結婚式はしないけど… 親族の食事会・二次会の花嫁の服装は?

【親族・家族のみの結婚式】食事会スタイルの進行・服装は?

小山 絵実
監修 小山 絵実(コヤマ エミ)
経歴
準ミスインターナショナル日本代表(2004年度)
ミスアース日本代表(2005年度)
女性起業家大賞最優秀賞 受賞(2019年)
日本化粧品検定1級 保有

現在
株式会社ミスコンシャス 代表取締役社長(2012年~)
業界最大級のインターネット専門レンタルドレスショップ「おしゃれコンシャス」を運営しています。

ファッションモデルやアパレルバイヤーの経験もあり、おしゃれコンシャスでは主に商品の仕入れを担当。
TV、新聞をはじめとする100を超えるメディアに出演しています。
長年の経験と培った専門知識をもとに、信頼できるマナー・ファッション・美の情報をお届けします。
最近では常識にとらわれない、ナシ婚や二人だけの海外挙式も増えていますね。
挙式や披露宴をしないとなると、お披露目がないのが現状。
両親から「何もしないのは寂しい。」「両家の顔合わせくらいしてほしい。」
そんな声が聞こえてきたり・・・。
 
そんなお二人が選択する結婚式のスタイルに、親族のみのお食事会スタイルがあります。
親族のみや、本当に大切なゲストだけを招待して行うアットホームな食事会スタイル。
食事会だから、形式にとらわれず、自由なスタイルを選べるのも魅力のひとつ。
ですが、自由な分段取りや、取り決めも全部自分たちで組まないといけません。
お食事会スタイルの結婚式事情や、服装選びまで、分かりやすくお答えします。
どうぞご参考になさって下さいね。

結婚式

食事会結婚式どんなスタイルがある?

お食事会のみのお気軽スタイル

「両家親族の顔合わせの場」「親族への結婚のお披露目」と考えて行うカップルが多いです。
家族や親族を招いて和やかな歓談の時が持てることが特徴です。
ただの食事会にならないように、ほどよくセレモニー感を出す工夫も必要です。
詳しくは、下記の【段取り編】に記載してます。
是非ご覧ください。

挙式プラスお食事会スタイル

披露宴はしないけど、教会や神社などで挙式のみを挙げるカップルのほぼ8割が、式の後に家族やごく親しい友人と食事会を行っています。
式を挙げる理由は様々、「けじめとして挙式だけは」、「一生の思い出に」などなど。
式に参列して頂いた、家族や親族の方々と、ゆっくりと会話を楽しみながら楽しい時間が過ごしたいカップルが、『挙式の後のお食事会を』行っています。

親族+ごく親しい友人のみの、
2次会以上1.5次回未満スタイル

妊娠のため結婚、費用の負担を抑えたい、派手な演出は苦手…。
披露宴を行わない理由は千差万別です。
ですが、ごく親しい友人にはお披露目したい(お祝いしてほしい)というカップルが、2次会以上1.5次回未満のお食事会スタイルを選択しています。
披露宴ほど堅苦しくなく、1.5次会ほど演出もなく、2次会のような大人数での会に違和感がある、そんなカップルが『親族+ごく親しい友人とのお食事会』を行っています。

当日までをスムーズに、段取り編

段取り編
自由な分、段取りや取り決めも全部自分たち。
結構大変そう・・・。
何から手を付けていいか分からない、そんな時は優先順位を整理してみるといいですよ。
当日までのToDoリストを作って、ひとつひとつ決めていってはどうですか?

