七五三!母親の服装は?悩める洋装スタイルを徹底解説

七五三での母親の服装は?選び方マナー&スーツ・ワンピースコーデ集


11月15日は七五三。
子供の成長を祝い、これからの成長を祈願するお祝い事です。
 
子供のことばかりでついつい自分のことは後回しに…母親あるあるですよね…。
でも!せっかくのお祝い事、自分だってやっぱりそれなりの服装で迎えたい!
 
今回は、七五三の母親の服装についてまとめました。
服装選びに迷っている方はぜひ参考にしてください。

11月15日は七五三。

七五三 ママの服装マナー

七五三 ママの服装マナー

七五三の母親の服装に「絶対に○○を着なければならない」という決まりはありません。
「和装」でも「洋装」でもどちらでもいいのです♪
ただ、お子様の晴れの日を気持ちよく迎えるために、最低限のマナーは知っておきましょう。

子供より格を下げる

まず大切なことは、親は子供より目立たないことです!
七五三の主役はお子様なので、お子様を引き立てるような「格を下げた」服装を心がけてくださいね。
和装を選ぶなら、親は訪問着・色無地・付け下げなど準礼装・略礼装がいいと言われています。
もし、持っている着物の格が分からないときは、家族や着付けをお願いする美容室に一度確認してみてください♪

両親の服装の格を合わせる

お子様より格下の服装を選びつつ、両親の服装の格を合わせるとバランスのとれた装いになります。
たとえば、ママは和装なのにパパはカジュアルな格好だとチグハグな印象になってしまいますよね。
ママが和装やフォーマルなワンピースならパパもフォーマルスーツを着用するなど、両親が釣り合う服装を意識してください。

カジュアルすぎ、派手すぎはNG

最近の七五三は、セレモニースーツやワンピースなどファッション性を意識した服装のママが多くなりました。
とはいえ、神前に出るのでカジュアルすぎる服装は好ましくありません。
避けたほうがいい服装は事前にチェックしておいてくださいね。
  • ジーンズやスウェット、ジャージなどカジュアルすぎる服装
  • キャミソール、短いスカートなど肌の露出が多い服装
  • 装飾や色柄などが派手すぎる服装
特に決まったルールはないものの、神社にお参りをする「神事」なので同伴するママもマナーを守った服装で出かけましょう。

七五三 母親の服装選びのポイント

七五三 母親の服装選びのポイント
七五三に着て行く服装のマナーが分かって一安心。
「でも、実際に何を着て行けばいいの~?」
そんなママに服装選びのポイントをご紹介します。
このポイントを踏まえれば、自然と服装も浮かんでくるはず!
 
  1. 丈選びのポイント
お子様の面倒を見ながら1日中動き回る七五三は思いのほか大変!
お子様が小さい方や着物に着慣れていない方は、スーツやワンピースを着て行くと動きやすいのでおすすめです。
ママらしいきちんと感は出したいので、ひざ下丈を選ぶと◎
しゃがんだときや抱っこをするときにも安心ですよ。
  1. 色選びのポイント
七五三は晴れの日なので、明るいカラーの服装を選ぶと全体がパッと華やかになります♪
具体的には、クリーム色や淡いピンク、水色などパステルカラーがおすすめです。
パパの服装がダークカラーなので、反対にママが明るめのカラーを選ぶとバランスが良く見えます。
また、どんなシーンでも着まわせるネイビーやブラックカラーも人気!
ちょっと暗さが気になる方はコサージュやバッグなどで華やかさをプラスしてみてくださいね。
 
子供とママの服装、色が被ってもいいの?
濃い色から淡い色までさまざまな種類の色があるので、全く同じ色になるということはめったにないでしょう。
お子様と同系色の服装を選んだとしても、まとまった印象を与えることができるので大丈夫!
お子様の着る着物とバランスが合うかを考えることも大切ですが、その色が自分に似合うかも考えて選んでくださいね。

では、服装選びのマナーとポイントをふまえて実際に着て行く服装を見ていきましょう!
着物・セレモニースーツ・ワンピースの3つが七五三の基本的な服装と言われています。
今回は、「着回し力!動きやすさ!」に特化したセレモニースーツとワンピーススタイルをご紹介していきます。

