結婚式お呼ばれは【コサージュ】で品よく♪選び方マナー&コーデ例も

結婚式お呼ばれは【コサージュ】で品よく♪選び方マナー&コーデ例も


結婚式などのフォーマルなシーンに華やかさをプラスしてくれるコサージュ。
ワンポイントになるので、つけるだけで明るい雰囲気になりますよね!
結婚式のお呼ばれで全員が付けているものではありませんが、その分ちょっと目を引く、ワンランク上の着こなしを叶えてくれますよ。
お呼ばれドレスにぴったりな、可愛いデザインやカラーのコサージュっていっぱいあるんです……!
この記事では、結婚式でのコサージュマナーや正しい付け方、コーディネート例を紹介しています。
コサージュの付け方やカラー次第でさらに華やかなドレスアップができるので、是非一度コサージュのコーディネートを楽しんでいただきたいです♪

結婚式お呼ばれは【コサージュ】で品よく♪選び方マナー&コーデ例も

コサージュってどんなアクセサリー?

コサージュってどんなアクセサリー?
コサージュとは、アクセサリーの1つで女性がドレスや服の襟元につける花飾りのこと。
カラーやデザインが豊富で、素材も布やレースなどさまざまなものがあります。
結婚式お呼ばれの服装にコサージュをつけると、明るく華やかな雰囲気をプラスすることが出来ます。
お顔周りも明るい印象になるのでおすすめ♪
 
★コサージュのはじまり★
ヨーロッパのとある村に住む青年と隣の村に住む娘の結婚を祝うため、村人たちが胸に花を挿したことがコサージュのはじまりです。
村人たちが胸に咲かせた花は、青年がプロポーズの際、娘に差し出した花束と同じ花。
答えの代わりとして娘が青年の上着の胸に花を挿したことから、村人たちはお祝いの気持ちとして花を胸に刺したのです。
コサージュのはじまり

NGに気を付けて!結婚式お呼ばれのコサージュマナー

NGに気を付けて!結婚式お呼ばれのコサージュマナー
結婚式にはいくつかのマナーがありますが、もちろんコサージュにもマナーがあります。
大きさ、付け方など正しい知識を身につけて、結婚式にふさわしいドレスアップをしましょう♪

結婚式でのコサージュ基本マナー

結婚式につけていくコサージュを選ぶときに、気を付けたいポイントは次の4つ。

白・黒は避けたほうが無難

結婚式では黒は避けたほうが無難。
黒は喪を連想されるとして結婚式で避けられるカラーですが、厳密にNGという決まりはありません。
しかし、“暗いカラーのドレスに黒のコサージュ”という全身黒っぽいコーディネートはお葬式のようで、華やかなシーンでは相応しくありません。
明るいカラーのコサージュは派手だから暗めを選びたい……と思ったら、黒ではなくネイビーなどを選ぶと良いですよ。
また、白も主役となる花嫁の色なので避けたほうがいいでしょう。
ベージュやアイボリーなら控えめで華やかさもあって◎

大きさに気を付けて

大きめのコサージュを付けると、派手な印象に。
結婚式での主役は新郎新婦。
「新郎新婦より目立たない」を意識したサイズ選びをしましょう。
約12cmまでを目安にすると、上品な印象に♪

生花のコサージュは新郎新婦のみ

結婚式で生花のアクセサリーを使用できるのは新郎新婦のみ。
生花以外の造花などで作られたコサージュを選びましょう。

髪につけるのはNG

コサージュなど花の飾りを髪につけるのは花嫁のみ。
親族やゲストは、基本的に左胸につけます。
ヘアアレンジなどでどうしても付けたいという場合は、小さめで控えめなものを。
花嫁より目立たない位置につけるよう気を付けましょう。

結婚式でのコサージュの付け方

コサージュを付ける位置に決まりはありませんが、押さえておくと良い3つのポイントをご紹介します。
結婚式のお呼ばれに相応しい、バランスの良いコーディネートが出来ますよ。
 
