40代のフォーマルドレスを徹底解説!シーン別「フォーマルドレス」をご紹介

【40代のフォーマルドレスまとめ】結婚式・パーティのマナーとコーデ例


「フォーマルな装いで…」よく耳にはするものの、深く考える機会ってそうありませんよね。
40代になると、結婚式や入学式・卒業式、式典などフォーマルシーンに出くわす機会もしばしばあるでしょう。
今回は「40代のフォーマルドレス」について徹底解説!
シーン別にふさわしい服装から気になるマナーまでオシャレを楽しみたいミセスへ贈る記事です。

 【40代のフォーマルドレスまとめ】結婚式・パーティのマナーとコーデ例

フォーマルとはなにか?

フォーマルとはなにか
そもそもフォーマルとはどのような服装のことをさすのでしょうか。
フォーマルは直訳すると「正式・型にはまったもの」。
直訳のとおり、フォーマルという言葉を聞くと堅苦しく決まりが多いというイメージがありますよね。
ひとくちにフォーマルと言っても、一般的にフォーマルと呼ばれるシーンに着て行く場合と、ドレスコードでフォーマルと言われた場合とでは、ふさわしいドレスの種類が異なります。

一般的なフォーマルシーンでの装い

一般的なフォーマルシーンでの装い
40代のフォーマルシーンにはどんなものあるのでしょうか?
結婚式やお子さまの入学式・卒業式、式典などいろいろありますよね。
一般的にフォーマルと呼ばれるシーンでは、準礼装(セミフォーマル)、略礼式(インフォーマル)が主流となっています。
結婚式のゲスト参列などでアフタヌーンドレス、イブニングドレスなどを着用するのは逆にNG。
格式が高ければ良いというわけではなく、TPOにあった装いをすることが大切です。

カラー

フォーマルな場ではブラックカラーがいいのでは?と考えるのは、実は間違いです。
冠婚葬祭に使えるブラックフォーマルもありますが、華やかなシーンではカラードレスが◎
特に40代以降の女性は華やかな装いにすることで、若々しく見えますよ!

デザイン

派手すぎず、きちんと感があって控えめなものを選びましょう。
パーティーシーンにおいては、さりげない華やかさも兼ね備えたデザインのドレスが好ましいです。
レースなどを程良く取り入れたデザインなら、上品な女性らしさもUP。
40代の大人の女性にもオススメです。

着丈

イブニングドレスで裾を引いて歩くようなデザインもあるように、スカート丈は長いほど格式が高くなります。
一般的には、膝下丈からフロア丈がフォーマルな着丈といえるでしょう。

40代女性がドレスコードで「フォーマル」と言われたら

40代女性がドレスコードで「フォーマル」と言われたら
ドレスコードで「フォーマル」と言われた場合は、フォーマル=正礼装を意味します。
お昼間はアフタヌーンドレス、夜はイブニングドレスを着用するようにしましょう。
   
※ドレスコードとは
とある場所に参加する場合の“服装ルール”“服装の格の指定”のこと。
その場にふさわしい服装の基準、服装のマナーのことを示します。
ドレスコードで「フォーマルな服装で」と言われた場合、どんなことに気を付ければよいのでしょうか?
ドレスコードについて詳しく知りたい方はこちら↓
IKINA: 意外と知らない?ドレスコードをマスターして今日からパーティー上級者

【アフタヌーンドレス】とは…

アフタヌーンドレスとは、ワンピース型でスカート丈がくるぶしかそれ以上の長さのドレスのこと。
袖も長袖か七分袖以上あるものがふさわしく、ドレスの袖が短い場合は画像のようにジャケットを着用して肌の露出を抑えます。
アフタヌーンドレスにあわせるアクセサリーは、光沢のない控えめなものが正解。
皇室行事等で女性が着ているものをイメージしてもらえれば良いでしょう。
 
