5分で分かる【表彰式の服装】知りたい・気になるアレコレご紹介

5分で分かる【表彰式の服装】知りたい・気になるアレコレご紹介


表彰式は仕事やプライベートで、日ごろのあなたの努力や成果を表彰してもらえる、嬉しいイベントです。
毎年、表彰される方もいれば、今回初めて!という方もいますよね!

特に初めての方だと、どんな服装をしたらいいのか、迷ってしまうかもしれません。
せっかくの機会、表彰式の服装やマナーについて、この機会に知っておきませんか。
表彰式が久しぶりの方や毎年という方にも、読んで良かったと思える情報満載にお届けします。

5分で分かる【表彰式の服装】知りたい・気になるアレコレご紹介

表彰式にふさわしい服装とは

表彰式にふさわしい服装とはまず式典というと、気になるのが服装のマナーですよね。
結婚式なら全身白い色、ファー素材など、NGルールが存在します。

ここで気になるのが「表彰式に出席するときに服装のマナーはあるかないか」ではないでしょうか。
結論からお伝えすると、表彰式に結婚式のような服装マナーは特にありません。

ただ、服装マナーがないからといって、普段着でもOKなのかというと答えはNOです。
なぜなら、表彰式はあなたの日ごろの功績・成果などをたたえてくれる場であり、それを大勢の方の前で明らかにする場でもあるからです。

その点を考えると、やはり服装のマナーはなくても、TPOに合わせた着こなしで参加することをおススメします。
ホテルなどの表彰式の場合は特に、フォーマル感を意識した服装になります。
たとえばこんな感じの服装♪
 
アナイ(ANAYI)
ストライプ切り替えレースピンクドレスセット

レースデザインと揺れるフレアスカートが女性らしさたっぷりのワンピースコーデ。
パステルピンクがお顔周りをパッと明るくして、写真写りもバッチリです!
ブラックのジャケットを羽織ればきちんと感もプラス。
表彰式の会場を華やかにする、主役にふさわしいスタイルです。
 

盛大な式典ですと、タキシードやロングドレスといった装いの方もいて、式の雰囲気を一層盛り上げてくれます。

<大きな表彰式のイメージ>
 

また、学生さんがいる表彰式だと制服を着ている方もいますし、パンツスタイルの女性も。
表彰式の服装は、その方が考える「フォーマル感ある装い」を意識した華やかな印象の服装で参加すれば良いでしょう。
 
学生:制服やスーツ
男性:スーツ
女性:スーツやドレス、ワンピース

服装を選ぶポイントとしては以下を意識して服装を選ぶのがおすすめです。
 
・人前に出る(大勢の人がいる場合もある)
・記念写真を撮る

表彰される方は主役なので、視線は自然とあなたに集中します。
また、他の表彰者や関係者と集合写真を撮るので、写真映えも意識して選んでみてはどうでしょうか。
 
例えば、記念写真を撮ることを意識して選ぶ場合。
特に、男性の方がいる式典でしたら、ダークカラーのスーツの方が多いので、女性の方は明るめのお色味を選ぶといった感じです。
 

こちらの写真は、女優の榎本加奈子さんが紅一点ですが、やはりドレスの色味とデザインが写真映えして、本当に素敵ですよね♪

表彰式の服装おさえておきたいポイント

表彰式の服装おさえておきたいポイント式典や服装イメージはなんとなくわかってきたところで、自分の表彰式はそこまで盛大ではないので・・・という方もいると思います。
もう少し身近な表彰式の服装ポイントについてお伝えしていきます。
男性も女性も服装選びのポイントは3つです。

<女性編>表彰式服装のポイント

<女性編>表彰式服装のポイント会社やプライベートでの表彰式は、以下の3つのポイントをおさえると会場にふさわしいエレガントな印象に。
  • 清涼感のある装い
人前に出るので、ピシッとアイロンがかかっているような服装だとあなたの素敵度がUPします。
 
  • 会場の雰囲気に彩を加えられるカラー
大勢の人がいる場合は、特にネイビーやブラックなどの色味は被りやすい。
彩のあるカラーだと会場の雰囲気も一気に華やぎます。
 
  • 動きやすいデザイン
式典は立ったり、座ったりというシーンがありますし、緊張もします。
その点も踏まえて体を締めすぎるデザインの服装よりは、少しゆとりのあるデザインやサイズ、柔らかな生地感のタイプを選ぶといいかもしれません。