結婚式でのコサージュの付け方◆Point.1 左の鎖骨に近い位置につけるとスッキリ華やか!
付ける位置に困った場合は、顔に近い位置につけると顔周りが明るく華やかな印象に。
人の目線は右側に向きやすいといわれているため、向かって右側になる左胸につけると印象に残りやすいと言われています。
そんな理由から左側につけるのが一般的ですが、右側でも問題はありません。

◆Point.2 正面から見た時を考えて
花を少し上に向けて付けると茎の部分が目立たず、正面から見て綺麗に見えます。
ドレスを着る前につけておくと、簡単にバランスよく付けることができますよ。

◆Point.3 ドレスやその他のアクセサリー、身長に合わせて綺麗なバランスを
コサージュを付ける場合、その他のアクセサリーは小さめなシンプルなものを選ぶとコサージュがより引き立って◎
鎖骨に近いと顔周りも華やかになりますが、ドレスのデザインや身長によってはバランス悪く見えてしまう場合も。
付ける位置は自由なので、最後に全身を鏡で見て、ドレスや自分に合った最適な場所を探してみてください♪

【コサージュ人気カラー別】結婚式のコーディネート

コサージュの色別にコーディネートをご紹介します!
合わせるコサージュやドレスカラーによって雰囲気がガラッと変わります。
お気に入りのコーディネートを見つけてください♪
その前に、上で説明したマナーや付け方を踏まえて、コサージュ選びのポイントをさらっとおさらいしておきましょう。
 
◆コサージュ選びのポイント
・大きさは約12cmまで
・派手なデザインやカラーは避けて上品なものを
・ドレスやその他のアクセサリーとのバランスを考えて

No.1 華やかで上品!ベージュコサージュ

ベージュは結婚式お呼ばれでの定番カラー!
コサージュでも人気のカラーです。
上品に明るく、華やかさを演出することができます。
明るいカラーのドレスに合わせればフェミニンな雰囲気に。
暗めカラーのドレスに合わせれば品よく女性らしさをプラスできます♪

No.1 華やかで上品!ベージュコサージュ

No.2 キュートなピンクコサージュ

ふんわりキュートなピンク。
ピンクに抵抗のある方でもコサージュなら落ち着いた可愛さを取り入れることができます。
ベージュも華やかですが、ピンクは華やかさの中にはかなげな雰囲気がありますね♪

No.2 キュートなピンクコサージュ

No.3 落ち着いた印象のブルーコサージュ

クールビューティーな印象のブルー。
知的で上品なイメージを演出することができます。
同系色のドレスと合わせれば品よく落ち着いた雰囲気に。
ピンクやレッド系のドレスで、もう少し大人っぽいコーディネートをしたい方にはブルーのコサージュをON♪

No.3 落ち着いた印象のブルーコサージュ

No.4 シックで大人な雰囲気あるネイビーコサージュ

ドレスでも人気のネイビーは、コサージュで取り入れるとよりシックな雰囲気に。
ベージュとはまた違った華やかさをお楽しみいただけます。
ネイビーのドレスと合わせる場合は、バッグや靴などを明るいカラーにして暗くなり過ぎ無いように注意してください♪

No.4 シックで大人な雰囲気あるネイビーコサージュ
コサージュの素材やデザイン、合わせるドレスや羽織物の色合いによって色々なコーディネートが出来るので、お気に入りのコーディネートを探してみてください♪

コサージュはどこで買う?レンタルという手も♪

コサージュはどこで買う?レンタルという手も♪
コサージュを探す場合、どこで手に入れますか?
デパート、ネットなどで購入する方も多いと思いますが、レンタルまたはハンドメイドという方法もあるんです!
それぞれのメリットを紹介するとともに、おすすめのショップをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください♪

コサージュは購入したい!メリットとおすすめショップ

新品で自分だけのコサージュが欲しい!という方は購入がおすすめ♪
 
コサージュを購入するメリット
・自分好みのデザインやカラーが選べて、コーディネートが出来る
・普段使いも出来る

可愛いコサージュがたくさん揃っているショップをご紹介します!