リュクス グレース (LUXE GRACE)
レース×ジョーゼットブラックロングドレスセット

大人の女性に大人気のジャケット付きドレスセット。
ブラックとシャンパンカラーの組み合わせが落ち着いた印象を演出してくれます。
重たくなりがちなブラックドレスですが、上半身のレースデザインが華やかさをプラス。
昼間のお呼ばれにふさわしいドレスコーデに仕上がります。
 

【イブニングドレス】とは…

イブニングドレスもアフタヌーンドレスと同様、ワンピース型でスカート丈はくるぶし丈か、靴のつま先が完全に隠れる長さのドレスです。
厳粛な行事などの場合は裾を床に長く引きずることもあるようですよ。
レッドカーペットで海外セレブがこのようなドレスを着用していますよね!
イブニングドレスはベアトップ・キャミソール・ホルターネックなどのデザインで、腕と胸元、背中の露出度が高いことがアフタヌーンドレスとの大きな違いです。
夜の正装なので光りもののアクセサリーをチョイスしましょう。
 
ビーシービージーマックスアズリア (BCBG maxazria)
パープルベアロングドレスガウン

女性らしく華やかなベアタイプのロングドレス。
鮮やかなパープルを選べば大人な印象に。
羽織ものやきらびやかなアクセサリーをドレスにあわせれば、夜のお呼ばれにピッタリのコーデになりますよ!
 

とはいえフォーマルな衣装を持っている方は少ないですよね。
そのような方は レンタルドレスサービス を利用するという手もありますよ。

40代のフォーマルシーン別おすすめコーデ

ここからは40代のフォーマルシーンにおすすめのコーデをシーン別にご紹介します。
※ここからの「フォーマル」は正礼装ではなく、一般的にフォーマルとされる服装のことを指します。

結婚式

40代の結婚式参列は機会が減ってくるとともに、お立場も絞られてくるのではないでしょうか?
親族や会社関係のゲストとして参列する方が多いですよね。
お立場別にぴったりのマナーとコーデをご紹介していきます。
ぜひ参考にしてください。

親族としての結婚式参列

新郎新婦とその両親に加え、親族は「ホスト」にあたります。
つまり「ゲスト」をお迎えする立場。
まさにフォーマルを意識した服装選びが必要とされます。
親族として参列する場合、黒・ネイビーなど無難なカラーを選ぶ方が多いのでは?
きちんと感を意識することはとても大切なことです。
ですがせっかくのおめでたい席。
親族としてのマナーはわきまえた上で、素材にこだわった華やかさあるドレスを着てみるのはいかがでしょうか?
 
カールパークレーン (Karl Park Lane)
ドレープブラウンドレスセット

軽やかさと高級感ある一着で親族としてのフォーマル感も◎。
胸元の開きを抑えたデザインやウエストの裏側がゴム仕様など、随所に着る人のことが考えられている一着です。
体型が気になる40代のあなたも、きっと大満足できるはず。
 
 
エッシュ (esche)
レーストップス上品ブラックドレス

ツーピース風デザインはフォーマル感が強く、マナー面も安心の膝下丈です。
長めの袖丈で二の腕もしっかりカバーし羽織もの要らず。
一枚でもきちんとした印象を保てます。
40代の親族列席でも大活躍してくれそうな一着です。
 
 
アティラントーレ (Attirantore)
ダブルビジュダークグリーンドレスセット

落ち着いたお色味のグリーンカラーなら、親族席でも大丈夫。
露出度を押さえながらも、首元のビジュはとっても華やかでお顔周りの印象を明るく魅せてくれます。
ゆったりとしたデザインで、体型が気になりだすこの年代の方にも気兼ねなくお楽しみいただけるはず。
お好みに合わせて、付属のリボンベルトでメリハリコーデも叶えられます。
 
