結婚式の服装【女性ゲスト編(ドレス/ワンピース)】画像解説マナー&コーデ術

結婚式の服装【女性ゲスト編(ドレス/ワンピース)】画像解説マナー&コーデ術


結婚式の招待状が届いたら…女性ゲストの皆さんはドレスやワンピースなどの服装選びに迷いますよね。
 
結婚式のお呼ばれの際には、守らなければいけない服装のマナーがあります。
挙式からの参列・二次会のみの参加などのシーンによって、また親族、友人、会社関係などの参加する立場よってもドレスの選び方は異なります。
 
ここでは「結婚式の服装どうしよう?」というあなたのお悩みをキレイに解決。
結婚式服装のOK・NGの基本マナーから、ドレスのコーディネート術まで詳しく見ていきましょう。

結婚式服装

結婚式服装の【基本マナー早見表】
ドレス選び、これさえ押さえれば完璧!

基本マナー早見表
マナー安心のコーディネート例↓
 
アプワイザー・リッシェ(Apuweiser-riche)
ハートカットネイビードレス

ノースリーブのドレスには、ボレロやショールをON。
膝丈で露出を押さえれば結婚式のマナーも安心です。
靴はより正装とされるつま先の隠れるパンプスを選べば◎。
もちろんストッキングの使用を忘れずにね♪
落ち着いたカラーのドレスの場合は、全体が暗くなりすぎないように小物で華やかさをトッピングすれば、完璧なパーティースタイルが完成します。
 

結婚式での女性の服装
【マナー解説&ドレス選びのポイント】

ドレスを選ぶときには、おしゃれ感やトレンド、体型カバーも大切ですが、まずはマナーをしっかりと押さえることが大切です。
押さえるべきマナーを学んだら、立場・会場にあったドレス選びを心がけましょう。
結婚式はおめでたい席。
普段着だと思われる服装は絶対にNGです。
パーティー感のある華やかさを備えたドレス選びをすることが大切です。
まずは順番にマナーをチェック。
 
・上記でも紹介した基本マナーをしっかりと押さえる
・立場や会場に合ったドレスを選ぶ
・普段着にならないような華やかなドレスを選ぶ

結婚式での女性の服装選び
ポイント1:ドレスカラー選びに注意

ドレスカラー選びに注意
結婚式でのお呼ばれドレスカラー選びの基本は、親族なら“控えめカラー”友人なら“華やかカラー”を選ぶこと。
親族ならゲストを迎える立場としての品の良いドレスカラー選び、友人なら会場に華を添えるドレスカラー選びが大切です。
カラー選びの最低限マナーをチェック!

ホワイト(白)ドレスは×

結婚式においての白は花嫁の特権。
ゲストがホワイトドレスや、光の加減・写真写りで白に見えるドレスを着用するのはマナー違反です。
 
エニィスィス(anySiS)
レース×シャンタンベージュドレスセット

光の加減で白っぽく見えてしまう可能性のある淡いベージュカラーは、ブラックとのコーディネートで不安を解消。
華やかさを残しつつ、マナーもしっかりと押さえた装いです。
 

花嫁さんのお色直しと被るカラー、
ブラック(黒)カラーのみのドレスは△

花嫁さんのお色直しと被るカラー
お色直しドレスと被るカラーを避けるのは暗黙のルール。
最近では気にならない人も多いですが、もしドレスカラーを事前に知っていたら被らない色を選びましょう。
ただし、ゲストドレスがウェディングドレスよりも目立ってしまう事はまずないので、そこまで深く考えなくても大丈夫です。
 
ブラック(黒)カラーのみのドレス
結婚式での黒ドレスはOK、ただし全体的に黒でまとめるのはNGです。
喪服のような印象を与えてしまうブラックカラーを嫌う人もいます。
ブラックはマナー違反ではありませんが、着こなしには注意しましょう。
装飾付きのものや、明るいカラーの小物とコーディネートをすれば、安心して選んで大丈夫。
 
エニィスィス(anySiS)
ベルト付きラメブラックドレスセット

黒単色になりそうなときは小物で明るさをトッピングしましょう。
ボレロ・バッグ・靴をベージュカラーで揃えるだけで華やかさが増し、コーディネートに統一感もでて◎。
 

結婚式でのバイカラードレスは〇

「バイカラー=別れを連想させる」というこじつけで出来たマナーですが根拠はありません。
最近の結婚式ではバイカラーを着るゲストが沢山います。
むしろバイカラーは人気が高いドレスカラーの一つなのでご安心を。
ただし年配の方が多い式や、格式の高い結婚式ならご用心。
 