<男性編>表彰式服装のポイント

 

男性の場合は、スーツを選ぶ方がほとんど。
とはいえポイントをおさえれば、スーツでなければいけないというわけでもありません。
  • ジャケットを羽織る(シーズン問わず)
スーツを着用しなくても、フォーマルを意識してジャケットは羽織りましょう。
  • 襟付きのシャツを着る
クールビズなどの関係で、ネクタイは必ず着用しなくてもいい場合もありますが、シャツは襟付きを選んでくださいね。
  • 革靴を履く
予算の関係上もあると思いますので、合皮やエナメル製でもOK。
式典の前は、スポンジやクリームで艶出しをしておきましょう。
意外と靴を見ている方が多いですよ。

スタイリストが提案!
シーン別・立場別でおすすめの服装

スタイリストが提案!シーン別・立場別でおすすめの服装表彰式や着飾るシーン、お立場などから多くの服装を提案してきたスタイリストに、表彰式の服装を実際に提案してもらいました。
ここからはシーン別・立場別で、表彰式のおすすめスタイルをご紹介します。

シーン別おすすめの表彰式スタイル

まずはシーン別におすすめの表彰式コーデをご紹介します。

プライベートの表彰式

Aさん(30代) 155センチ ややぽっちゃり型 
ファッションは流行りを知っている程度で、あまり流行りを取り入れない定番スタイルが多い。

<相談内容>
今回はホテルでの表彰式なので、場所に合った服装で出席したいです。
ただ、社内の表彰ではないので、あまりビジネスな感じを意識しない服装がいいかな。
あと、ヒップが大きめなので、うまく体型カバーしてくれるドレスが希望です。

スタイリストおすすめはこれ!!
「ハリ感や光沢感があるドレスなら特別感が倍増で、カバー力も安心」
 
ストロベリーフィールズ(STRAWBERRY-FIELDS)
上品シンプルグリーンドレスセット

<おすすめポイント>
1.シンプルなデザインですが、光沢感ある生地感はそれだけでも上質感がアップ
2.青みがかったグリーンは、他の人とも被り知らずのカラー
3.ハリのある生地感はドレスのシルエットを綺麗に描いてくれるので、気になるヒップもデザインがカバーしてくれる
 

会社の表彰式

Bさん (20代)163センチ 華奢型
社内では制服ばかり着ているので、私服の色もあまり冒険しません。

<相談内容>
今回は入社して初めて、社内で表彰されます。
服装はあまり目立ちたくはないので、控え目だけど綺麗に見える服装を希望します。
着丈はひざ下になる丈感が安心です。

スタイリストおすすめはこれ!!
「安定感のあるカラーだけど、華やぎポイントはしっかり抑えています」
 
グレースコンチネンタル(GRACE CONTINENTAL)
レースフレア袖ブラック×アイボリードレス

<おすすめポイント>
1.白と黒のバイカラーは安定感あるお色味なので、色の冒険はあまり…という方にぴったり
2.お袖やウエストが女性らしいデザインになっているので、フェミニンさも★★★
3.着丈が長めのつくりなので、163センチの方でもヒザがでない丈感に
※着丈は体型によっても前後します。
 

お立場別(家族の同伴など)表彰式スタイル

ご主人やお子様の表彰式。
表彰式は必ずしも自分のものばかりではありませんよね。
ここからは家族の同伴として表彰式に出席される方におすすめの服装をご紹介します。

主役は夫!妻として出席する表彰式の服装

Cさん (50代)160センチ 標準型
華やかな服装が好きで、自然とキラキラな感じを選んでしまいます。

<相談内容>
表彰者は夫で、夫婦同伴とのこと。
やはり主役は夫なので、夫をたてつつ、あまり地味にならないような服装はどんな感じでしょうか?
ゆったりとしたシルエットの服装は着ないかな~。

スタイリストおすすめはこれ!!
「主役(夫)とのバランスが良い」
 
プリフェレンスパーティーズ(PREFERENCE PARTY'S)
光沢糸レースネイビードレス

<おすすめポイント>
1.主役の男性をお色味で立てつつ、光沢糸を使用した総レースでさりげないキラキラ感が出せます
2.ボディラインを拾いすぎないように計算されたシルエットは、着るだけでドレス美人に
3.生地感もしっかりあるので、冬の表彰式シーズンでも安心
 

