祖母もドレスでお祝い!心も足取りも軽やかになる選び方のコツ

祖母もドレスでお祝い!心も足取りも軽やかになる選び方のコツ


祖母世代がドレスをご着用される機会としては、やはり慶事ではないでしょうか。
ご長寿祝いや、ご親族様の結婚式など。
特にご親族様の結婚式には、着物を着てきたという方も多い世代です。
ただ、近年では洋装のドレスを選ばれる方も年々増えてきているんですよ。
年齢を重ねたからこそ、着こなせるドレススタイルがあります。
今回は祖母世代に向けて、ドレススタイルの魅力をお伝えていきたいと思います。

祖母もドレスでお祝い!心も足取りも軽やかになる選び方のコツ

祖母がドレスを選ぶメリット

祖母がドレスを選ぶメリット「ドレススタイルは、少し抵抗がある…」
「体型も不安」
「似合うドレスがわからない」
そんな方も、思わず選びたくなるドレススタイル4つのメリットをあげてみたいと思います。

メリット その1)着心地が良い
締め付けが少ないタイプのドレスなら、着心地が良く、また身体に負担がかかりません。
お祝いの席は長時間になる場合もあります。
着心地が良いドレスなら楽に着こなせて、思う存分楽しむことができます。

メリット その2)着替えがしやすい
ドレスなら普段と同じような感覚で着替えができます。
お手洗いがスムーズなのも、好ポイントですよね。

メリット その3)ドレスの生地が軽やか
生地が軽いと肩も凝らずに、体の疲れ具合も軽減されます。
体は思っているより敏感に、生地の重みを感じ取るもの・・・。
生地感が軽いドレスだと、気持ちも明るくなれます。

メリットその4)ドレスはデザインやシルエットが豊富
ドレスならではのシルエットは体型カバー効果もあります。
お悩みに合わせて、デザインやシルエット選べる範囲が広いのは嬉しいですよね。

実際に祖母の方々はどんなドレスで結婚式に参列されているのでしょうか。
具体的に見てみましょう。
 
2人のドレスは対照的なカラーですが、とっても良く似合っています。
トップスは無地ではなく柄がついているので、華やかな雰囲気になりますね。
 
明るいカラーにフラワーレースはエレガンスな印象に。
アクセサリーもパールで統一されていて、素敵なコーディネートですね。
 
スマートな印象のパンツスタイルも、優しい色味でデザイン性のあるタートルネックを合わせることで、絶妙なバランスのコーディネートになっています。
胸元はブローチを付けられているのも、お洒落さを感じます。

どんなドレスが良い?
祖母世代に人気のドレス

どんなドレスが良い? 祖母世代に人気のドレスさきほどのお写真を見ていてもおわかりかと思いますが、祖母に人気のあるドレスにはある共通点があります。
肌の露出が少ないという点です。
祖母世代がドレスを選ばれるポイントとして、絶対条件ともいえるのが以下の2つ。
 
袖丈が長め(5分袖から長袖丈)
・裾丈が長め(ミディ丈からロング丈)

「なるべく肌は出したくない」
「手や足を隠したい」
という方が多いのが現状です。
また、実際にそのようなデザインのドレスが好まれています。
そこでオススメしたいのが、こちらの2着のドレスです。

袖&裾丈長め+色味が明るい
袖&裾丈長め+レースの装飾が華やか


ドレスで着飾る機会は、肌を隠しつつもお色味があるもの、またはレースなどの装飾があると、華やかな雰囲気になりますよ。
 
明るいネイビーブルーにアイボリーカラーのボレロは、パッと明るい印象に。
 
ルチェア(Luceat)
プリーツミディネイビードレスセット

ドレスもボレロもゆったりしたつくりなので、ドレスに着慣れていない祖母も着やすいデザインです。
ウエストにはレースの装飾があり、ウエストもスッキリと見せてくれます。
また、スカートのプリーツは動くたびに揺れ、大人の女性らしさを増してくれますよ。
 
 
マリコ コウガ(MARIKO KOHGA)
シャンパンミディドレスセット

落ち着いたシャンパンカラーは、派手すぎない、祖母にもちょうど良いお色味です。
やや厚手のボレロなので、寒い季節には暖かな安心感を与えてくれます。
フレアスカートはボディを拾いすぎないので、気になるヒップラインの体型カバーもバッチリです。
 

この他にも先ほどお伝えしたドレススタイル4つのメリットから選んでみてはいかがでしょうか。
 
メリット その1)着心地が良い★★★
身体が着心地がいいと感じるドレスは、伸縮性(ストレッチ)があるタイプです。
生地が肌に優しくフィットして馴染んでくれるので、長時間着ていても体への負担が少なくなります。
 
