北海道のちょっと不思議な結婚式のしきたり&ご祝儀・服装・参列費用まで大公開

北海道のちょっと不思議な結婚式のしきたり&ご祝儀・服装・参列費用まで大公開


北海道で行われる結婚式。
届いた招待状を見て慌てて下調べしている方、安心してください!
 
そうなんです。
北海道って他県とは少し違う「結婚式」なんですって。

ここが違う!
北海道の結婚式

ご祝儀がいらない・・・らしい!

え?結婚式なのにご祝儀がいらないって、どういうこと??
早速、衝撃的な北海道結婚式の不思議がひとつ。
嘘でしょ!と思ったあなたは、届いた招待状を今一度よ~く見てみてください。
会費○○○円と書いてありませんか?
 
受付でご祝儀をお渡しする、みなさんご存知の結婚式とは違い北海道では会費を集めて行う「会費制結婚式」が主流。
もちろん、これに当てはまらない結婚式もありますので、北海道で行われる結婚式すべてにおいて“ご祝儀がいらない!”とは言えないのですが・・・。
8割以上は、この会費制結婚式が行われているそうです。
 
ということは「ご祝儀袋もいらないの?」
基本的には、お財布からそのままお支払いしてOK
 “会費制“ですから、金額をきちんと確認しなければなりません。
ご祝儀袋に入れてしまうと確認のために手間取ってしまう、というところでしょうか。
中には北海道のしきたりを知らずご祝儀袋に入れて用意してくる方もいるかもしれませんが、不安になることはありませんよ。

北海道ではこれが主流!
「会費制結婚式」って?

北海道北海道では当たり前の会費制結婚式にお呼ばれした場合。
いつもの結婚式とは何が違う??
どんなことに気を付ければいいのでしょうか。

会費を支払う際は?

先ほどご紹介した「お財布からそのままお支払い」の他に、
・お釣りなし
・新札を用意
しておけると大人としてスマートです。

会費以外のお祝いは?

招待状のほとんどに「会費制にさせていただきますので、ご祝儀などのお心遣いはなさいませんよう、お願い申し上げます。」と記載されています。
ですので、会費以外にご祝儀やプレゼントを用意していても、していなくてもマナーとして問題はありません。
 
会費制結婚式“ご祝儀やプレゼントの相場は?“
大切なご友人・ご親族様の特別な一日に、プレゼントを贈りたい!と思う方も多数いることでしょう。
お友達と連名で用意しても素敵ですよね~。
あくまでもこれは目安であり、大切なのはあなたのお気持ち。
遠方から参列する場合など、状況や立場によっても様々なので参考程度にしてください。

Q)友人として会費1万5千円の会費制結婚式に出席する場合
通常のご祝儀の相場(3万円)- 会費1万5千円 =1万5千円
 
A) 通常のご祝儀から、会費を差し引いたきりの良い金額が好ましいでしょう。
この場合は1万円のご祝儀または、1万円程度のプレゼントが◎。
 
ご祝儀やプレゼントを当日に贈る場合は、会費とは別に用意して。
受付であたふたすることなく安心です。
また、贈りものは受付で会費を支払う際、一緒に預けてOK。
お祝金を送るなら、このときは「ご祝儀袋」が必要ですよ!
お名前もきちんと書いてくださいね。
でもできれば・・・事前事後に贈るのがおすすめ。
当日の新郎新婦はなにかと慌ただしく、お荷物も多いもの。
家電製品などのプレゼントは特に、事前事後のお気遣いが◎。

服装はいつもの結婚式と同じ!

会費制ということもあり、ご祝儀制の結婚式よりややカジュアルな印象。
また、結婚祝賀会や1.5次会とも呼ばれるようで、どことなく「結婚式」の厳粛なイメージが薄れてしまう部分があります。
とはいえ、普段着やちょっとおしゃれ着程度の服装はNG!
「結婚式」に変わりないので、服装はフォーマル感を意識したきちんとした服装が基本です。
2次会感覚で行くと赤っ恥かいちゃうかも。
 
イノウェーブ(innowave)
半袖シンプルシャンタンネイビードレス

どんなシーンにも安心のフォーマルスタイル。
シンプルなテイスト&控えめカラーで、気張り過ぎず上品な装いが実現しますよ。
 

ビックリポイントが満載!