ミベル ミューズ(mebelle muse)
ウェストパールバイカラードレス

バイカラーは程よい華やかさを演出してくれるトレンドデザイン♪
最近ではドレス1枚で2色を楽しめるという事で人気なんです。
こちらのドレスなら、ロング丈のブラックスカートで落ち着き感がありながらも、トップスのベージュカラーが女性らしさを表現してくれて素敵です。
 

結婚式での女性の服装選び
ポイント2:素材選びに注意

素材選びに注意
お呼ばれに向いている素材はあります。
結婚式には軽やかなパーティー感ある素材選びが大切。
カラーの次に印象を左右するポイントなので、素材選びには要注意。
迷ったら定番のシフォン素材を選びましょう。

×なドレス素材

コットン、綿、ジャージ素材などカジュアルに見えるものは結婚式には不向きです。

△なドレス素材

季節感があっていない素材は結婚式ではNGです。
ベロア素材やツイード素材は秋冬向けなので、夏の結婚式には避けましょう。

〇なドレス素材

シフォン、オーガンジー、シャンタン、サテン、レースなどを使用したドレスがお呼ばれでは一般的です。
 
エルモソ(Hermoso)
ウェストビジュシフォンピンクドレス

軽やかな印象を与えるシフォン素材は、お呼ばれシーンにピッタリ。
歩くたびふわっと揺れるスカートが女性らしい雰囲気で、綺麗なドレスアップを叶えてくれます。
薄手のシフォンって冬はどうなの?と思う方もいますが、冬でも安心してOK!
会場は暖房設備が整っているのでシフォン素材のドレスでも◎。
 

結婚式での女性の服装選び
ポイント3:露出(着丈)に注意

結婚式での露出OKな範囲は、式の時間帯や会場、着る人の年代や立場によっても少し異なってきます。
基本的には完全に膝や肩を隠さなくても、隠れる程度や常識の範囲以内の丈のものを選べば大丈夫。

脚の露出や胸の露出は×
膝が見えるドレス丈や胸元の開きには注意

脚の露出や胸の露出
上記のようなミニ丈はお呼ばれシーンではNGマナー。
結婚式でのドレスの着丈は膝上~5㎝までが基本です。
タイトドレスの場合は座った時に着丈が上がるので、長めの着丈のものを選ぶのが◎。
生足はNGなので必ずストッキング着用を。
 
胸元の開きには注意
結婚式ではお辞儀をする場面も多いもの。
胸元の開きの大きなドレスには気を付けましょう。
基本的にはインナーを着れば大丈夫です。
 
ナノユニバース(nano・universe)
セパレート風デザインピンクベージュドレス

膝上5㎝の着丈(※モデル165センチ)&胸元の開きも安心なドレス♪
こちらのドレスのような膝上5㎝程度でも、スタイルを良く見せてくれ、さほどミニ丈の印象とならずマナー面もOK。
胸元に不安がある方にも安心の開きのないネックラインで、品の良い雰囲気にまとまります。
 

結婚式での肩出しは△

肩出しは時間帯、参列シーンによってマナーが異なります。
挙式に参列の場合は、時間帯を問わず肩出しはNGです。
 
昼間の結婚式や披露宴なら肩出しNG。
ナイトウェディングなら肩出しOKです。
二次会の場合は、会場の雰囲気に合わせれば大丈夫。
格式高いホテルでの二次会なら肩出しNG。
レストランなどで行われる二次会なら肩出しOKです。
不安な場合はボレロやショールを1枚もつのがおすすめ。
 
エルモソ(Hermoso)
パール留め具ラメシャンパンショール

さっと羽織れるショールは優秀アイテム。
挙式中は羽織って、披露宴中ははひざ掛けにもできるのでとても便利です♪
 

ロングドレスは〇

よりフォーマル度の高いドレスアップを叶えてくれるロングドレス。
昼間の結婚式ならアフタヌーンドレス(肌の露出や光沢の少ないもの)、夜の結婚式ならイブニングドレス(お袖のない華やかなドレス)はOKとされています。
 
デリセノアール(DELLISE NOIR)
ブラック×グリーンロングドレス

エレガントに仕上がるロング丈のドレス。
親族の結婚式はもちろんの事、友人の結婚式にも重宝できるデザインです。
 

結婚式での女性の服装選び
ポイント4:パンツスタイルは〇

パンツスタイルは〇
パーティー感のあるお洒落なパンツスタイルならOKとされています。
小物使いで華やかさをトッピングすればお呼ばれにも完璧な装いの完成。
ただしデザインや結婚式の雰囲気、立場によっては避けた方が良い場合もあるので注意。

