姉妹の結婚式、仲良し姉妹でもマナーは守って!服装やご祝儀事情をご紹介

【姉妹の結婚式】姉・妹にふさわしい服装 知っておきたいマナーも解説


頼りになるお姉さんや、いつまでも可愛い妹の結婚はとっても喜ばしいですよね。
でも姉妹の結婚式を友人の結婚式と同じ気持ちで迎えるのはアウト!
なぜなら親族であるあなたはゲストをお迎えする側だから。
じゃあお母さんの真似をすればいいのかというとそれも間違い。
今回は姉妹の結婚式での服装や役割、ご祝儀事情などマナーに沿ってご案内します♪

姉妹の結婚式

姉妹の立場で参列!
結婚式の服装といえば…

姉妹の立場で参列
姉妹に限らず結婚式参列時の服装と言えば着物かパーティードレスが一般的ですよね。
親族の立場では友人の結婚式よりもしっかりとマナーを意識する必要があります。

スタンダードな和装

着物を着る場合
着物を着る場合にも、マナーが存在します。
みんながみんな母親と同じ黒留袖を着る必要はありませんよ♪
でも、既婚者が振袖を着るのはNGとされていたり、何でも自由というわけではないのでご注意を!
 
既婚者・・・黒留袖or色留袖(五つ紋)
未婚~20代・・・振袖 姉の立場でもOK
未婚30代以降・・・色留袖(五つ紋)

また、アクセサリーは、基本的に指輪以外はあまり好ましくありません。
派手なヘアアクセサリーやごてごてのネイルはNGとなりますので注意しましょう。

マナーを意識すれば洋装も◎

洋装の場合、和装のようにはっきりとした年齢による着分けや未婚・既婚の区別はありません。
でも、落ち着いた色味が好まれるのは事実。
でも黒尽くめは避けて、派手すぎない華やかな色使いをプラスしたコーディネートが好ましいですね。
お辞儀をするシーンも多いので、襟元はあまり広く開いていないものを選びましょう。
また、スカート丈は長いほど格が高くなるので、あまり短すぎるものは避けましょう。
袖のついていないドレスにはボレロやジャケットなどで露出のカバーも忘れずに。

では、実際に姉妹の結婚式での、マナー◎なドレスコーディネートを見てみましょう。
 
シーズ(She's)
エレガントカシュクールブラックドレスセット

落ち着いた色味のドレスでも、地味すぎることなく品の良さを感じるカシュクールデザインのドレス。
光沢感のあるスカートが華やかさを演出。
のっぺりした印象になりがちなブラックカラーのドレスも、高めのウェストマークや後ろ編み上げ仕様のおかげでスタイルアップもお手の物◎。
 

結婚式のタイプ別に
姉妹におすすめのドレスをご紹介!

洋装は和装と違ってシーンごとに相応しい服装が変わります。
シーンごとにしっかりとドレスを使い分けることで、マナー違反になることもありませんよ。
神前式、教会挙式、人前式、リゾート婚に分けてご紹介します♪

格式の高さは一番
神前式での姉妹のドレスアップ

神前式
神前式なら格式の高さを考えて落ち着いた印象のドレスがベスト。
黒は花嫁の色打掛にもよく使われる色なので、親族の立場でもブラックよりもネイビーがおすすめです。
アメリカン (AMERICAN LIVING)
リビング シースルー半袖レースネイビードレス

総レース×ネイビーは上品な華やかさがありフォーマルシーン定番の一着です。
落ち着き感があるネイビーカラーですが総レースなので女性らしい柔らかな印象になります。
丈も長めなのでマナー面でも安心ですね。
 
メルポア (melupoa)
シャンタンウエストタックネイビードレスセット

落ち着いた印象のドレスも、高級感溢れるシャンタン生地でドレスアップ。
シンプルながら、広がりすぎないスカートが体型をさりげなくカバー。
控えめな光沢感が特別な日を演出します。
 
リフレクト(Reflect)
Vネックシャンタングリーンドレス

親族の結婚式参列時に最近人気なのが、グリーンカラーのドレス。
Vネックが顔回りをすっきり見せてくれますよ。
広がり過ぎないスカートが落ち着き感をプラス♪
 

神聖な場で愛を誓いあう
教会式での姉妹のドレスアップ

教会式
厳粛な雰囲気の中行われる教会式。
でも素敵なチャペルで行われる結婚式には華やかさも欲しいものですよね。
 
タダシ・ショージ(Tadashi Shoji)
ボルドー刺繍ブラックドレス

ボルドーの糸で描かれた花柄の刺繍が印象的。
ブラックドレスもこんなデザインなら暗すぎる心配もいりません。
女性らしいシルエットが簡単に手に入ります♪
 
 
シーズ(She's)
半袖レースシャンタンネイビードレス

上品で清楚なイメージのレース×シャンタンの組み合わせ。
袖部分とスカートの裾の透け感がほどよく軽やかな印象に。
合わせる羽織物で印象が変わるので、なりたいイメージや教会の雰囲気に合わせてコーディネートを考えられるのも楽しい♪
 