きちんと感ありながらコーディネートも楽!
母親年代別おすすすめセレモニースーツ

母親年代別おすすすめセレモニースーツ
高い人気を誇っているセレモニースーツならマナー面も安心だしコーディネートも着替えも楽!
それになにより、母親の立場としてのきちんと感が出て、パパとの服装の格も揃えやすいですよね。

20代の母親におすすめセレモニースーツ

フェルゥ(Feroux)
フラワーアイボリーセレモニーワンピースセット

アイボリーカラーのセレモニースーツは、華やかで晴れの日に最適なカラー。
ジャケットにあしらわれた丸襟やくるみボタンが可愛らしい印象を与えてくれます。
ワンピースタイプなので、1枚でさらっと着られるのが魅力。
襟部分は取り外しが可能なので、すっきりと印象チェンジできるのも特徴です。
 
 
リフレクト(Reflect)
異素材ネイビースーツセット

異素材のジャケットとスカートを組み合わせたネイビーカラーのスーツセット。
ネイビーカラーのスーツは様々なシーンで着回せるのでとても重宝するアイテム。
高級感のあるツイードジャケットには光沢糸が織り込まれ、七五三にふさわしい華やかさを演出します。
 

30代の母親におすすめセレモニースーツ

エニィスィス(anySiS)
襟付きアイボリースーツセット

襟付きデザインも明るいフェミニンなお色でかたくなりすぎずない雰囲気に。
可愛らしさだけでなく、落ちついた印象もプラスしたい方に最適なセレモニースーツです。
インナーの色を変えるだけでも雰囲気は違うので、七五三・入学入園式でそれぞれ変えてみるのも素敵です。
 
 
フェルゥ(Feroux)
丸襟フェミニンネイビースーツセット

360度どこから見ても美しい、女性らしいシルエットが特徴のセレモニースーツ。
スタイルアップ効果があるので、これなら家族写真も安心ですね♪
同素材できちんと感はありながら、丸襟やタックデザインで可愛いらしい仕上がりに。
可愛らしいより大人っぽくしたい30代ママは襟を外してノーカラージャケットとして着てみるのもおすすめ。
 

40代の母親におすすめセレモニースーツ

クレイサス(CLATHAS)
異素材MIXアイボリーワンピースセット

シンプルなワンピース×ツイードジャケットなら上品ですっきりとした着こなしが可能。
ジャケットを脱いだときも着映えするワンピースなら、お食事の席でも大活躍します。
高めの位置で切り替えがあるため、脚長効果も期待できますよ!
体型を気にせずに着られるのもワンピーススタイルの嬉しいポイントです。
 
 
クチュールブローチ(Couture Brooch)
ノーカラーミルキーブルースーツセット

落ち着き感がありつつも華やかに見えるツイードスーツは、七五三では定番のデザインです。
清潔感のあるミルキーブルーカラーは顔まわりもパッと明るく見えます。
広がりのあるスカートに、ウエスト部分はゴム仕様なので動きやすく着心地は快適。
二の腕まわりにもゆとりがあるのでお子様を抱っこもスムーズにできますよ。
 
 

華やかに着飾れて着回し力も抜群!
母親年代別おすすめきれいめワンピース

華やかに着飾れて着回し力も抜群! 母親年代別おすすめきれいめワンピース
やっぱりママにとって普段にも着回せるようなワンピーススタイルは人気のよう。
よそいきワンピースに、きちんと感を出せるジャケットを合わせる!といったコーディネートが近年ではもっとも多いのではないでしょうか。
トレンドを取り入れたきちんと感あるきれいめワンピースをチョイスしましょう。

20代の母親におすすめワンピース

アナイ(ANAYI)
ストライプ切り替えレースピンクドレスセット

お祝いごとの七五三に映える柔らかなパステルカラーのワンピース。
ピンクのレース素材を合わせることで華やかで品の良いスタイルに仕上がります。
半袖ワンピースなので、ジャケットを脱いでもきちんと感を損なわないのも嬉しいポイント。
黒のジャケットを羽織れば、少し大人っぽいコーデに格上げしますよ。
 