リクルートスーツは×

女性のスーツスタイルはセレモニースーツなどの華やかさをもったものに限ります。
インナーや小物使いで華やかさを出すにしても、リクルートスーツと分かるようなスーツはNG。

親族の立場でのパンツスタイルは△

格式高い結婚式や、年配の方が多い結婚式では、親族の立場ではパンツよりもスカートスタイルがベストです。
ただし子連れでの参列など、動きやすさが求められる場合は親族の立場でもパンツスタイルが理解される場合もあります。
新郎新婦や、一緒に参列をする親族に相談をして選ぶと〇。

オールインワンは〇

お洒落なものであれば、オールインワンのパンツスタイルもOKです。
結婚式の雰囲気に合わせて、選ぶと良いでしょう。
シュープリーム ララ (Supreme.La.La.)
スタイリッシュブラックオールインワンドレス

ドレスを着慣れてない女性にも着こなし易いパンツスタイル。
スタイリッシュに決まり、洗練された小粋なスタイルに仕上がりますよ。
ネックレスなどの小物はボリュームのあるものを選ぶと、よりパーティー感がでて◎。
 

結婚式での女性の服装選び
ポイント5:パーティードレスの着回しは△

パーティードレスの着回しは△
ドレスの着回しには気を付けましょう。
同じ仲間内の結婚式でドレスを着まわすと、「また同じドレスを着ている」と思われあんまり印象良くはありません。
またSNSにもアップをされると、同じドレスだとわかります。
結婚式のドレスは違うものを選ぶか、コーディネートを少し変えることがおすすめです。

結婚式に参列する【立場別】
服装(ドレス)選びのポイント

結婚式での立場別 服装選びのポイント
親族は「フォーマル」、友人は「華やか」、会社関係は「きちんと感」の装いがポイント。
立場別に合ったドレスの選び方を見ていきましょう。

親族の結婚式の場合の服装
フォーマル感高い上品なドレス

親族は結婚式でゲストをお迎えする立場になります。
また親族紹介があったりするので、参列者から見られる立場でもあり、よりきちんと感のある装いが求められます。
親族の服装選びのポイントは華やかさよりも「フォーマル感」。
パーティー感もありながら親族らしい品のあるドレスを選びましょう。

20代親族のドレス

アナイ(ANAYI)
上質ピンクベージュドレス

姉妹や従妹の立場で参列する事のある20代。
20代のドレス選びのポイントは親族席が全員ダークカラーで暗い雰囲気にならないように、明るいカラーをチョイスする事。
品の良い華やかなカラーをチョイスしましょう。
 

30代親族のドレス

アドーア(ADORE)
バンドスリーブセットアップ風ネイビードレス

30代を過ぎてもマナーを知らないの?と思われないように、カラー・着丈・露出マナーをしっかりと押さえた装いをしましょう。
挨拶でお辞儀をしても大丈夫なように、胸元の開きの少ないドレスを選んで。
 

40代~親族のドレス

シーズ(She's)
エレガントカシュクールブラックドレスセット

40代はエレガントなドレスをチョイスしましょう。
落ち着いたカラーの長め着丈ドレスなら、上品さが漂い親族の立場でも安心。
二の腕が隠れる羽織物や、お袖付きドレスを選べば品よくまとまります。
 
 

友人の結婚式の場合の服装
会場で華やぐドレスが◎

会場に華を添えられるのは女友達だけ。
友人の立場なら「華やか」なカラードレスで着飾りましょう。
人と被りにくいカラーやドレスデザインなら、印象深く優雅な煌めきを放ちます。

20代友人のドレス

グレースコンチネンタル(GRACE CONTINENTAL)
ビビットイエローレースドレス

20代には鮮やかな映えるヘルシーカラーがピッタリ。
あまり着丈が長すぎるものは避けて、20代にしか着られない、若さ溢れるドレスを選びましょう。
華やかなカラーは花嫁の引き立て役にもなり、写真写りも綺麗です。
 

30代友人のドレス

タダシ・ショージ(Tadashi Shoji)
ブルー総レースドレス

30代のドレス選びのポイントは生活感が出ない、大人女性の着こなしを実現するドレスを選ぶこと。
レースや装飾使いでデザイン性の高い1着をチョイスしましょう。
レディの着こなしでお洒落を1歩リードし、好感をゲットできますよ。
 