 
プリフェレンスパーティーズ (PREFERENCE PARTY'S)
光沢糸レースネイビードレス

ネイビーのような落ち着きカラーのドレスも、生地感にこだわると華やかな親族スタイルが完成します。
人気の総レースデザインは、大人の女性のエレガントさを引き出してくれる優秀素材。
シーンにぴったりの程良い光沢感も兼ね備え、ワンランク上の装いで参加してみてください♪
 

会社関係の結婚式参列

会社関係の結婚式参列
新郎新婦にとってお互いがどんな職場で働いているのかは気になるところ。
会社関係のゲストとしてお呼ばれする場合、ひそかに注目されているかもしれません。
品の良さをポイントに「派手さよりも控えめな華やかさ」を意識してドレス選びをしましょう。
もちろん露出は控えめに!
 
ミベル ミューズ (mebelle muse)
ウェストパールバイカラードレス

優しい印象の淡いピンクとブラックカラーのバイカラードレスは、可愛くなり過ぎずミセスにも人気です♪
ミディ丈でマナー面も完璧、品の良さを保ちながらもウエストのビジュでより華やかな着こなしが叶います。
ウエスト後ろはゴム仕様になっていて、着心地も抜群の一着です。
 
 
ロートレアモン (LAUTREAMONT)
Vネックビジュブルードレス

ややくすみがかったブルーカラーのドレスは上品なお色味が楽しめて、お立場をわきまえながら会場を華やかに彩れます♪
すっきりとした印象のVネックには大小様々なビジュが配列されていて、お洒落感漂わせるスタイリッシュな女性を演出できるでしょう。
バックスタイルはふんわりとしたシフォン素材でまた違った雰囲気に。
上品なプリーツ加工が、きちんとしたいシーンにピッタリです。
 
 
ミベル ミューズ (mebelle muse)
レースセパレートネイビーパンツドレス

近年人気のパンツスタイル。
結婚式ではいつものスーツ姿とは一味違う、華やかなものをチョイスしてみませんか♪
レーストップスは体型を拾いにくいシルエットで、特に二の腕周りをお洒落にしっかりカバーしてくれます!
ロングネックレスをプラスすると、縦長効果で着痩せ効果も抜群です。
カッコよくきめて、できる女をさり気なくアピールしちゃいましょう♪
 
 
プリフェレンズパーティーズ (PREFERENCE PARTY'S)
上質エレガントフラワーネイビードレスセット

フラワーオーガンジーが、華やかで柔らかな印象に導いてくれるネイビードレスセット。
前後で丈感が違うフィッシュテールデザインを着こなせば、こなれ感のある大人な女性になれるはず。
セットのシンプルなジャケットを羽織れば、マナー面までも完璧なお呼ばれスタイルの完成です。
 

入学式・卒業式

40代になると、お子様の学校行事への参加も増えるのではないでしょうか。
なかでも入学卒業は、お子様の成長の節目で迎える大事なセレモニーですよね。
ここからは入学卒業式にスポットを当てて、ピッタリの服装をご紹介します。

服装マナー

卒業は「感謝」や「別れ」を意味することから、堅く落ち着きのあるダークカラーを。
入学は「出会い」や「始まり」を意味することから、明るいパステルカラーを選ぶのが良いとされています。
とはいえ自分ひとり、会場で浮いてしまうのは避けたいところ。
服装に関しては地域によっても違いがあるでしょう。
校風によっても変わるので、ママ友や先輩ママさんにリサーチできると安心です。

入学式に最適フォーマルスーツ紹介

クレイサス (CLATHAS)
異素材MIXアイボリーワンピースセット

すっきりとした印象で、きちんと感と清潔感を兼ね備えたワンピースタイプのスーツセット。
学しっかりとした生地感は華やかさを演出し、入学式のお祝いシーンにピッタリです!
40代の女性にふさわしい品のある装いになるでしょう。
何かと忙しい季節ですが、ネックレスまで付いてくるセット商品なら、コーディネートに悩む必要もありません♪
 