 
クミキョク(組曲)
長袖ダマスク柄スモーキーブルードレス

ダマスク柄が目を惹く一着。
華やかなのに、落ち着いた印象もあるスモーキーブルーは、色被りの心配もなく姉妹の結婚式にもぴったり。
長袖だから、教会式にももってこいですよ。
 

アットホームさが魅力
人前式での姉妹のドレスアップ

人前式
カジュアルな雰囲気が特徴の人前式。
最低限のマナーは守りつつ、おしゃれ感のあるドレスを選んでみるのも◎。
ビヲミナ (VIWOMINA)
上品6分袖レースミディ丈ネイビードレス

トップスが透け感あるデザインで、トレンドをおさえたドレス。
お花の繊細なレースが女性らしさをぐんと引き出してくれます。
人気のミディ丈なので上品さも忘れません。
姉妹の立場なのでジャケットを合わせれば派手過ぎずきっちりとしたコーディネートに。
 
カレン(Karen)
レースケープネイビードレス

花柄レースのケープ付きなので羽織物を考える心配なし!
首元が詰まったデザインなので、肌露出が少なくすむのも姉妹の立場としては嬉しい。
ケープやIラインのドレスがさりげなく体型カバーしてくれますよ♪
 
 
アーバンリサーチ ロッソ(URBAN RESEARCH ROSSO)
ぼかしフラワーオーガンジーベージュドレス

一見地味に見えるベージュカラーも、ぼかしフラワーなら華やかで可愛い。
ふんわりした長めのスカートが、清楚さも演出。
付属のリボンベルトでウエストマークすれば、膨張しがちなベージュカラーも怖くないですよ♪
 

開放的な雰囲気の中で行う
リゾート婚での姉妹のドレスアップ

リゾート婚
例えばハワイならムームー、沖縄ならかりゆしなど、その地ならではの服装でドレスコードを決める新郎新婦さんも多いかと思います。
でもドレスコードがない場合、どんなドレスを選ぶか悩みますよね。
選ばれることの多い暖かい地域でのリゾート婚を想定してドレスをご紹介しますね。
 
タダシ・ショージ(Tadashi Shoji)
ブルー総レースドレス

リゾート婚なら少し明るめの色もアリ!
総レースのドレスは存在感抜群なのに悪目立ちしません。
肩やスカート裾の透け感が女性らしさを引き立ててくれますよ。
 
 
アティラントーレ(Attirantore)
レースシャンタングレードレスセット

明るめのグレーカラーなら顔色も明るく見えますよ。
ショルダーレースが軽やかな印象でリゾート婚にもぴったり。
少し長めの丈感でしっかり感も◎
 
 
ストロベリーフィールズ(STRAWBERRY-FIELDS)
ウエストリボン光沢サックスドレス

爽やかな水色がビーチ婚にもぴったり!
ウェストのリボンや広がり過ぎないスカートが、清楚感やきちんと感を演出。
ブラックの羽織物で、メリハリコーデが完成します。
 
 

あなたは姉?妹?
立場別ドレスアップのご提案!

姉?妹?
和装なら既婚、未婚や年齢で着る着物を決められますが、洋装だと色や柄だけでなく形も本当にたくさんの種類のドレスがあるから悩みますよね。
姉の結婚式なのか、妹の結婚式なのかでドレスの選び方も気を付けたいところ。

姉の立場での
結婚式のドレスアップ

クミキョクプリエ(組曲プリエ)
シフォン袖ネイビーレースドレス

落ち着いた印象のドレスも、透け感のあるシフォン袖のおかげで重すぎるかもという心配はなくなります。
長めの丈感は着席時にも安心。
ベルトはなしでもOKなので、雰囲気に合わせてお好みで♪
 
 
ストロベリーフィールズ(STRAWBERRY-FIELDS)
ウエストリボン光沢ネイビードレス

光沢のある生地が洗練された印象に。
ウエストのリボンやミニ袖など、可愛い要素はありつつ、広がり過ぎないスカートが大人可愛いを実現。
可愛いのが好きだけど、姉の立場だししっかりしなきゃ、と心配なお姉さんにもピッタリです。
 
 
アプワイザー・リッシェ(Apuweiser-riche)
スカラップウエストパールラベンダードレス

ラベンダーカラーが優しい印象。
スカラップデザインが、お顔回りを華やかに演出。
ウエストのパールも華美すぎず清楚さをプラスしてくれます。
姉としての落ち着き感をプラスするなら、ブラックジャケットを合わせて♪
 

妹の立場での
結婚式のドレスアップ

エニィスィス(anySiS)
オーガンジーフラワーブラックドレス

上品で清楚な王道デザイン。
ブラックドレスながら、スカート部分にはゴールドが使われているので華やかさも感じられます。
後ろ編み上げ仕様でスタイルアップもお任せあれ!
 