 
アナトリエ(anatelier)
フラワーテープレースネイビードレス

胸元のシースルーデザインに旬を取り入れ、フラワーモチーフで可愛らしさ◎
20代ならではの若々しさを取り入れつつも、清楚感ある着こなしが叶います。
ジャケットをプラスすると露出が抑えられ、よりママらしさがUPするのでおすすめですよ。
 

30代の母親におすすめワンピース

インディヴィ(INDIVI)
エアリーモカベージュドレスセット

生地にちりばめられた微細なラメがほのかに輝き、七五三に相応しく華やかな装いに。
ファッション迷子に陥りがちの30代ママはイレギュラーヘムスカートでほどよくトレンドを取り入れるのが◎
ブラックカラーの羽織物で、きちんと感を演出するのも大切なポイントです。
 
 
グレースコンチネンタル(GRACE CONTINENTAL)
レースフレア袖ブラック×アイボリードレス

華やかに着飾ることができるブラック×アイボリーのバイカラーワンピース。
ウエストの後ろ部分はゴム仕様で、1日中ストレスなく過ごすことができますよ♪
ウエストビジュもワンポイントとして煌めき、スタイルをキレイに見せてくれる効果も期待できます。
タイトなシルエットできれいめな着こなしを楽しみたい30代ママにお似合いです。
 

40代の母親におすすめワンピース

プリフェレンスパーティーズ(PREFERENCE PARTY'S)
異素材フラワーシャンパンドレスセット

トップス部分のローズ刺繍など、気品あるデザインで参拝の雰囲気にもぴったり。
身体のラインが出すぎないデザインなので、気になる体型カバーにも◎
しっかりとした上質な生地がワンランクアップさせてくれるので40代ママにもおすすめです。
 
 
アメリカン リビング(AMERICAN LIVING)
シースルー半袖レースネイビードレス

甘さをおさえたネイビーの総レースデザインは高級感溢れ、大人女性を演出。
エレガントな質感と生地にこだわっているので、ぐっと素敵な装いになります。
ネイビーカラーはジャケットの色を選ばないので、なりたい雰囲気で選んでみては♪
柔らかいやさしい雰囲気ならベージュ系、落ちついたきちんと感ある雰囲気ならブラック系がいいですよ。
 
 

ワンピーススタイルに合わせて
ジャケットできちんと感をプラス

上で紹介したようなワンピースを着用する場合には、ジャケットを合わせましょう。
七五三の季節は11月と少し肌寒い時期。
きちんと見えだけでなく、防寒対策としてもジャケットは必須です。
 
エルモソ(Hermoso)
スタイリッシュ8分袖ブラックジャケット

シンプルなつくりでどんなワンピースにも合わせやすいジャケットです。
8分袖なのでお袖を気にしなくていいし、手首が見え女性らしい雰囲気にもしてくれますよ。
 
 
デリセノアール(DELLISE NOIR)
ベージュ7分袖ノーカラージャケット

ベージュカラーが落ち着き感と華やかさを演出。
ダークカラーのワンピースと合わせたコーディネートがおすすめです。
 

子供の年齢別
七五三母親におすすめの服装

子供の年齢別 七五三母親におすすめの服装
「まだまだ手のかかる3歳児」
「やんちゃな男の子、でも唯一の機会の5歳児」
「子供も自立してきて少し余裕が出てくる時期、最後の七五三の7歳児」

なにより重要なのは子供の成長に合わせた服装選びではないでしょうか?
お子様の年齢に合った母親におすすめの洋装スタイルを見ていきましょう。

3歳のママなら

初めての七五三、かつ子供が小さいので洋装を選ぶ母親がほとんどのようです。
可愛い時期ですが、なにかと手のかかる3歳。
慣れない着物にグズグズしちゃうことも…。
そんな初めての七五三はやっぱり動きやすい服装がベスト。
来春の入園式にも使える服をチョイスする賢いママさんも多いようです。
 