40代~友人のドレス

クミキョク(組曲)
フラワーオーガンジーベージュドレス

40代は品格を問われる世代。
安っぽいドレス選びは避けましょう。
ブランドドレスのようにしっかりとした生地感の、上品なデザインのドレスを選ぶと素敵です。
奇抜過ぎるカラーは避け、女性らしい柔らかなものを選ぶと◎。
 
 

会社関係の結婚式の場合の服装
きちんと感あるドレスを選ぼう

会社関係の結婚式では同期・部下・上司とどの立場で参列をするにしても、ドレス選びで大切なのは「きちんと感」あるドレスを選ぶこと。
出席者の雰囲気で新郎もしくは新婦がどんな会社で働いているか判断をされます。
親族程かしこまらず、友人より目立たない程度のドレスで会社を代表して参列しても恥ずかしくない装いをしましょう。

20代のドレス

クミキョク (組曲)
トップスレースブルーグリーンドレスセット

部下や同期の立場なら華やかさもしっかり備えたドレスを選んで。
ただし派手すぎないドレスがベスト。
カラードレスにジャケットを合わせれば、カチッとまとまるコーディネートに完成します。
 

30代のドレス

カルバンクライン(Calvin Klein)
レーストップオールインワンドレスセット

30代は自分の立場に合わせてドレスを選びましょう。
同期の結婚式なら華やかに、部下の結婚式ならすっきりまとめて、出来る上司の印象を与えて。
体型を拾わないシルエットなら美スタイルに仕上がります。
 

40代~のドレス

イヴァンカ トランプ(IVANKA TRUMP)
ブラック×ベージュミディタイトドレス

40代は大人女性のスマートなスタイリングがおすすめ。
上司としても、会社のイメージを高めるためにも、シックで品良くキメましょう。
膝下丈ドレスなら、エレガントにまとまりますよ。
 
 

結婚式の【季節別】
服装(ドレス)選びのポイント

季節別 服装選びのポイント
着心地と見た目の印象を考慮して、季節に合ったドレスを選びましょう。
ドレス選びのポイントはカラーと素材選び。

春夏の結婚式向けドレス

春夏の結婚式では暑苦しく見えてしまうドレスは避けましょう。
分厚すぎない軽やかな生地感のものを選ぶと良いです。
春ならピンクなど春らしいカラー、夏なら涼し気なカラーや鮮やかカラーがおすすめです。

春の結婚式ならこのドレス

アプワイザー・リッシェ(Apuweiser-riche)
フラワー総刺繍ピンクドレスセット

柔らかな雰囲気漂うピンクカラーのドレスなら春らしくて、結婚式に華を添えられるドレスアップに。
まだまだ冷える季節だから、羽織物ONを忘れずに。
 

夏の結婚式ならこのドレス

ストロベリーフィールズ(STRAWBERRY-FIELDS)
ウエストリボン光沢サックスドレス

夏の結婚式なら涼し気なブルーカラーで暑さを吹き飛ばそう。
もちろん青以外でも、夏なら鮮やかなカラードレスが綺麗に映えます。
 

 

秋冬の結婚式向けドレス

寒い秋冬では生地感のしっかりしたものを選びましょう。
あまりに薄い生地のドレスを選ぶと季節感がないと思われますよ。
温かみのあるカラーや上品なカラーが秋冬の結婚式にぴったりです。

秋の結婚式ならこのドレス

アンタイトル(UNTITLED)
光沢ボルドーゆったりドレス

高級感あるワインレッドは紅葉の季節に行われる結婚式で品よくきまります。
光沢感ある生地なら落ち着き感の中にも、華やかさをしっかりとアピール。
 

冬の結婚式ならこのドレス

ローレンラルフローレン(LAUREN RALPH LAUREN)
レーススパンコールネイビードレス

冬の結婚式なら落ち着き感あるカラーでも、存在感あるデザインや装飾が施されたものを選びましょう。
ダークカラーを選ぶ女性が多い季節だからこそ、しっかりと華やぐ1着をチョイスして◎。
 
 

結婚式の【時間別】
服装(ドレス)の選び方

昼間の結婚式と夜の結婚式では服装のマナーもちょっと異なります。
昼間の結婚式ではマナーが厳しい露出も、ナイトウェディングではある程度許されます。
時間帯に合ったマナーを押さえた装いを心がけて。

昼間の結婚式ならこのドレス

ナノユニバース(nano・universe)
フラワーレースセットアップネイビードレス

昼間の結婚式では肩・膝の露出はNG。
また、光の加減により写真写りで反射をしてしまうため光り物もNG。
昼間の結婚式の服装のポイントは「清潔感」。
派手さは少し押さえて、清潔感あるドレスを選びましょう。
 

