【母親の結婚式洋装】選び方ポイントと会場・雰囲気別にドレスを紹介

【母親の結婚式洋装】選び方ポイントと会場・雰囲気別にドレスを紹介


大切なお子様のご結婚式、誠におめでとうございます。
小さい頃からの思い出を辿ると、まだどこか不思議な感覚でいらっしゃることでしょう。
 
結婚式でお母様はなにをお召しになる予定ですか?
最近では新郎新婦から「洋装で」とお願いされ、“黒留袖”のつもりだったのに!と慌ててしまうお母様も少なくありません。
 
今、洋装ドレスを着用されるお母様が増えているのはなぜなのでしょう。
ここではそのワケと、素敵なドレスの数々をご紹介していきます。

母親の結婚式洋装

結婚式 母親の衣装に
洋装が増えている理由とは

結婚式の母親衣装というと、黒留袖を思い浮べる方が多いのではないでしょうか?
黒留袖は、日本だからこその厳粛な印象や格式を重んじる雰囲気が漂いますよね。
 
その中で母親が洋装、つまりフォーマルドレスを選ぶワケとは?

ケース1)相手方の母親が洋装にされるから

結婚式、披露宴では新郎新婦と両家の親が横並びになるシーンが多くありますよね。
両家の雰囲気を統一することで親族間にまとまりが生まれますから、衣装選びの際も意識しておきたいポイントだといえるでしょう。

ケース2)新郎新婦から
「洋装で」とお願いされた

常識にとらわれることなく、新郎新婦が描くイメージにあわせて執り行われる結婚式が急増中!
中でも、おしゃれな雰囲気を存分に取り入れられるカジュアルな結婚式が大人気です。
会場の雰囲気によっては黒留袖が重苦しい印象になってしまうため、新郎新婦から「洋装で」とお願いされるお母様も多いようです。

ケース3)着慣れていない着物は辛い

若者に負けず劣らずのおしゃれなミセス世代、とっても素敵ですよね♪
その背景のひとつとして、着物を着慣れていない母親世代が多いのも現状。
「結婚式の最中に具合が悪くなったら・・・」「着慣れていないことで粗相があっては大変!」と気にされるお母様も多く、洋装を選ぶ母親が増えているようです。
 
アレックスイブニングス (Alex evenings)
エレガントロングネイビードレスセット

落ち着いた雰囲気の中に艶やかさを感じるネイビーカラーのドレス。
濃紺の色使いと質の良さから漂う気品高さで、母親のドレスアップを素敵に叶えます。
お着物と違い着崩れの心配がなく、心地よく過ごせるのも洋装の魅力です。
 

母親の洋装
フォーマルドレス選びのポイント

母親の洋装が増えている理由からも見て取れるように、新郎新婦の意向や結婚式が行われる会場、相手側のご親族と格を合わせたドレス選びが肝心。
むしろ、カジュアルな結婚式では洋装のほうが安心なようです。
母親として参列する結婚式において大切な、フォーマルドレス選びのポイントを学んでおきましょう。
フォーマルドレス選びのポイント

正礼装と準礼装

フォーマルといっても服装のルールは様々あります。
もっとも格が高い服装を「正礼装:フォーマル」、その一格下のものを「準礼装:セミフォーマル」と呼び、親族は新郎新婦と装いの格をあわせるのが一般的です。

華やかな黒を

着物でいう黒留袖と同じように、洋装の場合でも「黒」が一般的となります。
ここで注意したいのがドレスの雰囲気。
“派手にし過ぎてはいけない”といっても、あまりに控えめになってしまうと喪服のような見た目になってしまいますから気を付けましょう。
コサージュやネックレスなどの小物で結婚式らしい華やかさをプラスできるとよいですね。
新郎新婦の意向や結婚式場の雰囲気、黒にこだわらなくても良さそうであれば、濃紺やグレー、シーンによってはベージュ等の淡いお色味のドレスも素敵ですよ。

ヘアセットのことも考えて

結婚式当日、会場や美容室でヘアセットをしてもらうお母さんがほとんどだと思います。
ドレスのデザインによってはヘアセット後に着ると・・・大変なことに!!

