【お食い初め】赤ちゃん・母親・父親の服装の選び方からマナーまで

【お食い初め】赤ちゃん・母親・父親の服装の選び方からマナーまで


お宮参りが終わり、生後100日をお祝いする儀式、「お食い初め(おくいぞめ)」。
 
お食い初めは、愛しい我が子が「一生食べ物に困らないように」と幸せを願う素敵な儀式♪
赤ちゃんはもちろん、父親や母親もきちんとマナーを守った格好がいいですよね。
この記事では、お食い初めにふさわしい服装はもちろん、正式なやり方やお食い初めにまつわる疑問など、お役立ち情報満載でお伝えします!
お食い初め

お食い初め(おくいぞめ)」とは?

まずは、お食い初めについての基礎知識をおさえましょう。

どんな行事?

お食い初めとは、赤ちゃんが「食べ物に困らないように」「長生きできるように」など、赤ちゃんの健康と長寿の願いを込めて行う儀式の事です。
生後100日目を迎える時に行う儀式なので、百日祝い(ももかいわい)とも呼ばれます。
儀式では、お祝い膳を食べる真似をしたり、歯固めの石に箸をつけ、その箸を赤ちゃんの口につけたりして行います。

いつやるの?

生後100日目の儀式だから「100日目ぴったりでやらないといけないの!?」と思いがちですが、そんなことはありません。
生後100日前後の吉日や100日、110日、120日など切りの良い日を選んで行いましょう。

どこでやるの?

お食い初めをやる場所に、決まり事はありません。
一昔前までは自宅や実家などが主流でしたが、最近では、ママの負担も考慮してホテルや料亭などのお店で行う方も多いです。

誰を呼ぶの?

お食い初めに誰を呼ぶのかについても、決まり事はありません。
最近は、両親と祖父母など、近親者で行うことが多いです。

お食い初めで着る服装は?マナーは?

どこでお食い初めを行うかにもよりますが、基本的にはキチンとした服装が正解!
写真をとったり、親戚を招いたりするなら、より一層、服装には気をつけたいところ。
「やっぱり、ちゃんとした服装にすれば良かった・・」と後悔のないよう、しっかり準備しておきましょうね。

赤ちゃんのお食い初めの服装

赤ちゃんのお食い初めの服装
正式なやり方では、お色の付いた小袖を着ることとなっていますが、普通のベビー服でもOKですよ。
ただ、普通のベビー服といってもせっかくのお祝いの儀式ですので、きちんとした格好をさせたいですよね。
お食い初めで着る赤ちゃんのおススメの服装についてご紹介します。

女の子の場合

女の子の場合
見た目は袴ですが、実はこれカバーオールなんです!
袴風カバーオールなら、着くずれの心配もなく、オムツ変えも楽に行える優れもの♪
女の子ならピンク色や赤色、黄色、お花柄などもあって、どれを選んでも可愛いです。

純白のセレモニードレス
純白のセレモニードレスは明るく華やかなので、お祝いの席もパッと明るくしてくれます♪
お宮参りで使用したセレモニードレスを着せるのもひとつの手です。

男の子の場合

男の子の場合
男の子も女の子同様の袴風のカバーオールがあるんです!
男の子ならではの和柄デザインや細かい装飾のものがカッコよくておすすめです。

男の子らしいネクタイ姿がサマになっています 男の子らしいネクタイ姿がサマになっていますね!
小さな赤ちゃんでも、大人に負けずしっかりかっこよくキマリますよ。
 
赤ちゃんのお着替えポイント
生後100日程度の赤ちゃんに着物などの凝った服装を着させるのは難しいですよね・・・。
キチンとした服装を着させたいけど、オムツ変えも大変じゃないかな・・と心配。
そういう時は写真撮影の時だけ、小袖や羽織を掛けるなどして和装を取り入れるのがおすすめですよ。
衣装もロンパースタイプであれば、足元がボタンになっているので、オムツ変えも楽に行えるので◎です。

母親のお食い初めの服装

赤ちゃんの服装の次は、母親の服装ですね。
赤ちゃんのことで頭がいっぱいで、ママの服装は忘れがちになってしまいますよね。
大事な儀式ですので、母親の服装も手を抜いちゃだめですよ。

自宅の場合

「自宅なので普段着でもよいのでは?」と思われがちですが、祖父母や親戚を招くなど、子供の成長を喜び、感謝する場でもあるので、改まった格好のほうが望ましいです。
キレイめなワンピースやスーツを着用すると、目上の方が集まっても安心ですよ。
自宅で行う際にオススメのドレスをピックアップしてみました♪
 