エイミーパール バイ パウダーシュガー(Eimy Pearl by POWDER SUGAR)
シフォンカシュクールネイビードレス

3歳ママにはミディ丈スカートのワンピースがおすすめ。
お子様を抱っこする時も裾が上がらず、階段を上る時も裾を踏む心配がない絶妙な丈感が◎
柔らかいシフォン素材なので、ママもお子様も快適に過ごせること間違いなし。
カシュクールデザインは、産後に気になる体型もカモフラージュできます。
 
 
ミベル ミューズ(mebelle muse)
レースセパレートネイビーパンツドレス

とにかく動きやすくて、しゃがんでも平気なパンツスタイルはママに大人気。
ゴム仕様だから長時間の着用もストレスフリーで、小さなお子様を持つ母親の強い味方です。
落ち着いた色味のデザインなら、七五三はもちろん入園式でも着回すことができます。
ネイビーカラーは汚れも目立たないので、お子様がぐずったときもさっと対応できますよ。
 

5歳のママなら

動きも活発になってくるこの頃。
やんちゃな男の子に合わせ、母親は洋装スタイルがおすすめです。
男の子の七五三はこれが最後なので、動きやすい服装を選びながらも華やかな装いで出かけましょう。
ビヲミナ(VIWOMINA)
上品ミディ丈ブラックドレス

シンプルなブラックカラーでありながら華やかさを兼ね備えた優秀ワンピース。
色味は控えめですが、ウエストのリボンや胸元のビジュが程良いアクセントに。
シワになりにくい素材なので、立ったり座ったりするときも気になりません♪
きちんと感UPするジャケットを合わせれば母親としての印象もばっちりです。
 
 
エメ(AIMER)
Vネックブラックオールインワンドレスセット

光沢のある生地が煌めき、着ている人を優雅にさせるパンツドレス。
ポケット付きでハンカチなんかも入れておけるので、機能面もママ想い!
深すぎないVネックはさりげなく女性らしさが出て、こなれたママに仕上げてくれます。
 

7歳のママなら

娘の最後の七五三。
子供も大きいからという理由で和装を選ぶ母親も多いようです。
洋装スタイル派のママさんは、最後の機会には少し上質なワンピースを選んでみてはいかがでしょうか?
 
エルモソ(Hermoso)
フラワーレースライトブルードレス

7歳の七五三なら、ママもお子様と一緒にお洒落を楽しんでみるのもいいですね♪
ブラックで縁取ったトップスレースと長めの着丈が上品でエレガントな雰囲気を演出。
ライトブルーカラーが晴れの日に映え、お祝い気分を盛り上げてくれますよ。
ブラックの小物で統一した、かっちりしたコーディネートがおすすめです。
 
 
カルバンクライン(Calvin Klein)
ゴールドラインホワイト×ブラックドレス

柔らかく伸縮性があるフィット感のあるワンピースで着心地抜群。
ウエストのゴールド部分が目を惹き、エレガントな雰囲気を演出してくれます。
タイトなシルエットは体のラインをキレイに見せつつ、雨の日でも裾が濡れにくいのが魅力。
トップスに明るいカラーを持ってくることで写真を撮った際、お顔周りも明るく見せてくれますよ。
 

妊娠中でも着られるおすすめの服装

妊娠中でも着られるおすすめの服装
妊娠中に七五三を迎えるママさん。
大きなお腹を抱え、どんな服装で行こうか悩みますよね。
慌ただしい一日、ママもお腹の赤ちゃんも無理なく過ごせるゆとりあるものを選びましょう。
 
ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)
インナーレース袖付きピンクベージュドレス

落ち着いた母親らしさを演出するピンクベージュのワンピース。
ゆったりとしており、お腹を締め付けず安心して着用出来ます。
肌なじみのいい素材なので、1日中動き回る七五三でもシワになりにくいのが嬉しいポイント。
 
 
クミキョク(組曲)
袖シースルーレースネイビードレス

ネイビーのシンプルなデザインは、お子様が主役の行事にぴったりです。
ウエスト周りに余裕があるつくりなので、お腹の出てきた妊婦さんにもおすすめ。
落ち着き感のあるカラーもベージュのジャケットと合わせると華やかでフォーマルな着こなしに。
 