ヘアセットのことも考えて
ファスナーやボタンの位置がどこにあるのか、着用前にしっかりとチェックしましょう。
【ファスナー等がないかぶりで着るドレス】→先にドレスを着てからのヘアセットをお勧めします。
【後ろファスナー等足先から着るドレス】→ヘアセット後のドレス着用もOKです。

結婚式会場・雰囲気別
母親におすすめの洋装ドレス

格式高い結婚式には正礼装で

  • ホテル挙式
  • 神前式
  • 教会式
  • 専門式場
  • 朝から夕方4時頃までの結婚式
「正礼装:フォーマル」とは?
お昼間の正礼装には“アフタヌーンドレス”を着用します。
ロングスカートに七分丈以上の袖で露出をおさえたドレスのことで、最も格が高い服装。
ドレスの生地やアクセサリーの光沢をおさえ、控えめな印象に仕上げます。
お昼間の結婚式や、格式を重んじる挙式の洋装に相応しいドレススタイルです。
 
リュクス グレース (LUXE GRACE)
レース×ジョーゼットブラックロングドレスセット

肌馴染みの良いジョーゼット生地が美しいドレープを描く、ブラックロングドレスセット。
高級感溢れるシャンタン素材のジャケットを味方につけて、格式高いお式も安心です。
胸元レースデザインで、派手になりすぎることなくお洒落をお楽しみください。
 
 
デリセノアール (DELLISE NOIR)
ブラックロングドレスセット

ロング丈のブラックドレスに上品なジャケットをあわせた正礼装スタイル。
首元・足元の露出をしっかりとおさえ、マナーと品の良さを兼ね備えます。
淡い色味のジャケットと組み合わせることで暗くなり過ぎず、結婚式らしい華やかさをプラス。
 
 
タダシ・ショージ (Tadashi Shoji)
マーメイドラインロングネイビードレス

身長の低いお母さんでも安心の丈感。
仕立ての良さを感じるデザインはさすがハイブランド「Tadashi Shoji」ならでは。
上品で自信の持てるドレスアップが叶う1着です。
 
ミベル ミューズ (mebelle muse)
ミディ丈プリーツネイビードレス

控えめな印象ながら女性らしい柔らかさのある正統派スタイル。
ネイビードレス×ブラックジャケットのコンビネーションも、レース素材とシフォン素材を上手く組み合わせ重くなりすぎない洋装に仕上げます。
 

ナイトウエディングには夜の正礼装を

  • ナイトウエディング
  • 夕方以降の結婚式・1.5次会等
夜の正礼装は“イブニングドレス“と呼ばれます。
昼の正礼装と同じくロング丈のスカートになりますが、逆に肩や胸元は隠し過ぎず光沢のある生地感や煌びやかなジュエリーを纏いドレスアップします。
とはいえ、結婚式に参列する母親の洋装ではあまり奇抜な印象にならないドレスを選ぶと良いでしょう。
 
リュクス グレース (LUXE GRACE)
パニエ付きエレガントブラックロングドレス

ロングドレスでは珍しいパニエインで、優しく広がるドレススタイルを維持。
トップスレースでエレガントな女性らしさを演出し、大人のドレスシーンに華を添えてくれます。
ドレスの上品な光沢感は、ナイトウエディングにはぴったりの装いです。
 
 
プリフェレンズパーティーズ (PREFERENCE PARTY'S)
上品シャンタン編み上げネイビーロングドレス

シンプルなネイビーカラーのロングドレスは、トップス部分のややふんわりとしたデザインがどこかフェミニン。
マットで品のある光沢感は、母親世代に人気の理由です。
後ろ編み上げ紐で、自分サイズに調整できるので、ロングドレスも綺麗に着こなすことができます。
 
 
ビヲミナ (VIWOMINA)
ネイビーシフォンミディドレス

上品な落ち着き感でスマートに着こなせるネイビーカラーのドレスです。
パールにクリスタルをあしらったネックレスで華やかな夜の正礼装が完成。
母親世代が気になりがちなお腹周りも、細やかなタック入りのデザインがカバーし安心して着用できます。
 
