パーティードレス 人気色からカラー別コーデ、NGマナーまで全てご紹介

パーティードレス 人気色からカラー別コーデ、NGマナーまで全てご紹介


「結婚式や二次会、パーティーにお呼ばれされたけど、どんなドレスを着て行こう・・」
いつもはネイビーや黒だけど、今回は違う色に挑戦しようと考えている人も多いはず。
ドレスは選ぶカラーによって印象が大きく違うだけでなく、マナー的にNGな色もあるんです。
ここでは人気色をはじめ、立場別に気を付けたい色や、マナーに配慮した色選びなど、「絶対に後悔したくない!」方へのカラー選びを伝授します。

カラー選びを伝授

結婚式ドレスのNGカラーを知っておこう

着たい色があるけれど、マナー的にはどうなのかな?とお悩みの方も多いかと思います。
ここでは、結婚式にゲストとして出席される場合に、注意したいポイントをご紹介します。
 
気を付けたいポイント

NGのパーティードレス色

×黒一色のパーティードレス
黒色は素材によっては喪服を連想させる色に見えてしまいます。
黒を着る場合は、ボレロやショール、アクセサリーなどで明るめの小物を足して。

×白色のパーティードレス
花嫁のウェディングドレスと被ってしまうため絶対にNG!
結婚式で白色を着用していいのは花嫁花婿のみです。
 
×全体的に白一色にみえるパーティードレス
白色のドレスはNGとお伝えしましたが実は照明の加減で白っぽく見えるベージュなどの色も避けた方がベター。
薄いベージュ色のコーデは明るい会場や写真を写すときなど、強い照明のもとでは花嫁色の白一色に見えることも。
明るめベージュ色には、合わせるボレロやバッグの色を別の色を足せば安心です。

NGではないけれど・・・気を付けたいパーティードレス色

△バイカラー(1着で2色に分かれている)ドレス
バイカラーは「別れ」を連想させることから、結婚式にふさわしくないと考えている方もいるとか。
最近では気にならない人も多いし、マナー的にはNGではないけれども・・・
立場や、参列者の顔ぶれ、格式の高い会場ではチョイスする前に考えると良いかもしれません。

パーティードレス 人気色ベスト5!

パーティードレスの色選びに悩んだら、人気色をチョイス!
ここでは人気カラーベスト5を紹介しちゃいます。
人気の高いカラーならお呼ばれシーンのドレスアップも安心ですね♪
 
パーティードレス 人気色ベスト5!

1位 紺色(ネイビーカラー)

立場や年代を問わず着用できるネイビーカラーはダントツの人気。
黒ほど暗くなりすぎず、大人な上品さを演出できる色として高く支持をされています。
クミキョク (組曲)
上品ボトルネックネイビードレスセット

華やかなレース素材と、高級感漂う光沢感ある素材を合わせた正統派のネイビードレス。
一見、暗くなりがちなネイビーもレース素材で華やかさがUP。
ハリのあるスカートが上品さを与えることでフォーマルなシーンにぴったりなパーティードレスです。
 
 
クミキョクプリエ(組曲プリエ)
ボーダーレースネイビードレス

ボーダー柄にレースが施されたデザイン性の高いパーティードレスです。
色が被りやすいネイビーもデザイン性が高いドレスで一目置かれるドレススタイルに!
やや長めの着丈がきちんと感を演出、幅広い年代の女性に安心して着て頂ける1枚です。
 
 
ネイビーカラーのドレスが気になる方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね♪

2位 黒色(ブラックカラー)

ブラックはフォーマルな場からカジュアルなパーティーまで着回し度抜群!
また女性の魅力を引き立たせる効果があり、欧米ではパーティードレスの定番色。
 
カルバンクライン(Calvin Klein)
裾カットレースブラックドレス

洗練された海外ブランドのデザイン性が光るブラックカラーのパーティードレス。
定番になりがちな黒色でもデコルテラインを美しく見せる胸元のVネックがおしゃれをランクUP。
ボレロ・ショールと合わせるとワンランク上の装いになり、注目されること間違いなし。
 
 
ラグナムーン (LAGUNAMOON)
ジオメトリックレースブラックドレス

いつもと違う雰囲気を楽しみたいならタイトドレスはいかがでしょうか。
ジオメトリック柄なので被りの心配も少なく、縦長効果でスタイルアップも期待大◎
リボンを結んだらどの角度からも完璧なドレスアップの出来上がり。
 
 
黒色(ブラックカラー)のドレスが気になる方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね♪

3位 青色(ブルーカラー)

