女性の正装【フォーマルファッション】まとめ 正装と準礼服の違いとは?

女性の正装【フォーマルファッション】まとめ 正装と準礼服の違いとは?

小山 絵実
経歴
準ミスインターナショナル日本代表(2004年度)
ミスアース日本代表(2005年度)
女性起業家大賞最優秀賞 受賞(2019年)
日本化粧品検定1級 保有

現在
株式会社ミスコンシャス 代表取締役社長(2012年~)
業界最大級のインターネット専門レンタルドレスショップ「おしゃれコンシャス」を運営しています。

ファッションモデルやアパレルバイヤーの経験もあり、おしゃれコンシャスでは主に商品の仕入れを担当。
TV、新聞をはじめとする100を超えるメディアに出演しています。
長年の経験と培った専門知識をもとに、信頼できるマナー・ファッション・美の情報をお届けします。
正装(フォーマルファッション)は服装の分類の中で最もきちんとした服装のこと。
普段着ない正装だからこそ、しっかりとマナーや気を付けなければいけないポイントを抑えておきたいですね。
年齢を重ねると正装でお出掛けする機会が増えるかと思います。
様々なシーンでの適切な“正装”をご紹介させていただきますのでご覧ください。
 

正装とは、儀式などに出るための正式の装い。また、その装いをすること。



女性の正装ルール【基本】

主な正装の利用シーンは、「参拝」「式典や祝賀会」「冠婚葬祭」です。
人生の節目となるセレモニーで着用するので、失敗するとソワソワしてしまい落ち着かない・・・なんてことのないようにしましょう。
 
まず、全体的に肌の露出が少ない服装が基本です。
正装に相応しい細かいポイントをみていきましょう。
リュクス グレース(LUXE GRACE)
フレアー総レースブラックロングドレスセット

こちらのドレスのようなロング丈やミディ丈のワンピース(ドレス)を選びましょう。
肌の露出が少ないことが基本になるので、袖がないドレスは羽織物が必須です。
また胸元が開き過ぎているデザインは控えましょう。
ドレスの生地は光沢感が少ないマットなものが◎
慶事であれば、羽織物を明るいカラーにして華やかさを加えてもOK。
 
 
ポイント
  • ワンピーススタイル(女性の服装でいちばん格式が高いです)
  • 襟元がつまった首回りデザイン
  • 長袖
  • ロング丈やミディ丈
  • 華美でない無地やレースの生地
  • 慶事では、明るい色を
  • 喪の席は、黒を

もっとも格式が高い正装ですが、最近ではセミフォーマルに近い服装も正装の枠にはいる傾向もあります。
皇室の方々のご公務ファッションは、正装のお手本です。
是非確認してみてください。

正装(フォーマルファッション)で
お越しくださいといわれたら・・・
シーン別にご紹介

正装のなかでも洋装の場合さまざまなシーンや時間帯によって女性の服装は変わります。
せっかくマナーを気にしたのに私だけ何か雰囲気が違う・・・なんてことのないようしっかりとチェックが必要です。

女性の正装が求められるシーン
1)正式参拝

まず正式参拝とは、通常御垣内には入れない特別な場所に入り、神様にお眼通りが叶うということです。
ご祈祷は普段着でも問題ありませんが、正式参拝は服装チェックもあります。
華美なものは神様に失礼となりますので気をつけましょう。
正式参拝
まず正式参拝での正装は、参拝先の情報を調べておくのが大切です。
女性の正装ファッションについてそれぞれの場所によって解釈が違ったりします。
セミフォーマルに近い服装でもOKな場所もあれば、しっかりとしたスーツでなければならなかったりする場所もあるようです。
特に指定はない場所でも、ジャケットやジャケットに近い羽織物を用意しておいた方が安心ですね。
 
こんなことがあるので・・・
“シンプルな黒の袖付きワンピースでいいかな”と思い参拝へ。
ですが、受付の服装チェックでひっかかってしまいました。
その理由は、ジャケットを羽織っていなかったから・・・。
 
参拝先にもよりますが、服装チェックが通らないと参拝できません。
その場合は、ジャケットを貸していただけたりもするようなのですが、せっかく心を落ち着かせて参拝したかったのに…と残念な気持ちになりますよね?
ですからきちんと正装を守って、正式な参拝に臨んでくださいね。
 
リフレクト(Reflect)
チェック調ネイビーセレモニーワンピースセット

エレガントなワンピースにジャケットを羽織れば固すぎないフォーマルスタイルの完成。
ひらりと揺れる柔らかな生地感のワンピースは着心地抜群!!
袖付きのワンピースなのでジャケットを脱いでもきちんと感が出るのが嬉しいですね。
参拝のみならず、卒業式や七五三などフォーマルなシーンにおすすめ♪
 