 
ダイアグラム グレースコンチネンタル (DIAGRAM)
ロング総レースブルードレス

綺麗なブルーカラーが魅力的な一着。
総レースデザインはハイクラスかつ自然な華やかさが好印象♪
さらっと羽織ったショールの微細なラメ感が、しっとりとした輝きを放ち高級感を漂わせます。
 

カジュアル挙式には準礼装を

  • レストランウエディング
  • 人前式
  • ゲストハウス挙式
  • 1.5次会(会費制結婚式)
「準礼装:セミフォーマル」とは?
高級感のある素材を用いたドレッシーなワンピースやスーツスタイルの“セミアフタヌーンドレス”が準礼装にあたります。
露出しすぎなければロング丈でなくても構いませんが、膝下丈は絶対。
お昼間の準礼装でも正礼装と同様に、光沢の強いドレス生地やアクセサリーは避けましょう。

ブラックドレス

デリセノアール (DELLISE NOIR)
ブラック×グリーンロングドレス

「そこまで堅苦しくしなくても良さそうだけど、きちんと感は欲しい・・・。」
母親の立場だからこその洋装に悩めるお母様におすすめなのが、こちらのドレス。
グリーンの色使いが程良くカジュアルに、結婚式の雰囲気に合った着こなしが実現します。
 
 
イヴァンカ トランプ (IVANKA TRUMP)
ブラック×ベージュミディタイトドレス

大人のエレガントさ漂う総レースデザインのドレスは品の良いミディ丈が◎。
タイトめなシルエットは、しっかりとしていてきちんとした母親に見られそう♪
ジャケットを羽織れば、お洒落で気品溢れる着こなしの完成です。
 
 
ドレス デコ (DRESS DECO)
エレガントブラック×ホワイトレースドレスセット

レース素材を用いたドレスは自然に溢れる華やかさと高級感が魅力。
品良くゆるやかに広がるフレアラインが母親らしい柔らかな表情を醸し出すとともに、ヒップラインを上手にカバーし着心地良く過ごせます。
 

カラードレス

「黒」にこだわらなくてもよい結婚式であれば、母親の立場でもカラードレスで会場に華を添えてあげられると素敵♪
高級感のある生地使いで品の良さが溢れるカラードレスをセレクトしましょう。
 
プリフェレンズパーティーズ (PREFERENCE PARTY'S)
異素材フラワーシャンパンドレスセット

理想の母親に求められるものがすべて詰まった、シャンパンカラーの華やかドレスセットです。
国産シャンタンを使用しているので、気品溢れる華やかさと高級感を纏えます。
きちんと感ある長めのスカート丈は上品で、母親世代の魅力をおおいに引き出してくれますよ。
 
 
アンタイトル (UNTITLED)
光沢ボルドーゆったりドレス

全体的にゆったりとしたつくりが特徴的なボルドーカラーのドレス。
美味しいお食事を存分に楽しんでも、お腹周りを気にすることなく安心して過ごせそう。
程良い光沢感がエレガントに印象付け、母親の立場にぴったりなカラードレススタイルに仕上がります。
 
 
ナノユニバース (nano・universe)
パール飾り付きベージュドレスセット

ゴールドに近い糸で繊細に織りなされた高級感ある一着。
ブラックのジャケットを組み合わせることで、フォーマルな雰囲気をしっかりと残したスタイリングに。
ジャケットの襟にコサージュをプラスしても素敵ですね♪
 

オリジナルウエディングは雰囲気重視

オリジナルウエディングは雰囲気重視
  • 海外挙式
  • クルージング挙式
  • アウトドアウエディング
  • 少人数挙式(食事会)
ローレンラルフローレン (LAUREN RALPH LAUREN)
フラワーペイント×ブラックSKドレス

爽やかな配色と大きなフラワー柄が印象的なドレスは、開放的な海外挙式に最適。
二の腕を出すのに抵抗がある母親世代には、さらっと羽織れるショールとのコンビネーションがおすすめですよ♪
 