爽やかさと、知的さを印象付けるブルーカラーは誰からも好かれる色☆
ブルーカラーはやさしいトーンから、知的を印象付ける濃いめのブルーカラーまで、印象がガラッと変わるのもおしゃれ心をくすぐるポイント。
「これだ!」と思うブルーカラーをチョイスしてみて。
クミキョク (組曲)
ゆったりブルーグリーンドレス

写真映えもばっちりなブルーグリーンカラードレス。
デコルテラインや袖には女性らしさを感じる透け感があり、トレンドも華やかさも叶えてくれます。
ボディラインを拾わないシルエットなので体型カバーも◎
ロングネックレスを合わせればこなれ感抜群です。
 
 
アプワイザー・リッシェ(Apuweiser-riche)
華やかビジュライトブルードレス

青色の中でも若々しい印象の水色系のパーティードレス。
ハリ感のある生地とデコルテラインのビジューで大人可愛いデザイン性も魅力的。
ボレロと合わせれば、甘くなり過ぎない着こなしで結婚式などのフォーマルな場所でも安心してご利用いただけます。
 
 

4位 ピンク・ベージュカラー

女性らしさを引き立たせてくれるピンク・ベージュ系色は女心をくすぐる魅力的なカラー。
優しい印象をあたえ、華やかな色でもあるのでフォーマルな結婚式やちょっとしたパーティーシーンにもぴったりのカラーです。
グレースコンチネンタル (GRACE CONTINENTAL)
チュールスカラレースピンクベージュドレス

肌になじむピンクベージュカラーが大人な雰囲気を演出する一着。
すっきり見せVネックと、刺繍を施したスカートとの組み合わせでデザイン性が光るパーティードレスです。
結婚式でピンクベージュのドレスを着るのは、マナーとして「OK」です。
黒やネイビーのドレスが多い中、ピンクベージュのドレスは一目置かれる存在に。   
 
アプワイザー・リッシェ (Apuweiser-riche)
華やかビジュ濃ピンクドレス

着るだけでその場がぱっと明るくなるピンクカラーはお祝いムードを盛り上げます。
バックスタイルはレースとリボンで女ゴコロをくすぐるデザインに♡
せっかくのドレスアップの機会なので、思いっきりお洒落するのもいいですね。
 
 

5位 赤色(レッド)・オレンジカラー

レッドやオレンジは人と違う色をお探しのアナタにピッタリの色です。
明るくて華やかな印象のレッド・オレンジをおしゃれに着こなせば、一目おかれる存在に。
グレースコンチネンタル (GRACE CONTINENTAL)
レースカシュクールコーラルオレンジドレス

鮮やかなオレンジカラーはおしゃれを思いっきり楽しみたいアナタにぴったりの一着。
カシュクールデザインは一層エレガントな印象に導いてくれます。
広がり過ぎないスカートなので大人女性にもぜひ挑戦して頂きたい1着。
 
 
アティラントーレ(Attirantore)
ダブルビジュボルドードレス

上品さが漂うボルドーカラーは若い世代だけでなくミセス世代にも綺麗に着こなせるカラー。
付属のブラックのリボンベルトでウエストマークするだけで、着やせ効果も◎。
色被りの少ないボルドーカラーなら存在感抜群。
落ち着き感の中にも華やかさもしっかりとあるので、フォーマルな席でも安心してご利用いただけます。
 
 

立場別
パーティードレスのカラー選び

親族としてゲストを迎える立場と、仕事関係の友人として結婚式に参加する立場では、服装マナーが異なるように、立場によってふさわしいカラーが違います。
失敗しないための立場別パーティードレスのカラー選びをご紹介します♪
 
親族としてゲストを迎える立場

親族の結婚式に選びたい
パーティードレスの色

新郎新婦から招待があったとしても親族はゲスト側ではなくゲストをお迎えする側になります。
新郎新婦から近い親族であれば、正装や正装に近いドレスアップが必須に。
ただ、同世代の姉妹やいとこであれば少し華やかな色味でもOK!
立場によってドレスカラーを選ぶと迷いも少なくなるはず。
 

母親の立場での結婚式参列なら

結婚式でゲストを迎える立場の母親は、フォーマル度の高いブラックのロングドレスがお勧めです。
新郎新婦の母親は、「留袖では」と思われる方も多いと思いますが、着付けが楽、動きやすいなどの理由でドレスを選ばれる方も多いんですよ♪
 