◆ミッシュキッシュ
https://missh-kissh.com
オリジナルのコサージュとアクセサリーの通販ショップ。
あらゆるシーンに合った色やデザインが豊富で、結婚式はもちろん、お子様にもピッタリなコサージュも♪

◆RoseBijou-deux
http://www.rosebijou-deux.com
コサージュだけでなく、リースやウエディングブーケ、季節ごとのイベントに合ったさまざまなアートフラワーが勢揃い!
オーダーアレンジも出来て、自分の好きなデザインのコサージュが購入できます♪

コサージュはレンタル出来る♪メリットとおすすめショップ

普段コサージュを使う機会がない……という方にはレンタルがおすすめ♪
 
コサージュをレンタルするメリット
・購入するより価格が抑えられる
・保管場所がいらない

低価格で可愛いコサージュが揃っているショップをご紹介します!

◆おしゃれコンシャス
レンタルドレスのおしゃれコンシャス レンタルドレスで人気のおしゃれコンシャス。
ドレスやコサージュの他にも、バッグやネックレスなど、様々なシーンに対応したおしゃれな小物が豊富に揃っています♪
2泊3日~6泊7日まで同一料金、¥500~コサージュのみのレンタルも可能です。  
 
フェルゥ (Feroux)
リボンミックスアイボリーコサージュ

ふんわりと清楚な印象のアイボリーのコサージュ。
光沢のあるリボン、ビジュやクリスタルからは可愛さだけでなく、品の良さも感じられます。
つけるだけでお顔周りも明るく、華やかなドレススタイルに♪
 
エニィスィス (anySiS)
異素材MIXパールビジュネイビーコサージュ

ツイード素材、シフォン生地を使用したネイビーのコサージュ。
白糸が編み込まれているので暗くなり過ぎず、高級感のある雰囲気をお楽しみいただけます。
11.5cmのやや大きめのサイズで、目に付きやすく印象に残りやすいコサージュです。

◆Cariru
cariru お呼ばれシーンで欠かせないアイテムが豊富に揃っているレンタルショップCariru。
レンタル日数によって料金は変わりますが、3日間¥450~コサージュレンタルが可能です。

ハンドメイドでコサージュを作ってみよう♪

最近はDIYが人気ですが、コサージュも簡単に作れちゃうんです!


材料も100円ショップなどで手に入れることができます。
低価格で自分好みのコサージュを作れるところがハンドメイドのメリット♪
ぜひ挑戦してみてください☆

結婚式のコサージュQ&A

結婚式のコサージュQ&Aコサージュのマナーは理解した!
好みのコサージュも用意できた!
でも、いざ実際付けてみると、「本当にこれでいいのかな……」「変じゃないかな……」と不安になる方もいますよね。
皆さんが思っている疑問や不安をここで解消しましょう♪

Q1.結婚式にコサージュって必ずいる?

A.必ずいるということはありません。
華やかさが足りない時、フォーマルな場に相応しいアクセサリーを付けたい時などに、お好みでコサージュをプラスして、コーディネートを楽しんでください!
マナーには気を付けてくださいね♪

Q2.結婚式に招待されましたが、選んだドレスに合うコサージュが分からない……。

A.迷った時はベージュのコサージュがおすすめです。
派手過ぎず上品な色で、結婚式などの華やかなシーンにピッタリです。
どの色のドレスにも合うカラーですよ♪
ただ、ドレスもベージュの場合は全身白っぽくなってしまうので、アクセサリーや羽織物はベージュは避けた方がいいでしょう。

Q3.コサージュってダサい?

A.コサージュ 結婚式と検索すると“ダサい”の文字が……。
決してダサくはありません!
好みの問題もありますが、コサージュをつけることで華やかさがアップし、素敵なコーディネートに仕上がります。
あれもこれもとアクセサリーをつけるとゴチャゴチャしてしまうので、アクセサリーの付け過ぎには注意しましょう。

コサージュで結婚式コーデの華やかさをアップ♪

フォーマルなシーンのアクセサリーにぴったりのコサージュ。
つけるだけでお顔まわりも明るく華やかに仕上がりますね♪
結婚式のお呼ばれはせっかくの着飾る機会ですから、自分の好きなコサージュを選んで、コーディネートを楽しんでください!