 
海外の結婚式参列に関して、さらに詳しくみるにはコチラの記事!
IKINA:ハワイお呼ばれ結婚式。行きたい!行ける?服装から予算などの疑問を徹底解消
 
エッシュ (esche)
レーストップス上品ベージュドレス

親族のみで行う少人数挙式や、お披露目をかねたお食事会風のスタイルも最近の結婚式の特徴です。
いつもより少しおめかしする程度の服装なら、淡いお色味のシンプルなドレスが◎。
レース素材が清楚感を与え、着飾り過ぎない好印象なドレスアップが実現します。
 
 
リフレクト (Reflect)
アイボリーセレモニースーツセット

形式ばらない結婚式なら、シーンを選ばず安心して着用できるスーツセットも◎。
洋装の場合、ツーピースよりワンピースのほうがやや格上になります。
服装選びのヒントとして覚えておくと役立ちそう♪
 

新郎新婦にとって最も身近な存在であるご両親だからこそ、新郎新婦がイメージする結婚式の雰囲気を共有し、服装を決めることが大切です。
ご両親の服装について困ったときは、結婚式場のプランナーさんに相談してみるのもひとつ。
いろいろなパターンの結婚式を知っているプロだからこその、素敵なアドバイスをくれることでしょう!
 

結婚式、母親の洋装は
小物使いがポイント!!

アシール (ASHILL)
Iラインタックブラックドレスセット

シンプルなブラックドレスは小物の使い方でガラッと表情が変わります。
ドレス選びのポイントにもあったように、せっかくのハレの日に喪服のような印象ではちょっと残念。
黒でも華やかに仕上げることが、母親の洋装にも求められます。
 
 
2連上品大粒パールネックレス

ドレスに気を取られてしまいがちですが、アクセサリー選びもとっても大切です!
二連の輝きがお顔周りを明るくし、揺れる大玉パールが品の良さを演出します。
パールネックレスは、控えめな母親の洋装に彩りをプラスしてくれる欠かせないアイテムのひとつ。
 
 
一連パールネックレスは結婚式に使える?
一連のパールネックレスというとお葬式用をイメージするせいか、「結婚式にはマナー違反なの?」なんて疑問の声があるようですが・・・そんな心配は不要です。
もちろん結婚式でも一連のパールネックレスは使えます!
単純に一連はお葬式用と勘違いしている方が多いだけのようですね。
ただし、黒の洋装×一連ネックレスでは暗い印象になってしまうのもやはり事実。
ちょっとアクセントが効いたパールネックレスがおすすめです♪

Check↓↓↓
ビヲミナ(VIWOMINA)
ティアドロップマダムパールネックレス

一連のシンプルさと、中央に施されたクリスタルの輝きが絶妙なパールネックレス。
主張しすぎないデザインはドレスを選ばずコーディネートOK。
素敵なママを演出してくれます。
   
ケティ (ketty)
アイボリーツイードコサージュ

首元にそっとプラスするだけで特別感を漂わせてくれるコサージュ。
柔らかな雰囲気に見せるちょうど良い大きさが、優しいお母さんの印象にぴったりです。
花びらの生地使いにもこだわりが溢れ、お気に入りのドレスに上品さとおしゃれ感を与えます。
 

結婚式のドレス選びに困っているなら
レンタルドレスをチェックしてみよう!

フォーマルドレスって購入するとなると結構なお値段がしてしまうのに、なかなか他には着る機会がないのが悩みのタネ。
あとは値段だけ!予算内でなんとか済ませたい!!
そんなお母さんにおすすめしたいのがレンタルドレスです。

レンタルドレスのおしゃれコンシャス

母親の洋装にもレンタルドレスが賢い理由

低予算でドレスアップできる!

