇抜な柄(動物柄や見慣れない柄)や奇抜なデザイン
  • オーバーサイズのデザインや、ボディラインが目立つタイトなデザイン

ポイント(2) マナーをおさえた清潔感のある服装で

マナーをおさえた清潔感のある服装最低限のマナーをおさえ、カジュアルすぎる服装や、清潔感のない服装は避けるようにしましょう。
お見合いの会場で多いのは、ホテルのラウンジやカフェ、レストランなどです。
こういったフォーマル感のある会場の雰囲気に合った服装選びがポイントです。
 
NG例

【カジュアルすぎる例】
  • デニム素材の服装
  • Tシャツやトレーナーなどカジュアルなアイテム
  • スニーカーやサンダルなどラフな靴(足元はパンプスがベスト!)
カジュアルすぎる服装
【清潔感がない例】
  • 肩、胸元、太ももなどが見える、露出が多い服装
  • 服のメンテナンスがされていない(汚れ・しわ)
  • ストッキングを着用していない

ポイント(3) 好印象を与える明るいカラーが正解

好印象を与える明るいカラー相手への印象を大きく左右するのが、洋服の色。
お見合いには、白やイエロー、ピンク、水色、黄緑、ライトパープルなどの淡いカラーがおすすめです。
顔色を明るくし、優しげな表情に見せてくれます。
暗いカラーは避けるのが無難ですが、ネイビーはOK。
アクセサリーで華やかさをプラスするのがおすすめです。
 
NG例
  • 黒、ダークグレー、ブラウンなどのダークカラー
  • 赤、青、黄、紫などの原色や蛍光色

ポイント(4) 自分のイメージに合っているか

自分のイメージにあった服選んだ服が、「あなたに似合っているか」「あなたのイメージと一致しているか」も重要です。
普段の印象と異なる服装を選ぶと、自分の気持ちが落ち着かなかったり、相手に違和感を与えることも。
お見合い服の定番や基本は決まっていますが、自分の印象に合ったカラー選びやデザイン選びを意識してみましょう。
 
印象に合った服装選びの例
  • クールな服装が好き!
    →聡明な印象のシャツワンピースで、カラーは水色をチョイスしてクールな雰囲気に
  • カジュアルな服装が好き!
    →トップスにニット素材をチョイス、ボトムはタイトなレーススカートで女性らしさをプラス

こちらもチェック!
「パンツスタイル」もお見合いにアリ

【20代におすすめ】お見合いの服装コーデ

服装の印象と、その年代が持つ印象を統一することで、相手に好印象を与えることができます。
若々しくピュアな印象の20代女性には、清潔感のあるフレッシュな服装がおすすめ。
程よい透け感のあるレース素材は、20代の持つ清純な魅力を引き立ててくれます。

春夏のお見合いの服装

Agreable
ハシゴレーススリーブダルブルードレス

少しくすんだ青、“ダルブルー”が、暑い夏でも爽やかな印象を与えるワンピース。
華やかな総レースのデザインが、20代ならではの愛らしさを引き立てます。
胸元から袖にかけては透け感がありますが、さりげなく肌が見える程度なので、いやらしくなく女性らしさをアピールできます。
絶妙なカラーで大人っぽさも演出できる、20代におすすめの一着です。
 

秋冬のお見合いの服装

AIMER
Aラインレースピーチドレス

Aラインのシルエットが可愛らしい、袖ありデザインのドレス。
寒い季節のお見合いはアウターよりも、トップスの色合いが大事。
着映えするピーチカラーは、その場の雰囲気もぱっと明るくしてくれそう。
男性に「もっと一緒にいたい」と思わせる、ナチュラルな魅力を引き出せる一着です。
 
 
「今週末お見合いなのに、着ていく服が無い!」
こんなときにオススメなのが、レンタルサービス。
空いている時間に気に入った服をネットで選ぶだけで、ブランドのワンピースをお得に借りられます。
 

【30代におすすめ】お見合いの服装コーデ

社会経験を積んだ30代の女性には、大人っぽく知的な雰囲気の漂う服装がおすすめ。
ひざ下丈のスカートや、ボディラインに沿ったデザインは、奥ゆかしく品のある30代にぴったりです。

春夏のお見合いの服装

組曲
パネル柄レースタイトネイビードレス

知的な印象を与えたい30代におすすめなのが、紺色のドレス。
落ち着いたネイビーカラーは、相手の男性に安心感や信頼感を与えます。
そっとボディラインに沿うIラインのデザインが、女性らしさを演出。
顔周りにはパールのネックレスを添えて、華やかさをプラスするのが◎
アウターや小物には明るいカラーを合わせると、暗い雰囲気を回避できます。
 

秋冬のお見合いの服装

組曲
総レースエレガントカーキドレス

表情を柔らかく、優しく見せてくれるような、明るいカーキカラー。
暗めカラーの服がお店に並ぶ秋・冬の季節も、パステルトーンを選ぶのがおすすめです。
くすみ感のあるグリーンは子どもっぽくなく、落ち着いた30代の女性にぴったり。
ゆったりとしたシルエットを選ぶときは、ウエスト部分に切り替えのあるデザインでメリハリを。
 