主役は子供!親として出席する表彰式の服装

Dさん(40代)158センチ ややぽっちゃりさん
出産してからはボディラインもあまり出ない、ナチュラル系な服装が好みです。

<相談内容>
小学生の長男が賞をもらいましたが、結構大きなホールでの表彰式です。
服装は動きやすいけど、太って見えないのが理想。
あと、下の子供が授乳中なので、バストの張り具合もどうなのか悩んでしまいます。

スタイリストおすすめはこれ!!
「動きやすさと着飾り感のバランスが絶妙」
 
ベル・ラフィーネ(belle raffine)
トップスレースネイビードレス

<おすすめポイント>
1.袖や裾は長めなので、ナチュラル系が好みの人も抵抗なく着られるデザイン
2.ゆったりシルエットでもウエストギャザー効果で縦ラインが描けるので、すっきりシルエットにみえる
3.授乳中はバストのサイズ感に変化がでやすい!締め付けがないぶん、変化に対応できる

服装に悩んだらスーツがおすすめ

シーン&立場問わず、服装に悩んだらスーツがオススメです。
スーツなら無難に失敗は回避できますよ。
 
スタイリストおすすめはこれ!!
「楽さと明るさが詰まっています」
 
ケティ(ketty)
ブラック×ホワイトワンピーススーツセット

<おすすめポイント>
1.ジャケットとワンピースのトップスがホワイトカラーなので、お顔周りを明るくみせて写真映え◎
2.柔らかなツイード素材は着心地も良く、緊張する表彰式で体を自然とリラックスさせてくれる
3.ワンピースなのでインナーを用意することもなく、お腹周りも締め付けない楽さ満点
 

気になる表彰式の服装Q&A

気になる表彰式の服装Q&Aここからは、ちょっと気になる表彰式の服装にまつわる5つの質問にお答えします。
知っているようで、知らなかったこと。
こういう服装もいいかも!など、フムフムなQ&Aです。
 
【Q1】ステージ上で映える服ってどんな感じのドレスですか?

光沢感のある生地感や、スパンコールが付いているドレス。
ライトの光が当たって、ステージ上で輝いてみえますよ。
また、お色味的には明るめのトーンだと、ステージや写真映えもばっちり。

 
インディヴィ(INDIVI)
エアリーモカベージュドレスセット

トップスは光沢感があり、表彰式会場のライトに当たるとモカベージューが輝きますよ。
シフォン素材と艶感のある同色裏地の二枚が、歩くたびにハーモニーを奏でるように揺れます。
前後スカートの丈が違うので、美脚効果も大です。
 
 
【Q2】落ち着いた感じのネイビーカラーを着たいけど、他の人と被ってしまいますか?

男性はダークカラーが多いため、ネイビーカラーのスーツを着てくる方も多々います。
女性もやはり上品なネイビーは人気の高いカラーといえます。
そんな時は、デザインで差をつけるのがおすすめです。
タダシ・ショージ(Tadashi Shoji)
上質ネイビーティアードドレス

光沢感のある生地が何層にも重なっているので、ネイビーカラーでもオンリーワン間違いなしの服装に。
胸元のコサージュは落ち着いたお色味に華やかさをそっと添えてくれます。
伸縮性のある生地感なので、着心地の良さも◎。
 
 
【Q3】せっかくなので、お洒落だと思われるドレスを着てみたいです。
でも、すごく目立つのはイヤなので、どんなのがいいのでしょうか?

ケープ袖は袖の部分のみにデザイン性があるので、さりげないお洒落感を与えてくれますよ。
また、骨格がしっかりしている方は、袖ケープが全体のシルエットを滑らかに見せてくれておすすめです。

 
クルーンアソング(CROON A SONG)
レースケープ袖ピンクベージュドレス

落ち着いたピンクカラーなので、大人の女性も着やすいお色味です。
花柄のレースケープは表彰式会場のお祝いシーンに、柔らかな華やかさを加えてくれますよ。
賞状を受け取るときお袖からチラリと腕が見えて、計算されたお洒落スタイルに。
 
 
【Q4】20代ですが、ビジネススーツならもっていますが、どうでしょうか?