(1)イメージを決める
「両家家族のみでアットホームな雰囲気で行いたい。」
「挙式もあげたい。」
「ごく親しい友人も呼びたい。」
「明るく楽しい食事会にしたい。」
「しっとりと落ち着いた和める食事会にしたい。」
まずは、どんな食事会が希望か話し合いましょう。

(2)日程を決める​
両家の都合も良い日に決定。
日柄を気にするかしないかも、きちんと確認しましょう。

(3)場所を決める​
(1)で話し合ったイメージに合う会場を探します。
下記に会場選びのポイントを記載していますので、ご参考にして下さい。

(4)料理を決める​
料理
予め料理を決めます。
当日スムーズに進行できるだけでなく、費用の負担を事前に決める為に、お出しする料理を決めておきましょう。

(5)費用分担を決める​
会費制にするか、費用を負担するか、その場合、両家どのように負担するかを決めます。
家族・親族のみの場合、主催者側が負担するケースが多いです。
お互いの招待客分を負担する、ぴったり折半するなど、きちんと決めておけば、後でトラブルにもなりません。

(6)服装を決める​
食事会というスタイルだけに、「平服」が主流です。
ですが、記念にウェディングドレスを着るという方も。
ウェディングドレスを着るか着ないかも重要ですが、招待客の方の配慮も大切。
気軽な食事会というのでちょっとしたおしゃれ着で行ったら、主役の二人がタキシードにウェディングドレスだった!?
では、ゲストは恥ずかしい気持ちになってしまいます。
ウェディングドレスを着ると決まったら、
「気軽な食事会をと考えております。
記念にウェディングドレスを着ますが、どうそ平服でお越しください。」
と一言あるといいですね。

(7)プログラムを決める
あくまでも、気楽に楽しむ食事会。
きっちりとプログラムを組む必要はありません。
大まかな進行とタイムテーブルをざっくりと決めておけばOK。
下記に「司会進行」を詳しくお伝えしていますので、ご参考にして下さい。

(8)お土産品を決める​
お土産、必ず用意しなくてはいけない訳ではありません。
用意するかしないかは、お二人の意思で決めて下さいね。
用意する場合は、予算や品物を話し合い事前に用意しておきましょう。
引き菓子やプチギフトなどは、2か月前には仮予約、1か月前には注文しましょう。
・例1:会場となったレストランのお菓子などの引菓子を用意する。
・例2:後日「結婚内祝い」として各親戚に贈る

会場選び&演出決め

会場選び&演出決めレストランや料亭、ホテルなど。
お披露目の場ですから、「個室」でプライベートな空間が確保できるところを選びましょう。
司会や進行を持たない食事会スタイルは、その役目を新郎新婦のお二人が受け持ちます。
食事会としてのプランが用意されているホテルやレストランなどは、スタッフが対応に慣れているので、会の進行を上手くサポートしてくれますよ。
 
ポイント
  • 食事会のメインは料理です。料理内容にはこだわって◎。
  • 人数に応じた会場選びを。招待する親戚の人数を把握しましょう。
  • 会場のアクセスをチェックしましょう。駅から近いお店、駐車場の有無もお店選びのポイントです。
  • 会場の雰囲気も大切です。自然光溢れる開放的な雰囲気、落ち着いた雰囲気の美しい日本庭園が望めるお店、お二人の理想に合ったお店を探しましょう。

演出方法を決める

派手にしたくないといえ、せっかくの結婚の報告・お披露目会です。
「ただ集まって食事をした」ではちょっと物足りないですよね。
ほどよくセレモニー感を出すための工夫も必要。
楽しく食事を頂く事がメインなので、あまり多くの演出は必要ありません。
重要なのは、
・会の始まりは、新郎新婦が「結婚の挨拶」をする
・お開きには、新郎新婦あるいは両親から「締めのご感謝の挨拶」がある

これだけで、会全体の雰囲気が締まります。
 
その他にも
・両親への感謝の手紙や花束贈呈
・記念撮影
・ウェディングケーキの用意&ケーキ入刀
・食事がサービスされる際にシェフの「料理パフォーマンス」が行われる
・2人のプロフィールムービーの上映
など、何か盛り込むとセレモニー感がアップします。

ただの食事をして終わった。
にならない司会進行

食事
一般的な結婚式では司会が進行をしてくれますが、食事会では司会を立てず、2人が進行していくことがほとんどです。
食事会は、新郎新婦が自分たちで進行しましょう。
身内だけの、自由な食事会なので、きっちりする必要はありませんが、会の主役として、ゲストとの会話や簡単な演出などしつつ、進行のことまで考えるのは結構大変。
簡単な台本とタイムテーブル表を事前に用意した方が、当日スムーズに進みます。