ユナイテッドアローズ (UNITED ARROWS)
インナーレース袖付きピンクベージュドレス

自宅でもきちんと感を出すならこの一枚がオススメ!
実はこれ、袖付きレースインナーと袖なしドレスをレイヤードして着るんです。
ドレスと言ってもボディラインを拾わないワンピースタイプのドレスなので、程良くカジュアル感も出せますよ♪
優しい印象のピンクベージュは、母親にピッタリのカラーですね。
 
 
ミベル ミューズ (mebelle muse)
レースセパレートブラックパンツドレス

パンツスタイルが良い!というママには、セパレートタイプになっているこちらのパンツドレス。
重くなりがちなブラックカラーもトップスのレースが華やかさをプラスしてくれて、お祝いの席にぴったり♪
自宅でバタバタ動くお食い初めにも、パンツタイプなら動きやすくて、楽ちんです!
 

お店の場合

お食い初めをホテルやレストラン、料亭などで行う場合は、フォーマルタイプのスーツや着物の着用が好ましいです。
着物を着る際は、訪問着を選びましょう。
お店でお食い初めを行う場合のスーツを選んでみました。
 
クードシャンス (COUP DE CHANCE)
ツイードエレガントネイビースーツセット

気品溢れるネイビーカラーのセレモニースーツは、お子様の行事にピッタリです!
ノーカラージャケットで、デコルテ部分もスッキリとした印象に。
襟元に施された刺繍デザインがネイビーカラーに映えてとても綺麗♪
スカートはジャケットと同じ高級感が漂うツイード素材を使用しており、丈感も丁度良いです◎。
 
 
アリスバーリー (Aylesbury)
セットアップベージュスカートセット

ふわりと揺れるスカートと、八分袖のトップスがセットになっているセットアップスーツです。
首元にあしらわれたビジュが、お顔周りもパッと明るくしてくれます。
程良くラメが入ったセットアップのベージュカラーは、華やかさとカチッと感、両方叶えてくれますよ♪
 

授乳OKの服装

スーツは母乳で育てているママにはキツイですよね。
授乳中の母親でも楽々な授乳OKの服装もご紹介します。
 
ミベル ミューズ (mebelle muse)
【授乳OK】フレア袖バイカラーパンツドレス

よりカジュアルさを演出したい場合は、パンツスタイルもいいですよね。
トップス部分はフレアデザインになっていて、ウエスト部分のリボンは前後どちらで結んでもOK!
パンツスタイルでも十分女性らしさを引き出してくれます。
ドレスアップと授乳がどちらも出来るなんて、ママには嬉しい一枚です♪
 
 
ビヲミナ (VIWOMINA)
【授乳OK】ゆったりサイドレースネイビードレスセット

ネイビーカラーで、お子様の華やかな衣装をより引き立ててくれるこちらのドレス。
両サイドの胸元タック部分にファスナーを設けており、授乳が簡単にできるんです!
ゆったりしたシルエットは、産後体型が戻っていないママにも安心して着て頂けますよ。
 
 
授乳中の母親の服装選び方ポイント
ママの場合、スーツ・着物・ワンピースなど、服装の選択肢は沢山あります。
しかし母乳をあげているお母さんは、スーツや着物だと授乳ができなかったり、動きにくかったりなどのデメリットもあります。
そういう時の為に、授乳ができるタイプのスーツや、服装とは別にケープを用意しておくと便利でしょう。
 

父親のお食い初めの服装

父親のお食い初めの服装
パパの場合、自宅やお店どちらで行うにしてもスーツの着用が好ましいでしょう。
お店の場合は、格上の礼服だともっと良いですね。

お食い初め用の服装
どこで用意する?

どんな服装が良いのかわかったところで、次は服装の準備ですね。
「でもどこで用意したらいいんだろう?」というお悩みも、ここで解決しちゃいましょう!

お食い初め用の服装はどこで用意する?

店舗購入

小袖などの着物は、節句のお祝いや七五三でも活用できるので用意しておくと便利ですよ。
一回だけの着用で購入は勿体ないですが、また着る機会があれば思い出にもなります。
試着することにより、サイズ感や生地感もわかるので、失敗も防げます。

通販

お店に行く機会がなかったり、まだ小さい赤ちゃんを連れてお店に出向いたりするのは大変な場合もありますよね。
産後の肥立ちが悪く、体調がすぐれない方もいらっしゃるかと思います。
そういった場合は通販サイトがおすすめ。
通販サイトで購入する場合はショップ選びが肝心なので、口コミ等を参考にしっかり吟味して選びましょう。