 

授乳中でも着られるおすすめの服装

授乳中でも着られるおすすめの服装
下のお子様が授乳中のときに迎える七五三は、授乳口付きの服が重宝します。
パッと見て授乳服に見えないものもたくさんあるので、フォーマルなシーンにもぴったりですよ。
 
ビヲミナ (VIWOMINA)
【授乳OK】ゆったりサイドレースネイビードレスセット

両サイドの胸元部分に授乳口があり、スムーズに授乳ができるので慌ただしい七五三で大活躍のワンピース。
ウエストのリボンは取り外し可能なので、外して落ち着き感のあるスタイリングに仕上げても素敵ですよ。
ベージュ、アイボリーのジャケットを合わせれば、華やかさもプラスできます。
 
 
ミベル ミューズ(mebelle muse)
【授乳OK】フレア袖バイカラーパンツドレス

動きやすく、授乳もしやすい高機能のパンツドレスはお子さまの行事におすすめの一着。
機能的でありながら、トップスのフレアデザインが女性らしく、おしゃれも抜かりないです!
産後の着になる体型もブラックカラーのパンツでスッキリ細見せしましょう♪
 

服装以外も要チェック!
母親のためのワンポイントメモ

服装以外も要チェック! 母親のためのワンポイントメモ
子どものことにかかりっきりで、自分のことはおろそかにしてしまいがちですよね。
でも、それでは写真を見返したときに後悔してしまうかも……!
お子様が主役の行事ではありますが、ママもきれいにして良い思い出として残しましょう!
服装以外も気を抜かずに、頭から足元まで気を配れると完璧です。

きちんと感のあるヘアスタイルを意識

きちんと感のあるヘアスタイルを意識
ヘアスタイルはあらかじめ決めておくと当日バタバタすることなく済みそうです。
参拝の時に顔に髪がかからない、ハーフアップやひとつにまとめるスタイルがおすすめ!
母親らしいきちんと感と清潔感ある髪型を意識すると服装とのバランスもとれますよ。

ポニーテールアレンジ




ゴム1つでできるヘアアレンジなら、不器用な方でも挑戦できます。
ストレートヘアでも手抜き間のないヘアスタイルに見えますよ。
少し時間のあるママはゆるく巻いてみるとより華やかで上品に見えそうです。

ハーフアップアレンジ



髪の毛の長い人から短い人までできるヘアアレンジ。
ハーフアップは簡単なのに女性らしい雰囲気を演出できるので七五三におすすめです。

足元まで気を配ると完璧

足元まで気を配ると完璧
セレモニースーツやワンピースは足元がよく見えるので、しっかりと気を配っていきたいところ。
神社ではサンダルや指先の出るオープントゥはNGなので、七五三での母親の靴はパンプスがベスト!
神社は階段や砂利も多いので、履きなれた靴でヒールも低めのものを選んで足の負担を軽減してくださいね。
 
エニィスィス(anySiS)
部分レースブラック×ブラックパンプス

つま先やかかとに施されたレースデザインがエレガントで、コーディネートに華を添えます。
ストラップ付の低ヒールなのでより安定感が高く、階段の上り下りもスムーズにできますよ。
 
 
ストッキングの用意も忘れずに!
ストッキングは、黒ではなく明るさをプラスできるベージュカラーが好ましいです。
タイツはどちらかと言えばカジュアルなアイテムになるので避けましょう。
 
グンゼ サブリナノンラン ヌードベージュ

脚を綺麗に見せてくれるグンゼのストッキングは、伝線しにくいと定評があります。
セレモニースタイルには欠かせないアイテムです。
 

七五三持ち物チェックリスト!