 
ドレス デコ (DRESS DECO)
上品シャンタンセレモニーネイビードレスセット

シックなネイビーカラーも、高級感あるシャンタン生地で女性らしい柔らかさを感じられ、正式参拝にも安心なワンピースセット。
ワンピースは袖ありなので、参拝後はジャケットを脱いでも品のあるスタイルに。
さらにパールネックレスをONすれば、一層格式の高いコーディネートになります。
 

フォーマル・セレモニースーツ一覧へ

正式参拝にはジャケットの着用を

ドレス デコ (DRESS DECO)
2WAYエレガントネイビージャケット

シンプルなデザインなので、どんなワンピースにも相性がよくコーディネートに困らない優秀ジャケット。
きちんと感が凄くつたわるので、参拝の服装チェックも安心。
合わせるワンピースやスカートは、黒やネイビーなど落ち着いた暗めのカラーにしましょう。
 
 
ブローネ (Burlone)
麻調ノーカラージャケットブラック

女性らしいノーカラージャケットは、デザイン性もありお洒落ながらフォーマルに装えます。
麻調なので、暑い季節の参拝でも涼し気で季節感があり、大人の品の良さを醸し出せます。
 

靴はローヒールでシンプルなものを

場所にもよりますが参拝先まで距離があったり砂利道だったりすることが多いのでヒールは低いものがおすすめ。
ビジュなど装飾品がついているのも避けてシンプルな靴を選ぶのが正解です。
 
スイート アズ(Sweet As)
クロスローヒールブラックパンプス

シンプルな靴ですがクロスレースのデザインが上品な印象に。
ローヒールなので歩きやすさも抜群です。
 

女性の正装が求められるシーン
シーン2)式典や祝賀会

華やかな一面もあり、ビジネスシーンの大切な交流の場でもある式典や祝賀会。
そこでの服装のマナーは大切です。
特に、お客様をお迎えする側(ホスト側)であればなおさら気をつけましょう。

ホスト側は清楚に落ち着き感を

アンタイトル (UNTITLED)
ツイードぺプラムネイビースーツセット

ビジネススーツとは違い、フェミニンな品の良さのなかに、華やかさもあるフォーマルスーツです。
お祝いの席でもある式典や祝賀会なので、落ち着き過ぎて暗くならないようにインナーは淡いカラーがおすすめ。
 
 
リュクス グレース (LUXE GRACE)
レース×ジョーゼットブラックロングドレスセット

高級感あるシャンタン生地のジャケットできちんと感もあり、適度な親近感を感じるので、お祝いの席にはぴったり。
暗くなりがちなブラックドレスもトップスのレースで、重たくならず◎。
シンプルなデザインなので、胸元にコサージュをつけても素適な大人の正装ファッションに。
 

ゲスト側は華やかさをプラスして

エニィスィス (anySiS)
襟付きアイボリースーツセット

アイボリーカラーで柔らかな色味はお祝い事にふさわしい華やかさをプラス。
襟付きのジャケットなのできちんと感も忘れません。
インナーに淡いピンクやホワイトカラーを持ってくるとフェミニンな雰囲気に。
 
  
エルモソ リュクス (Hermoso luxe)
カシュクールベージュロングドレスセット

きちんと感あるジャケットに柔らかなベージュがパーティシーンにぴったり。
ワンピースに光沢のある生地を使用し、フレアシルエットが女性らしく柔らかな印象。
特に式典や祝賀会のようなビジネス上でのお付き合いの場合は、砕け過ぎず堅苦しくない雰囲気が大切です。
 
 

足元もぬかりなく

スタイル ジェリービーンズ(Style JELLY BEANS)
つま先グリッターレースブラックパンプス

ラメグリッターとレースの異素材組み合わせがおしゃれなブラックカラーパンプス。
定番のブラックカラーパンプスですが、ラメグリッターがキラキラ輝き、祝賀会などお祝いの場をさらに盛り上げてくれます。
履くだけで上品さを演出してくれるので、落ち着いたフォーマルスタイルにぴったりです◎
 

女性の正装が求められるシーン
シーン3)結婚式

日本では、結婚式の正装だと“着物”を思い浮かべるかもしれません。
着物ももちろん正装ですが、最近では式場の雰囲気や新郎新婦の意向から洋装での参列を求められることもあるようです。
 
結婚式の正装は、時間帯で注意するファッションポイントに多少の違いがあります。
昼間の結婚式は、肌の露出は控えめにし、アクセサリーもパールなどでシンプルに。
ドレスは、アフタヌーンドレスです。
夜の結婚式は、多少肌の露出できるイブニングドレス、華やかにアクセサリーは煌びやかな上質なものがいいとされています。
ただ、これはあくまでも世界基準。
日本では、昔からの風習もあり夜の結婚式でも肌の露出は控えめにした方が安心です。
 