 
ローレンラルフローレン(LAUREN RALPH LAUREN)
総レースフレアスリーブネイビードレス

総レースが華やかで高級感のある印象に。
ネイビーの面積が多くても、程よい透け感のおかげで重くなりすぎません。
綺麗めのコーディネートがお好きな妹さんにピッタリ。
 
 
クミキョクプリエ(組曲プリエ)
ボーダーレース薄ピンクドレスセット

柔らかなピンクが女性らしい一着。
ただのボーダー柄ではなく、花柄レースとのボーダー柄なんて可愛いですよね。
セットのブラックジャケットで親族らしいきっちりさも◎
 
 

姉妹はゲストじゃないからこそ!
結婚式の最中に気を付けること

結婚式の最中に気を付けること
結婚式や披露宴の最中、自分の親族の行動が気になったという新郎新婦が意外といるってご存知でしたか?
姉妹で御両親や新郎新婦らと打ち合わせをし、協力して素敵な結婚式にしたいですね。

スタッフへの伝言や親戚へのフォロー

御両親は受付の段階からゲストへの挨拶などでその場を離れることが難しいもの。
スタッフさんへの伝言があってもスタッフさんのもとへ行くのも一苦労。
そんな時は娘であるあなたの出番です。
また、ご両親はゲストへの対応で忙しいからこそ、顔見知りである親戚への対応をお願いされることもあるかも。
たとえ久々に会う親戚だとしても「ご無沙汰しております。今日はありがとうございます。」としっかり挨拶ができると良いですね。

カメラマン

プロのカメラマンさんに依頼すれば綺麗に映った写真が手に入りますが、リラックスした表情が撮れるのは親族だけ。
式場で作成してもらうアルバムとは別に、親族や友人に撮ってもらった写真でもう一冊アルバムを作成する新郎新婦さんも多いみたいですよ。
親族しか入ることのできない控室での様子を写真や映像に残せるのは姉or 妹であるあなたの特権です♪
 
ゲストへの挨拶について…
姉妹の立場でも親と同じように挨拶をしないといけないの?と不安な方もいるのでは?
御両親にもよりますので何とも言えないのが正直なところ。
また、お相手の親族の考えもあるので、新郎新婦にも確認するのがベター。
自らお酌してあいさつ回りをしなくても、相手の親族に会った時などには軽く挨拶ができるといいですね。

なかなか聞きづらいご祝儀事情
夫婦での参列や学生姉妹の場合は…?

ご祝儀事情
やっぱり気になるのはご祝儀事情。
親に聞いても曖昧だし、新郎新婦に直接聞くのも嫌だし…というかたも多いのでは?
実は人によって金額の差が激しいのが事実。
お祝いの気持ちを込めて渡すご祝儀ですが、披露宴でのお料理代+ドリンク代+お祝いで構成されているということを忘れずに!

一般的なご祝儀の金額

一人で参加する場合の相場は
 
20代・・・5万(状況に応じて3~10万)
20代以降・・・10万(状況に応じて~10万)

という事が多いようです。
いくら仲良しでもここはしっかりと守りましょう。

夫婦で出席

あなたが既婚者の場合、夫婦で招待してくれることになるでしょう。
夫婦で参列する場合、状況に応じて7~10万円という方が多いようです。
ちなみに、8万円は割り切れる偶数ですが、末広がりという意味から包んでもOKとされています。
逆に9万円は苦しみという意味からあまりよく思われない金額とされてしまいます。

夫婦+子供で出席

お子様がいる場合、家族全員での参加となる場合が多いですよね。
お子様の場合一人当たり大人の半分程度~三分の一程度プラスして包む形となります。
4人家族の場合12~15万円程度が平均的な金額のようです。
 
妹の立場の場合や、年が近い姉の立場の場合、まだ学生さんという可能性もありますよね。
そんな時には現金ではなくプレゼントを渡すというのもアリですよ♪
コスメや新生活に使えるスリッパやマグカップなど、渡すものは何でもOK。
「おめでとう」という気持ちが大切です◎。
筆者も妹2人からお小遣いを出し合ってちょっとしたプレゼントをもらいましたが、とても嬉しかったですよ♪


姉妹の立場に限っての結婚式でのマナー等をご紹介しましたが、いかがでしたか?
大切な姉妹、兄弟のハレの日を気持ちよくお祝いできることを祈っています。
結婚式は、お相手の親族からどう見られるかで、結婚する姉妹、兄弟の結婚生活にも関わってくると思います。
幸せな結婚生活を送ってもらうためにも、マナーを身につけて素敵な結婚式を迎えてください♪