ナイトウェディングならこのドレス

ドーリードール(Dorry Doll)
ラメ素材セルリアンブルービジュドレス

暗い雰囲気とならないために、夜の結婚式では少しの派手さが求められます。
ナイトウェディングなら少し肩が出たり、膝が出るのはOK。
そして昼間では避けられる光り物や光沢感は歓迎されます。
挙式中はボレロを羽織って、披露宴では華やいで◎。
 

二次会から参加の場合の服装

二次会の招待状には「平服でおこし下さい」と書かれていることが多いです。
平服とはお洒落なお出かけ服くらいの事を言います。
披露宴から参加してくる人も多く、みんなお洒落に着飾ってくるので二次会から参加の場合はあまりカジュアル過ぎる服装にならないように注意をして。
でもマナーはそんなに厳しくないので、常識の範囲以内でお洒落を楽しんで大丈夫です。
会場の雰囲気にあわせるのもポイントですよ。
 
アプワイザー・リッシェ(Apuweiser-riche)
ビスチェトップオールインワンパンツドレス

可愛いがたっぷり詰まったピンクカラーのドレス。
人と被らないデザインで、二次会で思いっきり輝かせてくれます。
小物にもキュートを取り入れれば完璧♪
 
 
フェルゥ(Feroux)
キュロットパンツベージュドレス

結婚式ではなかなか手に取れないキュロットタイプ。
二次会でチャレンジしてみても◎。
スカートには少し抵抗のある・・・そんな女子におすすめのデザインです。
 
 

パーティードレスの人気カラーランキング

カラー表2
結婚式でダントツの人気カラーはネイビー。
清楚&上品な色合いで、親族の立場でも品よく華やかに着こなせる色で人気です。
2位は以外にもブラック(黒)。
結婚式で黒は良いの?と思う方も多いですが、最近の結婚式では黒が人気高いです。
マナー違反というよりも、むしろ人気色なので安心してチョイスできますよ。
3位は女性らしいベージュカラーがランクイン。
会場に華を添えるフェミニンなベージュ色は世代を超え、人気のカラーです。

1位 ネイビー(紺)のドレス

アプワイザー・リッシェ(Apuweiser-riche)
ネックビジュタイトネイビードレス

Iラインデザインと引き締まるネイビーカラーで、全体的にすっきりまとまります。
人気が高くて、色被りの心配が高いネイビーカラーはデザインで差をつけるのが◎。
トップスのふんわりフリルデザインで女性らしい雰囲気を与え、1歩リードするお洒落さんに導いてくれます。
 
 

2位 ブラック(黒)のドレス

カルバンクライン(Calvin Klein)
ブラックフラワーレースドレス

フラワーレースの裏地が明るいお色味で、ダークすぎず程よく華やぎます。
バッグなどの小物は明るいカラーで合わせるのが秘訣。
友人としてももちろん、親族のお立場にもぴったりなドレスです。
 
 

3位 ベージュのドレス

アナトリエ(anatelier)
Iライン袖付きピンクベージュドレス

とろみ感で女性らしい着こなしとなるベージュカラー。
幅広い年代にチャーミングな着こなしを提供し、パーティーシーンを飾ってくれること間違いなしなお色味です。
品よく凛とした色合いは好印象を与えてくれます♪
 
 

ドレスのコーディネート術に技あり!
結婚式の服装はコレで完璧♪

結婚式の服装はコレで完璧♪
結婚式の服装選びで多くの女性が頭を抱えるのがドレスのコーディネート。
ボレロ・ネックレス・バッグ・靴にと小物のコーディネートはなかなか難しくて悩むトコロ。
コーディネートのポイントは全体の使用カラーを3色以内に抑えること。
靴やバッグなどはドレスもしくはボレロの色に合わせてコーディネートをすると、綺麗にまとまりますよ。

明るいカラードレスの場合の
コーディネート術

明るいカラードレス×明るいボレロの同系色コーデ

クチュールブローチ(Couture Brooch)
フラワープリントシャンパンドレス

全体的に明るい色でまとめるとふんわり柔らかなコーディネートになります。
ただし明るいカラーは膨張カラーでもあるので、体型でお悩みの女性はブラックで合わせてあげた方が綺麗。
 

明るいカラードレス×ブラックボレロ
のメリハリコーデ

ルビーリベット(Rubyrivet)
チュールフラワーベージュドレス

少しカチッと感もあるコーディネートにしたい場合は、ブラックカラーを合わせるとGOOD。
ボレロをブラックに合わせる場合は、バッグも黒に合わせるのが綺麗。
靴はボレロに合わせてブラックでも・ドレスに合わせてベージュカラーでコーディネートをしてもOK。
 