デリセノアール(DELLISE NOIR)
ブラックロングドレスセット

露出度を抑えたロングドレスは、留袖と同様、正礼装に当たります。
お昼に行われる結婚式であれば、控えめがマナー。
羽織物などで露出を控え、パールのアクセサリーなどでアクセントをつけるとGOOD。
夕方なら、肩を出したり、煌びやかなアクセサリーをつけたりして華やかに着飾りましょう。
 

叔母(伯母)の立場での結婚式参列なら

間柄によっては、両親に近い立場となる叔母(伯母)は、親族として、ゲストをおもてなしする立場でもあり、控えめなカラーが好まれます。
立場的にブラックカラーやネイビーカラーのドレスがおすすめです。
ルチェア (Luceat)
プリーツミディネイビードレスセット

上品なミディ丈でエレガントな印象に。
母親と同様で、叔母の立場でも露出を控えた方が◎
セットの羽織物はジャケットとボレロの中間のようなデザイン。
襟付きなのできちんと感もプラスされます。
優雅に揺れ動くプリーツスカートが特別感を演出します。
 

姉妹・いとこの立場での結婚式参列なら

結婚式で黒一色になりがちな親族席も、姉妹・いとこの立場では華やかな印象で落ち着いたカラーを選ぶと、新郎新婦からも喜ばれますよ☆
ドーリードール (Dorry Doll)
ふんわりアッシュネイビードレスセット

肌に馴染むアッシュカラーは、派手すぎず落ちつきすぎないないナチュラルなドレスアップに。
ウエストのクロスデザインがお腹周りをスッキリみせてくれるのもおすすめポイント。
襟付きジャケットを羽織ればフォーマルな装いの完成です。
 

友人の結婚式に選びたい
パーティードレスの色

結婚式といえば、黒やネイビーに偏りがちですが、友人は華やかさを添える立場として明るめのカラーがGOOD。
カエン (Kaene)
総レースダスティーピンクドレス

トレンドの総レースドレスはお洒落な友人が集まる結婚式で一目置かれること間違いなし。
柔らかなピンク色でお祝いムードを盛り上げます。
袖付きなので1枚で着れるのも嬉しいですね。
 
 
ダイアグラム (DIAGRAM)
袖付きドットレースマスタードドレス

自分らしいドレスアップをお楽しみ頂けるマスタードカラードレス。
個性的なデザインが周りと差をつけてくれます。
デコルテラインや袖に透け感があるので、カラードレスでも子供っぽくなりません。
 

会社関係の結婚式に選びたい
パーティードレスの色

会社関係は、友人と同様に会場に華を添える役目とともに、会社の代表として品のある清楚な装いを心掛けたいところ。
後輩や同期の立場での参列なら、華やかなお色味をチョイス。
先輩や上司の立場での参列なら、きちんと感あるカラーがベストです。
 
エルモソ(Hermoso)
レーススカートピンクベージュドレス

優しい色味のピンクベージュカラーは、落ち着いた色味で会社関係に必要な品の良さを実現。
ウエストにさりげなく施されたビジューが華やかさをプラス。
同系色のジャケットでまとめれば、より一層のキチンと感が実現されるスタイルです♪
 
 
エメル (EMMEL REFINES )
リファインズ ハシゴレースミディ丈グリーンドレ

クラシカルな雰囲気のグリーンカラードレス。
落ち着いたグリーンカラーは派手すぎないのに暗すぎないので会社関係の結婚式にぴったり。
袖付きなので1枚でも着用でき、よりきちんと感を出したいのならショールを羽織るのがおすすめ。
 

パーティードレスのカラー系統別
コーディネート集

パーティードレスの色は決まったものの、羽織物やバッグの色は何にしようか意外と悩んでしまいますよね。
色が合わないと、せっかくの素敵なパーティードレスも台無しです。
難しく考えがちなカラーコーディネート・・・実はいたってシンプルなんです。
 
ポイントは
☆同系色でまとめる☆
☆反対色でメリハリをつける☆

の2つです。
ポイントをおさえた、パーティードレスのカラー系統別コーディネートをご紹介します♪

パーティードレスのカラー

ダークカラーのコーディネート

ブラックやネイビーカラーなど落ち着いた色のドレスはきちんと感が出て上品な印象になります。
また、気になる体型をすっきり引き締めてみせてくれる嬉しい効果も♡
 

同系色でまとめる

ダークカラーの同系色は、マナー面も安心なうえ、コーディネートもしやすく、人気のカラー。
ただ注意したいのは、重く見えがちなので、明るめカラーの小物でコーディネートしていくとGOOD♪
 