ジェシカハワード(Jessica Howard)
ダークパープルジャケット&ドレスセット

ダークパープルは気品さ溢れるお色味ですので、祖母にぴったりのお色味です。
ウエストにはレース装飾がありますが、全体的にストレッチのある生地感なので、着用感は保証済み。
個人差はありますが、手首と足首が出る程度の丈感のドレスセットになります。
 
 
メリット その2)着替えがしやすいドレス★★★
セパレートタイプのドレスは上下でわかれているので、着替えがしやすいタイプです。
実はファスナーなしのウエストゴム仕様も、着替えがしやすいタイプになります。
ウエストのゴムが伸びて、上からかぶりやすい構造のドレスは、お1人でも着替えは楽ちん。
ただこのタイプのドレスは、お化粧やヘアセットなどをドレス着用後にすることをおすすめします。
 
ビヲミナ(VIWOMINA)
上品ミディ丈ブラックドレスセット

贅沢に重なったドレープは体型カバー効果もバッチリです。
シフォン素材は軽やかな素材なので、着心地の良さは定評あり。
羽織物はベージュカラーなので、お顔周りも明るい雰囲気になります。
 
 
メリット その3)生地の軽いドレス★★★
着ているドレスが軽いと気持ちも足取りも軽くなります。
普段、軽い素材の服装になれている方にとってはドレスの重さも大切なポイントですよね。
シフォン素材やシャンタン素材は軽い生地感なので、祖母におすすめです。
 
プリフェレンスパーティーズ(PREFERENCE PARTY'S)
異素材フラワーシャンパンドレスセット

シャンタン素材は軽い上に、程よい光沢感が出るので慶事にピッタリの素材です。
トップにはローズの刺繍が施されていて、エレガンスな印象になります。
着丈は長すぎないちょうど良い丈感なので、身長の高い方も安心して着こなせますよ。
 
 
メリット その4)デザインやシルエットが豊富 ★★★
ウエストマークがあると、ウエストがくびれてみえてスタイルが良くみえます。
前後のスカート裾が異なるタイプは、脚長効果があり。
また、ハリがある生地感はボディラインを上手く隠して体型が綺麗に映りますよ。
 
プリフェレンスパーティーズ(PREFERENCE PARTY'S)
上質エレガントフラワーネイビードレスセット

光沢感のある生地感は、光の具合によって影ができ、着痩せ効果あり。
落ち着いた色味に大柄のフラワー柄は、程よい華やかさを演出できます。
タックが入っているので、動きやすく、下半身の締め付けもありません。
 

祖母用のドレスがレンタルできる
お店をご紹介

祖母用のドレスがレンタルできるお店をご紹介今はレンタルドレスがとても人気の時代です。
祖母世代の方にもレンタルの利用者が増加中。
それはやはり魅力があるからです。
 
「ドレスを購入するよりもレンタルの方がお値打ち」
「クリーニング代や保管の手間が必要ない」
「近くにドレスショップがない」
「着るたびに、違うデザインやカラーが楽しめる」

祖母用のドレスは実際にどこでレンタルできるのでしょうか。
おすすめのお店をご紹介します。

レンタルコスチューム リゼ
HP: http://www.lize.co.jp/
大阪に店舗を構えているので、レンタルする前に実際にドレスを見ることが可能です。
レンタルはしたいけど、ドレスを実際に見たいという方におすすめ。
ミセスドレスは15,000円から用意されています。

おしゃれコンシャス
HP: https://dress-cons.com/
店舗を構えていないぶん、レンタル価格はリーズナブルになっています。
サイズなどが不安な方は、注文前にメールや電話で問い合わせてみてくださいね。
ミセスの方にも利用できるドレスの種類も豊富です。
 
実際に おしゃれコンシャス でドレスレンタルされた祖母世代の感想を見てみましょう。

70代 親族の結婚式で利用
「留袖を着用と思いましたが、着付けの時間もかかるし、締め付けも…。
体力面を考えてドレスにしてみました。

ドレスを着てみたら、着替えも楽だし、クリーニングの必要もないし、とにかく楽でした。
サイズも不安があったので、電話を掛けてスタイリストの方と相談しながら決めたので、サイズ感はピッタリでした。

私が若い頃にこんな便利なシステムがあったら、服装に悩まずに済んだのに。
今の若い方が羨ましいです。」(70代女性)
 
祖母世代ですと、結婚式は着物の方が多かったのではないでしょうか。
着付けの時間や着用後のクリーニングや保管のことを考えると、本当にレンタルドレスは時短にもなり、負担が軽減されるのでおすすめです。
また、試着ができない場合でも、スタイリストなどに気軽に相談できるのも安心ですよね。