ダークカラードレスの場合の
コーディネート術

ダークカラードレス×ダークカラーボレロ
の同系色コーデ

カルバンクライン(Calvin Klein)
総ブラックレース×ベージュドレスセット

ドレスのデザインがパーティー感あれば、ブラック×ブラックのコーディネートもOK。
バッグなどの小物に明るいカラーをチョイスして華やかさをトッピングすれば結婚式にぴったりです。
 

ダークカラードレス×明るいカラーボレロ
のメリハリコーデ

アシール(ASHILL)
光沢ブラックシンプルドレスセット

親族の服装にも応用できる安心のコーディネート。
ドレスカラーで落ち着き感がありながらも、ボレロカラーで明るい雰囲気に仕上げ◎。
バッグはボレロに合わせて、靴はドレスカラーに合わせてコーディネートをするとバランスの良い着こなしに完成します。
 

【羽織物】は結婚式のマストアイテム!
マナーから選び方までをチェック

【羽織物】マナーから選び方まで
肩出しNGな結婚式に重宝される羽織物。
羽織物はドレスのテイストに合わせて選びましょう。
ドレスにデザインが施されている場合は、デザインに被らないつくりの羽織物を選ぶと綺麗な着こなしとなります。

結婚式での羽織物マナー

結婚式でのファー素材は×

ファー素材は×
「殺気」を連想させるファー素材はNGとされています。
しかし少しずつマナーも緩くなり、最近ではファーを着る人も見られるようになりました。
大切なのは会場の雰囲気、参列者の雰囲気に合わせることです。
迷ったら選ばない!これが一番無難かもしれません。

白に見える
ホワイト系ドレス×ホワイト系羽織物コーデは×

白く見える可能性のあるドレスには、ダークカラーの羽織物を合わせるのがベスト。
ドレスに柄が入っている場合などはOKですが、シンプルなホワイト系ドレス×ホワイト系コーディネートは全体的に白く見える可能性があり、避けるべきです。

ボレロの選び方

どんなドレスでもボレロをONすればマナーを押さえた安心な装いとなります。
お袖短めボレロなら、若々しくキュートに。
長めのお袖なら二の腕をしっかりとカバーし、ミセス世代にもぴったりです。
 
エルモソ(Hermoso)
袖フレアベージュボレロ

いつものボレロよりも印象を少し変えるなら・・・トレンドデザインにチャレンジ。
袖フレアでふんわり優しい雰囲気を漂わせ、女性らしい着こなしをサポートしてくれます。
装飾のないシンプルなデザインで、どんなドレスとの相性も抜群です♪
 
 

ジャケットの選び方

親族の立場や会社関係の結婚式、受付を頼まれてきちんと感をだしたい時にはジャケットがおすすめです。
手首まで隠すジャケットよりも、7分や8分の長さのジャケットで程よい肌露出を残せば、大人女性の着こなしとなりますよ。
着丈長めのジャケットだと、重たいコーディネートとなるので要注意。
 
パルムドール(PALME D'OR)
シンプル7分袖ブラックジャケット

立場的にきちんと感を出したいときの強い見方。
どんなデザインのドレスも、大人っぽいドレスアップに仕上げてくれるジャケット。
女性らしさを残したい場合はベージュカラー。
よりカチッと決めたいときはブラックカラーをチョイスすると◎。
 
 

ショール(ストール)の選び方

ショール選びのポイントは着崩れないデザインを選ぶこと。
ボレロのような袖付きの裏地を施したショールや、便利な留め具付きなら着崩れることなく安心。
コットン素材やツイード素材のショールはカジュアルと捉えられるので、結婚式ではやめておきましょう。
 
エルモソ リュクス(Hermoso luxe)
2Way異素材シャンパンショール

被りの心配が少ないデザインはお洒落さんにもってこい♪
程よい光沢感で華やかさもあり、ドレスを何倍にも素敵に引き立ててくれます。
着こなし方は自由自在なので、自分の好みに合わせて着こなすのがGOOD。
 
 

【アクセサリー】で華やかさをプラス
マナーもしっかりと押さえて♪

【アクセサリー】でコーデに華やかさをプラス
結婚式には華やかなアクセサリーを身に着けましょう。
基本はパール調のネックレス。
ショートタイプのネックレスの方がよりフォーマル感が増しますよ。

