小学校の入学式 何着てく?ママの服装から持ち物リストまで大公開!!

小学校の入学式 何着てく?ママの服装から持ち物リストまで大公開!!

小山 絵実
監修 小山 絵実(コヤマ エミ)
経歴
準ミスインターナショナル日本代表(2004年度)
ミスアース日本代表(2005年度)
女性起業家大賞最優秀賞 受賞(2019年)
日本化粧品検定1級 保有

現在
株式会社ミスコンシャス 代表取締役社長(2012年~)
業界最大級のインターネット専門レンタルドレスショップ「おしゃれコンシャス」を運営しています。

ファッションモデルやアパレルバイヤーの経験もあり、おしゃれコンシャスでは主に商品の仕入れを担当。
TV、新聞をはじめとする100を超えるメディアに出演しています。
長年の経験と培った専門知識をもとに、信頼できるマナー・ファッション・美の情報をお届けします。
待ちに待った小学校の入学式!
大切なお子様のご入学、おめでとうございます。
お子様が主役の入学式ですが、ママも服装に悩みがちですよね。
保護者としてどんな服装がふさわしいでしょうか。
母親の服装~あって良かった持ち物リストまでご紹介していきたいと思います。
 
3月、4月は何かとバタバタとする時。
直前であわてることの無いよう、早め早めの準備を心がけましょう。

小学校の入学式

小学校の入学式、
何を着る母親が多い?

入学式の服装に悩まれているママも多いですよね。
初めてのママはとくに選び方から分からないかと思います。
そこで今回は、小学校の入学式に出席したことのあるママさんにアンケートを取ってみました。

小学校の入学式の服装 グラフ
2021年 IKINA編集部調べ
小学校の入学式では、半分の母親はスーツを着ていったとのこと。
やはり圧倒的にセレモニースーツが人気のようですね。
 
リフレクト (Reflect)
アイボリーセレモニーワンピースセット

こちらが人気のセレモニースーツ。
お子様が主役の小学校の入学式にピッタリです。
シンプルなワンピースとジャケットのセットで、コーディネートの心配も無用。
控えめな中にも上品な華やかさを感じられる一着です。
 
 
お子様が主役の入学式ですが、親御さんの服装もよく見られていますよ。
「あの子のママ素敵!」と思ってもらえるように好感の持てる服装を心掛けましょう。
続いては、服装選びのポイントについてみていきましょう!

小学校の入学式、
母親の服装選びのポイント

これさえ押さえておけば失敗なしの服装選びのポイントをまとめました。
 
小学校の入学式にピッタリな服装選びのポイント
  • 黒やネイビーなどの暗くて地味な色は避ける(暗いカラーのスーツを着るならコサージュで華やかさをプラス)
  • 淡いカラーのピンク、グレーやアイボリーなどの明るい色で華やかな装いを
  • 明るすぎない淡く落ち着いたカラーがオススメ

やっぱり入学式は春らしく、明るいカラーの服装がベスト!
次はこのポイントを元に入学式にピッタリな服装をご紹介していきます。

定番のセレモニースーツで
きちんと感あるママスタイル

ママにとっても大事なセレモニーである入学式。
迷ったらスーツをチョイスで間違いなし!
きちんと感も◎で、出来る母親の印象を与えます。
気持ちも晴れやかに、春らしい色合いのスーツがオススメです。
入学式にピッタリな王道スーツをご紹介していきます。

30代ママにおすすめ
若さとフェミニンな印象を感じられるセレモニースーツ

エニィスィス (anySiS)
襟付きアイボリースーツセット

入学式できちんとしたいけど、かっちりしすぎもイヤ!そんなママに女性らしいフェミニンなスーツセットがおすすめ。
襟付きでフォーマルな印象がありつつ柔らかなアイボリーカラーが優しい雰囲気に。
バッグや靴を黒でまとめると上品コーディネートで入学式にぴったりです。
 
 
ケティ (ketty)
ブラック×ホワイトワンピーススーツセット

ブラック×ホワイトの異素材バイカラーデザインはこなれたオシャレな母親を演出。
明るい雰囲気で入学式にピッタリな装いです。
ワンピースタイプなのでお腹周りの気になる方にもオススメ!
 
 
フェルゥ (Feroux)
フラワーアイボリーセレモニーワンピースセット

可愛らしい雰囲気がお好みのお母様におすすめのワンピースセット。
丸襟や大き目のクルミボタンが大人可愛い入学式のママスタイルを叶えます。
甘すぎるのは苦手・・・そんな方は襟を取り外して着用すると程よい甘さがあってフェミニンな印象になりますよ。
 
 

40代ママにおすすめ
落ち着きと上品さのあるセレモニースーツ

クレイサス (CLATHAS)
異素材MIXアイボリーワンピースセット

ワンピースの上品な光沢生地がエレガントな雰囲気をプラスしてくれる一着。
年齢を重ねると気になってくる体型もワンピースで綺麗にカバーできます。
またIラインシルエットですっきりと40代の着こなしに。
 