60代 親族の結婚式で利用
「年齢と共に似合うデザインや体型が変化したから、手持ちのドレスが似合わなくなってしまいました。
ドレスというと購入という発想しかなかったのですが、娘からレンタルドレスがあるということ教えてもらいました。
先のことを考えると、もう着る機会もないかもしれないので、レンタルすることに決めました。

娘や孫と一緒にコレが素敵だのワイワイしながら選んでとても楽しかったです。
ただ、ネット操作は苦手なので娘に予約してもらいました。

実際に到着するまではドキドキして、箱を開ける時はワクワク。
サイズ感は少し大きかったけど、体の締め付け感がなかったので満足です。」
 
体型の変化などで、手持ちのドレスが合わなくなってしまうことは、仕方ないことですよね。
また、新しいドレスを用意するとなると「購入かレンタル」かのどちらかになってきます。
祖母世代ですと、先のことを考えて迷ってしまう方が多いかもしれませんが、迷った時は家族の方に相談してみるのがおすすめです。

手持ちのドレスに
レンタルの小物をプラスしてみる

手持ちのドレスにレンタルの小物をプラスしてみる手持ちの服装に小物をプラスするだけでも、コーディネートの雰囲気は変わってきます。
無理せず、ちょっぴり変化を楽しみたい祖母には、こちらの2アイテムがおすすめです。
 
おすすめアイテム
・ショール
・コサージュ

ショールをプラス
 
ショールは肩に羽織るだけで、着飾り感がUPするアイテムです。
また、肩に掛けるだけでいいので、着替えをする手間もなく便利。
 
ドーリードール(Dorry Doll)
ダマスク柄刺繍グレーショール

レース生地に明るいグレーの刺繍が施されています。
羽織るだけで、エレガンスな祖母の印象になりますよ。
シンプルなお洋服と合わせると、後ろ姿はダマスク柄が綺麗に浮かび上ります。
 
 
エルモソ リュクス(Hermoso luxe)
立体フラワーレースブラックショール

レースは透け感があるので、ブラック以外のお色味と合わせていただくとショールのフラワーが映えますよ。
留め具にはパールが付いていてエレガントさも◎。
羽織っているだけでも暖かさがあるので、寒さ対策も可能なおススメの一枚です。
 

コサージュをプラス
 
小さな花束にみえるコサージュは、胸元に付けるだけで上半身の華やぎ感を一層上げてくれます。
 
ニジュウサンク(23区)
クリスタルチャームアイボリーコサージュ

直径10cmのやや大ぶりなコサージュです。
クリスタルチャームが付いているので、動くたびに揺れて女性らしさがアップします。
ドレスと合わせると、胸元に花が咲いたように明るい印象になりますよ。
 
 
ケティ(ketty)
グレーツイードコサージュ

直径8.5cmのコサージュです。
グレーとアイボリーカラーが折り重なっているツイードカラーは、派手すぎず地味すぎないお色味になります。
シンプルなデザインやカラードレスとの相性ばっちりですよ。
 

祖母がドレスを着る!チェックポイント

祖母がドレスを着る!チェックポイント祖母がドレスを着ていただく際、チェックして頂きたいポイントがあります。
着心地良いドレスでお祝い事を楽しんでいただくために、ぜひ確認してみてくださいね。

<結婚式に出席される場合>のチェックポイント

  • 体力は大丈夫?
結婚式は披露宴も含めると約3~4時間かかるものです。
  • 寒さ対策は万全に
秋から冬の場合、会場内は暖かいですが、移動の際は寒い場合も。
上着を用意したり一枚ショールを持っていったりできると安心です。
  • 式場によっては2週間前までなら出席者のキャンセルが可能な場合も
当初「出席」を決めていても、その後の体調によって「欠席」する場合もありますよね。
事前に欠席を決めたら、新郎新婦に早めに伝えることをおススメします。

<ドレスを着用される場合>のチェックポイント

  • サイズ感は大丈夫
ドレスは少し余裕のあるサイズ感の方が、体への負担は軽減されます。
  • ドレスは動きやすいシルエット?
普段のお洋服とデザインやシルエットが違うと、動きづらさを感じ場合もございます。
着慣れたデザインなどから、ドレスをお選びいただくことをおすすめします。
  • 寒さ対策は大丈夫?
会場内の室温は配慮されていますが、肌寒く感じてしまう場合もあるかもしれません。
一枚、ドレスの上から羽織れるものを持っていると安心です。

祖母もドレスでお祝い

祖母もドレスでお祝いいかがでしょうか。
ドレスアップした祖母の姿は、ご本人はもとより、ご家族の方も笑顔になること間違いなしですよ。
もし着飾る機会がありましたら、ぜひドレスを楽しんでみてくださいね。