結婚式ではキラキラ光るアクセサリーは×

光り物NGとされる昼間の結婚式では、あまりにもキラキラ光るアクセサリーを避けましょう。
夜の結婚式ならOKですが、会場や出席者の雰囲気に合わせて選ぶのがベストです。

ゴールド系アクセサリーは△

ゴールドも光り物に分類されます。
さりげない程度の華奢なゴールドのアクセサリーなら大丈夫ですが、光に反射して目立つほどのものは避けましょう。
ただし夜の結婚式ならOKです。パールネックレスがベスト

パールネックレスがベスト

パールのアクセサリーは結婚式では王道です。

コットンパールは〇

本物のパールではないからNG!という意見もありますが、現在では普通のパールネックレスも本物を身に着ける人はほとんどいません。
結婚式には華やかな雰囲気のコットンパールを選んでも大丈夫です。

2連・3連パールは〇、むしろ結婚式では大歓迎!

「喜びが重なる」という意味で2連や3連のネックレスは結婚式に向いています。
ボリュームのある1連以外のネックレスを結婚式でチョイスしても大丈夫。
 
ビヲミナ(VIWOMINA )
3連エレガントブローチネックレス

ワンポイントブローチが、華やかに仕上げてくれる3連パールのネックレス。
シンプルなドレスに華やぎをプラスするなら、ボリュームあるネックレスがおすすめです。
顔周りをパッと華やかにし、写真写りを各段に上げてくれます♪
 
 

小物もオシャレに!!!
【パーティーバッグ&袱紗】

パーティーバッグ
パーティーバッグやサブバッグにもマナーはあります。
バッグもコーディネート小物の大事な役割を担っています。
マナーを押さえた、見た目にも綺麗で、収納力抜群なパーティーバッグを選ぶのが重要。

【パーティーバッグ】マナー&選び方

動物皮バッグ、紙袋は×

バッグに限りませんが結婚式では殺気をイメージさせる柄は禁止。
サブバッグでブランド物の動物皮バッグを持っていく人もいますが、避けましょう。
また、安っぽくカジュアルな印象を与える紙袋はブランド物でもNG。
新郎新婦への贈り物がある際は仕方ないですが、結婚式場には紙袋を持って行かないように。
 
サブバッグ選びに関してさらに詳しく見るにはコチラ!
IKINA:結婚式のサブバッグ選び ポイント3か条“紙袋はNGなの?”

光沢バッグは昼間×!夜は〇!   

ドレス程マナーは厳しくありませんが、極度の光沢感あるバッグは選ばないのが1番。
上品でほのかに光沢のあるバッグは華やかな雰囲気でOKですが、エナメル素材やスパンコールなどの極端に光るものは昼間の結婚式では×です。
 
スイート アズ(Sweet As)
持ち手付きシャンパンバッグ

可愛さも大切だけど、使い勝手が良いと何かと便利。
パーティーバッグ選びは袱紗も入る大きさのものを選ぶのが◎。
お洒落なデザインで手元にも華やかさをトッピングすれば、素敵にまとまりますよ♪
 
 

【袱紗(ふくさ)】マナー&選び方

ご祝儀袋を裸で持ち歩かないのが大人女性のたしなみ。
しっかりと袱紗に入れて持ち運ぶのがデキる女性の印象を与えます。
袱紗も慶事と弔辞で適したものが異なりますので、華やかな雰囲気のものを選ぶようにしましょう。
慶事の場合のカラーは赤やピンク、ゴールド、紫などの鮮やかカラーがおすすめです。

袱紗からご祝儀袋を出す際のマナー

  1. 袱紗は左手に載せ、右手で開けてご祝儀袋を出す
  2. 相手に正面になるように右回転して向きを変えてから渡します。
ディズニー(Disney)
ディズニーミッキー&ミニー袱紗

可愛いデザインのふくさを選びたいという方におすすめ。
人気のディズニー柄がキュートで、バッグから出したときに好印象♪
マナーを押さえながらも、女性らしさを忘れない優秀なアイテムです!
 