ミベル ミューズ(mebelle muse)
ウェストパールネイビードレスセット

一番人気のネイビー×ブラックカラーの組み合わせは、お呼ばれシーンに大活躍。
重くみえがちのダークカラーもウエストのパール使いがアクセントになってオシャレ度UP。
長めの丈感で、ご親族様の挙式参列などフォーマルな場でも安心してご利用いただけます。
明るめのバッグを合わせたコーディネートにすれば、落ち着いた大人の装いになります。
 
 
アグレアーブル (Agreable)
プリーツチュールネイビードレスセット

羽織物も小物もブラックカラーでまとめたコーディネートです。
こちらのドレスは裾に透け感があるので全身落ち着いた色でまとめでも抜け感があり、重くなりすぎません。
 

反対色でメリハリをつける

ダークカラーにメリハリ感をつけるなら、くすみのないクリアな色を合わせるとBest!
明るめのアクセントカラーが全体をスッキリと見せてくれます。
 
ジルスチュアート(JILLSTUART)
ネイビーリボンフレアドレスセット

ネイビードレスとベージュのボレロとの組み合わせは、それぞれの色の良さが引き立ちつつ、しっかりまとまる鉄板コーデ。
ドレスは胸元のリボンとふんわりスカートのデザインでよりキュートな印象に◎。
上品な光沢のパールのアクセサリーを足せば、華やかなシーンにぴったりなコーデの完成です。
 
 
アシール(ASHILL)
シンプルグリーンドレスセット

深みのあるグリーンカラーとベージュカラーのジャケットとの組み合わせで、上品さが引き立つ優秀コーデ。
シンプルなドレスにロングネックレスを合わせるときちんと感UP。
着丈の長さや質感も安心してフォーマルの場でお使いいただけます。
 

明るいカラーのコーディネート

明るいカラードレスはその場が華やかになるだけではなく、自分自身もわくわくしちゃうますよね。
普段着ない色をチョイスしてドレスアップするのも悪くないですよ♡
 

同系色でまとめる

明るいカラーはそれだけでお祝いムード満点!
華やかな印象になるので、選ばれる方も多いです。
ただ同系色でまとめる場合は、薄いベージュ一色など全身白っぽくなってしまう花嫁カラーは避けたいところ。
マナーを踏まえたコーディネート例をご紹介します♪
 
アナトリエ(anatelier)
スモーキーピンクチェックドレスセット

色味を抑えた明るめスモーキーピンクに、アイボリーのボレロをONすると、全体の甘さを上手に抑えた大人可愛いスタイルに。
なじませ色のコーディネートで、全体的に統一感が生まれ、上品にまとまった印象になります。
スカートのみに施されたオーガンジー素材がふわっと揺らぎ、女性らしさをUP。
結婚式や謝恩会、パーティーシーンまで、女性らしさを引き立たせるパーティードレスです。
 
 
ラグナムーン (LAGUNAMOON)
トップスレースライトグリーンドレス

年齢問わずお楽しみ頂けるライトグリーンカラードレス。
シャンパンカラーのショールを纏えば華やかさも可愛らしさも叶います。
ウエストマークが太めなのでお腹周りがきゅっと細く見えるのもGOOD!
 

反対色でメリハリをつける

明るいカラーに反対色を合わせると、お互いの色を引き立たせた、メリハリのある着こなしが実現。
上品な印象に仕上がりますよ。
フェテローブ (FeteROBE)
フラワーレースレッド系ドレス

ファッションにうるさい友人からも褒められること間違いないレッドカラードレス。
ハイネックデザインやレトロ柄のレースは、おしゃれの一歩先を行くコーディネートのアクセントに。
ブラックジャケットを羽織ればメリハリが出てシックな装いになります。
 
 
インタープラネット(INTERPLANET)
プリーツサイドモカドレスセット

モカカラーと相性のよいブラックカラーを合わせて、全体が引き締まりスッキリとした印象のコーデ。
ブラックの小物でまとめると全体に統一感ができて更にメリハリ感がUP。
クールな大人コーデで、結婚式のお呼ばれや各種パーティーなどフォーマルなシーンにピッタリです。
 
 

色に注意してあなたらしいドレスアップを

いかがでしたか?
一番人気のネイビーカラーや黒色以外にも着れるカラーって意外とあるんです。
黒色やベージュカラーなどの定番色でも、コーディネート次第で印象がガラッと変わってオシャレですよね。
せっかくドレスという非日常的な服で着飾るのですから、ぜひこの記事を参考にして、Happyな気持ちにさせてくれるパーティードレスを選んでくださいね。
どうぞ楽しいひと時をお過ごしください。