 
スーナウーナ (SunaUna)
ライトネイビーシフォンスカートセット

きめ過ぎないくらいが、丁度いい?
安心のネイビーカラーもスーツではなくシフォンスカートに変えるだけで、春らしい軽やかな装いになります。
ウエスト部分はゴム仕様になっており、座ったり立ったりするのも楽チン♪
ふんわりとしたシフォンでお腹やお尻周りをカバーできるのも嬉しいポイントですよね。
 

卒業式に最適なフォーマルスーツ紹介

スーナウーナ (SunaUna)
ライトネイビースーツセット

ネイビーに白色を混ぜたデザインは、爽やかな印象をあたえてくます。
ホワイトカラーのインナーを合わせると、お肌が明るく見えて印象チェンジ!
随所に施されたフリンジはゴージャス感を与えてくれ、特別なシーンに満足できる一着になるでしょう。
 
 
クードシャンス (COUP DE CHANCE)
ツイードエレガントネイビースーツセット

スタイリッシュがお好きなお母様にぜひおすすめしたいのが、こちらのネイビーのスーツセット。
ノーカラーですっきりとしたデザインのスーツは、しっかり者の母親像に◎。
インナーをあなた好みで選べば、より理想通りの卒業式スタイルが完成します。
 
 
ブラックフォーマルを卒業式仕様にアップデート
ブラックフォーマルは冠婚葬祭様々な場面に使用可能。
でも女性の場合、そのまま着ると「喪服感」が強いのも事実です。そこで黒色スーツを卒業式仕様に変身させちゃう小技をご紹介。
インナーのブラウスを大きめのフリルデザインにしたりネックレスやコサージュなどでアレンジしたりして、ブラックフォーマルを華やかな装いにアップデートさせるのも賢いテクニック。
小技を使って黒色スーツを卒業式仕様に変身させちゃいましょう。
 
デリセノアール (DELLISE NOIR)
ブラックフラワーコサージュ

定番のオーガンジー風ブラックコサージュはブラックフォーマルにもバッチリ馴染みます。
ブラックですがやや大ぶりサイズなので、コーデを華やかな装いにしてくれるでしょう。
 

式典

会社の記念式典など、一定の形式に従って行われる儀式ではコーディネートも多くの人の目に触れます。
40代らしいフォーマルを意識した服装選びをしましょう。

服装マナー

主催者側がフォーマルを意識するのはもちろんのこと、招待される側も服装にはそれなりに注意が必要です。
招待状に「平服で」と書いてあっても、ビジネススーツやキレイめで上品な服装を選びましょう。

式典に最適なドレス紹介

スピック&スパン (Spick and Span Noble)
ノーブル 肩リボンIラインブラックドレスセット

フォーマル感も安心なブラックカラードレス。
多くの40代女性が抱える悩みの種“体型”をカバーしつつ、この美シルエットは嬉しいですよね。
タック入りのデザインで、式典にもふさわしい品の良さを手に入れましょう♪
 
 
ケティ (ketty)
Vネックハリ感グレージュフレアドレスセット

清潔感溢れるグレージュカラーのワンピースと柔らかな生地感のブラックボレロのセット。
コーデに迷うことなく上品さ溢れる着こなしになります。
可愛らしい印象のフィットアンドフレアを品良く着こなせるのは、オトナの女性だからこそ。
存在感のあるショートタイプのネックレスが、Vネックと相性抜群です!
 

高級レストランでディナー

40代。
子育て中だけどちょっと手が離れてきたという方も(そうでない方も…)たまにはせわしい現実から抜け出してみるのはいかがですか。
ご友人や旦那様など大切な人とレストランでディナーするなどゆっくり過ごす時間を作きっとると、また明日からの活力になるはずです。

服装マナー

決まったルールは特にないですが、まずはHPでお店のドレスコードをチェックしておきましょう。
お店の雰囲気を見るだけでも、そのお店に適した服装が自然に浮かぶはず。
恥ずかしい思いをしないためにも、事前の下調べは40代の大人のマナーです。
ご友人と行く場合は、相談してみるのもいいですね。