七五三持ち物チェックリスト!
七五三はママもお子様も慣れていない行事なので事前の準備が欠かせません。
意外と忘れがちなアイテムもあるのでチェックしておいてくださいね。

絶対に必要なアイテム

□ 初穂料

初穂料
神社にご祈祷をお願いした際のお礼として支払うのが初穂料です。
金額の相場としては、5,000円~10,000円程度。
神社によってはHPに金額を提示してあるところもあるので、一度確認してみてくださいね。
初穂料は現金をそのまま渡すのではなく、のし袋に包む必要があります。
すぐに渡すことができるように事前に準備をしておきましょう。

□ カメラ
お子様の晴れ姿を写真におさめるため、カメラはマストアイテム。
バッテリーやメモリーカードの空き容量は事前にチェックしてくださいね。
当日に「充電がない!」なんてことがないようしましょう。

あると便利なアイテム

□ 着替え
お子様は慣れない着物につかれて、参拝が終わるころにはぐったりでしょう。
参拝、記念撮影が終わったら普段着ている服に着替えさせてあげるといいですね。
そのあとの食事会も着物が汚れることを気にしなくていいので、ママも子供も楽しく過ごせますよ。

□履きなれた靴

履きなれた靴
下駄で歩くのは、小さいお子様にとってなかなか辛いもの。
お参りと写真撮影の時だけ下駄に履き替えて、歩く時は履きなれた靴を履いてもらうのがおすすめです。
子どもがぐずぐずしてしまうとママもパパも大変なので、持っていくといいですね。

□ ハンドタオル
ハンドタオルはあると何かと便利なアイテムです。
着物は歩いていると帯が下がって着崩れしてしまうことがあります。
そんなとき、帯と胴の間にハンドタオルを挟んでおくと緩みをおさえることができますよ。
他にも、お食事の時に着物が汚れないようエプロン代わりにすることができるので、あると何かと便利に使えます。

□ 飲み物とストロー
飲み物とストロー
のどが渇いたときのために飲み物は用意しておきたいですね。
このとき、曲がるストローがあると飲み物をこぼさず上手に飲むことが出来ますよ。
女の子であれば口紅が落ちにくくなるのでおすすめ。
万が一こぼしたときのことを考えて、ぶどうジュースなど色の目立つものは避けた方が無難です。

□ 軽食
思いがけず時間が長くなってしまい、お腹がすいてしまうこともあるかもしれないので軽食があると安心です。
おにぎりやスティックパンなど着物が汚れにくい食べ物を選んでくださいね。
ぐずった時のために飴もあるとお子様の気がまぎれると思うので便利です。

□ エコバッグ
七五三のお参りの後は、ご祈祷の品や千歳飴がもらえ荷物が増えることもあります。
エコバッグのような大きめの袋を持っているとママの両手もふさがらないのでおすすめです。

□ ウエットティッシュ
ウエットティッシュ
お子様と出かけるときに便利なウエットティッシュは七五三でも大活躍!
手が汚れた時や口が汚れた時、すぐにふきとれるウエットティッシュは常備しておきたいですね。

□ ヘアピン
ヘアピン
女の子の場合に必要となるのがヘアピン。
どれだけきれいに着付けとヘアセットをしてもらっても、気になって髪の毛をさわってしまう子が多いのです。
ヘアピンがあればその場でさっと直してあげることができますよ♪

□ 雨具
七五三があいにくの雨になった時に役立つアイテム。
傘や全身を覆う丈のポンチョ、長靴などできるかぎり濡れない対策をしていきましょう。
濡れた時を考えて大きめのバスタオルやビニール袋も用意しておくといいと思います。

これらのものをすべて持ち歩くとなるとかなりの量になるので、ママは少し大きめのバッグを用意しましょう!
車で行く場合は持っていくものと置いておくものを分けておいて、忘れ物がないように気を付けてくださいね。

●七五三のお参りにおすすめのバッグ
フェルゥ(Feroux)
パールハンドルフェミニンアイボリーバッグ

本体部分にちりばめられたパールやリボンモチーフなど乙女心をくすぐるデザイン。
たっぷり収納できるのに大きさを感じさせない絶妙なサイズ感です。
 
 
エルモソ リュクス(Hermoso luxe)
持ち手パールブラックバッグ

ママも嬉しい圧倒的な収納力がありながら、フォーマルなシーンにしっかり映えるバッグです。
持ち手のパールとレース使いがお洒落で、スーツにもワンピースにも合いますよ。
 