一般的にお友達の結婚式や同僚の結婚式で着て行くドレスは、“セミフォーマル”と言われる服装です。
新郎新婦の両親や祖父母が正装です。

お昼の結婚式
正装で清楚に品よくゲストをお迎え

プリフェレンズパーティーズ (PREFERENCE PARTY'S)
上品シャンタン編み上げネイビーロングドレスセット

華やかさと上品さの両方を叶える正装ロングドレスセット。
国内生産のシャンタン生地は、マットで品のある控えめな光沢感なのでお昼間の結婚式にもおすすめ。
セットのジャケットにはフリルが施されておりラグジュアリーな雰囲気に。
編上げ仕様なので、サイズ調節ができ綺麗なドレスアップをお楽しみいただけます。
 
   
リュクス グレース(LUXE GRACE)
レース×ジョーゼットネイビーロングドレスセット

重い印象になりがちなネイビーカラーのロングドレスですがトップスはレースデザインなので華やかな雰囲気に。
高めにデザインされているウエストマークがよりスタイル良く魅せてくれるのも嬉しいですよね。
また、ウエストはゴム仕様なので長時間着用していても心地よく着られる1着です。
気温が高い季節の結婚式なら、襟付きで袖ありのボレロタイプならフォーマル感もあり着心地よく過ごせます。
 
 

夜の結婚式は少し華やかに
ワンピースを身に纏って・・・

エルモソ リュクス(Hermoso luxe)
レースフレア袖ネイビーロングドレス

袖のフレアデザインや透け感が重くなりがちなロングドレスを軽やかに魅せてくれる一着。
夜の結婚式にぴったりな装いです。
またスカートもシフォン生地で歩く度ほのかに揺れ、女性らしい柔らかな印象も忘れません。
夜の式ならシルバーやシャンパンカラーのショールを羽織って更に華やかさをプラスしても良いですね◎
 
 
リュクス グレース (LUXE GRACE)
パニエ付きエレガントブラックロングドレス

華やかに着飾る夜の正装スタイルなら光沢あるシャンタンブラックドレスが◎
パニエでスカートにボリュームを出すことによって、ウエストを細く魅せる効果があるので体型カバー力抜群。
結婚式なら羽織物はシャンパンカラーやシルバーカラーの明るい色を合わせると祝福ムードがでてよりフォーマルなドレスアップをたのしめます。
 
 

結婚式ならバッグも華やかに

はんなり (Han-nari)
ボリュームパールビジュブラックバッグ

豪華なパール&クリスタルがインパクトあるバッグなので、シンプルなワンピースも華やかな印象に格上げしてくれます。
ロングドレスやミディ丈のワンピースは、全身のバランスが取りづらいのでバッグはコンパクトにまとめるのがおすすめです。
 
 
はんなり(Han-nari)
ビッグビジュエレガントシャンパンバッグ

光沢あるシャンパンカラーバッグで、正装を柔らかく親近感がわくスタイルへと導いてくれます。
リーフデザインのビッグビジュはエレガントなので、幅広い年代の方におすすめ。
 

 
スイート アズ (Sweet As)
持ち手付きブラックバッグ

ついつい荷物が多くなってしまう方も安心な大きめバッグも、プリーツデザインで華やか。
持ち手部分にクリスタルが敷き詰められ、煌びやかにドレスアップをサポート。
フォーマルファッションにぴったりな大人なバッグです。
 

靴もさりげない華やかさを

バニティービューティー(vanity beauty)
フラワーレース×グリッターブラックパンプス

一見シンプルな靴ですがさりげないフラワーレースデザインやラメグリッターがこなれ感抜群。
足元が見えにくいロングドレスでもストラップ付でローヒールなので安定感もGOOD!
 
 
クライム(Climb)
パール&クリスタル付ブラックパンプス

取り外し可能なパール&クリスタルのシューズクリップ付きブラックパンプス。
スカラップにカッティングされたデザインは足元も妥協したくないおしゃれ女子におすすめ◎
高めのヒールですが低反発クッションが足の負担を減らしてくれる優れもの。
 

女性の正装が求められるシーン
シーン4)晩餐会

晩餐会は夕食をいただくフォーマルな場。
ドレスアップは、イブニングドレスが正装でエレガントな大人の雰囲気を楽しめます。
露出もOKですが、ミニスカートや胸元が見えてしまいそうな品を欠くドレスアップはNGです。
ルメイユチュール (Lemeillture)
プリーツブラック×ゴールドロングドレス