高級レストランでディナー最適なドレス紹介

インタープラネット (INTERPLANET)
フェミニンレーススカートドレス

気負いすぎないドレスアップが可能で、品の良さも兼ね備えたベージュドレス。
ゆったりとしたシルエットなのでお腹まわりを気にすることなく、美味しいお食事も楽しめるでしょう。
 レースを味方につけ、女性らしく華やぎたいシーンにぴったりです♪
 
 
ユナイテッドアローズ (UNITED ARROWS)
袖あり光沢シンプルネイビードレス

上質な素材で一枚でもきちんと感の出るワンピースは、シンプル好きなミセスに◎。
袖付きドレスなので二の腕も気にしなくOK、羽織ものいらずでラクちんにお食事を楽しめます♪
シンプルなドレスには、お顔周りを華やかにしてくれるネックレスが必要不可欠ですよ!
 
 
バックは小ぶりなものを選んで
レストランのディナーで大きいカバンを持つと、かさばってしまい邪魔になりがちです。
置き場所にも困りますよね。
小ぶりなバックを選ぶと、椅子の背もたれ部分にサッと置けてかさばる心配もナシ。
またフォーマル感ある服装とのバランスも良く、コーデがまとまります。
 
アシール (ASHILL)
パールビジュブラックバッグ

シンプルな服装に好相性。
大粒のビジュの輝きはコーディネートの主役にもなれるほどの存在感!
華やかなブラックバッグは、特別なひと時のお供にオススメです。
カッコよくクラッチとしても、付属のチェーンを付ければショルダーとしても使用できて、使い勝手も◎。
 

40代だからこそ、気を付けたい!!
ドレス選びのポイント

40代だからこそ、気を付けたい!! ドレス選びのポイント
実際より若く見えるか年相応に見えるか、ターニングポイントとなるのが40代。
せっかくなら、若く見られたいですよね!
とはいえ、若者と一緒のファッションをするだけでは「若作り」と言われてしまいます。
『若く見える』と『若作り』の違いはどこにあるのでしょうか?
40代だからこそ気を付けるべきドレス選びのポイントを3つお伝えします。
これでアナタも目指せ-7歳!!

ポイント1:サイジング

40代になると、若い頃には気にならなかった場所に贅肉がついてきますよね。
そんな体型を隠そうと、いつもゆとりのある服を着ていませんか?
しかしそれでは逆効果。
体のラインが全く出ない服装は、かえって年をとって見えてしまいます。
隠すところは隠して出すところは出すことが大切なポイント。
メリハリのあるコーディネートを心掛けましょう。
例えば二の腕カバーをしたいなら、あえてノースリーブドレスを選んで羽織ものを着る。
ヒップが気になるならフィットアンドフレアに近いシルエットのものを選ぶ、などが上手なコツです。

ポイント2:品のある素材を選ぶ

デザインや色ももちろん大切ですが、意外と見落とされがちなのが生地の素材感。
オトナの女性なら生地感にこだわったドレスで勝負してみましょう。
ジョーゼットやサテンは上品な印象で40代女性にオススメの素材です。
20代、30代とは違う“質にこだわった”ドレス選びをしてみるのもいいですね!

ポイント3:着丈は膝がかくれるくらいが◎

着丈の短すぎるドレスはマナー的にも年齢的にもNGです。
だからといってイブニングドレスのようなロング丈もマナー的に適しません。
40代にオススメの着丈はズバリ「ミモレ丈」。
ミモレ丈は膝が隠れるくらいの丈感で、上品な雰囲気とトレンド感もたっぷりです。

40代からのオシャレを楽しもう

もう若くはないけれど…40代にしか出せない魅力も美しさのひとつ。
大人の女性だからこそフォーマルをしっかり理解して、20代30代にはつくれない大人の装いを楽しんでみてはいかがでしょうか。
パーティーシーンでもきっと、めいっぱい輝けるはずです。