 
活動しはじめてすぐにお見合いが決まると、何を着ていこうか迷いますよね。
そんなとき、上品なワンピースを簡単にレンタルできるサービスがあるってご存知ですか?
ブランドのワンピースを2,980円~レンタルできるので、急なお見合いでも安心です。
 

【40代におすすめ】お見合いの服装コーデ

大人の余裕が魅力的な40代には、デザインや素材の質にこだわった服装がおすすめ。
落ち着いて見せたいからといって暗い色を選ぶと、老けて見える恐れがあります。
明るく肌なじみの良いカラーを選ぶのが◎

春夏のお見合いの服装

自由区
Vネックレーススリーブベージュドレス 

落ち着いた色を着たほうがいいかな?と悩む40代の方にも、好印象を与える明るいカラーがおすすめ。
華やかなベージュカラーは、顔色を明るく、若々しく見せてくれます。
大人の落ち着きは、ドレスのデザインでアピール。
袖付きなので、冷房で肌寒く感じることも防げます。
バッグや靴には黒色を持ってくると、コーディネートがぼんやりせず、引き締まりますよ。
 

秋冬のお見合いの服装

Je super
アッシュブループリーツドレスセット

ほんのりくすみ感のあるアッシュブルーは、40代の女性によくなじみます。
ゆったりとしたドレスには中央に細かいプリーツがあしらわれ、上品な女性を演出。
リボンでウエスト位置をマークできるので、スタイルアップも叶います。
かたい印象のジャケットを羽織ると男性に緊張感を与えることもありますが、ふんわりデザインのボレロなら◎
40代の余裕と抜け感を感じさせる、大人のコーディネートが完成します。
 
 
いわゆる「お見合い服」は価格が高く、服代だけでも大きな負担になりますよね。
お得に服をレンタルできるサービスがあるんですよ。
ブランドのワンピースやドレスを2,980円~レンタルできるので、ちょっと気合いをいれたいときにオススメです。
 

「パンツスタイル」もお見合いにアリ

お見合いには「スカート・ワンピース」が定番ですが、パンツもOKです!
普段からパンツ派という方や、足を出すことに抵抗がある方、カジュアルな雰囲気の会場でのお見合いなどにおすすめですよ。

 
お見合いでのパンツスタイルの注意点
  • ビジネススーツ、カラフルなカラーパンツ、デニムなどはNG
  • おすすめは【ベージュ、ホワイト、ネイビー】の【タックパンツ】
  • トップスにはブラウスなどをチョイスして、柔らかく華やかな印象をプラス
 
Hermoso
バルーン袖アイボリー×ブラックワイドパンツドレス

ふんわりとしたブラウスとパンツの組み合わせで、女性らしさが引き立ちます。
袖がバルーンデザインになったブラウスは、程よく肌が透けて華やかな雰囲気に。
このようなワイドパンツを選ぶ場合は、ウエストをマークしてシルエットにメリハリを◎
アンクルストラップのついたパンプスを合わせると、足首が強調されてすっきり見えますよ。
 

靴やバッグにも注意!お見合いの身だしなみマナー集

バッグ服装選びと同時に迷うのが、合わせる小物の選び方。
気になる靴やカバンの「お見合いマナー」をチェックして、安心して当日を迎えましょう。

【靴】ヒールの高さとデザインに注意

お見合いの靴には、ヒール高5cm程度のパンプスが最適です。
ヒールの高さは、足がきれいに見え、背が高くなりすぎない「3~7cm」の範囲で選ぶのが◎
ヒールが苦手という方には、ヒールが太めのものや、アンクルストラップのあるものがおすすめです。
スニーカーなどのカジュアルな靴や、ヒールのないフラットシューズはお見合いには不向きです。
 
Climb
バックリボンベージュパンプス

ラウンドトゥが柔らかな印象を与える、ベージュのパンプス。
一見シンプルなデザインですが、かかと部分には大きなリボンと、揺らめくチャームが。
インソールは低反発クッションになっているので、歩きやすさもかなえてくれます。
さりげない女性らしさのあるデザインに、出会いへの気持ちも高まる一足です。
 

【バッグ】カジュアル過ぎない小ぶりなものを

お見合いには、シンプルで小ぶりなハンドバッグが最適です。
次のようなバッグは、清潔感がなく見えたり、男性に威圧感を与える場合があるので、避けるようにしましょう。
 
お見合いにNGなバッグ
  • アニマル柄など派手なもの
  • ブランドバッグ
  • 大きすぎるもの
  • カジュアルなリュックサックやトートバッグ
 
Han-nari
持ち手パールチェーンブラックバッグ

レース調のデザインで、フェミニンな気分が盛り上がるハンドバッグ。
持ち手にはパールとクリスタルがあしらわれ、手元を美しく見せてくれます。
お見合いの定番、淡いカラーのお洋服には、ブラックの小物が◎
コーディネートを引き締めて、メリハリを出してくれます。
お見合い当日の荷物は最低限にして、コンパクトにまとめましょう。
 

【アクセサリー】つけると女性らしさUP!