タイムテーブル

【時間:2時間半から3時間くらい】
 

5分~10分前 会場着

招待客を食事会の部屋へ案内
※上座から両家の父親、母親、本人という形で向かい合わせに座りましょう。
着席の仕方については、洋室の場合も和室の場合も同じです。
両家家族以外の招待客がある場合は、事前に席次を決めておきます。
 

00:00 会の始まり

全員が着席をしたら、食事が運ばれてくる前に、食事会の挨拶をします。
 
両家の家族紹介
「報告・顔合わせ」の意味での食事会なので、親族紹介を行う事も忘れずに。
まず男性側から家族紹介
新郎が、自分の親を紹介します。
続いて女性側
新婦本人が自分の親の紹介をします。
 

00:20~記念撮影

会の途中や、お開き後に改めで集合しての撮影は、ちょっと面倒…カモ?
集合写真は、食事の前の撮影をお勧めします。
会場内でスタッフに撮影をお願いすると◎。
 

00:30~乾杯後、会食スタート


乾杯
男性側の父親が乾杯の音頭をとりましょう。
ケーキ入刀やシェフの料理パフォーマンスなど自由に組み込みましょう。
両親への感謝の手紙や花束贈呈は感動的なので是非盛り込んで頂きたい演出です。
勿論何もしなくてもOK。
お二人らしく自由スタイルで行って下さいね。
 

02:00~そろそろお開きの時間

締めの挨拶
新郎新婦お二人が挨拶しましょう。
 
※引き菓子を用意している場合、会の終わり頃にスタッフに配って貰えるが確認。
もしくは、プチギフトのようにお見送りの際に手渡ししましょう。

「かまない」、「とばない」為に
台本を準備しよう

初めの挨拶

「本日はお忙しい中、わたしたちのために集まっていただき、ありがとうございます。」
この度は、私○○(新郎の名前)と、○○さん(新婦の名前)の結婚のご報告、お披露目になればと、ささやかな席を設けさせていただきました。
本日はどうぞゆっくりと美味しい食事を楽しんでください。」

家族紹介

家族紹介
(1)新郎が両親を紹介
新郎: 「まずは私から両親の紹介をいたします。私の父の○○、母の○○です。
本日はよろしくお願いいたします。」
 
(2)新婦が両親を紹介
 「それでは次に、私の両親を紹介いたします。私の父の○○、母の○○です。」

あってもなくてもOK、両親の挨拶

(1)新郎の親
「新郎の父〇〇です。今日は、皆さんのお目にかかれて光栄です。
〇〇さんのような明るく可愛らしいお嬢さんが、息子のプロポーズを承知して下さって、本当にうれしいです。
これをご縁に、どうぞ末永くよろしくお願いいたします。」
 
(2)新婦の親
「○○君のような、大変誠実な好青年に、娘を貰って頂けて、私も妻も大変喜んでおります。
こちらこそ、至らない部分も多々あるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。」

乾杯

「僭越ながら乾杯のご挨拶をさせていただきます。」
「本日はどうかゆっくりと美味しい食事を楽しんでください。」
「本日は両家の親睦を深めながら、美味しい食事を楽しんでいただきたいと思います。」
「ふたりの前途を祝し、またこれから長いお付き合いをさせて頂くみなさまのご健康を願いまして」
「乾杯!」

締めの挨拶

「本日は私達の結婚をご報告でき、大変嬉しく思います。
まだまだ未熟な二人ですがこれからもご指導をよろしくお願いします。
ありがとうございました。」
 
「本日は、私達2人の為にお集まり頂き、ありがとうございました。
これからの新生活にあたり、ご相談させていただくことが多くなるかと思います。
まだまだ未熟な二人ですがこれからもご指導をよろしくお願いします。」