 

【髪型】…基本はUPスタイルが◎

【髪型】…基本はUPスタイルが◎
結婚式のヘアスタイルの基本はアップスタイル。
結婚式に招待されたら早めにヘアサロンを予約しておきましょう。

ダウンスタイル、何もしていないヘアスタイルは×

お辞儀をした際に顔にかかるようなダウンスタイルはNGです。
お食事中や、挨拶時に髪の毛が垂れてこないようにすっきりとまとめましょう。
 
また、何もしていないのは手抜きだと思われます。
どんな髪の長さでもしっかりとセットをしましょう。
 
×な髪飾り一覧
結婚式の髪飾りにはティアラ・カチューシャ・生花の髪飾りはNGとされています。

ハーフアップは△

親族の立場で参列の場合や、受付係など役割を任せられた時はアップスタイルにしましょう。
その他の立場での参列の場合は、顔にかからないようにスッキリとまとめたハーフアップなら〇です。

ロングヘアの髪型のポイント

ロングヘアの髪型のポイント ロングヘアの場合は髪の毛が長くて目立つ分、セルフアレンジだと周りに分かりやすいです。
しっかりとヘアサロンでセットをしてもらいましょう。
編み込みやフィッシュボーンなどのヘアセットが綺麗にまとまります。

ミディアムヘアの髪型のポイント

自分でセットも可能なミディアムヘアなら、得意なら自分でセルフアレンジをしてもOK。
ミディアムヘアさんには定番の編み込みはもちろん、ハーフアップやギブソンタックなどの髪型がおすすめです。

ショートヘアの髪型のポイント

アレンジがしにくいショートヘアさんでも、何も手を加えないのはNGです。
少し毛先を巻いて流し髪にしたり、ヘアアクセサリーで華やかなパーティースタイルにしましょう。

その他、
結婚式の気になるマナーあれこれ

ストッキング選び

ストッキング選び
結婚式でのストッキング着用は必須です。
生足での参列は夏場でも絶対にNGですので要注意。
立場や会場によってはシンプルな肌色ストッキングが〇。
親族・上司の立場や、ホテル挙式・神前式などの場合はシンプルなストッキングにしましょう。

ブラック(黒)のストッキング、タイツは×

黒色のストッキングは結婚式では絶対にNGです。
最近では結婚式でも履いている人はいますが、印象が悪いので避けましょう。
 
また、タイツは冬場でもマナー違反にあたります。
肌色やベージュカラーのタイツもNGとされるので気を付けて。

ラメ入りストッキングは△

ラメが入ったストッキングは華やかですが、あまりにキラキラするものはNG。
近くでみて程よいラメ感のものなら大丈夫です。
 
グンゼ サブリナノンラン ヌードベージュ

定番のベージュカラーで足元マナーも完璧!
あっ!破れてしまった・・・なんて時にも安心の伝線しにくいものを選ぶのが◎。
念のために替えのストッキングもカバンにINしてね♪
 

靴選び

靴選び
結婚式の靴の基本はパンプス。
足先の見えない、3㎝程度以上のヒールのある靴を選びましょう。

指先が見える靴やカジュアルな靴は×

サンダル・ミュール・オープントゥなどの足先が見える靴は結婚式ではNGアイテムです。
また、結婚式においてカジュアルな印象を与えるアイテムは全てNG。
足先にも気を抜かないように。
冬場でもブーツは避けて!
かかとの空いたものはOKですが、露出が少ない方がフォーマル度は高くておすすめです♪
 
おすすめの素材
エナメル、シルク、サテン、スエードなどがお呼ばれ靴に一般的に使用されている素材です。
皮製品は禁止ですが、ヌメ革なら〇。

ネイル選び

ネイル選び
お呼ばれでは派手すぎない、ピンクやベージュなどのクリアカラーが一般的です。
デザインは一色塗や、ワンポイントデザインのようなシンプルなものを選びましょう。

ダークカラーネイルは×

黒などのブラックカラーはワンポイントでもNG。
爪先は案外目立つもの。
明るくて清潔感ある色味のデザインを選びましょう。

親族の立場でのネイルは△

親族の立場は控えめが一番。
ネイルも控えるのがマナーです。
でも絶対にダメではないので、どうしてもネイルをしたい場合はシンプルで短めのネイルにしましょう。

メイク(お化粧)

メイク(お化粧)
結婚式メイクは地味すぎもNG、派手すぎもNGです。
ドレスの見劣りしないように華やかなパーティーメイクをしましょう。       

ナチュラルすぎるメイクは×

華やかさに欠けるメイクはNGです。
結婚式は華やかな場なので、ケバくならない程度の写真写りの良いしっかりとしたメイクをしましょう。

化粧崩れには注意

結婚式では涙をする場面も。
化粧が崩れて、写真写りが悪くならないように崩れにくい化粧品を選びましょう。
崩れにくいベースメイクに、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーがおすすめです。

大切な家族や友人の特別な日
大切な家族や友人の特別な日。
結婚式には祝福の気持ちいっぱいで参列したいですよね。
服装で恥をかかない&かかせない為に・・・マナーを知っていることは大切。
結婚式の服装マナーを押さえて、素敵なドレスで特別な時間を過ごしましょうね。