お見合いでは、シンプルで華奢なデザインのアクセサリーを身に着けるのがおすすめです。
顔周りを華やかに見せてくれたり、仕草を女性らしく見せてくれる効果があります。
大ぶりのデザインや、一目見てブランド品と分かるようなものは避けるのが無難。
 
お見合いにおすすめのアクセサリー
  • ネックレス
  • イヤリング、ピアス
  • ブレスレット
 
mebelle muse
華奢コットンパールネックレス

アクセサリー選びに迷ったら、「パール」をあしらったものがおすすめ。
静かな輝きが上品さを演出し、フォーマルな会場にもマッチします。
華奢なゴールドチェーンが、鎖骨を綺麗に見せてくれるこちらのネックレス。
どんな洋服にも合わせやすい、シンプルなデザインも魅力です。
 

【ネイル・メイク】清潔感を重視して

ネイルお見合いにネイルをしていくべきか、迷う方も多いはず。
お見合いには、ナチュラルなネイルをしていくのが最もおすすめです。
透明に近いカラーや淡いピンクなど自然なカラーのネイルなら、手元を美しく見せ、男性からも好印象です。
派手なネイルアートや、長さのあるネイルは避けましょう。

ナチュラルメイクメイクは、ナチュラルメイクがマスト。
“すっぴん”は、マナー違反になってしまいます。
ナチュラルメイクといっても、「薄化粧」は地味な印象になり、老けて見える場合も。
化粧下地を使った丁寧なベースメイクで、「肌がきれいだな」と思わせるようなメイクを心がけましょう。

お見合い経験者から学ぼう!服装選びの失敗談

お見合いの経験が少ない方にとっては、お見合いの雰囲気がイメージできず、余計に服装選びに困ってしまいますよね。
お見合い経験者の失敗談をもとに、“お見合いならでは”の服装選びの注意点を知っておきましょう。

普段の服装とかけ離れすぎて、次に会う時の服装に困った!

服装に困った普段はパンツスタイルが多く、クールな服装が好き。
「男性受けが良い服装」を意識して、お見合い当日はピンクのフレアワンピースをチョイス。
当日男性から「今日みたいな清楚で可愛らしい服、すごく好みです」と言われてしまいました。
お互い印象は良く、2回目のデートが決まったけど、もう何を着ていけばいいか分かりません。(30代女性)
 
これで解決!
お見合いの服装は、好印象を与えつつ、自分のイメージに合ったものを選ぶのがベストです。

クールな印象の色でも、淡いブルーやネイビーは清潔感があり、お見合いに向いています。
ワンピースでも、Iラインのものや、シャツワンピースなどは、可愛くなりすぎません。
定番のワンピースを選びつつも、カラーやデザインで自分らしさを表現すると、「本当の私はこうなのに!」ということを避けられますよ。

屋外に出ることを考えず、温度調節ができなかった!

屋外に出る冬場のお見合いでしたが、室内なら暖かいかなと思い、薄手のワンピースを選びました。
駅から近い場所だったので防寒は気にせず、見た目重視で、薄手のコートにストッキングを合わせました。
お見合い後、相手の方から「この後、少し歩きながら話しませんか?」とご提案が。
嬉しかったのですが、寒すぎて会話に集中できませんでした。(40代女性)
 
これで解決!
お見合いは、最初に待ち合わせた会場で完結しないパターンもあります。
・紹介者の方に引き合わせてもらったあと、移動して二人で食事やお茶をする場合
・散歩しながら会話をする場合
その場の雰囲気で流れが変わることもしばしば。
屋外の移動も考慮した服装選びをすると、快適に過ごすことができますよ。

「マスク」のことまで考えていなかった!

マスクお見合いのコーディネートは何週間も前から考えていたのですが、当日出かける直前になって「マスク」が必要なことに気が付きました。
結局、普段から使っている布マスクを選びましたが、新しい綺麗なマスクを用意しておけばよかった……。(20代女性)
 
これで解決!
お見合いのマスクは、清潔感が第一!
汚れていないもの、ゴムが伸びきっていないものを選びましょう。
どのようなタイプのマスクでもOKですが、黒色や派手な色よりも、白やベージュなどが好印象です。
白の不織布マスクでも、もちろんOK。
フォーマルな服装に似合う、レース地のマスクなどもおすすめですよ。
食事で汚れたときのために、予備のマスクを持っておくと安心です。
 
国産保湿レースマスク オフホワイト

肌なじみが良い、オフホワイトの布マスク。
表はレースになっており、フェミニンで上品な表情を演出してくれます。
内側の生地にはコラーゲンが配合されているので、乾燥が気にならないのが嬉しいですね。
マスクまでこだわっていると清潔感が引き立ち、男性からも好印象です。
 

お見合いにぴったりな服装を選んで
「また会いたい」女性に

お見合いの服装には、「清潔感」と「マナー」を意識して、ワンピースやスカートを選ぶのがおすすめ。
迷うときは他の人に見てもらい、「あなたに似合っているかどうか」をチェックしてもらいましょう。
ここまでご紹介した服装選びのポイントに沿って選べば、まず失敗することはないはず!
自信をもって、大切な出会いの1日を楽しんでくださいね。