いつもの結婚式で必ずといっていいほど座席の足元を占領している、あの大きな袋。
「引き出物」も会費制結婚式の場合はありません。
会費と引き換えに領収証をいただいたり、ご親族が最前列に着席していたりと北海道の結婚式ならではのビックリポイントが所々に隠れているようです。
一般的には挙式を少人数におさえて二次会を盛大に行う傾向がありますが、これも全く真逆。
北海道の場合は結婚式に100名近くのゲストをお迎えし、二次会なし!ということもあるんですって。

遠方からの参列
お金って誰が出すの??

お金って誰が出すの??
北海道ならではのウエディングスタイルはもちろんのこと、遠方から参列する場合に気になるのがお金のこと。
住まいによっては北海道までそれなりのお金が掛かってしまいます。
「これってどれぐらい自分で出すの??」・・・でもちょっと聞きにくい話。
パターンに分けて、体験談をご紹介します。

お車代をもらった

北海道に嫁ぐ友人の結婚式に参列。
お車代として、片道分の交通費を受け取りました。(20代女性)
さすがに交通費や宿泊費をすべて負担してくれるということは少ないのが現状。
新郎新婦も“もしよかったら”の気持ちで招待してくれていることでしょう。

宿泊費を負担してくれた

北海道が地元の同僚の結婚式。
都内で勤務していますが、結婚式は地元でということで北海道まで行きました。
慣れない土地でしたが、ホテルを用意してくれていたので安心でした。
多少の出費はあったものの、みんなで旅行も味わうことができ、とても楽しかったです。(30代男性)
せっかく行くなら観光も一緒に!
旅行を兼ねることで、“お金を出す”ことへの負担が多少和らぐ気もしますね。

当日の会費はなし

北海道では当たり前のようですが、姪の結婚式で会費2万円と言われ戸惑いました。
交通費等もあるから、と言われましたが親族なのに?と悩んだ結果、気持ち程度のご祝儀を贈ったところ、「当日の会費は頂戴しませんので、お気軽にご参列ください」とお返事をいただき、主人と参加させていただきました。(50代女性)
親族といってもお付き合いの度合いは人それぞれ。
頭を悩ませている方も多いですよね。

最低限のマナーはあるものの、答えがないのが“お祝いの気持ち。”
全額負担しても参列する!くらいの気持ちで検討したほうが良さそう。
結婚式の参列はどんな場合においても損得ではないことを忘れないで。

お断りするなら?
結婚式欠席の掟

子連れ
新郎新婦にとって、二度とない特別な一日。
お金を出してわざわざ行ったのに・・・と思ってしまうのはとても残念です。
北海道の結婚式を知ってなにか少しでも不満に思ったり、無理して参列するのならば、きれいにお断りすることも大切。
妊娠中の方や子連れの方、ご高齢の方も無理のないようしっかり検討しましょう。

電話でお断り

結婚式に呼ばれる親しい間柄。
メールではなくお電話できちんとお断りしましょう。
お祝いの気持ちを伝えたうえで、しっかりとお詫びして。

誠意をもってお断り

新郎新婦もゲストに負担をかけてしまっていることは承知のうえ。
とはいえ、「北海道までなんて無理だよ」と言われるのは悲し過ぎますよね・・・。
妊娠中や産後、お仕事などの都合なら理由をストレートに伝えてOK
もちろん、“ごめんね”の気持ちを添えて。
経済的な事情の場合は理由を伏せ、「どうしても都合が悪くて・・・」とお断りしましょう。

電報を送ろう!

欠席することになっても、ご祝儀やプレゼントなど何らかの形でお祝いの気持ちを贈るのが礼儀。
挙式当日にも電報を送ってあげるとさらに◎。

行くと決めたらさぁ準備!
北海道の結婚式に最適な服装とは?

年間を通じて気温が低い北海道。
特に冬なんて極寒のイメージしかありませんよね~!
そんなイメージのせいか、北海道!結婚式!!というだけで服装にも悩んでしまいますよね。

寒さにはご安心を!

北海道の結婚式は、積雪などで交通機関に影響が出やすい冬場を避ける傾向。
確かに!納得です!!
北海道では気候の良い7月がウエディングのトップシーズンだそう。
7月なら寒さの心配はいらないですよね~。
ただ、夜は肌寒くなることもあるので、挙式の時間帯によって調整して。
 
エルモソ(Hermoso)
スタイリッシュ8分袖アイボリージャケット

夏場でも北海道での結婚式参列には、さらっと羽織れるジャケットがあると安心。
シンプルワンピースの格上げも狙える有能なアイテムです。
 
 
冬の北海道結婚式「寒さ対策をマスターしちゃおう!」
新郎新婦の記念日やバレンタインデーなど、冬場の結婚式がないとも言えません。
めちゃくちゃ寒いことが予想されますが・・・マナーはきちんと守りたい!
寒さ対策をマスターして、賢いおしゃれを実現させましょ♪
 