 
リフレクト (Reflect)
ツイードホワイト×ネイビースーツセット

きりっと清潔感のあるホワイト×ネイビーのスーツセット。
ジャケットのネイビーパイピングとツイード生地のネイビー糸がマッチしお洒落さも忘れません。
バッグや靴もネイビーやブラックで合わせると綺麗にまとまります。
 
 
ケティ (ketty)
ライトグレー×ブラックワンピーススーツセット

ジャケットからのぞくワンピースの共布が上品なワンピースセット。
40代のお母様にも可愛くなり過ぎない程よいスカートの開きで動きやすさもGOOD。
着席時間が長い入学式にはヒップ部分がゆったりとしているといいですね。
 
   
~合わせて使いたい!コサージュでより華やかに~
スーツにプラスしたいアイテムが「コサージュ」。
付けると付けないでは、雰囲気も華やかさも変わってきます。
スーツ同様、淡い色味が入学式向きで、スーツと同系色を選ぶと失敗がありません。
 
エニィスィス (anySiS)
異素材MIXパールビジュベージュコサージュ

やや大ぶりで華やかな存在感があるコサージュ。
ツイード素材のスーツと好相性です。
お顔周りがパッと明るくなり、お花の効果で小顔にも見えるんですよ。
若干上かな?と思うかもしれませんが、目線も上に上がりスタイルUP効果も期待◎。
 

スーツほどかっちりしなくてもOKなら
ワンピース+ジャケットで

小学校入学式の母親の服装といえば、スーツが主流でしたが、最近ではそのファッションも様々なよう。
実際、入学式でもパンツスタイルやデザイン性のあるワンピースを着こなしたオシャレなママさんをたくさん見かけました。
最近では、ワンピース+ジャケットの組み合わせは定番といえますね。
マナーを押さえれば、立派なセレモニースタイルになるワンピースをご紹介します。
ローマン (ROMAN)
フラワーモチーフレースブラックドレス

全体に贅沢に施されたレースが、エレガントで上品なワンピース。
フラワーモチーフレース柄は、女性らしい柔らかな印象で優しいお母さんのイメージを際立たせます。
ベージュカラーのジャケットを合わせれば、きちんと感もUP。
 
 
エルモソ (Hermoso)
セットアップブラックドレスセット

上品でシックなブラックカラーなら清楚で落ち着きのある雰囲気に。
スカートのレースも相まって、エレガントな着こなしが完成。
ウエストがゴム仕様になっているので着席時間もストレスフリーです。
 
 
ホワイト ジョーラ (White Joola)
シンプルレースVネック濃紺ドレスセット

すがすがしい気持ちになるライトグレーカラーのジャケットが入学式の雰囲気にマッチ。
トレンド感のあるレースワンピースに合わせればお洒落なママコーデの完成です!
 
 
アナトリエ (anatelier)
Iライン袖付きピンクベージュドレス

品のよいピンクベージュカラーはママカラーとして好感度が最も高いんです。
7分の袖丈とシンプルなフロントが羽織りものなしでも安心のきちんと感。
気品高く、知的な母親の印象を漂わせます。
 
 

オシャレで着回し力◎
パンツスタイルでつくる
セレモニーファッション

最近ではよく見かけるようになったパンツスタイルのセレモニーファッション。
ジャケットスーツより固くならずにオシャレにキマル!着回ししやすい!
そんな所が現代のママ達に支持される理由ではないでしょうか?
パンツスタイルなら、あとから着回しにも使いやすいセパレートタイプのセットアップがオススメです。
スカートが苦手なママも、オシャレに決めたいママも小学校の入学式はパンツスタイルでキマリ!!
ケティ(ketty)
異素材ベージュパンツドレス

優しいママのイメージにピッタリなベージュカラー×きちんと感のあるブラックの組み合わせで春のセレモニーシーンにピッタリな装いに。
トップスのフリル効果で、ポッコリお腹が気になるママにもオススメのデザイン。
セパレートタイプなので入園・入学式後の着回しも出来ちゃいます。
 
 
アシール (ASHILL)
ビジュぺプラムブラックパンツドレス

洗練された印象のブラックカラーのパンツ。
パンツスタイルは寒さ対策もGOODなので、まだまだ肌寒い入学式にぴったり。
ケープ袖のジャケットを羽織れば周りのママと差のついたオシャレ度の高いコーディネートが完成します。
 
 
ルチェア (Luceat)
袖レースカシュクールブラックパンツドレス

ワイドパンツで動きやすくて寒さ対策もばっちりできる優秀な一着。
上品なカシュクールデザインのトップスにジャケットを羽織ればきちんと感あるコーディネートの完成です。
パールネックレスで顔周りを華やかに
 
 
出費を抑えたい!そんなママさんに朗報!
なにかと出費の多い春…。
「入園・入学式と2回着る機会はあるものの、その為だけにセレモニー服を買うのもなんだか勿体ない・・・」
そんなママも。
「オシャレを楽しみたいけど、その都度買い替えていては金銭的にもきついし…」
そんなママにも。
オススメしたいのがレンタルドレスです。
高品質で旬な装いを購入するよりも安く選べるので、お財布にも優しいんです。
またコーディネートが苦手なママさんも安心!
スタイリストが入学式にピッタリな装いをご提案します。
小学校の入学式で着るスーツ&ワンピース選びなら、ネットレンタルの「おしゃれコンシャス」がおすすめ!