ビジネススーツでも、もちろん大丈夫です。
しかし、せっかくの機会なら、スーツはスーツでもセレモニースーツだと、いつものスーツ姿にも変化がでますよ。
また、明るめのスーツだと、社内の表彰式の雰囲気により一層華やぎ感が与えられるのでおすすめ。

 
リフレクト(Reflect)
ツイードホワイト×ネイビースーツセット

ホワイトカラーを基調としているので、社内の表彰式にはもってこいのスーツ。
スーツスタイルだけど、生地感や色が違うだけで、雰囲気も変わりますね。
お顔周りも明るくなって記念写真映えもばっちり。
 
 
【Q5】記念撮影があるそうなので、写真映えするカラーって何色のドレスですか?

ダークカラー以外はやはり写真を撮った時に、写真映えします。

<カラーの映え度>
ダークカラー   ★
パステルカラー  ★★
スモーキーカラー ★★
原色       ★★★
ビビットカラー  ★★★★
ネオンカラー   ★★★★★

ドレス以外で押さえておきたいアイテム

ドレス以外で押さえておきたいアイテム服装が決まったら、トータルコーディネートで胸を張って表彰式に出席してみませんか。
難しいコーディネートは一切なし。
以下の5点を抑えていれば、マナー面でも安心。
全てのフォーマルシーンに対応可のコーディネートです。

以下の5点を抑えていれば、マナー面でも安心。
1.羽織物・・・羽織るだけで、よりフォーマル感な仕上がりになります

2.ネックレス・・・お祝いの席ではパールのネックレスは絶対的な安心感あり

3.バッグ・・・手元のアクセサリー感覚で持ってみましょう

4.ストッキング・・・肌色もしくは肌色に近いヌードカラーが基本です

5.ヒールの付いたパンプス・・・カジュアルな印象にならないように、つま先やかかとが出ないタイプや3センチから5センチ程度のヒールが付いているパンプスだとフォーマルな印象に

表彰式の当日の流れとマナー

表彰式の当日の流れとマナー最後に表彰式の当日の流れとマナーについてお伝えしていきます。
流れを知っておけば「いつ賞状をもらうの?」「挨拶(スピーチ)は?」の目安になります。
まずは、式の流れを把握しておきましょう。

表彰式の流れ

式によって、多少は内容に違いがあるかもしれませんが、一般的な流れはこんな感じです。
 
1.開会の言葉  
2.主催者代表の挨拶など            
3.表彰 選考経過報告
4.受賞者挨拶  受賞者全員、もしくは、上位受賞者の挨拶       
5.記念撮影 & 懇親会            
6.閉会の辞      

表彰者のメインとなる場所は、表彰と挨拶になります。
この時、意外と忘れがちなのが、賞状の受け取り方。
賞状を受け取ればいいのですが、ただ受け取るよりも、受け取り方を知っておくとスマートな印象に。

賞状のスマートな受け取り方

賞状を受け取るときは、姿勢を意識しましょう。
 

授与者の正面で立ち止まります

一礼をする

授与者が証書を差し出してきたら
左手で賞状の左端をつまみます

右手で賞状の右端をつまみます

頭を下げます

向きを変え、左足から踏み出し元の席に戻ります

受賞の挨拶(スピーチ)の仕方

受賞のスピーチ内容は、謙虚がポイントです。
 
1.簡単な自己紹介
2.周りの方への感謝
3.受賞を聞いた時の気持ち、またはさらなる目標を述べる
4.締めくくりの挨拶

余談ですが、筆者の元上司は大勢の人の前で挨拶(スピーチ)がとても上手な人でした。

元上司は「まず挨拶の冒頭で、感謝を述べることが重要」とよく言っていました。
私は人前で挨拶をほとんどしたこともなく、またどうやって挨拶(スピーチ)していいのかも良くわかりませんでした。
しかし、「最初に感謝の言葉を伝えれば大丈夫」という元上司の教えを聞いてからは、少しだけ挨拶(スピーチ)へのハードルが下がったような気がしました。

実際に感謝の言葉は、人々の気持ちをあたたかくしてくれますよね。
素敵なスピーチ内容をと、挨拶に苦手意識を持つのではなく、感謝の言葉を伝えればOKと思ってみてはいかがでしょうか。

いつもより着飾って表彰式へ!
輝かしい思い出の1日にしよう

いつもより着飾って表彰式へ! 輝かしい思い出の1日にしよう表彰式はあなたの輝かしい日であり、場です。
そして周りの人に感謝を伝える機会でもあります。
そんな素敵な日には、いつもより着飾って胸を張って出席してみませんか?
思い出に残る特別な1日になりますように。