締めの挨拶

どうする?
自由スタイルだからこその選択肢

送る?招待状

「準備が面倒、気軽にしたい」、とお食事会スタイルを選んだカップルだから、招待状は堅苦しいと考えてしまうかもしれませんね。
両家の家族のみならば、省いてもよいでしょう。
ただ、家族以外の親族や友人を招くのであれば、招待状を出した方が◎!
気軽な食事会といえど、結婚の報告・お披露目の会ならば、ゲストは、当日の服装を絶対に迷います。
招待状にドレスコードを記載すれば、ゲストも安心ですよ。
また、新婦がウェディングドレスを着るならば、新郎も格を合わせたタキシードになりますよね。
「平服で」とあったので、正装せずに行ったら、主役が正礼服だった!と思われないように、
 
「気軽な食事会をと考えております。
記念にウェディングドレスを着ますが、どうそ平服でお越しください。」
 
と一言招待状に添えて置きましょう。

やる?やらない?挙式

挙式挙式を行ったカップルは、
  • けじめとして挙式はやりたい。
  • 親孝行の為、挙式の姿を見せたい。
  • 選んだレストランにチャペルが併設していた。

という理由が主にあげられます。
また、披露宴はしないけど、挙式のみはしたいと考えるカップルが、その後お食事会をするパターンが多いようです。
先輩カップルの挙げた理由を踏まえ、自分たちの理想の食事会スタイルを決定してみて下さいね。

負担する?会費制?
費用のあれこれ

両家の家族のみの食事会は、新郎新婦が負担するパターンが多いようです。
家族以外の方を招く場合は、お互いのゲスト分を負担する、折半、会費制という選択肢があります。
良く話し合って決めましょう。

必要?引き出物は?

会費制にするのであれば、引き出物は用意しなくてもいいでしょう。
両家の家族のみの場合なら、ご両親に感謝のプレゼントなどを贈るのも、喜んで貰えるかもしれませんね。
家族以外の方々に、せっかく集まって頂いたので何か贈りたい、とお考えなら、引き菓子やプチギフトを準備するのもいいですね。
また、ご招待の場合、ご祝儀を用意するのが一般的ですので、引き出物を用意しておきましょう。
堅苦しくしたくないお二人ですので、ご祝儀・引き出物をナシにしたい場合には、招待状を作り一言そえましょう。
 
「気軽なお食事会と考えております
ご祝儀などのお心遣いはなさいませんようお願い申しあげます。」
「なおご祝儀その他のお心遣いは謹んでご辞退申し上げます
ご了承頂ければ幸いと存じます」

着る?着ない?ウェディングドレス

ウェディングドレス
ウェディングドレス・タキシードを着て目立ちたくない、という理由で、披露宴をせずに食事会スタイルを選ぶカップルもいます。
報告・お披露目の食事会だからといって、ウェディングドレスを着なくてはいけない理由はありません。
自分らしい服装で臨んで下さいね。
ただ、お食事会を行うお店によって、ドレスコードや場の雰囲気を壊さない装いを心掛けるのがマナーです。
そして、娘をもつ筆者の立場からすると、娘の花嫁姿は子育ての中の最大の楽しみのひとつ。
もし、ウェディングドレスに違和感がなければ、是非ご両親に花嫁姿を見せてあげて下さいね。

【新婦・花嫁】おすすめ華やかロングドレス

新婦編

Tadashi Shoji
Vネックエレガントイブニングロングドレス

お食事会ウェディングなら、ロングドレススタイルが結婚式の雰囲気が感じられおすすめです。
明るいシルバー×ブラックのドレスは、おめでたい席の主役にぴったり。
トップスのスパンコールデザインが、華やかさもプラスされ、幸せオーラ全開です。
 
 
ROMAN
エレガントスパンコールネイビードレス 

親しい友人を招くのであれば、少しだけ主役らしく、華やかさも欲しいですよね。
トップスのキラキラ輝くスパンコールが、存在感充分に。
イレギュラーヘムのスカートが特別感をグッと引き出してくれます。

 
 
I am…
ふんわりブラック×アイボリードレス

軽やかなオーガンジー素材が動きに合わせ優しく揺れるので、主役ながら進行も努める新婦を美しく見せてくれます。
ミディ丈のデザインで、清楚感と落ち着いた雰囲気を同時に演出。
落ち着いた印象は、新生活をしっかりと築いていってくれそうな、新妻の決意があらわれて素敵です。
 