レンタルドレスのおしゃれコンシャス

コーディネートの仕上げ
ネックレスも忘れずに…

入学式、母親のネックレスは必須ではないですが、付けた方がより華やかだしフォーマル感もアップします。
首元を華やかに彩ってくれるネックレスはやっぱり欠かせないアイテムですね。
フォーマルな場なので、キラキラ光るものではなく、光を抑えたアクセサリーを付けるのが基本!
品のあるパールのネックレスがオススメです。
小学校の入学式で、綺麗に品よくお顔周りを飾ってくれるネックレスをご紹介♪
ビヲミナ (VIWOMINA)
2連エレガントパールシルバーネックレス

どんなコーディネートにもそっと寄り添う王道のパールネックレス。
長さ53㎝のパールネックレスがデコルテラインを美しく魅せてくれます。
品の良い華やかさがセレモニーシーンにピッタリ。
 
 
ケティ (ketty)
ダブルパールシルバーネックレス

こちらはコットンパールのネックレス。
存在感あるダブルパールのデザインが存在感抜群で、華やかな装いになります。
 

 

準備はOK?
入学式 持ち物チェックリスト

入学式 持ち物チェックリスト小学校の入学式当日はママもお子様も初めての事で手馴れないから、なにかとバタバタ…。
忘れものをした!なんてことにならないように必要な持ち物を事前にチェックしていきましょう。
また、先輩ママに聞いた!あってよかったお助けアイテムも合わせてご紹介していきます。

これは必要!
~基本の持ち物編~

必要書類

入学式では本人確認のため、入学通知書など本人を証明するものが必要になる場合があります。
入学案内のしおりを確認して必要なら持っていきましょう。

上履き(体育館シューズ)

体育館で行う入学式。
その際に必要になります。
学校指定のものを準備して持たせてあげましょう。
名前を書くのも忘れずに!

室内履き(スリッパ)

こちらは母親用。
入学式当日は体育館や教室でスリッパが必要になります。
学校側でスリッパを貸してくれる場合もありますが、数に限りもあるので持参するようにしましょう。
コンパクトに折りたためる携帯用のスリッパがあるとgood。

靴を入れる袋

入学式は室内で過ごす事がほとんどです。
脱いだ靴がかさばらないよう、袋を一つ用意しておくと良いでしょう。

筆記用具

案外忘れがちな筆記用具。
そこまで頭が回らないかもしれませんが、入学式当日はメモを取ったり、子供の持ち物に名前を書いたりする場面もしばしば…。
そんな時に筆記用具がないと困ってしまいますので、忘れないように~!
筆者も困ったうちの一人です…(笑)

先輩ママに聞いた!
小学校の入学式にあってよかったアイテム

サブバッグ

入学式当日は、学校からの案内プリントや新しく使う教科書など、色々なものが配布されます。
荷物が大量になるので大きめのサブバッグは必須。
ちなみに紙袋は重さに耐えきれず、破れてしまった…なんてことになり兼ねないので注意しましょう。

防寒グッズ

入学式は4月に行われますが、日によって肌寒いことも…。
体育館や教室は意外に寒いし、床や廊下は冷たいことが多いので特に足元が冷えやすいです。
心配な方は、防寒グッズを持参しましょう。
荷物になりにくい、カイロが便利!

初入学式!
母親みんなのプチ疑問

初めての入学式、よく考えたら服装以外にも疑問はたくさん。
言われてみたら気になる、小学校入学式の疑問をまとめました。

ランドセルは必要?

案外迷いがちなランドセル。
入学式にランドセルを持っていかなくていいの?と悩まれているママも多いのでは。
入学のしおりの持ち物に「ランドセル」と書かれてある学校と「鞄等」とある学校に分かれているようです。
 
持っていこうか悩んでいるようなら、絶対!入学式にはランドセルを背負って行くことをオススメします!!
小学校の校門に『入学式』と書かれた看板はその日一日だけ!
ぜひ、ランドセルを背負って校門の前で記念写真を撮りましょう。
 
一生に一度の入学式、初々しいランドセル姿の我が子の一枚を残して!

兄弟がいる場合どうする?

下に兄弟がいるご家庭は、下の子も入学式に連れていっていいものなのか迷いがち…。
式の間、ずっと大人しく待っていられる子なら大丈夫ですが、子供ってそうはいかないですよね。
それに入学式が終わったあと、教室に戻り担任からの話などもあるため、終わるまでに2~3時間は掛かります。
その時間、ずっと静かに待つことは幼い子供にとっては負担が大きいので可能であれば、預けて出かけましょう。
ちなみに…入学式は平日に行うことも多く、幼稚園・保育園に行っている子なら通常通り預かってもらえるのでご安心を。
 
近年の小学校の入学式では母親の服装も様々なようです。
ただ、こればかりは地域や学校の傾向によって差があるのも事実。
先輩ママにリサーチできるといいですね。
 
お子さんにとっても、ママにとっても新しい生活のstart。
素敵な学校生活が送れますように。