パーティーや晩餐会などにぴったりなイブニングドレス。
ゴージャスなゴールドのトップスとプリーツスカートが他のゲストと被りにくい一着。
晩餐会の様な着席シーンが長い際はこういったトップスにデザイン性があるドレスを選ぶと素敵です。
 
 
タダシ・ショージ(Tadashi Shoji)
Vネックエレガントイブニングロングドレス

体のラインを綺麗に活かすローブデコルテのロングドレス。
気品漂うエレガントなドレスは華やかな晩餐会にも安心して着ていくことができます。
トップスの煌びやかなスパンコールデザインがリッチで着飾る晩餐会に自信をもって参列できますね。
 
エルモソ リュクス (Hermoso luxe)
カシュクールネイビーロングドレス

胸元のカシュクールデザインがエレガントなネイビーカラーのロングドレス。
周りをぱっと明るくする光沢生地は肌なじみもよく女性らしい柔らかな印象に。
広がりすぎないフレアスカートなので大人上品な雰囲気も叶えてくれます。
 
 
タダシ・ショージ (Tadashi Shoji)
襟付きブラウンロングガウン

存在感を放つ襟デザインがお洒落なロングドレス。
正装スタイルには珍しいブラウンカラーで他のゲストと被りにくくドレスアップを楽しめそう。
トップスはベロア素材、スカートは光沢のある生地と異素材の組み合わせも特別感を一層高めます。
 
小物はドレスを引き立ててくれるものをプラス​
リュクスブリエ (Luxe brille)
ラメスクエアベージュバッグ

キラキラ輝くラメがスタイリッシュなベージュバッグ。
さりげない煌めきがイブニングスタイルをブラッシュアップしてくれます。
実は収納力も抜群なので荷物が多い女性にもおすすめ◎
 
 
ルキオネ(Le Chione JELLY BEANS)
ジェリービーンズ ストラップ付ラメレースブラックパンプス

レースとラメがエレガントなブラックカラーパンプス。
ヒールとかかとには同じ布が使用されており高級感溢れるデザインです。
メイドインジャパンで履き心地にもこだわっており、ストラップ付で安定感◎
普段ヒールを履かない方にもおすすめです。
 

※公式の晩餐会や格式の高い結婚式など、特別な席では手袋や帽子もマストアイテムです。

女性の正装にふさわしいネックレス

正装でのお出かけの際、最後に考えて忘れがちなのがネックレス。
ネックレスも大切な正装の一部です。
それでは、ネックレスでの気をつけるべきポイントをご紹介します。

・お祝いの席

一連でなくても「よろこびが重なる」という意味で、二連や三連もOKと考えるようです。
昼間は、パールやクリスタルなど華美にならないものを。
夜の時間は、光輝くようなダイヤやルビーなど大ぶりで華やかなものが相応しいです。
 
シンプル2連ショートパールネックレス

シンプルな2連パールネックレスなので、どんなシーンにもマッチし正装ファッションを華やかにしてくれます。
首元がつまったデザインのドレスでも合わせやすいショートタイプなのでコーディネートにも困りません。
 
 
 
2連上品大粒パールネックレス

トップの大粒パールが品よくエレガントな雰囲気に仕上げてくれるネックレス。
華美にならずそっと寄り添ってくれるデザインで、幅広い年代の方に安心してご利用いただけます。
 

・喪の席

一連のネックレスが正解です。
真珠は白や黒どちらでもOK。
ブラックオニキスや黒珊瑚も喪の席には相応しいです。

知っておきたい正装(フォーマル)と
準礼服(セミフォーマル)の違い

フォーマルファッションは今までご説明した通りですが、準礼服(セミフォーマル)とはフォーマルファッションよりも格式が一段下の服装のことです。
よくあるセミフォーマルを着用するシーンは、披露宴や高級レストランでの食事、パーティー、子どもの入学式や卒業式などです。
正装ほど、スカート丈や袖丈など長くなくても大丈夫ですが、ミニスカートやノースリーブではNG。
よくある、友人の結婚式マナーをチェックすれば、準礼服(セミフォーマル)の注意ポイントがわかりますよ。
 
  結婚式の服装マナーについて詳しく知りたい方は
こちらの画像をクリック↓
結婚式の服装マナー
フォーマルとセミフォーマルの違いについて、さらに詳しく知りたい方は、下の記事↓をチェック。

シーンに合ったドレスアップを

同じ正装でも昼なのか夜なのかでも大きく変わってきます。
それぞれのシーンに合った正装ファッションのポイントを把握することが大切です。
あなたらしいドレスアップで非日常な時間をお過ごしくださいね。


関連記事