「パンプスは履き替えが賢い」
滑ったりくじいたりしてしまう危険があるパンプスは履き替えが安心。
会場までの服装は自由なので、無理のない服装で出掛けましょう。
挙式中のタイツ&ブーツ着用は、どんなに寒くてもマナー違反。
 
「コートはクロークに」
コートはクロークに預けましょう。
脱いでしまうものですが、マナーを知っておくと安心。
会場内では空調が整っているので、気温の心配はありません。
コートについて詳しくは
IKINA: 寒い時期の結婚式「コートはどうする?マナーはあるの?」  もチェック!
 
「インナー+カイロ」
ヒートテックインナーの着用や、貼るタイプのホッカイロも使えるアイテム!
足先カイロの使用もおすすめ。

「長袖ドレス」
長袖のドレス+ヒートテックインナーなら、もう恐いものなし!!
女性に冷えは大敵ですもんね♪
 
アナトリエ(anatelier)
7分袖レディバイカラードレス

袖付きドレスなら寒さ対策は万全!
シンプルデザインだから、+ショールで完全防備もOK。
 

持ち運びもご安心を!
しわになりにくいドレス

遠方まで持ち運ぶとき、気になるのがドレスのしわ。
お気に入りのドレスでも、しわひとつで気分も印象もダウンしてしまいますよね。
 
結婚式参列に欠かせない品の良さを保ちつつ、しわになりにくい「とろみ素材」はいかがでしょう?
しなやかで柔らかな生地感が上品な印象を漂わせてくれると、ON・OFFともに注目されているんです!
 
デリセノアール(DELLISE NOIR)
とろみグレーパンツドレスセット

お呼ばれスタイルの中で今もっとも人気のパンツスタイル。
羽織りもののニューフェイス!ケープ袖ジャケットとのコンビスタイルで、トレンドをWゲットできちゃいます。
もちろん素材はしわになりにくいとろみ素材だから、北海道まで連れていってもトレンドコーデが楽しめちゃう!
 
 
グレースクラス(GRACE CLASS )
フレンチスリーブオレンジドレス

結婚式に最適な華やかさと女性らしさを漂わせてくれる、オレンジカラーのドレス。
とろみ素材は、適度なゆるやかラインで身体を綺麗に拾い、すっきりと着こなせるのも魅力のひとつ。
一枚でさらりと着られる袖付きデザインだから、荷物もすっきり賢いおしゃれが実現します。
 

旅行も兼ねて結婚式へ!
北海道の観光名所もチェック

先ほどの体験談でも見られたように、魅力たっぷりの北海道まで“どうせ行くなら観光もしてきちゃおう!”

登別温泉

登別温泉 ゆっくり旅行気分を味わうことができる、といえば温泉地。
函館や小樽など、北海道の主要地からのアクセスも◎。
美白に最適だと言われる泉質も、女子にはおすすめのポイント!

小樽運河

小樽運河
北海道に行くなら一度は見ておきたい小樽運河。
夜の幻想的な景色が有名ですが、昼・夕方・夜とそれぞれの良さがあるようです。

函館山

函館山
絶景が一望できる函館山。
年間を通して昼も夜も楽しむことができるのが嬉しいですね!

六花亭本店

六花亭本店 デパートの物産展でしか買えない六花亭スイーツ。
お土産の購入はもちろんのこと、お茶も楽しむことができますよ。
本店だけの限定お菓子はゲットしておきたいところ!
 

北海道の結婚式に驚いた方もたくさんいることでしょう。
当日もあなたの常識をひっくり返されちゃうような出来事に、多々戸惑うことがあるかもしれません。
自分の不慣れなことや、あまり浸透していないことって、ちょっと変だな~と思ってしまいがちですが、実はこの北海道ならではの結婚式が、全国的に広がってきているんですって。
 
とはいえ、なんでこんな結婚式なの??そう思っちゃいますよね~。
これは諸説あるようですが、まだ栄えていない北海道という地を開拓していく過程で「お金はないけど、なんとか結婚をお祝いできないか」というどこかの誰かの気持ちから生まれたもののようです。
ちょっと心が温かくなりませんか?

あなたにとっても特別な結婚式になること間違いなし。
北海道までお祝いの気持ちを届けに行ってみてはいかがでしょうか?