 

【ゲスト向け】おすすめドレス

母親編

Apploberry 東京ソワール
イレギュラーヘムブラックドレスセット

我が子の結婚を祝う会、ロング丈程堅苦しくなくでもきちんと感のあるミディ丈がおすすめ!
シックなブラックドレスに、光沢のあるシルバージャケットが優しく落ち着いた印象になり、素適です。
シフォン素材でよりエレガントに、高級感溢れる理想的な一着。
 
 
EMMEL REFINES
ハシゴレースミディ丈ネイビードレス

上品でエレガントな印象に導いてくれるネイビーカラーのドレスを選ぶなら、こんなオシャレなネイビードレスがお勧めです。
ハシゴレースとフラワーレースをMIXしたデザインレースを全体に使用し程よい透け感がそっと華やかさをプラス。
ミディ丈なので新郎新婦の母親としてご挨拶がてらお酌をして回る時も動きやすくて◎。
また、袖も肘下程まであるので羽織物なしですっきりと着ることができます。
 

姉妹編

AMERICAN LIVING
シースルー半袖レースネイビードレス

食事会に相応く、レースのワンピースでちょっぴりカジュアルダウンさせるのはいかがですか?
生地が総レースなので高級感やエレガントな印象はそのまま。
姉の立場ならスッキリとしたIラインシルエットで品よくまとめると素敵な雰囲気に。
優し気なフラワーレースが相まって、女子力の高い優秀な一着です。
 
 
Agreable
ハシゴレーススリーブダルブルードレス

新婦が姉妹ならば、事前にどんな服装で臨むのか、リサーチ可能ですよね。
新婦がもしも華やかドレスを選んでいたら、姉妹であるあなたも、カラーワンピースをセレクトしてみるのはどうですか?素敵な姉妹は外から見ていて目の保養になります。
柔らかなダルブルーカラーのフィットアンドフレアドレスは、すこしくすみを帯びたカラーなので、派手になり過ぎず◎。
 

友人編

mebelle muse
ドット&フラワーレースネイビードレス

品のよいネイビーカラーのドレスなら、花嫁の引き立て役を上品かつエレガントな魅力で担えます。
デコルテや袖覗く肌の透け感が、絶妙なヌケ感を出し、華やかさもプラス。
一枚でさらりと着こなせば、洗練されたスタイリングが完成します。
 
 
ketty
ロールネックグリーングレードレス

清楚で女性らしく柔らかな雰囲気のアッシュ系のグリーンカラーは、落ち着いた印象になり◎。
広がりすぎないフレアスカートも、フランクな食事会にぴったりです。
品がありつつも、堅苦し過ぎないスタイルは、気楽に食事を楽しんでもらいたいという新郎新婦の意に沿った装いです。
 
 

お食事会スタイルの結婚式に参加Q&A

Q.ご祝儀は?

A.招待状、「会費制」と書かれていれば、ご祝儀は必要ありません。
ご招待であっても、親族の方で事前にご祝儀を渡していれば、当日は特に包む必要はありません。
友人の方ならば、当日は準備しておきましょう。
相場としては、1万円が一番多いです。
自分の結婚式で3万円頂いている場合、1万円+プレゼント(~1万円)、2万円(1万円と5千円×2)が相場のよう。

Q.平服でと言われましたがどんな服装が相応しい?

A.女性の平服は、スーツ、ワンピース、シャツ・スカート(ジャケット)、シャツ・パンツ(ジャケット)になります。
上品でキチント感のある装いを心掛ければOK。
そこにほんのひとさじ、花嫁よりも目立たないような配慮があるといいですね。

結婚式(ブーケ)
形式やマナーにこだわらない、自由度の高いお食事会スタイルの結婚式。
少人数制なので、一人ひとりとゆっくりお話しする時間があり、アットホームな雰囲気を楽しめるのが人気です。
お二人の人生の門出となる「結婚」だから。
一生の思い出になる、素適な食事会になるといいですね。