悩める母親のための七五三Q&A

悩める母親のための七五三Q&A
はじめての七五三で悩んでいるママのために、よくある疑問にお答えしていきます。

Q1.「七五三のお参りにおすすめの時期は?」

A.おすすめは9~12月初旬
七五三は一般的には11月15日ですが、お祝い時期にいつからいつまでという決まりはありません。
最近では、日付にこだわらず家族の予定を合わせて11月15日の前後1,2ヶ月に参拝をする方が多いようです。
極端に時期を外してしまっても問題はないですが、特別暑い時期や寒い時期には注意が必要!
普段着なれない着物を着て長時間過ごすのは、小さなお子様にとって大きな負担となります。
そういう意味では、「9月~12月初旬がおすすめの時期」といえます。

Q2.「七五三の当日が雨の場合、着物のレンタルはキャンセルした方がいい?」

A.万が一に備えて、レンタル時にしっかり確認しておきましょう!
  • 雨の日の外出はOKなのか?
  • キャンセル料が発生する日程は?
  • 万が一汚してしまったらどうなる?
あまりにもひどい雨ならお参りの日を変更するのもひとつの手です。
その場合注意したいのが、選んでいた着物がレンタルできなくなるかもしれないということ。
変更した日に別の予約が入っていた場合は着用することがでないので、このあたりも確認しておきましょう。
3歳の七五三なら抱っこでクリアできるかもしれませんが、大切な一日を笑顔で過ごすためにも、無理のある判断は禁物。
お子様の年齢と状況にあわせて判断しましょう。

Q3.「お参りにかかる費用は?」

A.謝礼の相場は5,000円~10,000円
神社によっては規定料が設定されていることもあります。
神社によってはご祈祷の予約や問い合わせの時に教えてくれるところもありますが、あらかじめ問い合わせておくのが確実です。
また、ご祝儀袋は蝶結びの水引ののし袋を用意してくださいね。
表書きには「御玉串料」もしくは「「御初穂料」、裏にはお子様の名前と年齢を書きましょう。

Q4.「七五三の参拝にマナーはある?」

A.七五三に限らず神社に参拝する場合はマナーや手順があります
神社にお参りすると決めたら、事前に参拝マナーや手順を確認しておきましょう。
当日になって分からないと慌てないように、予習は大切ですよ♪
〈七五三参拝のマナー・手順〉
〈七五三参拝のマナー・手順〉
  • 参道の真ん中は神様が通る道とされているため、左右どちらかを歩く
  • 手水舎で「左手→右手→口→左手→柄杓の順に清める
  • 会釈をして鈴を鳴らし、お賽銭をそっと優しくいれる
  • 二礼、ニ拍手、一礼の作法でお参りをし、最後にもう1度お辞儀をする
  • 帰りも参道の左右どちらかを歩き、鳥居をくぐる前に一礼を忘れずに

最高の写真を残したいなら前撮りがおすすめ!!

最高の写真を残したいなら前撮りがおすすめ!!
神社での参拝から写真撮影と一日がかりな七五三。
慣れない衣装を着ての行動はお子様にとっては負担が大きいですよね。
参拝で疲れ切ってしまって、写真撮影の時にはぐずぐず・・・。
「せっかくの記念なのにいい写真が撮れなかった」なんて経験談も耳にします。
そんなこともあり、最近では前撮りをする方がほとんどなんです!
記念写真は和装で、七五三当日の参拝は動きやすい洋装スタイルで出かけるのも賢い手。
お子様はもちろん、せっかくの機会なのでご家族も着物で記念写真を撮ってみてはいかがですか?
もっとこだわるなら日焼けをする夏休み前がおすすめです。
前撮りプランが組まれているスタジオなんかもあるのでお得に撮れちゃいますよ。

素敵な七五三になりますように

素敵な七五三になりますように
我が子の成長の節目になる、七五三。
張り切りすぎて子供より目立ってしまってはいけませんが、パパもママもお祝いに見合った服装で出かけましょう。
記念に残る素敵な一日をお過ごしください。