レンタル

やっぱり購入は勿体ないわ・・と思いの方にはレンタルがオススメ!!
レンタルだと、お食い初めの為だけの特別な衣装を着せることができます。
写真スタジオで撮影すると、着物や衣装の貸出しサービスを実施しているお店もありますので、検討してみては♪

おさがり

兄弟や姉妹、親戚などのおさがりを使うのも一つの手です。
家族や親戚だけではなく、知人やお友達から頂いたりしてもOK。
周りに服を借りられる人がいたら相談してみて、有効活用したいものです。

ハンドメイド

一生に一度のお食い初め・・可愛い我が子のために手作りに挑戦してみては?
お裁縫やハンドメイドが得意なママは、オリジナリティ溢れるロンパースなどを手作りする方も!
手作りに自信がないママは、スタイだけ手作りでももちろんOK!
どんな物でも手作りは、愛がいっぱいこもった素敵な物になること間違いないです♪

お食い初めってどうやるの?

お食い初めに必要な物や、順番など正式な方法をご紹介します。

お食い初めってどうやるの?

お食い初めの献立

献立は一汁三菜です。
用意するものは以下の通りです。

1.お赤飯
2.お吸い物
3.尾頭付きの焼き魚
4.煮物
5.香の物
6.歯固めの石
・ 祝い箸


お食い初めは本当に食べさせる訳ではなく、食べさせるマネだけでOKなので「祝い箸」を使います。
祝い箸とは、柳で作られた両端が細くなっているお箸のことで、縁起が良いとされています。

儀式の順番

儀式を進めていく上で、食べさせる順番に注意しましょう。

ポイントは、食べさせる献立の間にお赤飯を挟みます。
食べさせるといっても、赤ちゃんはまだ食べれませんので、口元に近づけて食べさせるマネをするだけでOKです。
お赤飯や焼き魚など、箸で持てるものは少量掴み、お吸い物は箸先にちょんとつける程度。
あくまで食べさせるマネなので、赤ちゃんの口元にそっと添えましょう。

歯固め石は、石に触れた箸先を赤ちゃんの歯茎につけます。
丈夫な歯になるように願いを込めましょう♪

429-2
食べさせる順番
1お赤飯→2お吸い物→1お赤飯→3焼き魚→1お赤飯→2お吸い物→
1お赤飯→4煮物→1お赤飯→2お吸い物→1お赤飯→5香の物→
1お赤飯→2お吸い物→1お赤飯→6歯固めの石→1お赤飯→2お吸い物

食べさせる人

お食い初めの儀式で赤ちゃんに食べさせるマネをさせるのは「養い親」と言われる人です。
養い親とは、父親や母親ではなく親戚や祖父母の中で一番長寿な方のこと。
赤ちゃんが、その方の長寿にあやかるという意味が込められています。
同席がかなわない場合は、出席者の中で一番長寿の人にお願いをします。

もっと知りたい!
お食い初めに関するQ&A

服装や儀式のやり方など参考になりましたか?
お食い初めって意外と奥が深い儀式ですよね。
細かなマナーや、由来なども沢山あります。
上記でお伝えしたこと以外の疑問も見てみましょう!

もっと知りたい!お食い初めに関するQ&A

Q:両親のみで祝う場合はどうするの?

A:父親と母親が食べさせてOK!
祖父母が遠方など、様々な理由で両親だけでお食い初めをする家庭も多いです。
そういった場合、男の子は父親が抱っこして母親が食べさせるマネをし、女の子は母親が抱っこして父親が食べさせるマネをします。

Q:なぜ100日頃に行うの?

A:歯が生え始める時期と密接な関係から・・・
なぜ100日頃が良いのか?というと、丁度その頃になると赤ちゃんに歯が生え始めてきます。
歯は、食べ物を食べるという行為においてとても重要な役割を持っています。
それらの密接な関係から、この時期に「一生食べ物に困りませんように」 「健康で丈夫に育ちますように」と願いを込めてお祝いします。

Q:お色直し式って何?

A:初めて色物の着物を着る儀式のこと。
産まれてから100日目までは白色の産着を着ていた赤ちゃんに、色付きの小袖を着せることをいいます。
一般的に母方の祖父母が小袖を贈ります。

お色直し式って何?
いかがでしたか?
お食い初めにふさわしい服装に始まり、正式なやり方やお食い初めにまつわるアレコレなど、お役立ち情報をお伝えしました。
大切な我が子のセレモニー、服装も儀式もしっかりして特別な想い出にしたいですね。
父親や母親はもちろん親戚や祖父母、家族みんなから祝福される赤ちゃん。
すくすく育ってほしいものです。
思い出に残るセレモニーをお過ごしください♪