おしゃれコンシャスでは入会金、クリーニング代が一切不要。
一日きりのドレスアップに嬉しいシステムですよね♪
 
ローレンラルフローレン (LAUREN RALPH LAUREN)
レーススパンコールネイビードレス

世界中で愛されているハイブランドドレスも、1万円以内でレンタル可能!
最大6泊7日まで同じ料金で借りることができるから、忙しいお母さんも時間に余裕を持って準備できそう。
 

セット商品・小物も豊富に揃う

結婚式場の貸衣裳店やその提携先などで母親用のフォーマルドレスを貸し出してくれるところもあるようですが、その場合ドレスしか用意がないことがほとんど。
アクセサリーなどの小物類は結局、自分で揃えなくてはいけません。
 
シャトル・ハウス (SHATLE HOUSE)
ドレープネックネイビードレスセット

おしゃれコンシャスでは「ドレス・羽織りもの・ネックレス」がコーディネートされたセット商品を豊富に展開。
コーディネートに自信がないお母さんも安心してドレスを選ぶことができます。
 

スタイリストが丁寧にアドバイス

悩めば悩むほど誰かに相談して決めたい!そんなときってありますよね。
ご主人からは他人事のような返答・・・(怒)男の人ってそんなものです。
お友達とは好みも少し違うし、肝心の新郎新婦は結婚式の打ち合わせでバタバタ。
 
おしゃれコンシャスでは、専門のスタイリストが常駐。
ドレス選びはもちろん、コーディネートまで細かく丁寧にアドバイスしてくれますよ。
電話・メールで相談できるから、家事の空き時間に利用できそう。

遠方の結婚式にも対応

親族としての結婚式参列は遠方まで出向く場合も多いですよね。
ドレスを式場まで持ち運ぶのは負担になるだけでなく、シワになってしまう恐れも。
我が子の大切な晴れ舞台、完璧な状態で臨みましょう!!
 
おしゃれコンシャスでは結婚式場や宿泊先のホテルなど、どこへでも届けることが可能!
返却もホテルのフロントやコンビニで手続きすればいいだけなので便利です!

そう何度もない
母親としての結婚式参列だから・・・

母親としての結婚式参列母親として結婚式に参列することは、そう何度もあるわけではありません。
お子様がひとりなら、そう一度きり。
準備万端と思っても、当日には想定外のトラブルがつきもの!
「何日も前から気になって家のことが手につかない、夜も眠れない」なんて心配性のお母様も多いことでしょう。
当日の失敗がないように、とあれもこれも頭に入れてしまうことこそ失敗のもと!!
大切なことだけきちんとおさえておいて、あとはいつもの母親の笑顔でカバーしましょう♪

数日前に衣装を試着

手持ちのものでも購入したものでも、レンタルドレスでも数日前に必ず衣装を試着し、服装のチェックをしましょう。
サイズに問題がないか、汚れや痛みはないか、小物の準備忘れがないか・・・。
お父さんの衣装も一緒に何度も確認しましょう。

いつも通りの朝を

父親、母親はもちろん新郎新婦も緊張して眠れずに朝を迎え、そのせいか朝食を抜いてしまう方が多いようです。
披露宴でも食事をする時間はなかなかとれません。
結局一日緊張しっぱなし、食事もできない・・・ではせっかくのハレの日に元気も出ませんよ!
朝食べることができなくても、軽食を会場に持ち込んだりして対応するのがおすすめです。

笑顔こそ母親の最大の役目

笑顔こそ母の最大の役目
いつもの優しい母親の笑顔。
緊張している新郎新婦の心を解きほぐしてあげられるのが、母親の存在です。
お母さんの笑顔はなににおいても好印象をお約束!
笑顔で一日過ごすこと・・・それが母親の最大の役目です♪
 
【挨拶まわりのマナー】
☆披露宴中は料理提供の邪魔にならないように注意しましょう。
☆スピーチや余興が始まる際には自席に戻りましょう。
☆お酌をされたら断らず、飲めなくても軽く口にグラスをつけて飲んだふりを!

新郎新婦から“洋装で”とお願いされたものの、ドレスという選択肢に戸惑ってしまうお母様もいらっしゃることでしょう。
また、思い出に浸りたい母親の想いとは裏腹に準備はどんどん進んでしまいます。
でも愛する我が子の結婚式は、お母様にとってのハレの日でもあることを忘れてはいけません。
「せっかくの機会だからママにも素敵にドレスアップして欲しい!」そんな想いもあるのかもしれませんよ。
とびっきりのドレスを身に纏って特別な一日をお過ごしください♪