ご利用料金 8,000円(税別)以上で往復送料無料 詳しくはこちら

レンタルドレスを選ぶ(授乳OK・人気順) - おしゃれコンシャス


安心の「1週間レンタル」はじめました NHK総合テレビで特集されました!

授乳OKのドレス選びのポイント

授乳中のドレスを選ぶときには、3つのポイントを抑えておくと、安心です。

1.授乳しやすいデザイン

授乳のしやすいデザインのドレスであることが、一番のポイントです。
デザインはいろんなタイプがあるので、まずはどんな授乳OKのデザインがあるかを把握するのが第一歩です。
探してみると、意外と授乳しやすいデザインはたくさんあります。

2.シンプルなデザイン

ビジュなどの装飾がたくさんついているドレスはとっても素敵です。
でも、赤ちゃんを抱っこしたときに傷つけてしまう可能性も考えられます。
赤ちゃんのためにも、シンプルなデザインを選ぶように心がけましょう。

3.バストサイズに余裕がある

授乳中は胸が張り、それに伴いバストサイズもアップします。
サイズを選ぶ際は、できれば胸が張った状態で測ることをおすすめします。

授乳中ママにおすすめの「授乳ドレス」

授乳中のママにおすすめのドレスデザインをご紹介します。

授乳口が付いているタイプ

脇近くで縦に開く授乳口がついているタイプのドレスは、外から見ても授乳口がついているとは気づきません!
一見、タックデザインが施されているように見えることが多いです。
授乳している際にも、肌が見えにくいので、あまり肌を見せたくない方に特におすすめのデザインです。

胸元のあて布が取り外し可能なタイプ

あて布はおしゃれなデザインが多く、取り外し可能とは思えないほどドレスに馴染んでいます。
使うときにだけ、あて布を取り外せばいいので、とにかく簡単です。
ただ、取り外しタイプなので、外した後はしっかりとつけましょうね。
あて布タイプの授乳ドレスは、普段の授乳服に近いデザインなので、戸惑うことなく授乳ができ、とても便利です。

授乳ドレスとして作られているドレス以外にも、授乳の際に、便利なドレスデザインがあります。

セパレートタイプ

トップスとボトムスに分かれているタイプです。
上下が分かれているので、授乳時はトップスをたくし上げてご使用いただけます。
普段Tシャツなどで、授乳を行っているような感覚に近いです。
ただ、片方のみたくし上げての授乳は、おサイズによっては、難しい可能性もあります。
ゆとりあるサイズ選びがポイントです。

後ろにファスナーがついているタイプ

背中のファスナーを開けて、腕から脱いで、授乳を行っていただくタイプです。
ドレスを脱ぐタイプになってしまうので、これまで紹介したドレスデザインよりも少し授乳時に手間取ってしまうかもしれません。
ただ、後ろにファスナーがついているタイプはドレスの種類が豊富ですので、お選びいただけるドレスの選択肢がぐんと広がります。

授乳期に人気のドレスアップスタイル

授乳期には、一般的なワンピーススタイル以外にも人気のドレスアップスタイルがあります。

パンツドレス

アクティブなママに人気なのは断然パンツスタイル。
パンツドレスは、とにかく動きまわりやすい。
ただ、オールインワンタイプだと授乳しにくい場合もあるので、パンツドレスのタイプをしっかりと確認しておくことをおすすめします。
上のお子さんがいて目が離せない、そんなママにはパンツドレスタイプ×授乳可能デザインが最適です。

ワンピースorスカートドレス

スカートが好きなママに人気なのは断然スカート・ワンピーススタイルのドレス。
いつもは子育てに追われているので、着飾るときはスカートを履きたい!そんなママにもピッタリです。
ドレスの定番、ワンピースドレスなら、授乳口や胸あて付きの授乳向けドレスや後ろファスナータイプなど豊富なデザインから選ぶことが出来ます。
また、上下の分かれたセパレートタイプのスカートドレスもおすすめです。

スーツスタイル

実はスーツスタイルも授乳期におすすめなドレスアップスタイルです。
スーツにはワンピースタイプとセパレートタイプがありますが、セパレートタイプなら、ちょっとした工夫で簡単に授乳が可能です。
手持ちのインナーを授乳服もしくは、前ボタンのブラウスにすれば、普段通りに授乳ができます。

結婚式参列やお宮参り、お食い初めなど赤ちゃんを連れての行事は意外と多いものです。
また、兄弟姉妹がいれば入学式、卒業式などで授乳期にお出かけすることもあります。
そんな時にはフォーマル感のあるスーツがピッタリなのでおすすめです。
まずはここをチェック!
レンタル日程
ご希望日に空いているアイテムを表示できます。6泊7日まで同一料金でレンタル可能です。
[1] ご希望のお届け日
[2] 返却手続き日
ブランド名
商品コード